アミノ酸シャンプーの成分を徹底解剖!正しいシャンプーの選び方とは?

髪や頭皮に優しいと言われ、ここ数年人気を集めているアミノ酸シャンプーですが、実際のところその効果は本当なのでしょうか?ここでは、アミノ酸シャンプーを成分レベルで分析し、頭皮に優しいメカニズムを紹介します。また、成分から考えるシャンプーの選び方も紹介します。


アミノ酸シャンプーを成分レベルで徹底分析!

近頃美容師発毛や育毛をしたい人達から注目されているのがアミノ酸シャンプーです。頭皮・髪に優しいと言われていますが、どういった効果をもたらしてくれるのでしょうか。

ここでは、成分という点からその他のシャンプーと比較しながらアミノ酸シャンプーの効果についてご紹介いたします。そして、成分から考えていくアミノ酸シャンプーをどう選ぶかもご紹介していきます。

アミノ酸シャンプーには10種のオーガニックエキス5種のアミノ酸系洗浄成分が含まれています。従来のシャンプーを使用すると頭皮の保湿因子が壊れてしまうのですが、アミノ酸だと頭皮を保湿して環境を善くしてくれます。

711b6731a1c0f67b824d598a0a4fd754_s

そもそもアミノ酸シャンプーとは?

アミノ酸シャンプーとは何かを知る前に、まずシャンプーの種類について解説していきます。

シャンプーには3種類ある?

シャンプーは主に3種類存在します。まずはアミノ酸シャンプー以外の2つのシャンプーを成分レベルで紹介していきます。

高級アルコール系シャンプー

<特徴>

・刺激が強い

・値段は安いほう

・洗浄力は強い

<代表成分>

・ラウレス硫酸Na

・オレフィン(C12-C14)スルフォン酸Na

・ラウリル硫酸Naほか

石鹸系シャンプー

<特徴>

・洗浄力が強い

・アルカリ性のため髪がごわついてしまう

・値段は高め

<代表成分>

・石鹸素地

・脂肪酸Na

・オレイン酸Kほか

では、これらのシャンプーと比較してアミノ酸シャンプーはどのようなものなのでしょうか?

アミノ酸シャンプー

<特徴>

アミノ酸シャンプーには、アミノ酸系界面活性剤が洗浄成分として使用されています。洗浄力としても優しくて、頭皮や髪にも刺激が少ないのでアトピー肌の方や敏感肌の方にも大丈夫です。自然志向の点からも肌に優しいとされる石鹸系のシャンプーが人気となっていますが、石鹸の界面活性剤と比べるとアミノ酸界面活性剤が刺激は少ないと言われています。

たんぱく質アミノ酸で作られており、人が生きていくうえで必要で頭皮や髪にも大切なものとなります。そのため、頭皮・髪に刺激の少ないアミノ酸シャンプーはアミノ酸を補給してくれるのです。また、汚れをしっかりと落としても皮脂を余計に取ることもないですから健康な髪と頭皮を保ってくれます。では、次にアミノ酸シャンプーの成分を分析していきます。

アミノ酸シャンプーの主要成分は?

アミノ酸シャンプーの代表的成分は以下のようになります。

◻︎メチルアラニン系

◻︎ココイル系

◻︎ベタイン系

 

メチルアラニン系

アミノ酸シャンプーの中でも一番優秀なのがラウロイルメチルアラニンNaという成分です。アミノ酸の洗浄成分というのは頭皮に刺激が少ないものの、洗浄するための効果も弱いとされています。

ですが、ラウロイルメチルアラニンNaは高い洗浄力と頭皮への優しさを持っているのです。マイナス点と言うと高価な所ですが、そうならない為の成分構成としてラウロイルメチルアラニンNaに加えてベタイン系及びココイル系が含まれているアミノ酸シャンプーのほうが理想的とされています。

<成分例>

アミノ酸洗浄成分のひとつにメチルアラニンの役目を持つラウロイルアスパラギン酸が使用されることがあります。このラウロイルアスパラギン酸の性質はラウロイルメチルアラニンNaに近いです。泡立ちの良さと洗浄力の高さ、肌への優しさもあるのでたまに主成分とされることもあります。ラウロイルアスパラギン酸はラウロイルメチルアラニンNaの代わりになってもくれると思ったほうがいいです。

