歯の黄ばみを除去?!自宅でできるホワイトニングランキングTOP5!


歯の黄ばみを除去?!自宅できる対策をランキング形式で紹介!

歯が黄ばんでいると仕事や恋愛などに悪影響を及ぼしてしまいます。

できることなら芸能人のような白い歯を目指したいですよね。

しかし一方で、歯の色が黄色く汚れてしまっているけれど、『綺麗にしたくても治療費がとても高そう』『歯科に行くのが煩わしい』などといった理由で歯科医院に行きたがらない人もたくさんいます。

今回はそういった方々のために自宅に居ながらにして黄ばみ汚れを簡単に除去するための方法についてランキング形式でご紹介します。

自宅で黄ばみを除去して白い歯になるための方法をぜひ手に入れて下さい。

そもそも歯の黄ばみの原因ってなに?

そもそも、どういったことが原因で歯が黄ばみとなって汚れてしまうのでしょうか。

まずその前に、人間の歯の構造について解説していきます。

□象牙質:この組織はエナメル質の下層部分にあります。

歯としての主な構成をする役目を担っています。

組織自体は柔らかいので、虫歯ができた場合急速に侵食していきます。

そのため刺激されると痛みが走ります。また、僅かながら再生能力を持っているので歯髄(しずい)を守るよう働きます。

□セメント質:歯根にある象牙質の表面にあり、結合組織である歯根膜(歯根膜)を繋いでいます。

□歯肉:歯茎に当たる部分ですが、正式名称は歯肉となります。

歯槽骨(しそうこつ)を守ってくれます。

歯肉炎はこの部分が炎症を起こした状態を言います。

また歯肉には病気の予兆が出てくるので定期的な検査が大切となります。

□歯根膜:歯根歯槽骨(しそうこつ)との間にあり、薄い膜で出来ています。

歯と歯槽骨を繋いでおり、噛み応えだったり、歯へと伝わる咬合力(こうごうりょく)つまり噛む時の力を調整してくれます。

歯で物を噛んだ時に痛みがある場合は炎症が起きている証拠です。

□歯髄:この組織には神経が歯の中心部分に流れています。

このため歯髄から痛みを感じる事になります。この他にも歯へと栄養を送ったり、炎症が発生した時の刺激への防御をしたり象牙質を作ったりします。

歯科医院で歯を通っている神経を抜いてもらう事を抜髄(ばつずい)というのですが、こうした組織を全部除去することになります。

□歯槽骨:歯というのはこの骨によって支えられています。本来であれば歯は容易に抜けないのですが、歯周病が進んでしまうと歯を支えている歯根膜・歯槽骨が壊され、抜けてしまう恐れがあります。

歯周病により吸収されてしまった歯槽骨はどのような治療を施しても回復するのがとても難しくなります。

□エナメル質:外側にある歯の表面を言います。

エナメルは水晶と同等の硬さを持ち、人体でも一番の硬さともなっています。

2mmから3mmの厚さとなっていて、外部から歯へと与えられる刺激から歯髄を守ってくれるという役目を持っています。

喫煙や色素の濃い食べ物・飲み物の摂取

<喫煙>

ペリクルは唾液の中にあるタンパク質で出来ている獲得皮膜の事です。

歯磨きをして数分経過した頃に再び作られます。

また、虫歯を引き起こすから歯を守る働きを持っています。

一方タンニンタール・ニコチンと共にタバコのヤニに入っていて、喫煙することでペリクルと結合しステインと呼ばれる黄ばみ・黒ずみなどの着色汚れとして歯にこびりつきます。

