歯を白くしたいならホワイトニング?!自宅ですぐできる方法を紹介!

歯の黄ばみが気になっている方は非常に多いです。芸能人のように歯を白くしたいと考えている方も多いと思います。歯を白くしたい方にオススメのがホワイトニング。ここでは自宅でできるホワイトニングと歯医者で行うホワイトニングについて紹介します。


歯を白くしたいならホワイトニング?!自宅ですぐできる方法を紹介!

自分の歯が黄ばんでいると思っている、また黄ばみが気になっている方は多く、およそ6割もの方が「自分の歯の黄ばみが気になっている」「歯を白くしたい」と思っているデータがあります。また全体の8割は「歯を白くしたい」と思うだけではなく何らかのオーラルケアを行っており、やはりそういった中でも歯が白い方は、実践率も高く充実した内容となっています。

歯が黄ばんでいると「笑顔の輝きが減る」「好きな人でも冷める、がっかりする」また「老けて見える」と外見の評価はもちろん、営業職や受付などの仕事では「仕事ができない」「一緒に仕事をしたくない」マイナスの評価を持たれてしまうことも以下のデータから読み取れます。更に、「歯が黄ばんでいると100%イメージダウンする」という方が5人に1人はいるという厳しいデータもあります。歯が白いとやはり好印象を持たれることが多いなど全体的な印象も良くなり、逆に黄ばんだ歯は一気にマイナスの印象を与えてしまうのです。

歯が綺麗な方はそれだけで印象が良くなり、その結果は仕事恋愛などに影響が出てきます。「歯を白くしたい」と思うだけではなく本当にきれいな歯を手に入れるための努力は、やはりしておかなければならないのです。

ここでは歯を白くしたい方へ、自宅と歯医者、それぞれで行う2種類のホワイトニング方法についてご紹介します。自分の歯の黄ばみが気になっている方、歯を白くしたい方は、一度しっかりご確認ください。

以下の二つのグラフは歯が黄ばんでしまっている方が他人に与える印象について調査したものになります。歯が黄ばんでいるという理由だけで仕事面や恋愛面で悪影響を及ぼしてしまうことがわかります。

スクリーンショット 2017-04-18 21.54.31

スクリーンショット 2017-04-18 21.55.28

出典:歯の白さに関する意識調査

そもそも歯が黄ばんでしまう原因って何?

そもそも「歯を白くしたい」と毎日歯磨きをして汚れを落としているはずなのに、なぜ歯は黄ばんでしまうのでしょうか。

その原因は2つあり、「色素の強い飲食物の摂取」そして「加齢」になります。どうしてこれらの原因で歯が黄ばんでしまうのか、それぞれのメカニズムについてもご紹介します。

<色素の強い飲食物の摂取>

色素の強い飲食物とは、例えばカレーチョコレート紅茶緑茶コーヒーのことになります。紅茶や緑茶、コーヒーに含まれるタンニンという色素やタバコニコチンタールと言ったヤニなどが付着しやすく、これにより歯の表面に出来る汚れが「色素の強い飲食物の摂取による汚れ」です。

この歯の表面に出来る汚れのことを「ステイン」(着色汚れ)といい、時間が経過すればするほど歯に付着して落ちにくくなる特徴を持っています。歯のエナメル質の表面はペリクルという薄い膜で覆われていて、ステインはこの膜にタンニンやヤニなどが付着して出来てしまいます。ステインは時間をかけてついていくものですから、毎日の歯磨きで汚れをしっかり取り除いていくことも必要です。

<加齢>

また身近なお年寄りの方の歯を思い浮かべてもらうと分かりやすいですが、加齢によっても歯の着色汚れは発生します。

年を重ねると歯も少しずつ表面が削れていき、歯の内側にある象牙質の色が見えてくることによって、色がついて黄ばんでいるように見えます。またもちろんどれだけきれいにステインを落としていったとしても、年齢分の積み重ねは歯に反映されます。

年を取ると黄ばんでくるのは当然のことであり、生理的なものでもあります。加齢による汚れを取り除くためには表面だけではなく歯の内側からも白くすることが必要になり、内側からのケアは歯医者でのホワイトニングが必要になります。

<遺伝>

上記2つの原因は直接の汚れ加齢が原因のものですが、歯の色もまた遺伝による差があります。元々黄色っぽい歯の色を持つ方もいますがこれは遺伝によるものであり、肌の色などと同じ生まれつきの特徴です。

またここでは紹介しませんが、タバコのヤニが歯の黄ばみの原因であることが考えられます。

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

歯を白くしたい方必見!自宅でできるホワイトニングを紹介します!

