表情筋トレーニングで老け顔を脱却?!輪郭別トレーニングでモテ顔に!


老け顔になってしまっていませんか?

「大人っぽいね」「貫禄があるね」などと、若いうちに言われるのは悪い気はしませんが、ある程度年齢がいくとそれは褒め言葉とは限らなくなってきます。いわゆる“老け顔”の可能性もあるのです。老け顔とは実年齢よりも年を取って見られてしまう顔つき、表情のことです。

もしよかったら今すぐ鏡を覗き込んでみてください。そこに映る人物は何歳くらいに見えるでしょうか…?歳を重ねるにつれて、どうしても顔の表情筋は衰えてきます。日常で使われる表情筋は顔全体の約30%しか使えていません。そのままだと、政治家のようなつまらなそうな顔になってしまいます。

そして、表情筋が衰えることでどんどん老けていきます。顔がふけると心も老ける…今すぐに表情筋が衰えないようにトレーニングをして、顔からあなたの若さを取り戻していきましょう。

男性

気づいてら老け顔になってた・・
出典:weheartit.com

表情筋とは?

さて、表情筋というお話を少し出しましたが、まずは表情筋について少し学んでおきましょう。表情筋は読んで字のごとく、顔の表情を作るための筋肉の総称です。一言に表情筋といっても、実は約30種類の筋肉が存在しています。なるほど、人間が表情が豊かな理由はここにあるわけです。

顔の面積はそんなに大きくありません。それでも30もの筋肉の種類があるということは、それぞれの筋肉は相当小さいことが分かります。これがどういうことを意味するか…それは少しトレーニングしてやれば効果が出やすいということです。

具体的には、目を動かす筋肉、口周りを動かす筋肉、顎の付近を司る筋肉などがあります。特に顔の印象を決めていく筋肉を効率的に鍛えてあげる必要があります。

なお、勘違いしないように注意が必要なことがあります。それは表情筋をトレーニングしてもシワは改善しないということ。表情筋トレーニングの目的は主にたるみの改善にあります。一方、シワの原因は肌の老化ですので基本的には解消できません。しかし、表情筋の衰えが原因でできたシワ(後述)の改善効果は期待できます。

主要な5つの筋肉とは?

まずは表情筋について詳しく知りましょう。やみくもにトレーニングするよりも、どこをどう鍛えてどういう表情を目指すのか明確にイメージできるようになります。表情筋の主要な筋肉(前頭筋、眼筋、頬筋、口輪筋、オトガイ筋)とその役割をご紹介します。

◻︎前頭筋(ぜんとうきん)

眉毛の上にある筋肉で、眉を引き上げてくれます。前頭筋が衰えると眉を上にあげる時に額にしわが入ってしまいます。額に横ジワがある人は注意です。

◻︎眼筋(がんきん)

目の周りにある筋肉です。目を開け閉めしてくれます。眼輪筋が衰えると目じりのシワやまぶたが上がらず目が小さく見えたり眠そうに見えたりします。

◻︎頬筋(きょうきん)

笑顔を作る時に口元を引き上げてくれる筋肉です。頬筋が衰えると苦々しい政治家のように口角が下がってしまいます

◻︎ 口輪筋(こうりんきん)

唇の周りにあって口元の表情を作ってくれる筋肉です。口輪筋の衰えは口元のたるみにつながります。

◻︎ オトガイ筋

唇の下、顎付近にある筋肉で顎を上に持ち上げてくれる役割があります。頤筋が衰えると二重顎が際立つようになります。

表情筋を鍛えるとどんな効果がある?

表情筋をトレーニングするとどんな効果が期待できるのでしょうか?大きく3つの効果があります。

①小顔効果

筋肉の衰えは肉が重力によって垂れ下がる「たるみ」を引き起こします。これは顔でも同じです。二重顎や口元のたるみによって顔が余計に大きく見えてしまいます。表情筋を鍛えて引き締めてあげることで小顔効果が期待できます。

②くまやくすみの改善等美肌効果

表情筋をトレーニングして動かすことで血行を改善できます。血流が改善することで、元々血行不良が原因で起こっていたくまやくすみの改善が期待できます。また、栄養素が顔全体に良くいきわたるようになるため、肌の新陳代謝も活発になります。一言でいうと美肌効果があるということです。

③表情改善効果

表情筋を鍛えることで豊かな表情を作ることができるようになります。また、顔も引き締まり、口角が上がるので普通の顔をしていても元気そうな若々しい顔を手に入れることができます。表情が変わると心の持ちようも変わりますから、元気がない方にもおすすめです。

 

顔の輪郭別トレーニング法とは?