ステインがエナメル質にくっついてしまうと歯を磨いても取りづらいですが、日頃きちんと歯を磨いていればステインによる着色汚れを防げる可能性があります。

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

タバコ

出典:weheartit

<色素の濃い飲食物>

食品には着色性食品着色補助食品とがあります。

着色性食品である赤ワイン・コーヒー・緑茶を飲むと段々と歯が黄色く汚れていきます。

また、着色補助食品は口の中を酸化させてしまうため歯のエナメル質が臨界pHであるpH5.5となり成分が溶けていきます。

そして溶け出してしまった歯に着色性食品であるカレーが付着してしまうと従来よりも着色が強くなってしまうのです。

正しい歯磨きをしていない

正しく歯磨きが出来ていないと、磨き残しの部分が硬いプラーク=歯垢となりやがて歯石になります。

歯についてしまった歯石は見た目も悪く、口臭も出始めて歯茎部分も腫れてしまいます。

研磨剤がたくさん入っている歯磨き粉も注意が必要です。

研磨剤の粗い歯磨き粉を使って磨き続けているとエナメル質が削られてだんだんと薄くなって黄色くなった象牙質が透明となり歯そのものが黄ばみとなってしまいます。

また、力を入れて歯を磨きすぎてしまうことでもエナメル質は傷ついてしまい、かえって黄ばみとなってしまうので注意してください。

面倒だからと自宅で歯磨きをしないでいると、口臭が強くなってしまう他にも歯周病・虫歯・歯肉炎・知覚過敏などに繋がってしまいます。

また、飲み物や食べ物による着色汚れを放置しておくことで歯は黄色く変色していくのです。

加齢

加齢とともに歯のエナメル質は薄くなっていきます。

その結果エナメル質の内部にある象牙質が透けて見えてしまい、歯が黄ばんで見えてしまうのです。

また象牙質自体も加齢ともに黄ばんでいってしまうことがわかっています。

自宅で歯の黄ばみを除去!ホワイトニング!

「歯の黄ばみを簡単に落としたい」「費用を安く抑えてホワイトニングしたい」という方には自宅でのホワイトニングがオススメです。

今回は自宅で歯の黄ばみを除去する方法を5つ紹介していきます。

特徴や費用、安全性などの項目に分けて記載してあるので、自分のニーズに最も合っているものを選ぶようにしてください。

ホワイトニングジェル

ちゅらトゥースホワイトニング

ホワイトニングジェルです。

ホワイトニングジェルは通常通り歯磨きをした後にジェルを歯ブラシにつけてブラッシングするだけでホワイトニング効果を得られるという優れた商品です。

そんなホワイトニングジェルの効果や安全性、費用などについて見ていきましょう。

<効果>★

歯医者などに行って施術をするオフィスホワイトニングなどに比べるとやはり効果は劣ってしまいます。

これは使用できる薬剤の濃度が決まっているからです。

しかし、自宅で行うホワイトニングの中ではトップクラスの性能を誇っています。

ホワイトニングジェルに使用されている薬剤はホームホワイトニングで使用される薬剤と同程度の薬剤を使用していますので効果は高いです。

また、ホワイトニング効果だけでなく、口臭の予防や虫歯の予防などにも効果を発揮する商品が多く、ホワイトニング以外にも効果を期待できる点も魅力の一つで言えるでしょう。

<安全性>

ホワイトニングジェルの最大の特徴として、その商品のほとんどが研磨剤・発泡剤を含んでいないことが挙げられます。

自然由来の天然成分を多く配合されたものが非常に多いため、安全性は非常に高いと言えます。

<費用>

1ヶ月およそ3000円ほどから始めることができます。

ホワイトニング専用の歯磨き粉や重曹などに比べるとやや高く感じてしまいますが、それでもかなり気軽に購入することのできる価格設定となっています。

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。

その詳細については以下の公式サイトで確認することができますので、一度チェックしておきましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

ステイン除去機能付き電動歯ブラシ

ブラウンオーラルビー

 

<効果>

歯の着色汚れや表面に付着した汚れは落とせるのですが、象牙質に到達してしまった汚れは電動歯ブラシで除去することは難しくなります。

表面の汚れに関しては手で磨くよりも歯ブラシの毛先部分をしっかりと歯に当てることができるので磨くための力は大きいと言えます。

<安全性>

ステイン除去機能のついた電動歯ブラシを使う事で、手で磨くよりも細かく磨いてステイン除去をしていくことができます。

押し付けすぎないようにする押しつけ防止機能も付いているので安全に使えます。

<費用>

商品によって1万円前後するものから3万円前後するものまであります。

費用としては多少高いですが、きちんとステイン除去していきたいという方は検討してみて下さい。

画像の商品「ブラウンオーラルビー」は毎分約40,000回の高速上下運動をしながら毎分8,800回で高速回転することを独自の技術で可能にし、歯の汚れを分解してくれます。