歯が黄ばんでいることによる悪影響、そして黄ばんでいる原因については分かりました。もちろんこのままで良いわけではなく「歯を白くしたい」とお考えの方へ、まず最初に自宅で出来るホワイトニングの方法をご紹介します。

自宅でのホワイトニングの特徴・メリットは「気軽さ」そして「費用」です。通院をせず自分のペースで進められること、歯医者でのホワイトニングに比べ費用も安く済むメリットがありますが、その方法や効果の程度も様々になります。

そんな数ある自宅でのホワイトニング方法のうち、厳選した3つをご紹介しますので、ぜひご確認ください。

第1位:ホワイトニングジェル 14点

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

<効果>★

歯医者などに行って行うオフィスホワイトニングなどに比べるとやはり効果は劣ってしまいますが、自宅で行うホワイトニングの中ではトップクラスの性能を誇っています。ホームホワイトニングと同様のホワイトニング効果を持つ高濃度の薬剤を使用している商品が多いです。

また、ホワイトニング効果だけでなく、口臭の予防や虫歯の予防などにも効果を発揮する商品が多く、ホワイトニング以外にも効果を期待できる点も魅力の一つと言えるでしょう。

<安全性>

ホワイトニングジェルはその商品のほとんどが研磨剤・発泡剤を含んでいません。研磨剤を使用していないので、歯が削れてしまうなどん心配をする必要がありません。自然由来の天然成分を多く配合されたものが非常に多く、安全性に関しては自宅で行うホワイトニングの中では申し分ないと言えるでしょう。

<費用>

1ヶ月およそ3000円~6000円ほどで始めることができます。ホワイトニング専用の歯磨き粉や重曹などに比べるとやや高く感じてしまいますが、それでもかなり気軽に購入することのできる価格設定となっています。

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。その詳細については公式サイトで確認することができますので、一度チェックしてみましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

第2位:ホワイトニング専用歯磨き粉 10点

<効果>

ホワイトニング専用歯磨き粉は、毎日使う歯磨き粉をホワイトニング専用歯磨き粉にすることによって少しずつ歯を白くしていく方法になります。歯磨き粉としてそのまま使えますので虫歯予防口臭予防にもなるタイプもあり、継続がしやすいというメリットが大きいです。

しかし商品によっては「ホワイトニング」と名前がついているだけの、歯を白くする成分が入っていない、効果が出ない歯磨き粉も存在します。効果があるものを選ぶときは、歯を白くする成分が入っているかを確認して選ぶ必要があります。

<安全性>

ホワイトニング専用歯磨き粉を選ぶ際は、できるだけ研磨剤の小さなものを選ぶ必要があります。研磨剤は粒子の小さなものを選べば歯の表面を傷つけずにれや歯垢ステインなどをしっかり落としてくれます。研磨剤が大きなものは使用感もザラザラしていて磨いている気分にもなれますが、大きな研磨剤はやはり歯の表面を傷つけてしまい、そのために黄ばみが悪化してしまう可能性がありますのでご注意下さい。

<費用>

今お使いの歯磨き粉とホワイトニング専用歯磨き粉を置き換えるだけですので気軽にホワイトニングを続けることができ、費用も商品によってかなり違いますが大体2000円前後と安く済みます。ホワイトニング専用歯磨き粉は商品による価格差が大きいですが、研磨剤の大きさ歯を白くする成分の有無などをきちんと確かめ、歯を白くする効果があるものを選びましょう。

紹介している画像の商品「オーラルケア アパガードリナメル」歯科医で取り扱われている薬用歯磨き粉で、ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトという歯垢の除去や歯の小さな傷の修復歯垢やステインが付着しにくくなる効果、そしてエナメル質にミネラルを補給し再石灰化させる効果、虫歯を防ぐ効果があります。またタバコヤニステインを浮かせて落とす成分「PEG-8」「PVP」歯石の沈着を防ぐ成分「ゼオライト」の効果により、本来の白い歯、そしてツヤを取り戻します。

