歯の黄ばみをホワイトニングで解消?原因や対策、値段の総まとめ!

「歯の黄ばみを白くしたい」「黄ばみを解消して印象を変えたい」歯の黄ばみについて悩んでいる方は多くいらっしゃいます。そんな方にオススメしたいのがホワイトニングです。「でもホワイトニングって高いんでしょ?」という方のためにお得にできるホワイトニングも紹介します。


歯の黄ばみをホワイトニングで解消?

「歯の黄ばみをホワイトニングで白く輝かせたい」「黄ばみを改善して周囲のイメージを変えたい」と考えている方は大勢います。歯の黄ばみに対する世間の印象は非常に悪いのです。歯の黄ばみに対する印象については以下になります。

・笑顔の輝きが減る、不潔に見える

・好きな人でも冷める、がっかりする

・老けて見える、だらしない

・自己管理ができていない

・一緒にいると恥ずかしい、暗い

などのようにその印象は非常に悪いもので、「営業職」「人事担当者」「受付業務」などを行っている方に対する印象としては70%近くの方からイメージダウンだと言われています。

歯が黄ばんでいるというだけで印象が低いことがわかっています。

「笑顔の輝きが減る」「不潔に見える」「老けて見える」など、仕事だけでなく恋愛面でも歯の黄ばみが悪印象を与えてしまいます。

スクリーンショット 2017-04-18 21.54.31

スクリーンショット 2017-04-18 21.55.28

出典:株式会社ゲイン

歯の黄ばみを解消する方法としてはホワイトニングが最もオススメです。今回はホワイトニングの効果や安全性・費用についてまとめましたので一度チェックしておきましょう。

そもそも歯の構造ってなに?

ホワイトニングを説明する前に知っておきたいのは歯の構造です。歯の構造について細かく説明します。

<エナメル質>

白色で人体の中では最も硬い組織で、歯の表面を覆っています。厚さ2~3mm程度で外部からの刺激から歯の神経を保護する役割をしています。

<象牙質>

歯の大部分を占めている組織で歯の形を形成している部分です。柔らかいので虫歯菌が侵入すると一気に虫歯が進捗します。また象牙質に衝撃が加わると痛みが生じます。歯の神経を守る役割があります。

<歯髄>

中心部にあり歯の神経が通っているので、刺激が加わるとこの部分で痛みを感じます。象牙質の再生や歯への栄養補給、炎症などの刺激が歯に浸透した時に防御反応をする役割があります。

<セメント質>

歯の根っこの部分で、象牙質を被覆している組織です。

<歯根膜>

歯を支えている骨と歯の根っこの間にある薄い膜で、血液やリンパ液が集まっている部分です。この部分に炎症があると血液やリンパ液が分泌され歯が浮いている様に感じます。

<歯槽骨>

歯を支えている骨のことで、歯周病などで歯槽骨が破壊されると歯が抜けてしまい再生が難しくなります。

<歯肉>

歯茎のことで歯槽骨を保護するのが大きな役割です。歯肉炎になると歯茎が腫れてしまいます。

<ペクリル>

エナメル質は飲食によって口内に入って来る酸に非常に弱くて溶けてしまう性質があります。そのエナメル質をコーティングすることで酸から歯を守っているのがぺクリルです。唾液から生成される物質です。

歯の黄ばみの原因ってなに?

ホワイトニングしようとする歯の黄ばみの原因にはいくつか考えられます。歯の黄ばみの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。以下に記述しますのでチェックしておきましょう。

着色性食品などの過剰摂取

ポリフェノールを含む食品や色が濃い食品、また硫黄を含む食材などのことを着色性食品と呼びます。着色性食品を多く摂取すると歯の黄ばみの原因となってしまいます。

アルコール度数が高いお酒を飲むとエナメル質の表面の水分を飛ばしてしまうので歯が黄ばみやすくなります。また炭酸飲料やスポーツドリンクは強い酸性なので口の中を酸化させてしまいます。このため歯のエナメル質が臨界pHであるpH5.5となりエナメル質が溶けてしまいます。

このようなアルコールや酸性の強い炭酸飲料などを着色補助食品と呼びます。

<着色性食品一覧>

・コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・赤ぶどう・カレーライス・ソース・ケチャップ・醤油・人口着色料を使用した食品・色の濃いうがい薬

