重曹が足の臭いを消せる?重曹で足の臭いが消せる理由を徹底解明!


気づかないうちに嫌われているかも?足の臭いの対策をしよう

足の臭いがきつく、周りの人間に嫌われてしまうことはよくあります。普通に過ごしている場合はもちろん、仕事柄一日中革靴を履いて動き回ったり、ブーツで一日過ごすと足の臭いはどんどん

ひどくなる可能性が高くなります。自分自身でも帰宅後靴を脱いで臭いに気づき、眉をひそめたことがある方は多いのではないでしょうか。

足の臭いが原因でいじめ、または職場や家庭で嫌われてしまう可能性もあります。靴をこまめに洗い清潔を保つことはもちろん、足も清潔を保ち、臭いを取り除く努力が必要です。

そのためには足の臭いの原因を正しく把握し、対策を行っていくことが大切になります。足が臭くなる原因、そして対策方法を説明していきますので、ひとつひとつしっかり確認していってださい。

2つの足の臭いの原因とは?

足の臭いの原因は皮膚上に存在する雑菌で、これは決して「臭いを発生させる悪い菌」というだけではなく、外部の悪性の細菌から身を守る役割を持っています。しかし汗、そして垢が放置されることによって皮膚常在菌が増えると過剰に皮脂や角質を分解してしまい、嫌われる臭いを発生させてしまうのです。

発生させる足の臭いは大きく分けて2つありますが、どのような臭いがどのような仕組みによって発生しているのか、その原因を見ていきましょう。

イソ吉草酸菌(弱酸性)

臭いの原因のひとつは「イソ吉草酸菌」であり、一般的に「足の気になる臭い」とはこのイソ吉草酸菌が発生させているものです。「長時間革靴などを履いて靴の中が蒸れた」という経験がある方は多いと思いますが、足が蒸れる原因は汗をかいているからです。

汗には種類があり、水分が主な成分である「エクリン腺」から発生する汗、そしてタンパク質や脂質などを含む汗を分泌する「アポクリン腺」などに分けられます。アポクリン腺があるかどうか、また数が多いかは遺伝によって決まりますが、足の臭いはこのうち「エクリン腺」から発生する汗が原因です。誰でも持っている普通の汗腺ですので、誰にでも嫌な足の臭いは発生する可能性があります。

 

ワキガのメカニズム

とはいえエクリン腺から分泌される汗自体に臭いはなく、臭いの原因はこの汗と皮膚常在菌が関わることにより発生します。汗の成分は水分や塩分ですが、古い角質や皮脂も同時に排出されています。この皮脂や角質を栄養として分解したときに発生する弱酸性の物質が「イソ吉草酸菌」であり、臭いの原因です。

イソ吉草酸菌は「チーズ、または納豆のような悪臭」とよく表現され、先程説明しました通りエクリン腺から分泌される汗が原因ですので、誰にでも起こる可能性があります。

アンモニア(弱アルカリ性)

もうひとつの足の臭いはアンモニアによるもので、「疲労臭」とも言われます。

不規則な生活習慣やストレスが原因で肝臓の機能が低下し、汗にアンモニアが混ざることが原因です。肝臓はアンモニアを分解する機能を持っていますが、これらの要因により機能が低下するとアンモニアの分解も行うことができなくなります。その結果汗に混ざって体外へ排出することになり、アンモニア独特の酸っぱいツンとした臭いが発生してしまうのです。

またアンモニアは弱アルカリ性であり、イソ吉草酸菌とは性質が違うものになります。性質が違いますので、対策方法もそれに合わせ考えていく必要があります。

重曹ってそもそも何?

足の臭い対策に重曹が使えますが、そもそも重曹とは何なのかもきちんと把握しておきましょう。重曹とは「ベーキングソーダ」または「炭酸水素ナトリウム」とも言われ、あく抜きやお菓子作りなどにも使われています。

重曹は皮脂を分解する働きがある弱アルカリ性の物質で、研磨作用や中和作用、軟水作用、消臭作用、発泡作用など様々な力を持っています。これらの能力を使って料理や掃除、洗濯、消臭など様々な分野で使われ、またその使われ方も粉状で使う、水に溶かして使う、ペースト状にして使うなど、用途に合わせて変えられるのも特徴です。重曹は入手も簡単でスーパーなどでも手に入りますので、「使いやすい」といったメリットもあります。

重曹が足の臭いに効果があるってホント?