第3位:歯の消しゴム 8点

<効果>

歯の消しゴムとは名前の通り、消しゴムのような使い方で歯の汚れをこすってきれいに取る商品です。ペンのようなタイプが多く、消しゴムに含まれている研磨剤を使って歯の汚れやステインを落とします。

しかし歯の消しゴムは効果のある方とない方など汚れのタイプによる個人差が大きく、黄ばみにはあまり効果がないものと思っておきましょう。またホワイトニングジェルやホワイトニング専用歯磨き粉と違いあくまで歯の汚れを落とすものであって、虫歯予防口臭予防効果はありません。

<安全性>

歯の消しゴムに使われている主な成分は研磨剤ですので、強くこすりすぎると歯の表面を傷つけてしまう可能性もあります。また汚れを削り取るという性質上、毎日の継続など使いすぎることも危険です。使う際は強く磨きすぎず、ゆっくり汚れだけを落とすイメージで使いましょう。

<費用>

歯の消しゴムは商品による値段差もありますが、ほとんどの場合は1000円程度と非常に安価ホワイトニング方法を試せます。ステインがつきやすい方などが他のホワイトニング方法と併用して、特に目立つ汚れを落とすなどのやり方をおすすめします。

画像の商品「ステインイレイサー スリム」は歯の消しゴムですがスリムタイプで、細かな汚れもしっかり落とすことが可能です。しつこい着色汚れを落とし、本来の白い歯を取り戻したい方におすすめします。携帯に便利なキャップ付きですので、職場などにも持ち運びしやすいメリットもあります。

歯医者で行うホワイトニングって何?

これまで自宅で行うホワイトニング方法をご紹介しましたが、次は歯医者で行うホワイトニング方法をご紹介していきます。

自宅と違い、歯医者で行うホワイトニング方法のメリット・強みとして「効果の高さ」そして「効果が出るまでの期間」が挙げられます。効果の高さや期間はもちろんホワイトニング方法によっても違いますので、どのような方法があるのか、どの程度の効果があるのか、そしてどの程度の期感がかかるのかを確認していきましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯医者で行うホワイトニング方法で、歯に薬剤(過酸化水素)を塗布し、を当てることによって効果を高めて歯を白くしていく方法です。一度で効果を発揮しますが持続はしませんので、自宅でのホワイトニングなどと併用して白さを維持することになります。

<効果>

一度の処置で見た目も明らかに変わるほどホワイトニング効果が高く、すぐに歯を白くしたいという方におすすめです。しかし処置後は少しずつ元に戻り、また処置後はステイン付着などにより汚れていってしまいますので、白さを維持するためには自宅でのホワイトニングなども必要になります。

<期間>

オフィスホワイトニングは歯医者で行い、一回の施術時間は30分から1時間程度になります。歯科医にもよりますが初回1~2週間かけて定期的に自分の目標の白さになるまで施術を繰り返し、理想の白い歯になった後は白さの維持のためにも自宅でのホワイトニング、そして1~3ヶ月に一度の定期的な施術を続けることになります。

<費用>

オフィスホワイトニングの費用としては一般の歯科30000~50000円ホワイトニング専門の歯科10000~30000円程度です。歯科によって料金も違いますので、インターネットなどでお近くのホワイトニング専門の歯科がないか、安く施術している歯科はないか探してみましょう。また歯科によっては診察料などが別途加算となることもありますので、オフィスホワイトニングを受ける前にしっかり確認しておくと安心して受けられます。

<デメリット>

オフィスホワイトニングは効果が高いですが、やはりその分使っている薬剤の濃度が高く、痛みの発生、またシミになる可能性があります。多少の痛みであれば継続も可能ですがホワイトニング中に強い痛みを感じた場合は歯科医に伝えて中断し、オフィスホワイトニングは避けておいたほうが安心です。

また白さは持続しませんので、1~3ヶ月に一度、定期的に施術を受けなければ維持できないことにもご注意下さい。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは歯医者で自分に合ったマウスピースを作成してもらってそのマウスピースに過酸化尿素を主な原料として作られたジェル塗布し、毎日装着することによって歯を白くする方法です。方法がとても簡単であること、歯医者に通わずホワイトニングが可能であることなどメリットが多く、日頃多忙な社会人の方に人気の高い方法です。

<効果>

歯を白くすると一言で言っても「歯本来の白さを取り戻す場合」「本来の白さを越えて白くしたい場合」がありますが、ホームホワイトニングは過酸化尿素を使いますので本来の歯より白く輝く歯を作ることが可能です。

