歯の黄ばみの5つの理由とは?対策法を自宅・歯医者の両方から解説!

歯が黄ばんでいるだけで老けて見えてしまうなど、印象は良くないです。歯の黄ばみはどうして起こってしまうのでしょうか。ここでは歯の黄ばみの理由について紹介していきます。また理由以外にも自宅でできる黄ばみ除去や歯医者でできる黄ばみの除去方法を紹介します。


歯の黄ばみの5つの理由とは?対策法を自宅・歯医者の両方から解説!

黄ばみとなっている歯だと、いくら素敵な笑顔を見せていてもイメージとしては良くないです。下記のデータを見てもわかるように、「一緒にいて恥ずかしい」暗い」自己管理ができない」といったようにマイナスなものばかりです。また、受付業務や営業・人事担当など人と接する仕事をしていくうえでも印象が悪くなってしまいます。

ここではどのような理由や原因で歯が黄ばむのか、そうならないためにはどういった対策を取ればいいのかについてご紹介いたします。白い歯で輝く笑顔を見せるためにも是非チェックしていって下さい。

歯が黄ばんでいるというだけで印象が低いことがわかっています。

「笑顔の輝きが減る」「不潔に見える」「老けて見える」など、仕事だけでなく恋愛面でも歯の黄ばみが悪印象を与えてしまいます。

スクリーンショット 2017-04-18 21.54.31

スクリーンショット 2017-04-18 21.55.28

出典:株式会社ゲイン

そもそも歯の構造ってどんなの?

人間が食べ物を口にする時に最も重要となるのがです。ここでは物を噛むための歯がどのような構造となっているのかについて解説していきます。

<エナメル質>

歯の外側にある表面部分の事です。2mmから3mmの厚みと、水晶と同等の硬さを持ちます。歯へ与えられる外部刺激から歯髄を守るという役目を担っています。歯のエナメル層は半透明です。この部分に有機物であるペクリル・プラークが付きその表面へ食べ物や飲み物によって着色汚れが少しずつ溜まっていくのです。

ペクリルは唾液の中に含まれるタンパク質で作られた薄い皮膜を言います。プラークはいわゆる歯垢の事で、食べカスが付着したまま残っている状態を言います。

<象牙質>

エナメル質の下層部にあります。色としては乳白色をしています。個人差があり、黄色に近い人もいれば白に近い色をしている人もいます。半透明であるエナメル質により象牙質部分が透けているのでそれがそれぞれの歯の色として決まるのです。

<歯髄>

歯の中心部分を神経が通っています。痛みを感じるのはこのためです。この他にも炎症からガードしたり象牙質を作り出す役目を持っています。

<歯槽骨>

歯を支えるための骨を言います。歯周病が進んでいくと歯根膜・歯槽骨が壊れ歯を支えきれずに抜ける恐れがあります。歯周病によって歯槽骨が吸収されてしまうとどのような治療をしても回復しづらくなります。

<歯根膜>

歯根と歯槽骨の間の薄い膜を言います。歯槽骨と歯を繋いでおり、歯へと伝わる咬合力の調整や噛み応えを感じることができます。噛んだ時に痛いのはこの箇所が炎症を起こしている事になります。

<歯肉>

‘歯茎’の正式名称です。歯茎の役目は歯槽骨を守る事です。歯肉が炎症を起こしたものが歯肉炎となります。この部分の定期的な検査を怠ると色んな歯の病気へと繋がっていくことになります。

<セメント質>

歯根膜という結合組織を繋ぐ役目を担っており、歯茎に隠れた歯根にある象牙質を覆っている表面を言います。

 

歯が黄ばんでしまう理由はこの5つ!

ではなぜ歯が黄ばむのか、またそれにはどういった原因あるのでしょうか。ここでは歯が黄ばんでしまう理由をご紹介します。

歯が黄ばんしまう理由①:食生活

着色性食品とは文字通り、食べたり飲んだりすることで歯が着色するものをいいます。いっぽう、着色補助食品は単独では着色しないものの、着色補助食品と同時に口にすることで口内を酸化させ歯の表面を覆っているエナメル質がpH5.5という臨界pHとなってしまい成分が溶けてしまいます。そのため、より黄色く着色してしまうのです。

