オススメのホワイトニングはどれ?効果や費用を徹底比較した結果

タバコやコーヒなどで歯が黄ばんできている方にオススメなのがホワイトニングです。歯科医院やサロンで行うオフィスホワイトニングやホームホワイトニング、自宅で行うジェルホワイトニングなど多くの種類があります。そこでオススメのホワイトニングの方法を紹介していきます。


そもそもホワイトニングって何?

ヘビースモーカーであったりコーヒーなどの色素の強い飲み物や食べ物を摂取しすぎると歯の黄ばみが生じてきます。そのような歯の黄ばみに悩んでいる方にはホワイトニングがオススメです。

ホワイトニングとは1980年代後半に米国で実用化された技術で「歯を傷付けることなく歯の中にある色素を分解して歯そのものが持つ本来の白さを実現するもの」です。

今回の記事ではオススメのホワイトニング方法について効果や費用の徹底検証を紹介します。

オススメはどれ?4種類のホワイトニングを徹底比較しました

ホワイトニングの方法には「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「ホワイトニングジェル」「歯磨き粉」の4種類があります。それぞれの方法について効果・費用・安全性・気軽さの4つの観点から比較をしました。

<オフィスホワイトニング>

・高濃度のホワイトニング剤を使用するので即効性が高い

・歯医者やサロンでしかできないので、費用が5万円~10万円と高額

・濃度の高い薬品を使用するので刺激があるが、医師や歯科衛生士などが施術するので安心

<ホームホワイトニング>

・薬剤とマウスピースにより高濃度のケアを自宅でするのですが、時間がかかってしまうことと正しい使用方法で使用しなければいけないことがデメリットです。

・1カ月1万5千円~3万円が料金相場でオフィスホワイトニングよりは比較的安価

・歯を白くするための酸化尿素や過酸化水素などを自分で使用するため安全性には不安がある

・マウスピースを付けて薬剤を塗布したまま数時間待つ必要がある

<ホワイトニングジェル>

・黄ばみを白くするだけでなく口内・口臭ケアができるなど優れた効果を持っているものが多い

・1カ月3000円から購入することができ、比較的低価格

・天然成分を有効成分として発泡剤や研磨剤を含まない商品が多く、歯や人体に非常に安全

・歯ブラシのついでにブラッシングするだけなので非常に手軽

<歯磨き粉>

・洗浄効果にホワイトニング成分を配合しているものが多いが、ホワイトニングへの期待は薄め

・値段は1カ月1500円~2000円程度なので最も安い

・発泡剤や研磨剤を含んでいるものが多いので安全性には注意が必要

スクリーンショット 2017-04-23 11.42.50

比較表からまとめると、費用と気軽さは歯磨き粉に劣るものの、効果と安全性を考慮するとホワイトニングジェルがおすすめです。

それぞれのメリット・デメリットをまとめました!

比較をさらにわかりやすくするために4つのホワイトニングのメリット・デメリットをさらに詳しくまとめてみました。

オフィスホワイトニング

<メリット>

□即効性がある

高濃度のホワイトニング剤を使用したり光を当てることで歯を白くするので即効性が高くその日のうちに効果を実感することができます。

□手間がかからない

プロに任せられるので歯科医やサロンにさえ行けば手軽に効果が得られます。

□安全性が高い

医師や歯科衛生士などが施術するので安心です。

<デメリット>

□持続性が低い

即効性が高い分、ホームホワイトニングより持続性に乏しい傾向があります。着色の度合いにもよりますが平均して3~6ヶ月ほどで元に戻ってしまいます。

□費用が高い

歯医者やサロンでしかできないので、費用が5万円~10万円と高額になります。

□歯に着色汚れがつきやすそうな食べ物・飲み物は制限されることがある

オフィスホワイトニングを行った後は、1~2日間の禁煙をを指示されたり、24時間は着色汚れがつきそうなコーヒーや紅茶、赤ワイン、チョコレートなどを制限されてしまいます。