ホワイトニング専用歯磨き粉

歯磨き粉

ホワイトニング用歯磨き粉は選び方に注意が必要です。

ホワイトニング効果があると紹介している商品の中には、ホワイトニング効果がほとんどないものも残念ながら存在しています。

ホワイトニング用歯磨き粉を選ぶ際は以下のホワイトニング成分がきちんと配合されているか確認してから購入するようにしてくください

<効果>

歯磨き粉の中でも歯を白くしてくれるものには研磨剤が含まれているので、歯の表面に付いてしまった着色汚れを落とす事ができます。

喫煙によるヤニ・コーヒー・赤ワインによる着色汚れには効果があるものの、歯科医院で行っている過酸化水素水を使ってのホワイトニングのように歯の内部を綺麗にすることはできません。

<安全性>

ホワイトニング用歯磨き粉の多くの商品には研磨剤が使用されています。

研磨剤は歯を削ることによって歯の白くする方法のことを言いますが、歯を研磨することによって歯のエナメル質が傷ついてしまう可能性が考えられます。

ホワイトニング用歯磨き粉を選ぶ際は研磨剤を極力使用していないものを選ぶようにしましょう。

<費用>

高いホワイトニング効果を持つ歯磨き粉はおおよそ1,000円から3,000円します。

使用した後で歯の表面に汚れが付かないようにするためのフッ素ジェルを塗っておくといいです。

フッ素ジェルは約1,000円程します。

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。

通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

重曹

 

<効果>

重曹は掃除をする時のアイテムとしてもよく知られているので自宅でも使用する事が可能です。

汚れを浮かせてくれるので歯についてしまった着色汚れなども落とすことができます。

また、弱アルカリ性のため食事をした後で酸化した口内を中性へと戻してくれる事から虫歯の予防にもなるとされています。

<安全性>

重曹の化学名は炭酸水素ナトリウムです。胃薬やベーキングパウダーにも含まれています。

歯磨きやうがいとして使用する場合は`食用’を選ぶようにして下さい。

ただし、研磨剤の粗いものを使っているのと同じなので歯茎・歯が傷つく可能性があり、安全性に関してはあまり高くはありません。

<費用>

ドラッグストアに売られています。100gで約100円程度ですので比較的購入しやすいです。

画像が添付されている重曹は食用の重曹であるため、安心して使用することができます。

価格も2Kgで700円ほどとなっており、非常に気軽に試すことができると言えるでしょう。

歯の消しゴム

消しゴム

<効果>

スポンジやシリコンゴムなどで出来た商品で、歯の表面部分に付着したステインを除去するためのものです。

研磨剤が含まれているゴム素材で作られた先端を歯に当て、文字を消す文房具の消しゴムと同様に擦る事で汚れを落としていきます。

ただ、全ての汚れを落としきることは難しいです。

<安全性>

軽い力でこするだけで歯の表面に付いてしまった黄ばみを落とせて、自宅で使う以外にもどこにでも持って行けるので便利ですし安全に使えます。

磨きすぎるとエナメル質が必要以上に削られてしまいかえって黄ばみや知覚過敏となるので注意が必要です。

<費用>

スポンジタイプ・スティックタイプ・ペンタイプとありますが、どれも約1,000円以内で購入できます。

画像の商品はドイツ製のシリコンポリッシャーを採用し、通常の歯磨きでは落とすことができない着色汚れを落とすことができます。

価格も346円と500円を切っており、非常に試してみやすい価格設定となっております。

自宅で歯の黄ばみを予防する方法ってある?

