ホワイトニングはヤニ取りに有効?クリーニングとの違いを解説!

ヤニ取り対策として一般的に知られているには「クリーニング」と「ホワイトニング」の2種類です。ここではホワイトニングとクリーニングの違いについて解説していきます。「喫煙のしすぎで歯がヤニだらけ」という方は是非一度チェックしておきましょう。


ホワイトニングはヤニ取りに有効?クリーニングとの違いを解説!

歯にこびりついたタバコのヤニを除去する方法には「クリーニング」と「ホワイトニング」の2種類があります。どちらも歯科医院で施術を行うものですが、2種類の方法はどのように違うのかとオススメの方法はどちらなのかを紹介していきます。

歯についたヤニは他人にどう思われている?

ヤニ

歯にヤニ汚れがあると周囲からは相当悪い印象を持たれてしまいます。ヤニ汚れがあると日常生活においてどのような悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか。ヤニ汚れに対する印象のアンケート結果が以下にあります。

以下の二つのグラフは歯が黄ばんでしまっている方が他人に与える印象について調査したものになります。歯が黄ばんでいるという理由だけで仕事面や恋愛面で悪影響を及ぼしてしまうことがわかります。

スクリーンショット 2017-04-18 21.54.31

スクリーンショット 2017-04-18 21.55.28

出典:歯の白さに関する意識調査

ヤニ汚れなどで歯が黄ばんでいるだけで笑顔の輝きが減ると答えた方が80%を超えています。その他にも「不潔に見える」「老けて見える」「一緒にいて恥ずかしい」とまで思われてしまっています。特に就職活動を控えた学生や営業職に就いている方にとっては第一印象は非常に重要なので、歯にヤニ汚れなどを付けていると人生においてとんでもない悪影響を及ぼす深刻な問題になりかねないことなのです。

クリーニングとは?

ここで歯のヤニ汚れを除去する方法として前述のクリーニングについて紹介します。

<クリーニングとは>

歯科医院において歯の表面にこびりついたヤニ汚れや歯周病の原因となる歯石・歯垢などを専用の器具を使って綺麗に取り除くものを言います。経験を積んだ専門の医師や歯科衛生士が超音波スケーラーやハンドスケーラーを使用して施術していきます。

超音波スケーラーは心臓にペースメーカーを設置している方には使用できません。また施術を行う部位や歯の傷み具合によっては場合により麻酔を必要とすることもあります。通常は数回に分けて行う場合が多いため通院が必要となります。

スケーラーで施術するときには、歯茎の際までヤニや歯石の除去を行うためどうしてもスケーラーが歯茎に触れてしまい痛みを感じてしまいます。また歯周病などで歯茎が弱っている場合も多く、歯茎から出血する可能性があります。

歯の表面の汚れを除去するのであればこの作業で十分に歯の白さを手に入れることができるのですが、歯の内部からの黄ばみを持っている方のホワイトニングまではできないものです。

<費用>

クリーニングの費用については保険が適用される場合と保険適用外となる場合があります。

通常の歯の掃除やヤニ取りのみの場合は保険適用外となるので、費用は歯科医院によりますが5,000円~20,000円程度必要です。

歯周病や虫歯などの治療を伴う場合は保険適用内となるため上記の3割負担で約1,500円~約7,000円ほどとなります。

<通う期間>

1回で綺麗にヤニ汚れが取れると良いのですが、なかなかそうもいかないのが現状です。歯の状態やクリーニングのキャリア、年齢にもよるのですが大抵年間に1~4回程度は通院することが必要になります。

<デメリット>

□あくまでも歯の表面の汚れを取り除く処置なので、もともと歯の色が変色している方はクリーニングだけでは白くなることはない。

□1回で綺麗にヤニ汚れなどを除去しきれないので、年間数回は通院する必要がある。

□スケーラーによって歯茎に痛みを伴うことや歯茎から出血する場合もある。

ホワイトニングとは?