ホームホワイトニング

<メリット>

□持続性が高い

オフィスホワイトニングが3~6か月の持続期間であるのに対し、1~2年も継続した効果が得られます。

□自分のペースで行うことができる

希望通りの白さを実現できるまで自分のペースでできることは大きなメリットです。

□オフィスホワイトニングと比較すると安価

オフィスホワイトニングに比べると安価で、初回マウスピースを製作するのに少し費用がかかりますが2回目以降は平均して5000円前後で済みます。

<デメリット>

□即効性がない

ホワイトニング開始から2週間以上は経過しないと効果を実感できません。

□手間がかかる

オフィスホワイトニングのようにお任せするのではなく、マウスピースの装着から薬剤の塗布、ケアまですべて自分で行うことが必要となるので面倒です。

□歯に着色汚れがつきやすそうな食べ物・飲み物は制限されることがある

マウスピースを外した1~2時間は飲食を禁止されてしまいます。

またホワイトニング期間中の2週間以上もの間は喫煙・コーヒー・赤ワイン・カレーなどの色の濃いものを制限されてしまいます。

この2点を厳守しないとホワイトニングの効果が薄れてしまうので注意が必要です。

ホワイトニングジェル

<メリット>

□費用が安価

1ヶ月分が3000円程度で購入できるので非常に安価なのはメリットです。また設備投資や人件費も必要ありません。

□手間がかからない

毎日歯磨きをするだけのことなので手間がかかりません。

□安全性が高い

天然の有効成分を配合していて研磨剤や発泡剤を使用していないものが多く販売されているので非常に安全性は高いです。

<デメリット>

□継続して利用が必要

効果が出るまでには時間がかかることと、継続して利用することで歯の白さも持続するので使い続ける必要があります。

□オフィスホワイトニングなどに比べるとやや効果は低い

オフィスホワイトニングだとプロの医師や歯科衛生士によるメンテナンスがあるため効果は確実ですが、ホワイトニングジェルは元々エナメル質が薄くて象牙質が透けて見えている方の歯の黄ばみには対処できません。

□即効性がない

効果が出るのに2週間以上を要するため即効性はありません。

歯磨き粉

<メリット>

□費用が安価

上記のホワイトニングと比較すると費用は安いです。

□手間がかからない

普段通りに歯磨きをするだけですので手間は不要です。

□比較的安全

最近はフッ素や研磨剤、発泡剤を極力抑えた商品も多いので比較的安全です。

<デメリット>

□即効性がない

使い続けないと白い歯にはなりません。即効性はありません。

□そもそも効果が薄い

歯を白くする限界があるので、本当の白さを望んでいる方にはオススメできません。

1番コスパが良いのはジェルホワイトニング!

以上の検証結果から効果や費用・安全性・手軽さの4つの観点から総合評価するとやはりホワイトニングジェルが最もコストパフォーマンスにも長けていてオススメです。

効果の薄い歯磨き粉は除きますが、ホームホワイトニングが1年間持続するとして経済比較を行いましたので確認してみましょう。

・オフィスホワイトニング:50,000円(6カ月)×2(1年)=100,000円

・ホームホワイトニング:15,000円+5,000円×12カ月=75,000円

・ジェルホワイトニング:3,000円(1カ月分)×12カ月=36,000円

ジェルホワイトニングの選び方とは?

次にホワイトニングジェルのオススメの選び方について紹介します。

①研磨剤や発泡剤などを使用していない

ホワイトニングジェルを選ぶにあたってまずオススメのポイントは、研磨剤や発泡剤を使用していないものを選ぶことです。

研磨剤を多く配合した製品で歯磨きをすると歯の表面のエナメル質を傷付けてしまします。

傷ついた歯の表面からは更に汚れが付着して黄ばんだり、歯茎を傷付けてしまい口内環境を悪化させてしまいます。

発泡剤は泡立ちが良くなりすぎるので、歯磨きが的確にできているかのような錯覚を生み出してしまいます。きちんと磨けているつもりで過ごしていると歯の汚れが残ったままとなり、虫歯や歯周病の原因となります。

このような結果になってしまうので研磨剤や発泡剤を配合していないものを極力選びましょう。

②歯を白くする有効成分がきちんと入っている

ホワイトニングジェルの商品の中にはホワイトニングに有効な成分がほとんど配合されていないものもあります。

ホワイトニングに有効成分が配合されたものを購入することは最も重要な要素です。 ホワイトニング(歯を白くすること)に有効な働きがある成分は以下になります。

・リンゴ酸:リンゴや梨、赤ブドウに含まれる成分で歯の汚れを落とす力があり、落とした汚れを着きにくくする効果があります。

・ポリアスパラギン酸:歯の表面の汚れに反応して包み込み落としてくれる成分です。落とした汚れを成分の中に取り込んでしまうため歯にもう一度付着させない力を持っています。

