自宅で気軽に歯を白くする3つの方法とは?白さを保つ方法も紹介!

喫煙のしすぎや色素の強い食べ物を摂取しすぎて、歯が黄ばんでしまったという方は意外と多いです。歯を白くするだけで自分に自信を持てるようにもなります。ここでは自宅でできる歯を白くする方法を紹介します。自宅で簡単に歯を白くしましょう。


そもそも歯が黄ばんでしまう原因って何?

自宅で気軽に歯を白くする3つの方法をご紹介する前に、まずは「そもそもなぜ歯が黄ばんでしまうのか」原因をご説明していきましょう。

色素の濃い食べ物や飲み物の摂取

まず原因として挙げられるのが「色素の濃い食べ物や飲み物の摂取」です。色素の濃い食べ物の中身は「着色性食品」と「着色補助食品」の2種類があります。それぞれどのような特徴があるのかについて紹介していきます。

<着色性食品>

はじめに、歯を黄ばませてしまう「着色性食品」についてご説明します。着色性食品を口にすると、その食品自体の色が「ステイン(黄ばみ)」となります。歯のエナメル質は、着色性食品の色素によって着色されやすい物質であるため、着色性食品を口にしただけで黄ばみの原因となってしまうのです。

 着色性食品の具体例は以下のようになります。

・緑茶・烏龍茶・コーヒー・赤ワイン・コーラ・ソース・ケチャップ・ブルーベリー・カレー・タバコ・色の濃いうがい薬・醤油

<着色補助食品>

次に、「着色補助食品」についてご説明します。着色性補助食品とは「それ単独では歯が着色することはないが、着色性食品と一緒に食べることで歯の着色を強めてしまう食品」の事を指します。着色性補助食品は口内を酸化させる事で歯の表面が溶けやすくなる環境を作りだし、その結果、着色性食品の着色を助長させるのです。

着色補助食品の具体例は以下のようになります。

・炭酸飲料全般・アルコール・スポーツドリンク・みかんなどのみかんなどの柑橘系飲食物・クエン酸・お酢・梅干し

これらの食材を見ていただけるとお分かりかと思いますが、着色補助食品のほとんどは酸性の飲食物になっています。着色補助食品を摂取すると口の中が酸性になることによって歯の表面を溶かし、色素が内部まで取り込まれやすくなってしまいます。その結果、着色が起こってしまうのです。

喫煙

次に原因として挙げられるのが「喫煙」です。まず、歯の表面は「ペリクル」と言われるタンパク質で覆われています。ペリクルは、酸や熱さ、冷たさなどあらゆる刺激から歯を守る働きをしています。

このペリクルは、ステイン着色を付着させる作用を持っており黄ばみの原因である「タール(ヤニ)」と結びつくと、ステインへと変化します。ステインと変化してしまったペリクルとタールが、頑固な黄ばみとなってしまうのです。

タバコの成分表にはタール(ヤニ)の量が記載されています。タバコ1本に含まれるタール量は5~15mg。タバコ2カートン(20箱=400本)のタバコからタール成分を抽出する実験では、実に7200mgものヤニが抽出されました。1日1箱タバコを吸った場合、一年間でコップ1杯(150~200mg)ものヤニを吸い込んでいる計算になります。

出典:歯のステイン除去

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

加齢

次に原因として挙げられるのが「加齢」です。加齢によって、エナメル質は徐々に薄くなってしまいます。エナメル質は無色透明ですが、エナメル質の奥にある象牙質は黄色であるために黄ばんで見えてしまうのです。

歯が黄ばんでしまう、主な3つの原因をご説明しました。では、自宅でどうやって歯を白くすることができるのでしょうか。

自宅で簡単に歯を白くする方法とは?

「歯を白くしたいけど歯医者に行くのは高額だから自宅で簡単に歯を白くする方法を知りたい」という悩みを抱えている方は意外と多いです。そこでここでは自宅でできるホワイトニングの方法について紹介していきます。

①:ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用する

 

自宅で簡単に歯を白くする方法①として挙げられるのが「ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用する」ということです。ホワイトニング専用の歯磨き粉を選ぶコツとしては、きちんとホワイトニングの成分が入っているかが重要です。以下の成分がきちんと配合されているかを確認してから購入すると良いでしょう。

基本的にはこれらの成分が入っているのかどうかを成分一覧などで確認してみましょう。

・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

<メカニズム>

ホワイトニング歯磨き粉の主な働きは、研磨剤によって歯の表面を削り、着色部分を除去することで白くすることです。そのため、歯の本来の色を白くする効果はありません。あくまでも研磨剤によって歯の表面を削る事で歯を白くするのです。

<安全性>

発泡剤や研磨剤を使用していることから歯への影響があると考えられます。研磨剤は歯を削ってしまうため、エナメル質が薄くなってしまったり、歯茎が傷つき「知覚過敏」などになってしまうリスクがあります。

<費用>

内容量によって異なりますが、基本的には1000円〜3000円ほどで購入することができます。

<デメリット>

ホワイトニング専用歯磨き粉の中には、残念ながらホワイトニング効果がほとんどない商品もあります。また、短期間で効果が得られないということもデメリットの一つと言えるでしょう。

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

②:重曹を使用する

 

