歯の黄ばみの取り方とは?自宅でできる3つの取り方や歯磨き法も紹介!

歯が黄ばんでいるだけで不潔に見えたり、老けて見えたりしてしまいます。歯が黄ばんでいるだけで印象は下がります。ここでは「費用を抑えたい」「自宅で対策したい」という方に自宅での歯の黄ばみの取り方について紹介。また黄ばみの原因や0円でできる黄ばみの取り方も紹介します


歯の黄ばみの取り方とは?自宅でできる3つの取り方や歯磨き法も紹介!

歯の黄ばみに悩んでいませんか?歯が黄ばんでいるというだけで他人への印象を下げてしまうこともあります。ここでは、歯の黄ばみが与える印象について紹介します。

まずは、以下のデータをご覧ください。

歯が黄ばんでいるというだけで印象が低いことがわかっています。

「笑顔の輝きが減る」「不潔に見える」「老けて見える」など、仕事だけでなく恋愛面でも歯の黄ばみが悪印象を与えてしまいます。

スクリーンショット 2017-04-18 21.54.31

スクリーンショット 2017-04-18 21.55.28

出典:株式会社ゲイン

歯の黄ばみが他人に与える印象は良くありません。仕事面に限らず、恋愛面や友人面に関しても歯が黄ばんでいると印象は下がってしまいます。

歯の黄ばみを効果的に解消する方法としては、「ホワイトニング」がおすすめです。今回は、ホワイトニングの効果や安全性・費用について紹介していきます。

そもそも歯の構造ってどんなの?

歯の黄ばみの取り方についてご説明する前に、まずは歯の構造について説明します。

<エナメル質>

歯の表に位置するのがエナメル質です。体の中でも一番硬い硬組織です。歯の黄ばみに大きく関わるのが、エナメル質です。エナメル質が傷つくことで歯の表面に汚れが付着しやすくなったり、歯が黄ばんで見えたりするようになります。

<象牙質>

歯の主な部分となります。クリームのような色をしている部分が象牙質に当てはまります。また、象牙質はハイドロキシアパタイト・コラーゲン繊維・たんぱく質で生成されています。エナメル質より柔らかいという特徴を持っています。

<歯髄>

歯の神経がある部分です。虫歯の症状が悪化した場合などは、歯髄を抜く(抜髄)をすることもあります。

<セメント質>

象牙質の外表を覆っている硬組織です。歯周組織のひとつであり、歯を支持する働きを持っています。

<歯根膜>

歯根と歯槽骨の間にある歯周組織です。歯を守るバネのような役割を持っています。

<歯槽骨>

顎骨の中で、歯を支えている部分です。歯槽骨とセメント質は、歯槽骨でつながれています。

<歯肉>

歯の根元、つまり歯茎の部分です。健康な状態はピンク色をしています。

<ペクリル>

ぺクリルは、歯の表面にできる被膜でヤニによる黄ばみと大きく関係しています。ぺクリルは、歯の汚れである「ステイン」の原因となるヤニなどと結びついて黄ばみを引き起こします。

ヤニによる黄ばみを解消するためには、このぺクリルを落とす方法を知る必要があります。

歯の黄ばみの原因とは?

歯の構成についてご説明しました。では、歯の黄ばみが発生するにはどのような原因があるのでしょうか。ここでは歯が黄ばむ原因について紹介していきます。

着色性食品などの過剰摂取

原因のひとつとして挙げられるのが、「着色性食品などの過剰摂取」です。

着色性食品とは、口にすると、その食品自体の色が「ステイン(黄ばみ)」となってしまう食品を指します。歯のエナメル質は、着色性食品の色素によって着色されやすい物質であるため、着色性食品を口にしただけで黄ばみの原因となります。

また、着色補助食品は、「それ単独では歯が着色することはないが、着色性食品と一緒に食べることで歯の着色を強めてしまう食品」の事を指し、着色性食品と同時に摂取すると黄ばみが悪化してしまいます。

さらに、着色補助食品は口の中を酸化させてしまうため、歯のエナメル質が臨界pHであるpH5.5となり成分が溶けてしまうリスクもあります。

着色性食品と、着色補助食品には下記が挙げられます。

<着色性食品一覧>

コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・赤ぶどう・カレーライス・ソース・ケチャップ・醤油・人口着色料を使用した食品・色の濃いうがい薬

<着色補助食品一覧>

炭酸飲料・アルコール飲料・スポーツドリンク・柑橘系食品・飲料・シュウ酸(ほうれん草や青いバナナ、キャベツなど)・クエン酸(パイナップルやレモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなど)