・ビタミンC:歯の汚れを落としながら歯茎の健康も守るので口内環境を整える力があります。

・メタリン酸ナトリウム:主にたばこやコーヒー、ワインなどのステイン汚れを落としてくれます。さらに歯を包み込み着色汚れや歯石が着きにくくする効果があります。

③第三者機関からの認可がある

口の中にいれて歯磨きをするのですから安全性に定評があるものを選びたいですよね。ホワイトニングジェルを選ぶ際には第三者機関による調査をしっかりと行っているかどうかも重要です。

医薬品ではなく医薬品に準ずる商品を医薬部外品と定義されています。

医薬部外品とはある目的のために有効な成分を定めた分量配合したもので医薬品ほどの強い効果はないが、予防のためには十分な効果が認められた商品に与えられます。

確かな安全性を求めるためにも厚生労働省から医薬部外品として認可を受けたものを選ぶことがオススメです。

ホワイトニングジェルのオススメは?ランキング形式で紹介!

これまでの説明の通り、先ほどのホワイトニングジェルが最もオススメのホワイトニング方法です。ホワイトニングジェルをオススメしたい方は以下になります。

<ホワイトニングジェルがオススメの方>

□歯の黄ばみに悩んでいる方

□高額なホワイトニングはできない方

□1カ月以上の継続が可能な方

□エナメル質が薄くなっていない方

第1位:ちゅらトゥースホワイトニング

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

<商品特徴>

スクリーンショット 2017-06-05 15.14.55

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは「虫歯率全国ワーストの沖縄県から生まれた医薬部外品のホワイトニングジェル」です。雑誌「ESSE」や芸能人の河村ひかるさんもブログで取り上げています。また歯科医師歴7年の加藤陽子先生も高評価をしています。

ホワイトニング効果のあるPAA(ポリアスパラギン酸)、歯に汚れが付着することを予防するリンゴ酸、虫歯を予防するGTOなどを配合し、ホワイトニング効果があるだけでなく、虫歯予防など、歯の予防をこれ1本で行うことが可能です。

また、2017年度に54万人に行った満足調査ではちゅらトゥースホワイトニングは6冠を達成し、第1位を獲得しました。

スクリーンショット 2017-06-14 13.49.26

<口コミ>

ちゅらトゥースホワイトニングの口コミを紹介します。

<安全性>

ちゅらトゥースホワイトニングには研磨剤やフッ素を一切使用していません。

有効成分であるPAA(ポリアスパラギン酸)などが歯についた汚れを浮かせて、剥がして、落とすという3stepで歯の汚れを落とすので、歯を傷つけることがありません。他の成分も天然由来の成分を使用しています。

また、ちゅらトゥースホワイトニングは先ほど紹介した医薬部外品の商品です。

以上のことをまとめると、ちゅらトゥースホワイトニングは安全性が高いと言えます。

<値段・購入特典>

ちゅらトゥースホワイトニング

2017年7月現在、ちゅらトゥースホワイトニングはamazonでも販売されています。しかし、定価購入となっているため、購入するのであれば公式サイトからの購入が一番お得です。

公式サイトでは単品購入ができず、定期コースしかありません。

この理由としては、ちゅらトゥースホワイトニングの効果を実感するのに約1~3ヶ月ほど経過を見る必要があるからです。

今、公式サイトの「特別モニターコース」では期間限定で以下のような特典があります。

<価格>

□通常価格5980円(税抜)のところ33%OFFの3980円(税抜)

□2回目以降も16%OFFの4980円(税抜)

□送料・手数料無料

<購入特典>

スクリーンショット 2017-06-05 15.18.18

□ワンタフトブラシ一本無料でプレゼント

□クレジットカードでの購入なら500pt(500円分)をプレゼント

<購入注意点>

□最低3回以上の購入が必要(3980+4980+4980円)

□変更や中止の連絡は次回出荷予定日の10日までに連絡する必要がある

ちゅらトゥースホワイトニングは医薬部外品認定を受け、

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら⇒「ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