例として、スポーツドリンクとカレーを一緒に摂取した場合などに歯の着色汚れを促してしまうといった感じです。無色のため大丈夫だと思われがちなスポーツ飲料・炭酸は高い酸性度を持つため、エナメル質が溶けやすくなり黄ばみへと繋がります。また、アルコールも度数の高さでステインが付きやすくなってしまいます。

<着色性食品一覧>

・コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・赤ぶどう・カレーライス・ソース・ケチャップ・醤油・人口着色料を使用した食品・色の濃いうがい薬

<着色補助食品一覧>

・炭酸飲料・アルコール飲料・スポーツドリンク・柑橘系食品・飲料・シュウ酸(ほうれん草や青いバナナ、キャベツなど)・クエン酸(パイナップルやレモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなど)

歯が黄ばんしまう理由②:喫煙

喫煙をする事によっても歯に黄ばみができてしまう要因となってしまいます。黄ばみとなっていくメカニズムを解説していきます。

①歯の表面部分というのはペリクルによってコーティングされている

②喫煙すると、タバコの中に入っている成分‘タール’がペリクルへと着く

③歯磨きをしても遅かったり、磨き切れていないとペリクル・タールが結合した汚れが残ってしまう

④ペリクルによって再度歯がコーティングされる

⑤喫煙で歯にタールが着いてしまう

⑥喫煙後歯を磨かないで半日或いは一日放置する

⑦汚れがより強くなりこびりついてしまう

口臭黄ばみがひどくなる

ステイン汚れが層のように積み重なって蓄積されていく

⑩歯磨きをしても汚れが取りづらくなってしまう

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

喫煙

出典:weheartit.com

歯が黄ばんしまう理由③:歯の磨き方が間違っている

歯が黄ばむ理由としては、歯を磨かなかったり逆に磨きすぎてしまう事でも起こります。磨くことはとても大切なのですが、正しい磨き方をしないでいる方や磨きすぎることが理由でかえって黄ばみを強めてしまう事を知らない方が多い傾向にあります。

力を入れ過ぎて磨いてしまったり間違った磨き方をしていると、磨き残しによる食べカスが蓄積して歯石ができたり黄ばみの原因ともなってしまいます。こちらに正しい歯の磨き方がありますのでぜひ参考にして正しい磨き方を覚えて下さい。

歯が黄ばんしまう理由④:幼少期の抗生物質の使用

永久歯が作られる時期となるのは、子供が生まれてから8歳までとなります。その頃までに抗生物質であるテトラサイクリン系の投与が多かった場合、歯のエナメル質が形成不全を起こしたり着色、小児・胎児の骨発育不全を起こす恐れがあります。

テトラサイクリン系抗生物質とは、マイコプラズマ・肺炎・梅毒・インフルエンザ・クラミジアといった治療を行う際に使用する抗菌剤のことを言います。服用による副作用としてもともと黄色の象牙質を濃くしてしまうというのがあります。また、紫外線に当たるとより濃くなるので、年齢を重ねていくことで黄色になるのが早まってしまいます。

テトラサイクリン系の抗生物質の総称で、クロールテトラサイクリン、ミノサイクリンなど20種類以上の種類があります。
以前は風邪薬のシロップで使用されていた時期がありますが、現在は使用が控えられています。
テトラサイクリンを使用した幼児や胎児など幼い子どもが服用することによって、歯の色を変色させてしまうことがあります。

歯の形成期の12歳ごろまでに服用すると、歯に茶色や灰色の変色した色が定着してしまうことがあります。
場合によっては変色だけではなく、歯が縞模様のようになってしまうことがあります。
色の定着は左右対称で現れることが知られています。

出典:クリア歯科

歯が黄ばんしまう理由⑤:加齢や遺伝

生まれたばかりの歯は厚みのあるエナメル質となっていますが、成長して年齢を重ねていくことにより少しずつ削られ、薄くなると共に中の象牙質が透けていきます。本来黄色みがかっている象牙質ですが、ハイドロキシアパタイトというエナメル質の主な成分が加齢で進む事により、透明度が高まります。

黄色人種でもある日本人の歯というのは薄いエナメル質なので象牙質が透明となりやすく、歯の表面を覆っているペクリルという薄い皮膜も年齢と共に減っていきます。肌の色と同じように歯の色も黄ばみとして見えやすいのもこうした理由があるためです。

黄ばみとさようなら!自宅で黄ばみを除去する方法3選!

