本当にワキガは薬で治る?話題のデオドラントクリームランキング4選!

根本的にワキガを治療するには手術しかありません。しかしワキガを抑える薬は存在します。ここではワキガに効果の高い区するについて紹介します。また制汗スプレーよりデオドラントクリームがワキガに効果的な理由や人気のデオドラントクリームランキングも紹介していきます。


ワキガに効果のある薬とは?

「ワキガは治らない」とあきらめていた方に朗報があります。ワキガは薬で抑えることが可能です。

ワキガは病気ではありません。

しかし皮膚科や美容外科などの専門医療機関を受診することで、ワキガの臭いを抑える効果のある薬を処方してもらうことが可能です。

では実際にワキガに効果のある薬にはどのようなものがあるのでしょうか。

経口医薬品

ワキガに効果のある経口医薬品(飲み薬)として、臭化プロバリテリンという薬を病院で処方してもらうことが可能です。

この臭化プロバリテリンという薬は保険適用の薬です。

抗コリン剤の1種で、汗が出るときの伝達物質であるアセチルコリンの分泌抑制に効果のある飲み薬です。

ワキガそのものは病気ではないので、臭化プロバリテリンは厳密に言えばワキガ治療薬ではありません。

ワキガの臭いそのものを抑制する薬ではありません。

しかし汗が出るときの伝達物質であるアセチルコリンの分泌抑制に効果があるので、結果的に汗を抑え、ワキガの臭いの要因であるアポクリン汗腺から出る汗を抑えることにつながり、ワキガ対策に効果があるのです。

アセチルコリン

汗が出る原因であるアセチルコリンを抑えることで汗の分泌を減らします

出典:ゆうスキンクリニック

自律神経に働きかける薬

自律神経に働きかける薬は、ワキガに効果のある薬として期待できます。

その理由は、ワキガの方は「ワキガであることを気にしすぎてしまい、ワキガであることが精神的負担となり、その結果、自律神経のバランスを乱してしまっている」可能性があるからです。

自律神経のバランスが乱れることで、不必要な汗が出ます。

ワキガの要因であるアポクリン汗腺も自律神経バランスの乱れにより活発に働いてしまい、アポクリン汗腺からも不必要な汗が出ます。

アポクリン汗腺からの汗量が多くなればワキガの臭いも強くなります。

この繰り返しでワキガが強くなるという悪循環に陥ってしまいます。

自律神経のバランスが乱れている場合は、抗不安薬などが処方される場合があります。

心療内科や精神科を受診し「不必要に汗がたくさん出て悩んでいる」という症状を医師に話していただくと、抗不安薬が処方され、内服することで自律神経のバランスが改善される可能性があります。

なお、心療内科や精神科は要予約という医院がほとんどなので、受診したいクリニックなどが決まれば、事前に電話で問い合わせや予約状況の確認をしてから受診されることをおすすめします。

悲しい 男性

ワキガであることを悩みすぎても悪循環になるだけです

出典:We Heart It

汗を抑える注射

注射液(薬)で汗を抑える方法で、ワキガ対策になる可能性があります。

腋の下にボツリヌス菌を注射することで、一時的ではありますが汗を出すときの伝達物質を抑えることができます。

ワキガの要因であるアポクリン汗腺から出る汗を抑えることで、ワキガ対策になるのです。

ボトックス

ワキにボツリヌス菌を注射することで一時的にワキガを抑えることができます

出典: 南青山スキンケアクリニック

薬ではワキガを根本的に治すことはできない

ワキガに効果のある薬をご紹介してきましたが、実は薬ではワキガを根本的に治すことはできません。そもそもワキガは病気ではないので、根本的に治療という概念が存在しません。

ただし、上記でご紹介してきたような薬をワキガ対策のために使う(処方してもらう)ことは決してムダではありません。

ワキガを根本的に治そうとすると、アポクリン汗腺を除去する手術など、身体への負担と費用の負担が大きくなります。

その反面、薬を使ってのワキガ対策は手術よりは身体的にも経済的にも負担が少なくて済みます。

日常生活を大きく変えることなくワキガ対策できることが、薬を使ったワキガ対策のメリットです。

薬以外なら制汗剤がワキガにはオススメ?

ワキガに対して、薬を用いての対策をご紹介してきました。

しかし薬は「病院やクリニックに行って、医師の診察を受けないと処方してもらえない」という事情が発生します。

ワキガのために病院に行くことに抵抗がある方、時間的に病院に行くのは難しい方などは、下段でご紹介するような制汗剤を使用してみてはいかがでしょうか?

オススメの制汗剤をご紹介する前に、タイプ別のメリットとデメリットに触れておきます。

スプレータイプは持続時間が短い

制汗剤にはスプレータイプの商品が多く販売されています。

値段も使い方も手頃なのではありますが、スプレータイプの制汗剤は持続時間が短いです。

そのため1日に何回も使う必要があります。こまめに何回も使おうと思うと、例えば仕事など外出時に持ち歩く必要が生じます。

クリームタイプは持続時間が長い

一方、クリームタイプの制汗剤は持続時間が長いことがメリットです。

クリームタイプはスプレータイプと違い、直接腋に塗るので、汗をかいても流れにくくなります。

流れにくくなれば、持続力も長く、商品によっては朝塗れば夕方まで効果が続くものもあります。

話題のデオドラントクリーム人気ランキング4選を紹介!