⇨ちゅらトゥース公式サイトはこちら

第2位:はははのは

-15-e1477620853925

<商品特徴>

はははのはは「1日66円で歯ホワイトニングができる無添加のホワイトニングジェル」です。

モニター満足度91%と満足度が非常に高く、また研磨剤・発泡剤を含まず、安全性を徹底的に追求していることから注目を集めているホワイトニングジェルです。

<口コミ>

<安全性>

スクリーンショット 2017-07-15 23.38.52

はははのはは研磨剤や発泡剤、着色料など、全て使用しておらず、安全性を徹底追及しています。

また、ISO認定工場での製造をこなっており、品質管理に関しても高い安全性が保証されています。

<値段・購入特典>

スクリーンショット 2017-07-15 23.43.38

スクリーンショット 2017-07-15 23.44.39

はははのははamazonや楽天市場などでも販売されていますが、定価販売なため、お得に購入するなら公式サイトがおすすめです。

現在、公式サイトで定期コースを購入すると以下のような特典が得られます。

<価格>

□1箱の定期コースの場合、通常価格3500円(税込)のところ43%OFFの1980円(税込)

*2回目以降も15%OFFの2980円

□2箱の定期コースの場合、通常価格7000円(税込)のところ43%OFFの3960円(税込)

*2回目以降も20%OFFの5600円

<購入特典>

□10日間の返金保証付き

□送料・手数料無料

□定期便は一回の購入から停止可能

<購入注意点>

□2回目以降の発送注意をする際は発送日の10日前に連絡が必要

□返金保証は商品1箱分の代金を返済

□時間発送は不可

はははのはの詳細はこちら⇒「はははのはは効果なし?はははのはの悪い口コミや副作用まとめ!

⇒はははのは公式サイトはこちら

第3位:プレミアムブラントゥース

スクリーンショット 2017-06-20 16.29.48

<商品特徴>

スクリーンショット 2017-06-20 16.43.00

プレミアムブラントゥースとは、「オーガニックにこだわった自然由来のホワイトニング歯磨き」が出来る商品です。

世界5カ国で売上第1位のホワイトニングジェルであり、研磨剤を一切使わないので歯のエナメル質を傷つける心配もなく使うことができます。

ホワイトニング成分である「パパイン」などを配合。その他にも6種類の植物性オイルや16種類の植物エキスを配合しています。

<口コミ>

<安全性>

スクリーンショット 2017-06-20 16.39.48

プレミアムブラントゥースは原材料から製造過程まで安心と安全にこだわり、「医薬品及び医薬部外品GMP認定工場」で製造されています。

品質についても徹底した管理が行われ、また使われている素材は天然素材ばかりですので、基本的に副作用はなく安心してご使用いただけます。

妊娠中の方も使用に問題はありませんが、心配な方は一度かかりつけの医師に相談の上、ご使用ください。

アレルギーをお持ちの方、可能性がある方は注意が必要です。

プレミアムブラントゥースは自然由来の成分がたくさん含まれていますので、アレルギー体質の場合はアレルギーがないか、使用前に必ず全成分をご確認下さい。

またアレルギーに気づかず使ってから「体質に合わない」と感じた場合は速やかに使用を中止し、お問い合わせもしくはかかりつけの医師に一度ご相談ください。

<値段・購入特典>

スクリーンショット 2017-06-20 16.47.14

プレミアムブラントゥースはamazonや楽天市場では販売されていませんので、公式サイトからの購入になります。

公式サイトからの購入の場合、定期便で申し込むことと以下のような特典があります。

<価格>

定期便ご利用の場合:3,980円(税抜・送料無料)

一回だけ購入の場合:9,980円(税抜)+送料650円

<購入特典>

・送料無料となります。

・また90日間返金保証

<購入注意点>

・定期便は毎月自動でお届けするコースとなり、2回目以降は50%オフ4,980円(税抜)

・効果を実感のため、3回以上お届けすることが条件

・4回目以降は休止・変更などのお手続きが可能だが、次回出荷予定日の10日前までに電話で連絡する必要がある

プレミアムブラントゥースの詳細はこちら⇒「プレミアムブラントゥースの効果は嘘?!悪い口コミやデメリットを掲載!

→ブラントゥース公式サイトはこちら

費用を最小限に抑えたい方には歯磨き粉もオススメ!選ぶ際のポイントとは?