次にホワイトニングについて紹介します。

<ホワイトニングとは>

高濃度の漂白剤を使って歯の表面だけでなく内部の黄ばみまでを漂白するものです。歯の内部まで無色化できるため加齢や遺伝などによりエナメル質が薄くなってしまった方の歯も白くすることができます。

このホワイトニングには歯科医院で専門の医師や歯科衛生士により施術を行う「オフィスホワイトニング」と自宅で自分で施術する「ホームホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で専門の医師や歯科衛生士が直接ホワイトニングを施術するものです。オフィスホワイトニングでは高濃度の漂白剤を塗布した後、その効果を更に高めるためにLEDライトを照射して歯を白く輝かせます。

①医者を決めます⇒歯科医院、ホワイトニング専門医院など料金やコース設定もまちまちなのでインターネットや宣伝広告などで調べると良いでしょう。

②問診を受ける。⇒歯周病や歯にひび割れ、虫歯などがある場合はホワイトニングできないため先にそれらの治療を行います。そのため治療が終わってから再度ホワイトニングに通院する必要があります。

③歯に付着している歯石やヤニ汚れを除去します。⇒ひどい場合はクリーニングを追加で施術します。

④非常に刺激が強い漂白剤である過酸化水素を使用するため、歯茎に付くことがないように保護材で保護します。

⑤過酸化水素を歯の表面にまんべんなく塗布します。

⑥LED照明で光を照射します。⇒漂白剤の効果を更に増加させ、歯の白さを浮き立たせます。

⑦口をゆすぎます。

⑧④に戻って⑦までを2~3回繰り返します。1回当たり平均12分程度かかります。

⑨2~3週間後にまた②~⑧を繰り返します。1回の施術には40~60分ほどかかります。

⑩目的とする歯の白さが得られたら、ホワイトニング完了となります。

<費用>

オフィスホワイトニングの費用は非常に高額です。

・一般歯科医では平均的な金額が約40,000円前後

・ホワイトニング専門医で平均的な金額は約18,000円前後

相対的に見ると専門医の方が安くなっていますがそれでも高額です。

<通う期間>

即効性があるのでそこそこの白さは1度のホワイトニングで得られますが、1度の施術では完璧な白さは得られないので2~3週間に1度を数回通院することが必要です。間隔を詰めると早く効果が発揮されます。

ホワイトニングの効果は6カ月程度持続されます。

<デメリット>

□持続性が低く、3カ月~6カ月程度で再度ホワイトニングする必要があります。

□非常に高額な上、保険は適用されません。

□施術後12~24時間は食事や飲酒、喫煙を制限されてしまいます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングより低刺激の薬剤を使用して自宅で自分で施術を行うものです。直接薬剤を歯に塗るのではなく歯科医院で作成してもらったマウスピースに薬剤を塗って口に装着することで歯の表面だけでなく内側にある組織までを無色化することで歯の白さを実現するものです。自宅で行うので自分のペースで施術することができるため、お手軽でしかも効果は非常に高いものです。