ココイル系

ココイル系アミノ酸成分は‘ココイル○○’という名前になっています。頭皮に優しい反面洗浄力が弱くなっています。そのためココイル系のシャンプーだと洗ってもきちんと汚れが取れた気がしないのです。さっぱりとした触り心地がありあまり泡立ちませんが、アミノ酸シャンプーはほとんどがそうはならないです。なぜなら滑らかにしてくれる界面活性剤やココイル系でない気泡などが入っていると洗い上がりも泡立ちもさっぱりとはしてくれないのです。

<成分例>

ココイルアラニンTEA  ココイルメチルタウリンNa  スルホコハク酸(c112-14 )パレス-Na ココイルグルタミン酸K ラウロイルサルコシンNa ココイルグルタミン酸2Na ココイルメチルアラニンNa ココイルグルタミン酸TEA

ベタイン系

成分の頭文字に‘○○ベタイン’となっているものがベタイン系アミノ酸成分です。頭皮には優しいものの、弱い洗浄力となっています。また、ベタイン系だけのシャンプーはココイル系と同じように洗っても汚れが取れていない感じがしてしまいます。洗い上がりはしっとりしていますがアミノ酸シャンプーではほとんどがそうはならないです。

<成分例>

ラウリルベタイン コカミドプロピルベタイン

アミノ酸シャンプーのメリットは?

ここまでアミノ酸シャンプーや他のシャンプーの成分レベルでの特徴を紹介してきました。ここでは改めて、アミノ酸シャンプーのメリットをまとめていきます。

◻︎少しの量でもよく泡立ってくれます。

◻︎保湿性があるので肌が乾燥しないです。

◻︎刺激が少ないので髪・皮膚などにも優しいです。

◻︎洗浄力が適度にあるので余分な皮脂を落とさないです。

◻︎アミノ酸系となっているので頭皮・髪を傷めないです。

◻︎弱酸性のため髪がパサつかないです。

髪の毛

出典weheartit.com/

アミノ酸シャンプーの選び方

アミノ酸シャンプーの洗浄成分=界面活性剤は‘○○ベタイン(両性界面活性剤)’・‘ココアンホ○○(両性界面活性剤)’・‘ココイル○○’・‘ラウロイル○○’等が含まれており、これらを組み合わせた3~5種類から構成されています。

ラウロイル○○+ココイル○○または○○ベタイン或いはココアンホ○○

ラウロイル○○+ココイル○○

ラウロイル○○+○○ベタインまたはココアンホ○○

アミノ酸シャンプーとして扱われていても、アミノ酸洗浄成分そのものの原価が高いのでほんの少ししか入っていないものがほとんどです。全成分表示というのは多い配合量から順番に載っているので成分名がどういった順番で表示されているかもチェックしておくといいです。

アミノ酸配合シャンプーに注意

アミノ酸シャンプーには、主に‘アミノ酸シャンプー’・‘アミノ酸配合シャンプー’の2つがあります。アミノ酸配合シャンプーの主な成分は石鹸と高い洗浄力を持つ石油由来高級アルコール系の界面活性剤に少しのアミノ酸洗浄成分を入れています。

全成分表示を見た時に、ラウレス硫酸スルホン酸ラウリル硫酸というのを最初に見つけたらアミノ酸配合シャンプーという事になります。もしアミノ酸シャンプーを使いたいという場合は‘ココイルアラニン’・‘ココイルグルタミン酸’が表示されているかどうかを確認するようにしてください。

おすすめのアミノ酸シャンプーは?

おすすめのアミノ酸シャンプーは、芸能人や美容師も利用し、現在人気を集めている「チャップアップシャンプー」です。

チャップアップシャンプー

【5種類のアミノ酸系洗浄成分】

・コカミドプロピルベタイン…天然ヤシ油由来となる両性界面活性剤洗浄・保湿効果があり刺激が少ないので乳児用のシャンプーにも使用されています。柔軟効果や殺菌性・コンディショニングの効果も持ちます。

