歯のヤニ取りに効果のある3つの対策法とは?5分でヤニを除去!

歯のヤニ取りに効果的のある3つの対策法とは?5分でヤニを除去!

「喫煙」というのは歯のヤニだけではなく、身体に様々な悪影響を及ぼします。

まずは、喫煙による身体的な影響についてご説明します。下記をご覧ください。

厚生労働省の調査によると、喫煙によって起こる健康栄子湯は以下のようになっています。

「喫煙により引き起こされる」と判定された健康影響 (根拠が強いと考えられるもの)[1]
疾患名 発症部位および影響
がん 膀胱・子宮頸部・食道・腎臓・喉頭・白血病・肺・口腔・膵臓・胃
循環器疾患 腹部大動脈瘤・動脈硬化・脳血管疾患・冠状動脈疾患
呼吸器疾患 慢性閉塞性肺疾患・肺炎・子宮内での呼吸器への影響(肺機能)・小児/青年期の呼吸器への影響(肺機能・呼吸器症状・喘息の症状)・成人の呼吸器への影響(肺機能)・その他(呼吸器症状)
生殖器における疾患 胎児死亡・死産・生殖機能低下・低出生体重・妊娠の合併症
その他 白内障・健康状態の減弱/有病・大腿頚部骨折・低骨密度・消化性潰瘍


出典:厚生労働省

このように、歯のヤニ以外にもがん、循環器疾患をはじめとした様々な悪影響を及ぼすリスクがあることが分かります。

次に歯の黄ばみが他人に与える印象について紹介していきます。

歯が黄ばんでいるというだけで印象が低いことがわかっています。

「笑顔の輝きが減る」「不潔に見える」「老けて見える」など、仕事だけでなく恋愛面でも歯の黄ばみが悪印象を与えてしまいます。

グラフ

グラフ

出典:株式会社ゲイン

歯が黄ばんでいるだけで笑顔のイメージが50%も減少していることがわかります。

それ以外にも歯が黄ばんでいるというだけで「不潔に見える」「一緒にいると恥ずかしい」など、仕事面だけではなく、プライベートでも悪影響が生じてしまうことがわかります。

ここでは自宅でできるヤニの落とし方やヤニが付着するメカニズムについて紹介していきますので、喫煙のしすぎで歯が黄ばんでしまった方は一度チェックしておきましょう。

男性

喫煙がもたらす悪影響とは?
出典:weheartit

ヤニが付着するメカニズムとは?

次に、ヤニが歯に付着するメカニズムについてご説明します。

まずは、ヤニと大きく関係している「タール」がどんなものなのかチェックしていきましょう。

たばこの煙のうち、一酸化炭素やガス状成分をのぞいた粒子状の成分(いわゆるヤニ)のこと。

タールという言葉自体はさまざまな別の物質の呼び名として使われますが、たばこ煙では一酸化炭素やガス状成分をのぞいた粒子状の成分、いわゆるヤニのようなものを指します。

このタールにはニコチンをはじめとする有害物質や発がん性物質が数多く含まれていますが、タールに含まれる発がん性物質の代表的なものにはベンツピレン・アミン類・NNKなどがあり、他にもがんを引き起こす可能性のある物質が60種類以上含まれています。

たばこの中には「低タールたばこ」と呼ばれるものがありますが、機械の用いた一定の測定法による測定値が相対的に低いというだけで、たばこに含まれるタールの量が少ないわけではありません。製品に記載のタール量は機械により一定条件下で測定されたものであり、身体に取り込まれるタールの量は吸い方によって変わるため、低タールたばこがタール量の摂取が少ないとは言えず、もちろん害が少ないわけではありません。

出典:厚生労働省

タールは、ニコチンと同様煙草に含まれる有害物質であり、歯を黄色くする粘着性の高い物質です。

また、タールはヤニだけではなく発がん性物質が含まれており、ガンのリスクも高まります。

では、タールはどのようなメカニズムで歯を黄ばませるのでしょうか。

①煙草を吸う

②煙草のヤニ(タール)がぺクリル(歯の表面の被膜)と結びつく

③磨き遅れなどで時間が経過し、結びついたぺクリルとタールが歯の表面に黄ばみをつくる

④再び煙草を吸う

⑤タールが再度ぺクリルと結びつく

⑥より頑固な黄ばみとなっていく

上記が歯にヤニが付着するメカニズムとなっています。

歯の表面の被膜である「ぺクリル」にヤニ(タール)が結びつくことで黄色く着色してしまうのです。

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

ヤニが落ちづらい理由とは?