自宅で簡単に歯を白くする方法②として挙げられるのが「重曹を使用する」ということです。重曹の使用方法は下記となります。

①重曹大さじ1と水数滴で「重曹歯磨き粉」をつくる

②指で歯に塗る

③10分ほど放置する

④優しく磨く

④口をゆすぐ

強くこすると、歯や歯茎を傷つけてしまう恐れがあるため力を入れず、優しく磨くことがポイントです。

<メカニズム>

歯の表面に着色汚れと結合しているタンパク質を加水分解し、重曹の研磨作用によって汚れをこすり落とします

<安全性>

研磨作用があるため、歯や歯茎が傷つく恐れがあります。また、塩分の過剰摂取や、アルカリ性に傾くことによって歯石が付着しやすくくなりリスクがあります。

重曹によって歯を白くするのであれば、必ず「食用」もしくは「医療用」のものを使用しましょう。工業用重曹を口に入れるのは避けてください。

<費用>

100g100円ほどで入手することができ、非常に安価な方法です。重曹は気軽に購入できますので、自宅でも実践しやすい方法です。

<デメリット>

費用面に関しては問題ありませんが、成分の安全性といった面がデメリットとして挙げられます。使い方を使用すると、歯や歯茎を傷つけてしまったり歯石の原因になってしまうことがあります。

画像が添付されている重曹は食用の重曹であるため、安心して使用することができます。価格も2Kgで700円ほどとなっており、非常に気軽に試すことができると言えるでしょう。

③:ホワイトニングジェルを使用する

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

自宅で簡単に歯を白くする方法③として挙げられるのが「ホワイトニングジェルを使用する」ということです。

まずは、自宅でのホワイトニングジェルの使用方法についてご説明します。

①ジェルをスポイトにとって歯ブラシにつける

②歯全体にジェルを塗る

③磨く

④口の中を十分にゆすぐ

使うタイミングとしては、歯磨き後。朝と夜に歯を磨く方であれば、一日2回歯磨き後に使用しましょう。

<メカニズム>

ホワイトニングジェルには、過酸化水素や過酸化尿素が含まれています。過酸化尿素はホームホワイトニング材の主成分であり尿素と過酸化水素が結合した物質です。これらは、歯の中に存在する有色物質を分解する作用を持っており、歯の内部にある色素を分解し歯を白くするのです。

<安全性>

ホワイトニング専用歯磨き粉や重曹とは異なり、研磨剤や発泡剤を使用していないため、非常に安全性が高いと言えます。

過酸化水素は、薬局で販売されている「オキシドール」と同成分。ホワイトニングジェルに含まれているものは、オキシドールより濃度が高いものの、10~21%。過酸化水素と過酸化尿素は、米国食品医薬品局(FDA)でも安全性が保障されてます

<費用>

相場は1か月3000円~7000円くらい。平均値が5000円だとすると1日3回使うとして、2か月使えると1日約83円。1回分は30円弱となります。

<デメリット>

あくまで色素の強い食べ物や喫煙で着色してしまった方にしか効果がありません。しかし、他にデメリットとなるものが無く、オススメできる方法です。

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。その詳細については公式サイトで確認することができますので、一度チェックしてみましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

以上が、自宅で簡単に歯を白くする方法になります。

自宅で白さを保つ方法とは?

自宅で歯を白くするための方法についてご説明しました。では、どのような対策をすれば自宅でホワイトニング効果を長持ちさせることができるのでしょうか。

ホワイトニング後48時間以内は着色の強い食べ物を控える

まず挙げられるのは、「ホワイトニング後48時間以内は着色が強い食べ物を控える」ということです。自宅でのホワイトニング直後の48時間以内は色が着色しやすい状態です。冒頭で挙げた、着色性食品・着色補助食品・煙草などは控えるようにしましょう。

正しく歯磨きをする

次に挙げあられるのが「正しく歯磨きをする」ということです。正しい歯磨きの方法を身に着けることで、しっかりと汚れを落とし着色を防ぐことできます

よく歯を白くしたいという理由ではを強く磨くという方がいますが、歯を強く磨きすぎるとエナメル質が傷ついてしまい逆効果になることもありますので注意が必要です。正しい歯磨きの方法は、下記動画で紹介されていますので一度目を通しておくようにしましょう。

これはNG!歯を白くするための間違った方法とは?

最後に、歯を白くするための間違った方法についてご説明します。様々な間違った方法が出回っていますが、逆効果となりますので注意しましょう。

イチゴやレモン、酢を使った歯磨き

酸性の食品で歯を磨くと歯を一時的に表面を溶かす作用があり、その状態で磨くことによって歯の表面のエナメル質が傷つく危険があります。エナメル質が傷つくと虫歯や知覚過敏を引き起こしてしまう危険性があります。

レモン

出典:weheartit.com

バナナの皮を擦り付ける

バナナに含まれるタンニンはコーヒーや赤ワインなどと同様ポリフェノールの一種で、着色の原因になってしまいます。また、ミネラルには歯を白くする効果はありませんので、この方法は絶対に行わないようにしましょう。

バナナ

出典:weheartit.com

自宅で簡単に歯を白くする方法まとめ

男性

自宅で簡単に歯を白くしよう!
出典:weheartit.com

自宅で歯を白くするための方法についてご説明しました。歯の黄ばみ・ステインはとても気になるものですが、病院での歯を白くするホワイトニングは高額になりがちです。しかし、今回ご紹介方法で、自宅でも歯を白くすることが可能です。黄ばみやステインが気になっている方は、ぜひ今回の自宅で簡単に白くする方法を実践してみてください。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

 


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料