<着色補助食品一覧>

・炭酸飲料・アルコール飲料・スポーツドリンク・柑橘系食品・飲料・シュウ酸(ほうれん草や青いバナナ、キャベツなど)・クエン酸(パイナップルやレモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなど)

喫煙によるタールの付着

歯の黄ばみの原因として最も厄介なものが喫煙によるタールの付着です。そのメカニズムについては以下になります。

①タバコを吸うとタバコに含まれるタールが口内に飛び込んできます。

②タールはペリクルと強く結合する性質があるため、エナメル質をコーティングしているぺクリルと結合します。

③歯を磨きます。

⇒ぺクリルはコーティング後、短時間であれば歯磨きによって剥がれ落ちるのですが、時間が経っていると強固にエナメル質にコーティングしているので磨き残しやすくなってしまいます。

④磨き残したペクリルにはタールが結合したままです。これが歯の黄ばみの原因です。

⑤再度ペクリルがエナメル質をコーティングします。

⇒歯の黄ばみの上からのコーティングとなってしまいます。

⑥普段通りにまたタバコを吸います。

⑦タールが⑤でコーティングしたペクリルと強固に結びつきます。

⑧歯磨きが遅れたり、磨き残しができてしまいます。

⑨更に歯に黄ばみが生まれてしまいます。

⑩上記の①~⑨を繰り返して歯の黄ばみが深くなっていくのです。

ここまでくると歯磨きしただけでは、歯の黄ばみは取れません。ホワイトニングが必要になるのです。

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

683fcd6a954e96be93f4ed1839984702_s

幼少期におけるテトラサイクリンの摂取

まだ永久歯が生え揃わない幼少期にテトラサイクリン系の抗生物質を多量に投与されていた場合には、歯の黄ばみやエナメル質の形成不全が起こることがあります。このような歯を「テトラサイクリン歯」と呼びます。

テトラサイクリン系の抗生物質はかつてマイコプラズマ肺炎や百日咳などの薬として多用されていました。しかしテトラサイクリン系の抗生物質が利かない耐性菌ができやすいことが判明したことと歯が変色する場合があることが確認されたため、現在では使用されていません。

テトラサイクリン系の抗生物質の総称で、クロールテトラサイクリン、ミノサイクリンなど20種類以上の種類があります。
以前は風邪薬のシロップで使用されていた時期がありますが、現在は使用が控えられています。
テトラサイクリンを使用した幼児や胎児など幼い子どもが服用することによって、歯の色を変色させてしまうことがあります。

歯の形成期の12歳ごろまでに服用すると、歯に茶色や灰色の変色した色が定着してしまうことがあります。
場合によっては変色だけではなく、歯が縞模様のようになってしまうことがあります。
色の定着は左右対称で現れることが知られています。

出典:クリア歯科

加齢や遺伝

加齢や遺伝によって歯が黄ばむ場合もあります。エナメル質は歯磨きや歯ぎしり等で加齢とともに薄くなってきます。そのためエナメル質の内側で歯の大部分を占めている象牙質が透けて見えるようになり加齢とともに歯が黄ばむのです。また遺伝で先天的にエナメル質が薄い体質の方は、内側の象牙質が透けてみえるため歯が黄ばむのです。

値段を抑えたい!自宅でできるホワイトニングとは?

これまで説明してきた歯の黄ばみを落とすことをホワイトニングと称します。ここからは歯の黄ばみの落とし方について紹介していきます。特に「歯医者に行くことなく歯の黄ばみを落としたい方」や「ホワイトニングの費用を安く抑えたい方」には自宅で歯の黄ばみを落とすホワイトニング方法が一番オススメとなります。

①ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する

まず最初に紹介するのがホワイトニングに有効な成分が配合されている歯磨き粉を使用するホワイトニングです。

ホワイトニング専用歯磨き粉は研磨剤を配合していて歯の黄ばみを削り取って、ホワイトニング成分の力により歯を白くするものです。またこのタイプの歯磨き粉にはホワイトニング成分が入っていない商品もあるので、購入する前には以下の成分が配合されているのもであるかどうかを確認することが重要です。