<期間>

オフィスホワイトニングと比べると効果はゆっくり発揮し、約2週間から1ヶ月ほどで歯が白くなったと実感出来ることが多いです。更に歯を白くしたい場合はそのまま継続を続け、理想の白さになるまで自分のペースで進められるというメリットもあります。

<費用>

ホームホワイトニングを行う場合は自分に合ったマウスピースを作成してもらう必要がありますし、過酸化尿素が配合されたジェル購入することも必要になります。回数や歯科によっても多少変動はありますが、おおよそ費用は20000~35000円程度と考えておきましょう。

ホワイトニングは自費治療になりますので、それぞれの歯科によって値段も大きく変わります。それでもほとんどの場合、オフィスホワイトニングと比べ安く済むのもホームホワイトニングのメリットです。

<デメリット>

オフィスホワイトニングは施術を受けた初回から歯が白くなっていると実感することが可能ですが、ホームホワイトニングの場合は早くて2週間で白さを実感出来る、と多少ゆっくりのペースになります。特に歯のエナメル質象牙質などは時間がかかるため、「今すぐ歯を白くしたい」という方には向いていません。

毎日マウスピースを2時間ほど装着することになりますがその間は話しづらくなるという方もいらっしゃいますので、そういった時間が取れない方、話せない時間が苦痛な方もホームホワイトニングは向いていません。

またホワイトニング後は着色しやすい状態が続きますので、カレーチョコレートなど色の濃い食べ物コーヒーなどの飲み物は控える必要もあります。もちろんタバコヤニ着色の原因となりますので、できるだけ控えたほうが良いです。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、今まで説明してきたオフィスホワイトニングホームホワイトニング併用して行うホワイトニング方法になります。芸能人のような白く輝く歯にしたい方、特に歯を白くしたい方におすすめの方法です。

<効果>

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して歯を白くしていきますので今までの方法の中で最も効果が高く、白く輝く歯を作ることが出来ます。それぞれ単体で行うホワイトニングでは到達できない白さまで歯を白くすることが可能となり、芸能人のような歯の白さを求めたい方におすすめとなります。

<期間>

歯科医にもよりますが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのサイクルを1~2週間、これを2サイクル行って2週間から1ヶ月程度としているところが多いです。期間については歯医者で相談し、しっかり予定を立てることをおすすめします。

<費用>

デュアルホワイトニングは当然ですがオフィスホワイトニング・ホームホワイトニングどちらの方法も同時に進めていくことになりますので、費用も合わせた価格になり、歯医者で行うホワイトニング方法として最も高額となります。

<デメリット>

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングどちらも薬剤を使用して歯を白くしていくため、どうしても濃い薬剤のため痛みを伴う可能性があります。片方だけでも痛みが発生することもありますので、それを併用して刺激を受け続けるデュアルホワイトニングはどうしても痛みが発生しやすくなっているのです。

費用の高さもデメリットのひとつですし、ホームホワイトニングで必要な食事制限はもちろんデュアルホワイトニングでも行う必要があります。非常に効果が高いデュアルホワイトニングですがこのようにデメリットも多いので、事前にしっかり相談することが大切です。

ホワイトニングに向いていない歯があるってほんと?

どれだけホワイトニングで歯を白くしたいと思っていても、ホワイトニングができない歯というものも存在します。

まず最初に虫歯の治療などで神経を抜くことがありますが、神経を抜いた歯、あるいは同じ状態となってしまっている歯はホワイトニング効果がほとんど出ず、白くすることが出来ません。こういった歯を白くしたい場合は歯を作って被せて白く見せる方法や、特殊なホワイトニング方法が必要になります。

またホワイトニングの効果が出るのは天然の歯だけですので、詰め物被せ物をしていると効果を発揮することが出来ません。特にレジンと呼ばれている詰め物は着色しやすく、ホワイトニングを行ってしまうとレジン部分の汚れだけが残って目立ってしまうことにもなってしまいます。

歯を白くしたい方がやってはいけないこととは?