黄ばみとなってしまう原因としては食事・喫煙・歯磨きなどさまざまな理由や原因があります。黄ばみの目立つ歯で笑顔を見せるのはとても恥ずかしいですし、周りに与える印象も良くないものとなってしまいます。

黄ばみを落としてきれいにしたいけど、高額を出したくない』『歯科医院に通う事無く黄ばみを落としたい』といった理由をお考えの方には自宅で黄ばみを落としていくのがとてもお薦めです。ここでは黄ばみを落として歯を綺麗にするための商品についていくつかご紹介いたします。

①ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する

初めにご紹介するのはホワイトニング成分が含まれている歯磨き粉です。歯磨き粉の中でも歯を白くしてくれるものには研磨剤が入っており、歯の表面に着いてしまった着色汚れを落としてくれます。市販のホワイトニング歯磨き粉は舌で触ってもわかるほど大きい粒の研磨剤となっていますが、それをミクロサイズにまで小さくする事で歯茎・歯に与える刺激を減らし着色汚れを落とせるとされています。

ただ、ホワイトニング歯磨き粉と謳っている商品であっても、ホワイトニング成分含まれていないものもあるので、購入する際には裏面を見て以下に挙げている成分が入っているかをチェックしておくことがとても重要となります。

以下が代表的なホワイトニング効果がある成分一覧です。歯磨き粉を購入する際はこれらの成分がきちんと配合されているか確認するようにしましょう。
・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

<安全性>

ホワイトニング歯磨き粉には研磨剤が含まれているので着色汚れを落としてはくれますが、汚れだけでなく歯までも削ってしまいます。そのため、安全性としては注意しておく必要があります。

<デメリット>

歯磨き粉は歯を綺麗に磨くために必要なものであり、香料により口の中がスッキリします。しかし、分量を間違えたり間違った磨き方をしてしまうと、泡だらけのまま磨く時間が短くなってしまいます。

□歯ブラシにたくさんの歯磨き粉を付けると、泡立ちすぎて毛先が当たらない

□力を入れ過ぎると歯が削れて歯がしみたり、歯肉が下がってしまう

□歯頚部=歯と歯肉の境目となる箇所にくさび状のへこみができて、磨く時に痛みが出てしまう

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

②スクラビング効果のある音波歯ブラシを使用する

歯と歯の間に歯ブラシの毛先部分を直角に当てて小さく動かしながら磨く方法をスクラビングと言います。電動歯ブラシよりも早く動かすことができます。毎分およそ3万回~4万回もの回転数あるいは振動によって波動エネルギーが発生し、これによって歯の黄ばみを除去していくことができるのです。

<安全性>

電動歯ブラシでの歯磨きとなるので、正しい使い方を覚えれば安全に使うことができます。使いだした頃は振動に慣れるまでが大変かもしれませんが手動ではなかなか届かない部分もキレイに落とせます。

<デメリット>

手動での歯磨きよりも手軽に使える音波歯ブラシですが、デメリットもあります。手動と違って充電が必要だったり、磨き方が手動よりも雑になってしまいがちです。また、歯周病が進行している場合は使用しないほうがいいです。

□性能のいいものだと10,000円以上するものもある

□メーカーごとの推奨する方法を守って正しく使わないと歯茎や歯を傷めてしまう

□年配の方や子供にはサイズや重さなどで使いづらい

画像の商品であるソニッケアーのダイヤモンドクリーンは音波水流による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに仕上げます。歯垢除去力は手磨きに比べて最大7倍の効果がると言われています。

③ホワイトニングジェルを使用する

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

歯磨きをした後で使うのがホワイトニングジェルです。虫歯があるとしみてしまうので治療を終わらせてから使うようにして下さい。定期的に使い続けることで高いホワイトニング効果を得られます。

<安全性>

口の中に入れるものなので成分としても優しいものが含まれています。パラベン・発泡剤・着色料・研磨剤が使われていないものもたくさんあります。高い安全性を持っているのもこの製品の魅力だと言えます。

<デメリット>

ホワイトニングジェルにはペンタイプマウスピースタイプがあります。マウスピースタイプは、文字通りホワイトニングジェルをマウスピースに流し込み歯に装着させて使います。簡単に装着できて、薬剤が口の中に流れ込んだり誤飲する危険性もないですが1回で2時間程装着せねばならず、会話がしづらかったり食事をする事が出来なくなります。