喫煙によるタールの付着

次に、歯の黄ばみの原因として挙げられるのが「喫煙」です。喫煙をすると、下記のメカニズムで着色が発生します。

①煙草を吸う

②煙草のヤニ(タール)がぺクリル(歯の表面の被膜)と結びつく

③磨き遅れなどで時間が経過し、結びついたぺクリルとタールが歯の表面に黄ばみをつくる

④再び煙草を吸う

⑤タールが再度ぺクリルと結びつく

⑥より頑固な黄ばみとなっていく

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

幼少期におけるテトラサイクリンの摂取

次に歯の黄ばみの原因として挙げられるのが「幼少期におけるテトラサイクリンの摂取」です。

永久歯の形成期である、出征直後から8歳頃までにテトラサイクリン系の抗生物質を過剰に投与された場合、歯の黄ばみ・着色・エナメル質の形成不全などのリスクが生じます。

テトラサイクリンとは、広い抗菌性を持つ抗生物質で商標は「アクロマイシン」となっています。細菌の感染症や、皮膚感染症で処方されことが多いです。

テトラサイクリン系の抗生物質の総称で、クロールテトラサイクリン、ミノサイクリンなど20種類以上の種類があります。
以前は風邪薬のシロップで使用されていた時期がありますが、現在は使用が控えられています。
テトラサイクリンを使用した幼児や胎児など幼い子どもが服用することによって、歯の色を変色させてしまうことがあります。

歯の形成期の12歳ごろまでに服用すると、歯に茶色や灰色の変色した色が定着してしまうことがあります。
場合によっては変色だけではなく、歯が縞模様のようになってしまうことがあります。
色の定着は左右対称で現れることが知られています。

出典:クリア歯科

加齢や遺伝

次に歯の黄ばみの原因として挙げられるのが「加齢や遺伝」です。

加齢によって、エナメル質は徐々に薄くなってしまいます。エナメル質は無色透明ですが、エナメル質の奥にある象牙質は黄色であるために黄ばんで見えてしまいます。また、両親からの遺伝によって黄ばみが発生してしまうこともあります。

自宅でできる歯の黄ばみの取り方とは?

「ホワイトニングしたいけど自宅で気軽にしたい」

「費用を抑えてホワイトニングしたい」

そんな方たちには自宅でのホワイトニングがおすすめです。

<自宅でできる黄ばみの取り方:メリット>

□低コストでできる

□歯科医院にいく必要がない

□気軽に実践できる

<自宅でできる黄ばみの取り方:デメリット>

□効果が出ない場合もある

□即効性に欠ける

□安全性に問題がある場合もある

ここでは自宅でできる歯の黄ばみケアについて紹介していきます。

スクラビング効果のある音波歯ブラシを使用する

音波歯ブラシは、波動エネルギーの振動によりヤニ汚れを破壊することができます。歯にあてるだけで振動で歯を磨くことができますので、歯磨きが苦手な方にもおすすめです。

また、横に小刻みに運動する「スクラビング効果」があるため、歯垢や汚れを効率的に落とすことができます。

<安全性>

電動歯ブラシであるため、安全性に関しての心配はありません。

<値段>

費用としては約10000円から30000円ほどになります。

<デメリット>

□ブラシやカードリッジの交換が面倒

□普通の歯ブラシと比べて値段が高い

□使い方を誤ると歯を痛めてしまう恐れがある。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する

次に紹介するのがホワイトニング成分が入った歯磨き粉です。ホワイトニング歯磨き粉には「研磨剤」が含まれているものが多く、歯の黄ばみやステインを削ることによって、歯を元通りの白さにします。

ホワイトニング歯磨き粉を購入する際は以下の成分が入っているか確認することが重要です。

以下が代表的なホワイトニング効果がある成分一覧です。歯磨き粉を購入する際はこれらの成分がきちんと配合されているか確認するようにしましょう。
・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

<安全性>

ホワイトニング効果のある歯磨き粉はほとんどに研磨性・発泡性のある成分が含まれているため、歯が削れてしまう可能性があります。安全に関しては少し注意が必要です。

<値段>

基本的には1000~3000円ほどで購入することが可能です。

<デメリット>

□研磨剤で歯を傷つけてしまうリスクがある

□歯茎を傷つけてしまう恐れがある

□歯肉にダメージが入り歯肉が下がる恐れがある

ホワイトニングジェルを使用する

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

ホワイトニングジェルは歯磨きの後に、ブラッシングすることで歯の表面の汚れを除去します。

ホワイトニングジェルの特徴として研磨剤などを使用していないものが多く、非常に安全性が高いことが挙げられます。

ホワイトニグジェルの中にはホワイトニング効果だけでなく、歯周病予防のあるものや、口臭予防ができるものあります。

<安全性>

繰り返しになりますが、ホワイトニングジェルのほとんどが研磨剤を使用していません。研磨剤を使用していると歯のエナメル質が削れてしまうので歯が黄ばんで見えてしまったり、歯の表面に汚れが付着しやすくなってしまいます。

<値段>

基本的には3000~5000円ほどで購入することが可能です。歯磨き粉などと比較するとやや費用としては高い傾向にあります。

<デメリット>

□永続的な効果ではない

□色戻りしてしまう可能性がある

□継続して使用する必要がある

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨ちゅらトゥース公式サイトはこちら

歯科医院でできる黄ばみの取り方とは?