先ほど歯の黄ばみを除去する方法について紹介しました。

しかし、せっかく歯の黄ばみを除去することができたのにまたすぐ歯に汚れが付着して黄ばんでしまったら嫌ですよね。

そこで歯の黄ばみを予防する方法について紹介します。

正しい予防法を知ってできる限りホワイトニング効果を持続させましょう。

正しい歯磨きをして汚れを落とす

自宅での歯磨きは習慣づいているけれど、歯を磨く時はただ力任せにゴシゴシと磨いても付着した汚れは落ちてくれないです。

歯ブラシを正しく持ちそれぞれの正しい磨き方を覚えておくことがとても重要となります。

歯ブラシは‘ペングリップ’といって鉛筆を持つような握り方が基本です。

<奥歯の噛み合わせ面のみがき方>

歯ブラシを小さく動かして、毛先を噛み合わせの溝の部分に入れるようにして1本ずつ丁寧に磨くよう意識して下さい。

ブラシが当たりにくい箇所となる奥歯は内側・横側共に噛み合わせとなる面を磨いていきます。

横側を磨くには歯ブラシで頬を押し広げ横から磨いていきます。

<歯の表側のみがき方>

磨き方としては2種類あります。

スクラビング法は歯ブラシを直角に当てて磨いていきます。

バス法は歯に対し歯ブラシを45度の角度で磨いていきます。

双方ともに左右に小さく動かしながら1本ずつ磨いて下さい。

健康な歯茎であればスクラビング法、歯周病やそれを予防したいという場合はバス法で磨くのがお薦めです。

<奥歯の裏側のみがき方>

歯と歯の間の三角形の隙間に歯ブラシを当てて前後に小さく動かしていきます。

また、歯ブラシを歯に対して斜めにすると根元部分まで磨けます。

ブラシの角を使って上下に小さく動かして1本ずつ磨いていって下さい。

利き手となる奥歯の裏側磨き残しが多いため、右利きの場合は右奥の歯の裏側左利きの場合は左奥の歯の裏側を注意して磨いて下さい。

<前歯の裏側のみがき方>

この箇所は唾液中のカルシウムプラーク=歯垢とが結合して歯石となりやすくなっています。

歯ブラシを立たせて角の部分を使い、歯と歯茎の間歯と歯の間を磨いていきます。

そしてブラシの平らな面裏側全体を1本ずつ磨いて下さい。

歯並びや状態などは一人一人異なるものです。

歯科医院では歯科衛生士から自分に合った磨き方を教えてもらえます。

この機会に自宅で黄ばみや着色汚れを除去していくための正しい磨き方をぜひ覚えて下さい。

ガムを噛む

口呼吸をしていると口内が乾きやすくなってしまいます。

口内が乾いてる時には黄ばみの原因「ステイン」が歯に付着しやすくなってしまうのです。

ガムを噛むことで唾液が分泌されます。

唾液が分泌されることで口が乾いてしまうことを予防し、歯の黄ばみを防ぐことができます。

また唾液には口内を中性に保つ効果もあるので虫歯予防にも効果があります。

歯の黄ばみを除去?!自宅できる対策ランキングまとめ

男性

自宅で白い歯を手に入れよう!
出典:weheartit

黄ばみのある歯は周りの印象も良くないですし、黄ばみが目立ってしまえば笑顔を見せずらくもなってしまいます。

また、自宅で汚れを除去するための歯磨きをしないで放置しておくというのも、黄ばみだけでなく口臭歯周病などを招いてしまうことにもなるのです。

気になる黄ばみをきれいに除去するためにも正しい歯磨き法を覚えておくと自宅でもケアをしていくことができます。

定期的な歯の検査をするために歯科医院に通うこともとても大切です。

歯科医院に行けば歯科衛生士から汚れを除去するためのそれぞれに合った歯磨き法を指導してもらえます。

ですが通うのが面倒だったり時間がないという場合、自宅で行える歯のケアは歯磨き以外にもいくつかあります。

喫煙を控える、色素の濃い食品と薄い食品の食べ合わせに注意する、先にご紹介したホワイトニング効果のある歯磨き粉やアイテムを使って黄ばみを除去するなどです。

ただし、過度な磨きすぎは歯の表面にあるエナメル質を削ってしまい、逆に黄ばみを強めてしまうので注意して下さい。

歯垢や歯石を綺麗に除去して白い歯を保つためにも自宅で正しく歯を磨くようにしていくことが基本となります。

丁寧に磨いて汚れを除去しておけば自宅でも外出先でも白い歯で堂々と笑顔を見せることができるようになります。

自宅で黄ばみを除去するものとしてはホワイトニングジェルが最もオススメになります。

費用に関しては他の自宅でできるものに劣っている場合もありますが、ホワイトニング効果や安全性の高さは自宅でできるケアの中でもトップクラスであると言えるでしょう。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。