上述のように、ワキガ対策の制汗剤としては、スプレータイプよりもクリームタイプのデオドラントがオススメです。

ではクリームタイプのデオドラントオススメ商品ランキング第1位~第4位をご紹介します。

第1位 クリアネオ

クリアネオ

<特徴>

・朝1回、10秒の使用で効果が1日中続く。

・殺菌成分と制汗成分をダブルで配合。

・使用何日後でも返金OKの永久保証制度がある。

「クリアネオ」は7つの植物由来成分を配合しています(柿渋、セージ、シャクヤク、アマチャ、ユキノシタ、海藻、ドクダミの各エキス)。

また、菌の増殖を抑えるイソプロピルメチルフェノール、汗を抑えるパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれています。

植物由来成分が多く含まれているので安全性が高い商品と言えます。

<口コミ>

良かったと思います。半信半疑でしたが、お風呂上がりと朝に塗れば夕方から夜まで持ちます。ただし、今は冬なので夏場は数回の塗り直しが必要な気がします。冬場でもじとっとした汗が出ていたのにほとんど出ず、制汗効果はスゴいと思います。

出典:Amazon カスタマーレビュー

<価格・購入特典>

通常価格5980円 ⇒ 1本定期便で4980円(税込、送料無料) ※定期便ではあるが、1本だけ購入後に解約可能。

使用量はおよそ1日あたり3プッシュ~6プッシュが目安です。

使用例として1か月で1本を使用した場合、1日あたりのコストは166円程度の計算になります。

⇒公式サイトはこちらをクリック

第2位 ノアンデ

<特徴>

・無着色、無香料、無添加であり、成分的に安全性が高い。

・日本製なので安全性が高い。

・初回限定で最大120日間全額返金保証制度がある。

「ノアンデ」は、販売会社が328種に上る試作品を経て完成されたこだわりの商品です。

臭いを原因から抑え、肌の快適を保つ圧倒的な浸透力が売りの商品です。

<口コミ>

汗の臭いと白い洋服のシミになるのをずーっと悩んでいて色々な試してみたけど
効果はなく、ノアンデをみつけて使って1ヶ月位経ちますが、臭い汗ジミもなくよく使ってます。

出典:Amazon カスタマーレビュー

<価格・購入特典>

通常価格8600円 ⇒ トライアル定期コースで4960円(税抜、送料無料) ※定期コースではあるが、いつでも中止可能。

1本30グラム入りで、約1か月の使用量です。1日あたりのコストは165円~166円という計算になります。

⇨公式サイトはこちらをクリック

第3位 ドクターアロマランス

<特徴>

・医薬部外品、無添加、日本製という点で、安全面が確保されている。

・60日間の返金保証制度がある。

・菌の増殖を抑えるシメン-5-オールと、腋汗を抑えるフェノールスルホン酸亜鉛を配合している。

「ドクターアロマランス」は、医薬部外品であるので、厚生労働省の基準をクリアーした精度の高い商品です。

また植物由来成分の消臭成分である柿タンニンや茶エキスなどを配合しており、お子様でも使用できる程の肌への優しさが特徴です。

<口コミ>

塗った後もすぐにさらっとするので洋服もすぐに着ることができます。この商品を使い始めてからは、脇の臭いを気にすることなく生活することができるようになりました。ひと塗りで長時間効果があるのもうれしいです。わきがはもちろん足のにおいや加齢臭にも効果があるのでいろいろ使えて便利です。

出典:Amazon カスタマーレビュー

<価格・購入特典>

通常価格8500円 ⇒ 集中ケア特別価格で4800円(税抜) ※最低3回は購入が必要。その後は解約が可能。

使用目安は1本35グラムで1か月です。

集中ケア特別価格で購入された場合、1日あたりのコストはおよそ160円です。

⇨公式サイトはこちらをクリック

 

第4位 チュラリア

<特徴>

・沖縄発祥(暑い地域で生まれた商品)。

・医薬部外品なので厚生労働省の基準をクリアーしている。

・無香料、無着色の自然派素材で、低刺激。

「チュラリア」は、沖縄の暑い気候での悩みから生まれた商品です。

有効成分の1つであるフェノールスルホン酸亜鉛が汗を抑える働きをします。

またシメン-5-オールが殺菌の効果を発揮し、雑菌を退治して臭いのモトを防ぎます。

<口コミ>

チュラリアを塗ってからニオイを感じると思うことが少なったのが印象的でした。ただ緊張した時などたくさん汗をかいた時はトイレなどで塗り直すようにしていれば問題ありませんでした。また汗の量も減ったように感じます!手術などは考えていないので使い続けたいです!

出典:スタブロ

<価格・購入特典>

通常価格7980円 ⇒ 初回限定50%OFF3980円(税抜) 

※定期便にすると2回目以降は、37%OFFの4980円(税抜)

使用量の目安は1本で1か月です。初回限定50%OFFで購入の場合、1日あたりのコストはおよそ133円です。

⇨公式サイトはこちらをクリック

まとめ

ワキガを根本的に治そうとすると、手術など身体的にも費用的にも大きな負担となります。

しかしワキガは薬で抑えることが可能です。

特効薬はありませんが、病院やクリニックで処方してもらえる薬は保険適用で、手に入れることが可能です。薬によるワキガ対策は手術に比べると費用も抑えることができます。

ワキガだけど、病院やクリニックに行くことが難しい方は、制汗剤を使用して対策する方法もあります。

上記でおススメのデオドラントクリームランキング第1位~第4位をご紹介しました。

返金保証がある商品は、効果がなければ返金してもらうことが可能ですが、反対に言えば返金制度を設けても大丈夫だという自信のある商品の裏付けとも言えます。

ワキガで悩んでいるけど、手術以外の手頃な方法として、今回ご紹介した内容がワキガ対策の参考になれば幸いです。

<おすすめ関連記事>

市販で人気のワキガクリームランキング!有名クリームを徹底比較!

ワキガってどんな臭い?ワキガの臭いや原因、対策法を一挙大公開!


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料