歯についてしまったヤニは、他の着色性食品と比べて落ちにくいと感じていませんか?

ここでは、どうしてヤニが落ちにくいのかについて紹介していきます。

まずは、先ほども挙げた「ぺクリル」についてです。

<ぺクリルとは?>

ぺクリルは、歯の表面にできる被膜でヤニによる黄ばみと大きく関係しています。

ぺクリルは、歯の汚れである「ステイン」の原因となるヤニなどと結びついて黄ばみを引き起こします。

ぺクリルには、粘着性があり着色成分を付着させてしまう作用があります。

タールも同様に粘着性のある成分のため、黄ばみが付着しやすく、また落ちにくくなってしまうのです。

煙草のヤニはすぐに磨けば防ぐことができますが、磨き残しや磨き遅れがあるとどんどんヤニ汚れが蓄積していってしまいます。

簡単5分!自宅でできるヤニの落とし方!

次は、自宅でできるヤニの落とし方をご紹介します。

「費用を抑えたい」「歯医者に行くのは面倒」などという方には、自宅でできる歯のヤニ取りがおすすめです。

また、「とりあえずヤニ取りをしてみたい」という方にも、費用面など考慮すると自宅でのケアがおすすめです。

※ランキング掲載の廃止について

客観性の無いランキング記事がネット上に増えている中で、BiDANでは「より多くの方にわかりやすく美容情報を提供する」ことを理念としており、多くの方々に正しい美容情報を得ていただきたいと考えているため、料金や売れた本数などの客観的な数字での比較ができない商品に関してのランキング掲載を順次廃止しております。

ランキングの順位を気にせず、読者様が自分に合うと思った商品を選んでいただければ幸いでございます。

ホワイトニングジェル

ちゅらトゥースホワイトニング

ホワイトニングジェルは歯磨きの後に使用し、継続することでホワイトニング効果を高めることが可能です。

ホワイトニングジェルは歯医者で行われるホームホワイトニングと同程度のホワイトニング成分が濃縮されており、自宅で簡単に高い効果を期待することができます。

今回紹介する3つの対策の中で最も効果が期待できかつ安全性が高いものです。

<安全性>

ほとんどが研磨剤を使用していないため、安全性が高いです。この安全性の高さも魅力のひとつです。

<値段>

費用としては基本的には3000円~6000円ほどで購入することができます。

<デメリット>

□永続的な効果ではない

□色戻りしてしまう可能性がある

□継続して使用する必要がある

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。

その詳細については以下の公式サイトで確認することができますので、一度チェックしておきましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

ホワイトニング専用歯磨き粉

歯磨き粉

次に紹介するのがホワイトニング成分が入った歯磨き粉を使用することです。

ホワイトニング歯磨き粉は研磨剤と呼ばれるものを配合することでヤニを落とすことが可能です。

<安全性>

ホワイトニング効果のある歯磨き粉はほとんどに研磨性・発泡性のある成分が含まれているため、歯が削れてしまう可能性があります。

安全に関しては少し注意が必要です。

<値段>

基本的には1000~3000円ほどで購入することが可能です。

<デメリット>

□研磨剤で歯を傷つけてしまうリスクがある

□歯茎を傷つけてしまう恐れがある

□歯肉にダメージが入り歯肉が下がる恐れがある

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。

通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

スクラビング機能付き電動歯ブラシ

音波歯ブラシは、波動エネルギーの振動によりヤニ汚れを破壊することができます。

歯にあてるだけで振動で歯を磨くことができますので、歯磨きが苦手な方にもおすすめです。

また、横に小刻みに運動する「スクラビング効果」があるため、歯垢や汚れを効率的に落とすことができます。

<安全性>

電動歯ブラシであるため、安全性に関しての心配は必要ありません。

<値段>

費用としては約10000円から30000円ほどになります。

<デメリット>

□ブラシやカードリッジの交換が面倒

□普通の歯ブラシと比べて値段が高い

□使い方を誤ると歯を痛めてしまう恐れがある。

画像の商品であるソニッケアーのダイヤモンドクリーンは音波水流による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに仕上げます。

歯垢除去力は手磨きに比べて最大7倍の効果がると言われています。

費用はどのくらい?歯医者でできるヤニ取りとは?