①歯科医院を選びます。

⇒オフィスホワイトニング同様に歯科医院によってコースや費用がバラバラなのでしっかりと調べてから選ぶことが重要です。

②問診と口内検診を受けます

⇒虫歯や歯周病、歯の欠けなどがあると施術できないので検診を受けて、場合によっては治療を行います。治療が済んでからホワイトニングとなります。

③口内の撮影と検寸をして専用のマウスピースを作成してもらいます。

⇒最初にマウスピースを作成してもらうのが最も高額で、その後は追加で薬剤を購入するだけで自宅ではずっと継続的にホワイトニングしていくこともできます。

④自宅に持ち帰ったマウスピースに薬剤を塗布します。

⇒自分で薬剤(過酸化尿素)を取り扱うためこの時が一番注意力が必要になります。この薬剤の濃度はオフィスホワイトニングの6分の1程度と言われています。

⑤マウスピースを口に装着します。

⇒座椅子やソファーなどに腰かけてじっくりと腰を据えれる環境を作っておくことが必要です。

⑥2時間程度でマウスピースを取り外します。

⇒何度も使用するマウスピースは清潔に保管しておかないと雑菌が増殖してホワイトニングに関係のない他の歯に悪影響を及ぼすので注意が必要になります。

⑦ホワイトニング後12~24時間の歯は着色しやすくなっているので、食事・飲酒・喫煙は制限されてしまいます。

⑧上記の⑤~⑦を2週間程度毎日繰り返すと輝く白い歯が手に入ります。

⑨歯科医院に行き、術後のチェックを受けます。

⑩ホワイトニング完了です。

<費用>

ホームホワイトニングの費用は最初のマウスピース作成の初期投資がほとんどを占めます。その後は2週間分の薬剤を追加購入するのみです。

・一般歯科医院での費用は平均で30,000円前後

・ホワイトニング専門医で平均25,000円前後です。相対的にはホワイトニング専門医の方が安く施術ができます。

・追加分の薬剤は2週間分で平均7,500円前後です。

<通う期間>

ホームホワイトニングは初回に問診、検寸をしてマウスピースを作成したら自宅ですべて施術を行います。

2週間後に術後経過を受診してそれで目的に達成していれば完了となります。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも持続性がよく通常1年~2年間持続します。ただし喫煙や食事などによってまたヤニが付いたり着色したりするので3カ月に一度程度通院してクリーニングするか、6カ月~1年で薬剤を追加購入してまたホームホワイトニングするのが良いでしょう。

<デメリット>

□費用が高額であることはデメリットです。

□低刺激性のものとはいえ薬剤を自分で取り扱うため危険を伴います。

□定期的にメンテナンスしないとまたヤニが付いたり着色したりしてしまいます。

結論的には歯の表面だけを白くしたいのであればクリーニングをすることがオススメとなります。歯のヤニ汚れや黄ばみの除去だけではなく歯を内面から完全に白くしたいと望む方にはホワイトニングが効果的なのです。

ヤニ取り対策に有効な3つのアイテムとは?

これまでは歯科医院に行ってヤニを落とす2種類の方法について紹介してきました。しかし「自宅でもっと簡単に低価格でヤニを落としたい」「歯科医院に通っている暇がない」と考えるサラリーマンの方も多いことでしょう。

ここからはそのような方々の要望に応えることができるホワイトニング方法について紹介していくので、チェックしておきましょう。

①:ホワイトニングジェル

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

まずはホワイトニングジェルの紹介です。

ホワイトニングジェルは朝晩毎日行っている歯磨きをした後で、歯ブラシに少量のジェルを付けてブラッシングするだけでホワイトニング効果が発揮できる商品です。このホワイトニングジェルには先ほど紹介したホームホワイトニングで使用する薬剤と同程度のホワイトニング効果がある有効成分を濃縮して配合しているため、驚くほどのホワイトニング効果が得られます。

もちろん強力な薬剤を使用していないので効果が出るまでには時間がかかるため、継続して使用する必要があるものですが、その安全性は高く評価されています。

これから紹介する3つのホワイトニング商品の中でも最もホワイトニング効果が期待でき、しかも安全性が高い商品なのです。

<安全性>

販売されているホワイトニングジェルのほとんどの商品が研磨剤を使用していません。そのため歯を削るような心配もなく使用できるのです。また有効成分には天然の成分を使用しているものが多く、その面からも安全性が非常に高いことがホワイトニングジェルの魅力の一つとなっています。

<値段>

一般的な購入価格は平均して4,500円前後です。

<デメリット>

□1度の使用では何も変化が起こらない。⇒強力な薬剤を使用していないものなので、即効性に期待ができません。

□使い続けることが苦手な方には不向きな商品である。⇒3カ月以上継続して使用しないと効果が出ません。

□加齢や遺伝での歯の変色には効果が出ない。⇒加齢や遺伝でエナメル質が元々薄い方は歯の内側が透けて見えているので歯が黄ばんでいます。ホワイトニングジェルではこのような方の歯を白くすることはできません。