ペンタイプは筆のようになっていてスティック内に薬剤が入っており、筆を回すことで歯に濡れるようになっています。会話も普通に出来て持ち運びやすいので出勤前などに塗っておくこともできますが、唾液によって流されてしまうのでマウスピースタイプより効果が低くなってしまいます。

□マウスピースタイプの費用としては約15,000円から30,000円、スティックタイプは1本約2,500円する

□ホワイトニングを施して一時的に白くなっても、食事をしていく事で再着色され元に戻っていく

□人によって違いはあるが、放置しておくと約3ヶ月から6ヶ月で色戻りしてしまう

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。その詳細については公式サイトで確認することができますので、一度チェックしてみましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

歯医者で行う黄ばみの除去方法とは?

黄ばみを落としたい理由としては、人前で恥ずかしい思いをしたくない、思いきり笑顔を見せたいなどさまざまです。ホワイトニングを行う方法としては『オフィスホワイトニング』『ホームホワイトニング』の2つがあります。ここではそれぞれどういった違いがあるのかについて解説していきます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院に通って行う事になるホワイトニングの事を言います。高濃度の過酸化水素=漂白剤を歯に塗りライトを当てていきます。歯科医師の管理によって行っていくことにより漂白作用を促していくのです。以下に施術の流れについて説明していきます。

①歯科医師からの問診を受けた後、口の中を診ていきます。歯のひび割れ、虫歯の状態などによってはホワイトニングで痛みが出てしまうので施術は不可能となります。また、歯周病の進行具合によっても出来ない事があります。

②施術を行うために口を大きく開き、専用器具を装着していきます。

③施術を行う箇所の汚れ落としをしていきます。歯石・ヤニ汚れが目立つ場合はホワイトニングの前に専用器具による洗浄を行います。

④歯茎に薬剤が付かないように保護材を塗り、正面側から見る事の出来る前歯の部分に薬剤をムラなく塗っていきます。

⑤薬剤の持つ漂白効果を促すためにおよそ8分~15分ライトを照射していきます。照射時間は歯科医院によって違いがあります。また、熱を持たず歯茎・歯に刺激を与えないことでも人気となっているLEDライトを使用する所もあるようです。

⑥口内をしっかりとゆすいで薬剤を吐き出します。

⑦再度、開口する器具を装着します。

⑧施術する部分の汚れを落として、前歯に薬剤を塗っていきます。

⑨一定時間ライトを照射していきます。照射後口の中をゆすぎます。

⑩これらをもう一度繰り返します。

<期間>

一回の施術のみでは白くするのに限界が出てしまいます。最初の施術に関しては3回の照射でおよそ40分から60分が限度なのです。1位時間以上もの間口を開けてはいられませんし、痛みが出てしまうからです。

自分が目標としている白さになるまでには約1週間から2週間の間隔を取って定期的な継続をしていくのがいいとされています。間隔を空け過ぎないように続けるようにすると白くなるスピードが速まります。

白さが自分の目標としているとなったら、そこで一度施術は終わりです。ですが、毎日食する事で着色していくのは避けられないので、白さをキープしていくために1ヶ月から3ヶ月に1回通院することが理想となります。

一般の歯科医院であれば1回あたり約3万円から5万円となります。ホワイトニングを専門としている歯科医院であればおよそ1万円から3万円です。歯科医院の中には、ホワイトニングが流行していることもあり1回あたり数千円でしてもらえる場合もあります。

<安全性>

オフィスホワイトニングを施術してもらうためには刺激性が強い成分を含んだ薬剤が使われますが、歯科医師による医療行為となるので安全性は高いと言えます。

<デメリット>

オフィスホワイトニングはとても効果が高い施術方法と言われていますが、デメリットもあります。どのようなものがあるのか確認しておいてください。

□1度の施術だけでは理想とする白さとはならない

知覚過敏になりやすい

□ホワイトニング効果は永久ではないので少しずつ色戻りをしてしまう

□自由診療となっており歯科医院によって異なる。また、健康保険適用外のため全額自己負担となる

□歯の表面が荒れやすくなってしまう

ホームホワイトニング

自分自身で行うホワイトニングをホームホワイトニングと言います。自分の歯に合ったマウスピースを作ってもらい専用の薬剤を塗ってから装着します。以下に施術の流れについて解説していきます。