以下が代表的なホワイトニング効果がある成分一覧です。歯磨き粉を購入する際はこれらの成分がきちんと配合されているか確認するようにしましょう。
・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

<安全性>

ホワイトニング効果のある歯磨き粉にはほとんどの場合研磨剤や発泡剤が含まれています。研磨剤が入っているとエナメル質そのものを削り人てしまい歯を痛めてしまう可能性があります。また発泡剤が入っていると泡立ちが良すぎて歯磨きが雑になりやすく磨き残しをしやすくなるので、虫歯や黄ばみの原因となってしまいます。

このように研磨剤や発泡剤を配合しているホワイトニング専用歯磨きは安全に関しては少し注意が必要なのです。

<値段>

基本的には1,000円~3,000円程度で購入できます。

<デメリット>

□研磨剤や発泡剤が入っているので歯を痛めてしまったり、虫歯の原因になる可能性がある。

□ホワイトニングに有効な成分を配合していない可能性がある。

□タバコのヤニ取りには効果が薄い。

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

②スクラビング効果のある音波歯ブラシを使用する

スクラビング法は歯医者が推奨する手磨きの方法のひとつです。音波歯ブラシが生み出す波動による振動で歯の黄ばみを除去することができます。

<安全性>

電動歯ブラシのため正確に使用すれば安全性は高く危険はありません。

<値段>

費用は約10,000円~30,000円ほどで高額になります。

<デメリット>

□費用が高い

□ブラシを正確に歯の面に当てる必要があるため操作性が低い。

□振動による刺激で歯茎を痛めてしまう可能性もある。

画像の商品であるソニッケアーのダイヤモンドクリーンは音波水流による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに仕上げます。歯垢除去力は手磨きに比べて最大7倍の効果がると言われています。

③ホワイトニングジェルを使用する

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

ホワイトニングジェルは普段行っている歯磨きの後に追加して、歯ブラシにジェルを付けてブラッシングすることで歯の黄ばみを落としホワイトニングするものです。また継続して使用すれば確実にホワイトニング効果を実感できるものです。*ホワイとニングジェルは歯磨きの後に使用し、継続することでホワイトニング効果を高めることができるものであることを記述。

<安全性>

ほとんどのホワイトニングジェルには研磨剤が配合されていないのでとても安全性が高いのが最大の魅力です。

<値段>

比較的低価格の3,000円程度から購入することができます。

<デメリット>

□継続して使わないとホワイトニングの効果が出ない。

□ホワイトニングの即効性はない。

□歯磨きの後で5分間ブラッシングをする必要がある。

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。その詳細については公式サイトで確認することができますので、一度チェックしてみましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

歯医者でできるホワイトニングとは?

歯医者に頼って行うホワイトニングが歯の黄ばみを取る効果は確実です。歯医者によるホワイトニングは「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2つがあります。その違いはどのようなものなのでしょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは直接歯医者で医師による施術を受けるものです。高濃度の過酸化水素を歯に塗布して歯をホワイトニングするものです。塗布したのちに更にホワイトニング効果を高めるために光を照射します。

手順を以下に説明します。

①医師に直接診察を受けます。⇒虫歯や歯周病の方は施術する前にそれらの治療を行います。

②口を大きく開けます⇒専用の装具を装着して施術中の40~60分間口を開けたままにする必要があります。

③歯石やヤニ汚れなど歯の汚れを除去します⇒場合によってはクリーニングとなります。

④歯茎に保護材を装着します。⇒高濃度の薬剤を使用するので歯茎を保護する必要があります。

⑤薬剤を塗布します。

⑥光を照射します。LED光線を照射する場合が多くなっているようです。⇒光の照射によって薬剤による漂白効果が高まります。

⑦うがいをします。

⑧ここまで1行程8~15分程度です。②~⑦の行程を2~3回繰り返すのが一般的です。

⑨2~3週間後にまた②~⑦を行います。

⑩自分が求める歯の白さが完成したら終了です。

<期間>

オフィスホワイトニングの効果はすぐに出てきます。ただしその持続性が6カ月程度なので半年ごとに繰り返し通院する必要があります。

<値段>

一般歯科医院で1回30,000円~50,000円必要ですが、ホワイトニング専門医院であれば5,000円~30,000円で施術可能です。ただし半年後にまた通院が必要なので年間では最大で100,000円程度かかる場合があります。