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。その詳細については以下の公式サイトで確認することができますので、一度チェックしておきましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

②:ホワイトニング専用歯磨き粉

次に紹介するのはホワイトニング成分を配合した歯磨き粉です。ホワイトニング専用歯磨き粉は研磨剤を使用して歯の汚れを削り落とすことができる商品です。

平成27年3月25日に厚生労働省が発表した薬用歯磨きの認定基準によると、ヤニ取りの効果・効能を掲げるためには以下の3種類のホワイトニング成分のうち最低1種類以上を配合しなければならないとしています。

ヤニ取りに効果があると言われている成分は以下の通りです。

ポリリン酸ナトリウム

ポリエチレングリコール(別名マクロゴール、略称PEG)

ポリビニルピロリドン(別名ポビドン、略称PVP)

<安全性>

ホワイトニング効果のある歯磨き粉にはほとんど研磨性・発泡性がある成分が含まれているため安全性には不安があります。

<研磨性がある成分を配合>

歯の汚れだけではなく歯の表面のエナメル質まで削り取ってしまう恐れがあり、黄ばみの再発だけでなく虫歯や歯周病の原因となりかねません。研磨力が低い研磨剤でしかも成分量を少なく抑えた歯磨き粉を選ぶことがとても重要になります。

<発泡性がある成分を配合>

泡立ちが良すぎてすぐに泡立つので「歯磨きをした感」が先立ち、的確に丁寧な歯磨きができなくなる恐れがあります。そうなると磨き残しができてしまい、歯の汚れや虫歯の原因となってしまいます。

<値段>

ホワイトニング効果のある歯磨き粉の基本的な価格は、平均で2,000円前後となっています。

<デメリット>

□ヤニ取りに対する効果は高く評価できない。

□研磨剤を含んでいるので安全性が疑わしい。

□発泡剤を含んでいるので歯磨きが煩雑になり、虫歯や歯周病の原因になりがち。

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

③:スクラビング機能付き電動歯ブラシ

最後に紹介するのはスクラビング機能付き電動歯ブラシです。

ブラシを歯の面に直角に当てて加圧したまま小刻みに左右に振動するように歯を1本ずつ磨いていく手磨きの方法をスクラビングと呼び、全国の歯科医院で推奨されています。このスクラビングの要領を電動歯ブラシに活かして音波によって発生した振動でヤニを除去するのがこの商品です。

<安全性>

電動で動くので操作を間違えなければ安全なものです。強い振動で歯を磨くので操作を間違えて歯茎を傷めないようにすることが重要です。

<値段>

購入価格としては平均して20,000円前後で購入できます。

<デメリット>

□自宅で簡単にするホワイトニングとしては高価格である。

□歯茎を傷める危険を伴うので、操作に気を使う必要がある。

□歯の面に直角に当てておく必要があり、操作には熟練がいる

画像の商品であるソニッケアーのダイヤモンドクリーンは音波水流による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに仕上げます。歯垢除去力は手磨きに比べて最大7倍の効果がると言われています。

ホワイトニングはヤニ取りに有効?クリーニングとの違いを解説!まとめ

以上がヤニを除去する2種類の方法ホワイトニングとクリーニングの違いと、どちらの方法が有効なのかを比較してみた結果の詳細です。歯を白く見せたいだけならホワイトニングまでしなくてもクリーニングで十分なのですが、どうせ歯科医院に通院するので歯の本質から白く輝かせたいと思うのであればホワイトニングまで施術するべきです。どちらを選択するのかは求める歯の白さの程度によるのです。

いずれにしても高額な費用がかかるので時間も費用もないとする方には、自宅で最も簡単に安全にヤニを落とすことができるホワイトニングジェルがオススメです。

もし費用に余裕があるのなら、歯科医院でホワイトニングを施術して内面から弾ける歯の白さを実現してから、ホワイトニングジェルを活用して恒久的に持続させるのも良いのではないでしょうか。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料