ココイルグルタミン酸2Na…泡立ちが良く、洗浄力が高いアミノ酸洗浄成分として知られています。皮脂の多い人には向いていますが、乾燥肌の方には向いていないです。

ラウロイルアスパラギン酸Na…ラウリンという植物由来が原料となっているアミノ酸洗浄成分です。乳児用のシャンプーにも使われています。肌に優しく目にもしみにくい成分となっています。

ココイルトレオニンNa…感触が上品で副剤として使われているアミノ酸系界面活性剤洗い上がりしっとりとしています。

ココイルグルタミン酸Na…陰イオン界面活性剤で泡立ちも良く洗浄力も高いです。

これら5種が、肌に優しく洗浄効果も高い組み合わせとしてシャンプーの成分に使用されています。他にも、10種のオーガニックエキスを使用しており、アレルギーや頭皮トラブルになりにくく、頭皮環境改善に良い天然成分で作られています。

【10種類のオーガニックエキス】

・セージ葉エキス・ローズマリー葉エキス・キュウリ果実エキス・タチジャコウソウ花/葉エキス・ラベンダー花エキス・セイヨウサンザシ果実エキス・アルテア根エキス・カミツレエキス・ゴボウ根エキス・トウキンセンカエキス

チャップアップシャンプーの成分

10種のオーガニックエキス

チャップアップシャンプーの口コミ・評判まとめ!価格や成分を徹底分析!」では、チャップアップシャンプーの口コミを、成分や値段の面から徹底分析していきます。チャップアップシャンプーの購入を検討されている方、以前使用していたけれど効果が見えなかった方はチェックしておきましょう。

チャップアップシャンプーをおすすめしたい方

チャップアップシャンプーは、どのような方におすすめできるのでしょうか?

おすすめできるのは以下のような方になります。

□肌が弱く、頭皮の荒れやアレルギーが心配な方。

□副作用の心配がなく、安全な頭皮ケアシャンプーが欲しい方。

□チャップアップシャンプーの関連商品を使用している方(チャップアップ育毛剤やサプリなど)

□過去、頭皮ケアに効かないシャンプーを購入してしまい「今度こそ必ず頭皮ケアに効くシャンプーを購入したい」と思っている方。

□過去購入した頭皮ケアシャンプーが効かないどころか、副作用と思われる症状で頭皮が荒れてしまった方。

上記のとおり、今まで納得いくシャンプーに巡り会えなかったかたやより頭皮環境に良いシャンプーを使用したい方におすすめとなっています。

チャップアップシャンプー

⇒チャップアップ公式サイトはこちらをクリック

 

アミノ酸シャンプーの成分まとめ

ではこれまでの事をまとめていきます。

シャンプーにはさまざまなものが出ていますが、自分の頭皮や髪質に合ったものを選ぶ必要があります。洗い上がりが良く、洗浄成分も優れているとされているのがアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーはココイル系・ベタイン系・メチルアラニン系から出来ています。中でもラウロイルメチルアラニンNaはとても優秀で、頭皮に優しく洗浄力も高いです。低刺激で保湿性もあります。

アミノ酸シャンプーを選ぶときには、商品の裏に記載してある全成分表示を確認することが大切です。主な組み合わせとして、`ラウロイル○○+ココイル○○’・`ラウロイル○○+ココアンホ○○’・`ラウロイル○○+○○ベタイン’などとなっています。

また、アミノ酸シャンプーと並んでアミノ酸配合シャンプーというのもあります。アミノ酸配合シャンプーには少量のアミノ酸洗浄成分石油由来高級アルコール系界面活性剤・石鹸が含まれています。見分け方としてはココイルグルタミン酸・ココイルアラニンと記されているものがアミノ酸シャンプーで、スルホン酸・ラウリル硫酸・ラウレス硫酸と記されているものがアミノ酸配合シャンプーとなります。

人気の高いアミノ酸シャンプーとして知られているのがチャップアップシャンプーです。美容師や芸能人も使用しています。5種のアミノ酸洗浄成分10種のオーガニックエキスが配合されています。チャップアップシャンプーはこれまで使用してきた頭皮ケアシャンプーが合わなかった方や、頭皮が荒れてしまわないか心配な方、安心して使いたいという方にお薦めです。

頭皮環境に良いシャンプーをお探しの方はぜひチャップアップシャンプーの使用を検討してみて下さい。


『ヘアケア』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48986

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料