クリーニングを追加で施術した場合には別途10,000円前後必要です。メンテナンスにおいてもクリーニングが必要になる場合もあります。

<安全性>

非常に刺激の強い成分が入った薬品を使用しますが、専門医による治療なので安全性は確保されています。

<デメリット>

*以下のように箇条書き

□非常に強い薬品を使用するので施術後に痛みが出る可能性がある。

□とにかく費用がかかる。⇒高額なコースメニューをすすめられることもあるので注意が必要。

□半年しか持続性がない。

□定期的なメンテナンスも必要である。

□いちいち歯医者に行く必要があり面倒である。

ホームホワイトニング

歯医者による指導を受けて、自宅で自分専用のマウスピースに薬剤を塗布し口に装着して行うホワイトニングで、自宅で自分でできるので手軽な方法です。

①歯医者で問診を受けます。

②口腔内検査を受けて、口の中の撮影します。⇒施術前の自分の歯の色をチェックしておきます。

③歯型を取り、専用マウスピースの作成に取り掛かってもらいます。⇒マウスピースは熱に弱いので歪んでしまうことがあるため、保管するときは直射日光のあたるところを避け、専用の容器に入れておく必要があります。

④自宅でマウスピースに専用薬剤を塗ります。

⑤口に装着して2時間程度放置します。

⑥④~⑤を毎日繰り返します。

⑦2週間程度毎日繰り返して、歯医者で術後のチェックを受けます。

<期間>

オフィスホワイトニングの薬剤の濃度の6分の1程度の濃度なので効果はすぐには出てきません。2~3週間は覚悟が必要です。

また持続力はオフィスホワイトニングよりも高く、1~2年間は持続すると言われています。*効果すぐ出ないことや効果はオフィスホワイトニングより持続することについて具体的な期間を数字を用いて記述

<値段>

一般の歯医者では初回に20,000円~40,000円程度、ホワイトニング専門医院で15,000円~35,000円程度で初回費用にはマウスピース作成費用も含んでいます。その後は1~2週間分の薬剤の費用として5,000円~10,000円程度が必要です。ホワイトニング完了までには1カ月~2カ月程度を見込んでおくと良いでしょう。

<安全性>

刺激性の強い成分が入った薬剤を自分で自宅で管理しながら使用するので危険性は高くなります。

<デメリット>

□マウスピースの管理が必要となる。

□薬剤を自分で管理、使用するので危険を伴う

□費用が高い

□即効性がない

□1~2年で元に戻る可能性がある

ホワイトニングで白くなりにくい歯ってある?

ホワイトニングの効果があまり出にくい歯もあります。どのような歯が効果が薄いのかは以下になります。*ホワイトニングの効果が薄い歯があることについて記述。どのようなものがあるのか箇条書きで紹介

□詰め物や差し歯などの人工的な歯がある場合はホワイトニングできないので、セラミックを被せるなど改善をします。

□テトラサイクリン歯など歯に茶色の縞模様がある場合は、ホワイトニングを根気よく継続することが必要です。

□神経が死んでいる歯はホワイトニングをしても神経がある歯と同じ白さにはなりません。

□歯がグレーに変色している方はホワイトニングの効果は見込めません。

歯の黄ばみをホワイトニングで解消?原因や対策、値段の総まとめ!

男性

ホワイトニングで好印象をゲットしよう!
出典:weheartit.com

以上が歯の黄ばみの原因とその対策、ホワイトニングで解消するための値段についてのまとめです。

本当に歯の白さを求める場合は歯医者で本格的なホワイトニングを施術するのが簡単ですが費用がかかってしまう上に、定期的なメンテナンスが必要になります。

自宅でホワイトニングするのであれば、効果もはっきりしない歯磨き粉に頼るよりもホワイトニングジェルによって継続的に黄ばみをホワイとニングする方法が価格的にも効果も一番です。

ただしどのような方法を取るにしても、ホワイトニング効果が薄くなる歯があることはよく理解しておく必要あります。

歯医者などで高価な費用を出しても効果が薄い歯があるのであれば、なおさら低価格で歯の黄ばみが改善できるホワイトニングジェルがオススメの商品なのです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

 


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料