次に歯医者でできるヤニの取り方について紹介します。

ヤニの取り方には大きく分けて「クリーニング」と「ホワイトニング」の2種類があります。

「効果を早く実感したい」という方や「ヤニ取りを完璧にしたい」という方には歯医者でのヤニ取りが効果的です。

クリーニング

歯についたヤニや黄ばみを掃除します。

専用の超音波マシンを使い、振動により歯石や細菌を取り残します。

歯科医院によって、クリーニングの方法は多少異なる場合があります。

ヤニ取りが目的の場合は PTMCがお勧めです。PTMCの流れは下記になります。

①歯の状態を確認

②汚れ・歯石を除去する

③ジェットパウダーなどで歯を綺麗にする

④フッ素を塗布する

<安全性>

自分で何かするというわけではないので安全性は高いと言えます。

ただ着色除去ではなく、歯石除去の場合のクリーニングだと、スケーラーで歯茎の際まで歯石除去をおこなうとどうしても歯茎に触れて軽い痛みを感じることがあり、歯石のついている歯茎は弱っているためちょっとした刺激で出血可能性もあります。

<値段>

費用に関しては歯周病治療目的のクリーニングには保険が適用されますが歯周病予防または着色除去目的のクリーニングには保険が適用されません。

保険適用外の相場は、10,000円前後となっています。

<デメリット>

□ヤニなどの頑固な着色は落とすのが難しい

□保険が適用されない可能性が高い

□効果が一時的

ホワイトニング

高濃度の薬剤と強力なライトを使用し、歯を白い状態へと戻します。

クリーニングが歯の「清掃」であることに対し、ホワイトニングは歯の「漂白」にあたります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは下記の流れで施術を行います。

①歯科医院を訪れる

②歯の汚れを落とす

③薬剤を塗布する

④薬剤の漂白効果を促進させるライトを照射する

⑤定期的に施術を繰り返す

<安全性>

刺激性の強い成分が入った薬剤を使用しますが、専門家の治療なので安全性は高いです。

<値段>

オフィスホワイトニングの料金相場は一般歯科で1回3万円~5万円程度で、ホワイトニング専門歯科の場合1万円~3万円程度と一般歯科より相対的に安い料金相場となっています。

<デメリット>

□費用が高額

□色戻りする可能性もある

□痛みが発生する場合がある

ホームホワイトニング

次は、自宅で行うホームホワイトニングについてご紹介します。

自宅で行うものですので、オフィスホワイトニングと比べると薬剤の濃度はとても低いです。

下記の流れで施術を行います。

①歯科医院で自分の歯型のトレー・マウスピースをつくる

②自宅にてマウスピースに合わせホワイトニングジェルを塗る

③放置して歯を漂白する

④定期的に繰り返す

<安全性>

刺激性の強い成分が入った薬剤を使用し、自分でそれを使用するのである程度のリスクが伴います。

<値段>

ホームホワイトニングの料金相場は一般歯科で20,000円~40,000円程度、ホワイトニング専門歯科の場合15,000円~35,000円程度と、一般歯科より相対的に安い料金相場となっています。

<デメリット>

□白くなるまでに時間がかかる

□マウスピースを2時間ほど装着し続けなければならない

□食事制限が必要な場合がある

歯のヤニ取りに効果のある3つの対策法とは?5分でヤニを除去!まとめ

歯のヤニ取りに効果的な3つの対策法についてご説明しました。

歯科医院でのヤニの除去はお金がかかってしまいますので、費用の面を考慮するとはじめは自宅できる対策を行うことをおすすめします。

ぜひこの機会に、歯のメンテナンスを始めましょう。

自宅でホワイトニングをする場合はホワイトニングジェルを使用するのが一番オススメです。

効果・安全性の側面から見て自宅で最も効果が高いのはホームホワイトニングと同様の高濃度の薬剤を使用するホワイトニングジェルです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

ちゅらトゥースホワイトニング

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。