次に、歯科医院でできる歯の黄ばみの取り方をご説明します。まずは歯科医院で歯の黄ばみを除去するメリットについて紹介していきます。

<メリット>

□医師による施術なので安全性が高い

□即効性がある

□自宅のケアと比べ、ホワイトニング効果が高い

<デメリット>

□費用が高い

□歯科医院に継続して通う必要がある

□食事制限などが存在する可能性がある

歯科医院でできる歯の黄ばみ除去の方法としては主に

「オフィスホワイトニング」

「ホームホワイトニング」

の2種類があります。以下でその特徴について見ていきましょう。

オフィスホワイトニング

まずは、高濃度の薬剤と強力なライトを使用するオフィスホワイトニングについてご説明します。

施術手順は以下の通りになっています。

①歯科医院を訪れる

②歯の汚れを落とす

③薬剤を塗布する

④薬剤の漂白効果を促進させるライトを照射する

⑤定期的に施術を繰り返す

<期間>

効果は比較的すぐ出ますが、色戻りする可能性があるので、半年に1度のペースで通うのが理想とされています。

<値段>

歯科医院によって異なりますが、1回3~5万円が相場です。

<安全性>

刺激性の強い成分が入った薬剤を使用しますが、専門家の治療なので安全性は高いです。

<デメリット>

□費用が高額

□色戻りする可能性もある

□痛みが発生する場合がある

ホームホワイトニング

次に自宅で行うホームホワイトニングについてご紹介します。ホームホワイトニングは自宅で行うものですので、オフィスホワイトニングと比べると薬剤の濃度は低いです。

施術手順は以下の通りになっています。

①歯科医院で自分の歯型のトレー・マウスピースをつくる

②自宅にてマウスピースに合わせホワイトニングジェルを塗る

③放置して歯を漂白する

④定期的に繰り返す

<期間>

即効性には欠けますが薬が歯髄の奥まで浸透するため半年~1年効果が持続します。

<値段>

マウスピースや薬剤をあわせ、15,000円~30,000円が相場です。

<安全性>

刺激性の強い成分が入った薬剤を使用し、自分でそれを使用するので使用する際には注意が必要です。

<デメリット>

□白くなるまでに時間がかかる

□マウスピースを2時間ほど装着し続けなければならない

□痛みが発生する場合がある

正しい歯磨き、できていますか?

歯の黄ばみを予防するめには、正しい歯磨きも重要です。

まずは、自分が間違った歯磨きをしていないかチェックしていきましょう。

<間違った歯磨きの方法>

□歯を強く磨きすぎている

歯磨きをしないのもよくありませんが、磨きすぎも良くありません。歯茎を傷めたり、歯の表面に傷をつくり、知覚過敏を引き起こしてしまう恐れもあります。

□歯ブラシを濡らしてから使用している

歯ブラシを水に浸してから歯磨き粉をつけるという方が多いかもしれませんが、実は水に浸すと歯磨き粉の効果が半減してしまいます。歯ブラシが水につくと、歯磨き粉の成分が水分によって流れてしまいます。

□すすぎ過ぎている

歯磨き後のすすぎはし過ぎると、歯磨き粉に含まれるフッ素などの有効な成分の効果を得ることができません。すすぎは2~3回がベストです。

下記の動画では、正しい歯磨きの方法についてご紹介していますので、確認して見てください。

また、歯磨きをする時間帯も重要です。歯磨きをすべきタイミングは、「朝の食前」と「就寝前」です。

また、「食後すぐの歯磨きはむしろ口内環境に悪い」という説もありますが、日本小児歯科学会によると、「歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まってしまうために食後すぐに歯ブラシをすることが効果的」としています。

ただし、炭酸などの着色補助食品を摂取した場合は表面のエナメル質が一時的に柔らかくなり、普段よりも歯が傷つきやすい状態になるため、濯ぐ程度にした方が良いでしょう。

最近になって、食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられたため、現場がやや混乱しているようです。

これらの報道のもととなったのは、実験的に酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した後、口の中にもどしてその後の歯みがき開始時間の違いによる酸の浸透を調べた論文で、むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験による見解なのです。

実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。

出典:日本小児歯科学会

歯の黄ばみの取り方とは?自宅でできる3つの取り方や歯磨き法も紹介!まとめ

男性

黄ばみの取り方を実践して印象を変えよう!
出典:weheartit.com

歯の黄ばみの取り方についてご紹介しました。歯の黄ばみは自宅でも取ることが可能です。今回ご紹介した方法をぜひ実践し、白くて美しい歯を目指してきましょう。

自宅でホワイトニングをする場合はホワイトニングジェルを使用するのが一番オススメです。安全性と効果が他の自宅ケアよりも優れているため、おすすめできます。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image uploaded from iOS (13)

⇨ちゅらトゥース公式サイトはこちら

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料