歯を白くしたい方はもちろん日頃の歯磨きなども注意し、しっかり磨くように心がけていると思いますが、多くの方が間違えている「歯を白くしたい方がやってはいけない方法」があります。

毎日の歯磨きを思い返しながら考えていただきたいのですが、歯磨きの際、歯ブラシを濡らしてから歯磨き粉をつけるもしくは歯磨き粉をつけてから水で歯ブラシを濡らしている、ということはありませんか? 実はこの方法は間違ったやり方で、せっかくの歯磨きの効果を半減させてしまっています。

水で濡らす理由としては「泡立ちが良くなる」ことが最も多く、もしくはそのように教えられて自然と水で濡らすスタイルが身についていらっしゃると思われます。しかし水で歯ブラシを濡らしてしまうと歯磨き粉の研磨剤が歯にしっかり吸着せず、しっかり磨くことができなくなっているのです。同じ理由として事前に歯を濡らしてしまうことも効果を下げてしまっていますので、歯磨き前の歯、そして歯ブラシは乾いた状態で行うことが大切です。

次に、歯を白くしたい方はもちろん歯磨きも正しい方法で行う必要があります。正しい歯磨きの方法をまとめていますので、動画も参考にしながら一度しっかりご確認ください。

<奥歯の噛み合わせ面の磨き方>

「しっかり歯磨きを行おう」と力を込めてゴシゴシ磨いてしまいがちですが、力を入れて磨くとむしろ歯ブラシの毛先を潰し、しっかり磨けなくなっています。優しく表面を毛先が広がらない程度の力で軽く磨き、毛先の動きでプラークを落としていきます。後ろから前へ大きく磨くのではなく、歯ブラシを小さく動かし、歯の隙間にもしっかり毛先が入るようにゆっくり一本ずつ磨いていきます。

一番奥はどうしても磨きにくい場所ですので、軽く斜めにして横から歯ブラシを入れるようにしましょう。このとき口を大きく開けるのではなく、軽く自然に開いた状態にしておくと最も奥まで歯ブラシが届くようになります。

<歯の表側の磨き方>

歯の表側を磨く場合は、歯と直角になるように歯ブラシを当てて磨くスクラビング法、ブラシを歯に対して45度になるように傾けて磨くバス法があります。どちらの方法を使った場合も奥歯と同様に、歯ブラシは小刻みに動かすようにして一本一本丁寧に磨くようにしましょう。

歯茎が健康な方はスクラビング法歯周病の方や歯周病予防をしておきたい方は45度の角度で磨いたほうがしっかり歯茎に近いところまで磨けますので、バス法をおすすめします。

<奥歯の裏側の磨き方>

奥歯の裏側は歯ブラシも届きにくくまとめて磨いている方も多くいますが、やはり歯ブラシを小刻みに動かして一本ずつ、しっかり歯の隙間にも毛先を入れていく方法が正しい磨き方です。ブラシを少し斜めに持ち、奥までしっかり磨けるようにしておくと、より確実に歯の隙間の奥に歯ブラシを届かせることが出来ます。

小刻みに動かしながら歯を一本ずつ磨いていきますが、奥歯の裏側は最も磨き残しが多い部分で、特に利き腕方向の奥歯に歯ブラシが届いていないことが多くあります。できるだけ注意し、意識して磨くようにすることが大切です。

<前歯の裏側の磨き方>

前歯の裏側は歯石がつきやすい場所ですので、しっかり磨いていきましょう。歯ブラシを立たせた状態で歯ブラシの先をしっかり使い、一本ずつ磨いていきます。まとめて磨くとどうしても磨き残しができてしまいますので、一本ずつしっかり磨くことを意識しておきましょう。

歯を白くしたいならホワイトニング?!自宅ですぐできる方法を紹介!まとめ

男性

ホワイトニングで好感度の高い歯をゲットしよう!
出典:weheartit.com

歯を白くしたい方へのホワイトニング方法を紹介してきましたが、それぞれのホワイトニング方法にはメリットデメリット費用のかかり具合など様々な違いがあります。自分自身に合った方法継続出来る方法を選ぶことが大切ですので、毎日の生活を振り返り、実践出来る方法を選びましょう。

毎日の歯磨きは基本ですので、正しい歯磨き方法をしっかり実践していくことも大切です。自分に合ったホワイトニング方法を実践し、白い歯を手に入れていきましょう。

自宅でホワイトニングをする場合はホワイトニングジェルを使用するのが一番オススメです。効果・安全性の側面から見て自宅で最も効果が高いのはホームホワイトニングと同様の高濃度の薬剤を使用するホワイトニングジェルです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料