重曹が足の臭いに効果があるのは、「イソ吉草酸菌」が原因だった場合です。

イソ吉草酸菌は「弱酸性」ですので、「弱アルカリ性」である重曹を使うことで中和され、臭いを消すことが可能です。「中和」とは酸性のものとアルカリ性のものを合わせると無害になるという反応のことですので、重曹が足の臭いに効果があるのは化学的な根拠に基づくものです。

重曹足湯の作り方

重曹がイソ吉草酸菌のため発生する足の臭いに効果があることは確認できましたので、次はイソ吉草酸菌と重曹を合わせて使うために必要な「重曹足湯」の作り方について説明します。

下の動画を参考にしながらひとつずつ手順を確認していくことをおすすめします。また同時にクエン酸を使う方法も動画内で説明されていますので、角質も一緒にきれいにしたい方はクエン酸も使っていきましょう。

重曹(・クエン酸)・水またはお湯の容器を用意する

重曹やクエン酸は粉状のもの、そして安全のため食用のものを用意します(スーパーや薬局で販売されています)。

足がつけられるような大きめの容器(洗面器など)を用意しましょう。お湯をいれた後に足をつけることになるので、溢れないように大きめのものを用意したほうが安心です。

重曹大さじ3杯1リットルお湯またはに入れ、軽くかき混ぜる

クエン酸を入れる場合は大さじ2杯程度を目安に、このタイミングで一緒にいれます。
重曹はソーダ水の原料ですので最初にしゅわっとした反応があります。最後に軽くかき混ぜ、成分をしっかり合わせておきましょう。

③10~15分足湯をする

お風呂場もしくは濡れないようにシートなどを敷き、両足をつけて10~15分足湯をします。臭いが発生しやすいのは足の指や指の間、つめの付け根あたりなどになりますので、手を使ってしっかり臭いを落とすように軽くこすっても良いでしょう。

「炭酸泉」と同じ泉質ですので、温泉に入ってリラックスしたような気分も味わえ、ストレス解消にもなります。

重曹を主成分とする体臭用の入浴剤がある?

また重曹足湯と同じ重曹を主成分とする体臭用の入浴剤があり、足の臭い対策にも有効な「薬用Hottab」をご紹介します。

薬用Hottabは重炭酸浴ができる体臭対策に使える入浴剤で、香料や着色料、パラベンといった人によっては肌に合わない可能性がある成分を全く使っていません。無着色無香料、赤ちゃんでも安心して使用することができるという肌に優しい入浴剤ですので、敏感肌の方にも安心しておすすめできます。

薬用Hottabは以下の成分により体臭効果はもちろん、ストレス解消などにも効果があります。

・炭酸水素ナトリウム(重曹)
・炭酸ナトリウム
・無水クエン酸
・ビタミンC

炭酸水素ナトリウムや炭酸ナトリウム、無水クエン酸には消臭や抗菌効果、そしてビタミンCによる抗酸化作用があります。また炭酸水素ナトリウムや炭酸ナトリウムはお湯に溶け込むと重炭酸イオンに変化し、疲労回復、ストレスの軽減などの効果も期待できるのです。足の臭いのもうひとつの原因である「疲労」にもこういった面で効果を発揮しますので、薬用Hottabは体臭対策と疲労回復どちらも行える唯一の入浴剤です。

薬用Hottabは正しく使うことによって効果を発揮しますので、正しい使用方法で継続することが大切です。気になった方は一度公式サイトをご確認いただき、その効果や正しい使用方法をご確認ください。

薬用HotTab

【薬用HotTab】

重炭酸イオン・クエン酸・水素イオンが入った安心安全日本国産のタブレット。

石鹸、シャンプーでは洗浄できないミネラル皮脂汚れをしっかり洗い流します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

薬用Hottabはお得な定期お届けコースがあり、定期コースのご利用により送料がずっと無料になります。買い忘れることもなく、また誕生日の月には一袋無料で薬用Hottabがついてきます。定期の解約もいつでも可能ですので、ぜひお得な定期お届けコースでお試しいただくことをおすすめします。

薬用Hottabについてもっと詳しい情報を知りたい方は、ぜひ次の記事もお読みください。⇒体臭対策で最も有名な入浴剤「薬用HotTab」は本当に効果あるの?!

アンモニア臭にはミョウバンがオススメ!

イソ吉草酸菌が原因による足の臭い対策は重曹がおすすめでしたが、もうひとつの原因「アンモニア」の臭いの対策として「ミョウバン」をおすすめします。

ミョウバンは正式名称を「硫酸アルミニウムカリウム」と言い、白い結晶状の物質のことです。漬物の色付けやお菓子の添加物など食品にもよく使われている物質で、重曹同様ミョウバンも入手しやすいというメリットがあります。アンモニアは弱アルカリ性でありミョウバンは酸性ですので、イソ吉草酸菌に対する重曹と同じように「中和反応」によりアンモニアの臭いを消すことが可能です。

またミョウバンは毒性の低い、食用にも使われている安全な物質であるということがメリットであることはもちろんですが、さらには人体の汗を抑える作用も持っています。イソ吉草酸菌であれアンモニアの臭いであれその原因は汗ですので、汗を抑えることにより臭いが改善されるという効果も期待できます。

これから実際にミョウバンを使って対策するための「ミョウバン水スプレー」の作り方を説明しますので、ぜひ下の動画も参考にしながら確認してください。

焼きミョウバン500mlペットボトルを用意する

焼きミョウバンはスーパーの漬け物売り場などで販売されています。ミョウバンは10g必要ですので事前に計量し、用意しておきましょう。

ミョウバンを入れる

用意したペットボトルの中にミョウバンをいれます。じょうごのようなものがあれば便利ですが、ない場合は広告などを片方小さくまるめ、それを代わりに使っても問題ありません。