自分の顔の輪郭によって表情筋のトレーニング方法は異なってきます。それは鍛えるべき筋肉が異なるからです。自分がどの輪郭に当てはまるかを確認して、最も効果的なトレーニング方法を実践していきましょう。

トレーニング①丸顔は頬と顎を鍛える

フェイスラインが丸く、頬にも余計な肉がたるんでいる方は丸顔用の表情筋トレーニングが有効です。具体的には、口輪筋オトガイ筋をトレーニングしていきます。

まず口輪筋のトレーニングですが、動画を見ながらやってみましょう。鏡を見て正しくできているか、口元がだるい感じがするかを確認しながらやってみてください。1日2回、30秒でできるので簡単です。

次にオトガイ筋のトレーニングの方法ですが、舌回しエクササイズがおすすめです。右回し左回し各20回ずつ、朝昼晩やることが効果的です。やってみると最初のうちは舌が痛いはずですが根気よく続けていきましょう。

トレーニング②卵型は目元を鍛える

眉から口までのラインと顔の横の長さの割合が1:1くらいになっている人で、卵のような綺麗なフェイスラインが特徴です。理想の顔型といわれる卵型ですが、顔の筋肉が下に引っ張られやすく(縦長なため)、特に目元のたるみやシワが出やすい輪郭です。特に効果の高い前頭筋のトレーニング方法をご紹介します。

やり方は動画を確認しながらやってみましょう。おでこのところに力が入っているのを感じながらやります。朝晩2回トレーニングをしてみましょう。

トレーニング③ベース顔は口元を鍛える

四角い顔のベース型輪郭を持っている人は、骨格がしっかりとしていて表情筋は衰えにくいと言われています。しかし、口周りの口輪筋に衰えが出やすい傾向があるため、口輪筋を中心に表情筋をトレーニングしましょう。

口輪筋のトレーニング方法は、下記の動画を参考にやってみてください。やってみればわかりますが、口周りがとても痛いです。口周りの辛さを感じているかをバロメーターにすると良いでしょう。朝晩2回、30秒ずつやると効果が出てきます。

トレーニング④逆三角顔はフェイスラインと口元を鍛える

逆三角型の輪郭の人は、口角が下がりやすく顎が細いためフェイスラインの崩れが目立ちやすいため、老け顔に見えたり太って見えてしまします。頬筋を鍛えるトレーニングが有効になります。また、二重顎にもなりやすいので、オトガイ筋をトレーニングするのも効果的です。頬筋とオトガイ筋のトレーニング方法はトレーニング①と同じ内容なので、ご参照ください。

表情筋を効率よく鍛えるならエステ!その理由とは?

表情筋のトレーニング方法をお伝えしてきましたが、意外とやってみると難しいものです。トレーニング方法を知っても、正しく実践できているかは自分ではわからないですし、なにより自分の意思で毎日続けることは至難の業です。

しかし、面倒くさがりでも確実に効率よく表情筋をトレーニングする方法をご紹介します。それは、エステを活用することです。ジムでも筋トレする時に専用のトレーナーさんがいてくれると安心です。同じように表情筋のトレーニングだって筋トレなのですから、専用のトレーナーさんにやってもらうのが一番正確に決まっています。しかも、エステであれば自分にやる気がなくとも予約しまえば、自分の意思に頼らなくても済みます

高品質なフェイシャルフィットネスを提供してくれるのがダンディハウスです。ダンディハウスの初回満足度はほぼ100%(「非常に満足」がほとんどで、少数が「満足」と回答しています)と脅威の数字です。

ダンディハウスのトップ画像

【DANDY HOUSE】

高級感のある上質な空間で受けるフェイシャルトリートメントはあなたに一生忘れられない体験をもたらしてくれます。

⇒DANDY HOUSE公式HPはこちら

 

16000円のところ初回限定で5000円で受けられるので、試してみる価値はあります。
ただし、安くはありませんから、まずはご紹介したトレーニングを試してみて続けられそうになかったらエステを頼ってみると良いでしょう。

こちらの記事にはダンディハウスの施述内容と口コミが記載されているので、まだダンディハウスに一度も行かれたことがない方はこちらをクリック⇒「ダンディハウスの表情筋トレーニングの評判は?施述内容を全て公開

まとめ

表情筋が衰えると老け顔に見えてしまったり、太って見えてしまったり…よいことはありません。なによりもその自分を鏡で見た時が一番つらいです。逆に表情筋をしっかりとトレーニングすることで、若々しく元気のある表情になり、心も元気になります。

できる男は見た目が第一であることを知っています。もし、まだあなたが表情筋のトレーニングをしていなければ、今ができる男になるチャンスです。このチャンスを逃すか否かはあなた次第。

まずは今すぐご紹介した表情筋のトレーニングを実践してみてください。それで、毎日続けることが難しそう、面倒くさいと少しでも感じたら、エステを試してみる。その手順で良いでしょう。

表情筋トレーニングを実践して、できる男の顔をゲットしてください。

⇒公式サイトはこちらをクリック


『スキンケア』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48846

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料