先ほどホワイトニングジェルについて紹介していきましたが、中には「もっとホワイトニング費用を抑えてホワイトニングしたい」という方もおられるかと思います。

特に高校生や大学生の方の中にはホワイトニングにあまりお金をかけることができないという方もいますよね。

そんな方にオススメなのがホワイトニング用歯磨き粉です。ホワイトニングジェルに比べると費用を抑えて使用することができます。

そんなホワイトニング用歯磨き粉はどのように選べばいいのかについてここでは紹介していきます。

ホワイトニング成分が配合されているか

まず重要なのはホワイトニングの成分がきちんと配合されているかです。

ホワイトニング用歯磨き粉の中には残念ながらホワイトニング効果がほとんどないものも一定数存在します。

ホワイトニング成分を選ぶ際は以下の成分がきちんと配合されているか確認してから購入するようにしてください。

以下が代表的なホワイトニング効果がある成分一覧です。歯磨き粉を購入する際はこれらの成分がきちんと配合されているか確認するようにしましょう。
・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

研磨剤を最小限に抑えているか

ホワイトニング用歯磨き粉で最も懸念するものとしてよく挙げられるのがこの研磨剤です。

研磨剤は歯についた着色汚れを削って落とします。

しかし、歯の表面を削って着色汚れを落としてしまうので研磨剤の配合成分が多いと歯の表面のエナメル質も削ってしまうことになり、エナメル質の表面に凹凸ができてしまいます。

その結果その凹凸に新しい着色汚れが付着してしまいやすくなってしまうのです。

研磨剤は別名、清掃剤と言われていますので、ホワイトニング用の歯磨き粉を購入する際は研磨剤が多く含まれていないものを選ぶようにしましょう。

<代表的な研磨剤成分>

リン酸水素カルシウム・リン酸水素ナトリウム・炭酸カルシウム・水酸化アルミニウム・無水ケイ酸

オススメ歯磨き粉ランキングTOP3!

<特徴>

オーラパールは日本で初めて「美白成分」と「歯周病予防成分」を配合したホワイトニング用歯磨き粉です。

オーラパールにはハイドロキシアパタイトという成分が配合されており、このハイドロキシアパタイトがエナメル質の細かい傷を修復し、歯の着色汚れを防ぎます。

<口コミ>

I tried a toothpaste✨ 全薬販売株式会社さんの「薬用オーラパール ハミガキ剤」(75g 税抜2000円)を使ってみました✨ こちらの商品は、9種類の有効成分により歯周病、むし歯、口臭、歯の黄ばみなど、あらゆるお口の悩みをまとめて改善するハミガキ剤です。 これまで、あまりハミガキにはこだわった事がなかったのですが、そろそろ上記のようなお悩みが気になってくる今日この頃…。 特にホワイト二ング効果を期待したいところです。 さて、早速使ってみました。 歯ブラシに出した時点では、白い普通のハミガキです。 口に入れると!!味が…しょっぱい…。 普通のハミガキのスーッとする味は一切なく、ひたすらしょっぱい!! でもほんのり爽やかなミントの風味がしました。 あと、あまり泡立ちません。 でも爽快感と泡に惑わされることなくしっかり歯みがきできます。 磨き終わると歯がツルツルになっていました。 頑張ってしばらく続けたいと思います! #toothpaste #oralcare #dentalcare #whitening #love #orapearl #オーラパール #歯みがき #口腔ケア #ホワイト二ング #モニプラ #monipla

Yukieさん(@y.u.k.i_e)がシェアした投稿 –

<安全性>

オーラパールは「研磨剤不使用」です。ですので歯が削れてしまう心配などが一切なく、安全性に関しては非常に高いことがわかります。

<価格>

税込2160円(75g)となっています。

ホワイトニングジェルの効果を高める方法とは?

今まで人気のホワイトニングジェルについて紹介してきました。次にホワイトニングジェルの効果を最大限発揮するために必要な歯の磨き方について紹介していきます。

以下の動画では歯磨きの選び方からブラッシングの方法まで細かく紹介されているのでぜひチェックしてみてください。

オススメのホワイトニングまとめ

男性

ホワイトニングで笑顔が素敵な男性になろう!
出典:weheartit.com

以上が4種類あるホワイトニング方法を効果・費用・安全性・気軽さの4つの観点から比較した結果でした。

繰り返しになりますが、それぞれの方法の特徴やメリット・デメリットを考慮するとホワイトニングジェルによるホワイトニングが最もオススメです。 費用を最小限に抑えながらホワイトニング効果を最大限にまで高めることができます。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料