水を300ml(多少大雑把でも問題ありません)入れますが、入れた直後はミョウバンは溶けません。しっかり蓋をしておき、2日ほど期間を置くと「ミョウバン原液」が完成します。

③原液を更に10倍に薄め、スプレーボトルに詰め替える

原液のままでは濃いので10倍に薄め、スプレーボトルに詰め替えたらミョウバン水スプレーの完成です。足の臭い対策はもちろんわきなどにも有効ですし、原液は少量ずつお風呂や洗濯にも使えます。

靴を手入れして足の臭いを軽減

足の臭いをどれだけ対策しても、履いている靴が臭っていてはその臭いが足にも移ってしまい、台無しになってしまいます。靴の手入れも必要になりますので必ずこちらもご確認いただき、靴の手入れも行うようにしてください。

靴はできるだけ通気性の良い靴を選ぶことも大切ですので、合皮やゴム素材の靴は出来るだけ避けておきましょう。またサイズが大きすぎると靴を履いて活動している際にも脱げかけてしまうのを防ぐために踏ん張ってしまい、足が緊張しやすい=汗をかきやすい状態となってしまうのでおすすめできません。

スニーカーのような丸洗いできる靴は可能であれば洗剤も使用してしっかり水洗いし、天日干しで乾燥させます。洗えない靴の場合も出来るだけ天日干しでしっかり乾燥させて菌の繁殖を抑えることが大切ですが、革靴のような紫外線に当てると傷んでしまう靴の場合は日陰に干しましょう。

靴はしっかり乾燥させることが大切ですので、雨に濡れた場合などは新聞紙などでしっかり内側の水分なども取り除き、乾燥させておきましょう。革靴などの場合は丸めた新聞紙を靴の中に詰めて湿気を吸い取り、その後日陰でしっかり乾燥させます。

生乾きの靴は履かず、乾燥させている間は違う靴を履けるように数を用意しておくのも必要です。雨に濡れた靴はもちろん、日頃からローテーションを考え、しっかり乾燥させた靴を履きましょう。

靴

靴対策では何をしたらいい?
出典:weheartit.com

また消臭機能があるインソールなどを使うのも効果がありますし、靴用の消臭剤もありますので、消臭、そして殺菌のためにもぜひ有効活用していきましょう。

靴下を手入れして足の臭いを軽減

足そのものと靴までは対策をきちんと考えられやすいのですが、うっかりしがちなのが「靴下」です。靴下にももちろん雑菌は移り、臭いが染み付くこともありますので、きちんと除菌を考えていく必要があります。

靴下は他の衣類と同じように洗濯をしても除菌しきれない場合がありますので、以下の方法を使ってしっかり除菌を行ってください。

①洗濯前にお湯につけておく

熱による殺菌が目的ですので、ぬるま湯ではなく60度くらいの熱いお湯を使う必要があります。毛織素材などの場合は傷めてしまう可能性もありますので、事前に靴下の洗濯表示はきちんと確かめておいてください。熱処理という意味でアイロンをかけるのも効果がありますが、この場合も素材の確認はきちんと行っておきましょう。

石鹸で手洗いする

他の衣類と同じように洗濯を行うだけではしっかり除菌できない可能性がありますので、洗濯前に一度石鹸を使い、手洗いしておきます。石鹸は手洗い用のものなどでも十分ですので靴下を洗い、すすいでからいつも通りの洗濯を行うだけでも変わります。

重曹水を使う

これまでの方法でも効果がなかった場合、もしくはお湯などが使えなかった場合は足湯と同じように重曹につけておくことをおすすめします。この場合は一晩程度置き、すすいでから洗濯を行いましょう。足湯で使ったあと靴下を入れて一晩置いておくと手間も多少省くことができます。

靴下

下のお手入れ法とは?
出典:weheartit.com

また湿った靴下を無理矢理履く、湿った靴下のまま過ごすことも雑菌を増やす原因になります。靴下を履くときは足がきちんと乾燥した状態で履くこと、靴下は湿った場合や「蒸れた」と感じた場合はこまめに履き替えることも足の臭い対策になりますので、常に履き替え用の靴下を持っておくことをおすすめします。

まとめ

足の臭いがきつい方、また一日中革靴を履いて行動し、靴の中が蒸れやすい方などは、とくに足の臭いの対策が必要になります。

重曹を使った足湯などは準備も簡単にできますしリラックスにも繋がりますので、ぜひ定期的に行い、足の臭いをなくしていくことをおすすめします。ミョウバン水や重曹は他にも様々な体臭対策に使えますので、ひとつ用意しておくだけで対策もしやすくなります。

また足だけではなく薬用Hottabなどの入浴剤を使うことにより、全身の体臭対策、そして疲労改善の効果を得ることも可能です。出来る範囲から少しずつ対策を始め、足の臭いを無くしていきましょう。

⇒HotTab公式サイトはこちら

<おすすめ関連記事>

足の臭いを消臭できる市販の人気クリームランキングTOP5!


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料