①歯科医院で歯科衛生士からのカウンセリングを受けます。ここでは費用や種類・自分が理想とする白さなどについて話し合います。

②歯の写真撮影をします。

ホワイトニングシェードガイドにてホワイトニングをする前の歯の色を測定します。

④測定をした後歯の型取りをします。

⑤高熱で形が歪んでしまわないようにマウスピースケースに保管します。

⑥使った後は必ず水で洗い流して下さい。清潔な状態にしておかなければ別の歯へと悪影響を及ぼす恐れがあります。

⑦およそ2週間から4週間経過後クリーニングと共に歯の白さが保てているかの確認をします。

⑧メンテナンスをきちんと行っていけば長く使い続けることができます。

⑨マウスピースが細菌で臭くならないように日々の手入れを怠らないようにする

⑩テレビを鑑賞している間でも歯を白くして行けます

<期間>

ホームホワイトニングを行った場合、効果を得られるまでにかかる期間としては2週間、自分が満足できるだけの白さを求めるならおよそ1ヶ月から2ヶ月を要することになります。時間が掛かる理由としてはオフィスホワイトニングに使われている薬剤の1/10となる過酸化物という低い濃度の薬剤が使われているためです。また、ゆっくりと薬を浸透させていくので時間を要するのです。

<費用>

ホワイトニングは自費による治療をしてもらう事になります。マウスピースと薬剤を含めた料金としてはホワイトニングを専門とする歯科医院であれば約15,000円から30,000円掛かります。一般の歯科医院であれば20,000円から40,000円が相場となっています。薬剤であれば1週間分から2週間分だと約5,000円から10,000円となります。

その他にも一般の歯科医院であれば診察料とクリーニング料金がかかります。ホワイトニングをするためのクリーニングを行う場合は、5,000円から10,000円となります。自由診療となるので歯科医院によって金額はさまざまです。自分の理想とする白さになるまでには人それぞれ違うので、2週間程度で満足できたという人もいれば、効果を実感するまでに2ヶ月かかるといった場合もあります。

<安全性>

歯科医院で使われるホワイトニング用の薬剤は過酸化水素です。消毒の時に使うオキシドールと同じですので大丈夫なように感じられますが、ホームホワイトニングは文字通り自宅にて自分で行う事になるので不注意で口に入れると火傷してしまうので注意が必要です。

<デメリット>

□マウスピースは約2時間装着します。着けている間は会話がしづらくなります。

□低い薬液濃度のため、白くなるまでに時間を要します。

□ホワイトニングによって白くできるのは詰め物・被せ物をしていない天然の歯のみです。

□ホワイトニングをした後は、約12時間から24時間色の濃い食べ物や飲み物を口にすることができない。また、喫煙もヤニが付着してしまうので止めたほうがよい。

□自分自身の歯であっても、神経が死んでしまっているものは白くならないので、歯を削ったうえで白い被せ物をする必要があります。

歯の黄ばみの5つの理由とは?対策法を自宅・歯医者の両方から解説!まとめ

男性

黄ばみを除去すれば自信が持てる!
出典:weheartit.com

歯の黄ばみを綺麗に除去したい理由は、やはり人に見せる時の笑顔にあると言えます。黄ばんでしまう原因や理由を探りしっかりと把握しておくことが何よりも大切です。

黄ばみを落としきれいな白い歯にする方法としては、音波歯ブラシ・ホワイトニング歯磨き粉・ホワイトニングジェルなどのアイテム、ホームホワイトニング・オフィスホワイトニングがあります。

黄ばみとなってしまう理由には食事内容や喫煙・歯の磨き方などがあります。色の濃い飲食物による着色汚れ喫煙によるヤニ汚れなどに注意して下さい。

また、歯磨きも本来の正しい磨き方を身につけていなければ、白いきれいな歯に近づけることはできないです。手磨きも音波歯ブラシでも力を入れ過ぎたり磨きすぎないように気を付けて下さい。

黄ばみのない歯であれば、人前でも気兼ねすることなく笑うことができます。気分も良くなりますし、周囲に対する印象も良くなるというわけです。

ホームホワイトニングオフィスホワイトニングも、それぞれ費用や期間がかかりますのでそれぞれの相場を把握し、歯科医師ともしっかりと話し合ったうえで自分に合った方法を実施して下さい。

ホワイトニングしつつ可能な限り費用を抑えたいという方にはホワイトニングジェルがオススメです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

 


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料