歯の黄ばみを白くする5つの方法とは?お金をかけない方法も紹介!

歯の黄ばみは相手に清潔感のない印象を与えてしまうなど悪影響しかありません。歯に黄ばみを改善して歯を白くする方法を知りたい方も多いかと思います。そこで今回は歯の黄ばみを白くする方法について紹介。自宅とクリニックの両方の観点から対策法を紹介します。


歯の黄ばみを白くする5つの方法とは?お金をかけない方法も紹介!

歯の黄ばみに悩んでいる方は多いと思います。ここでは「歯の黄ばみを解消して白い歯を手に入れたい」「歯を白くして笑顔に自信をつけたい」という方に歯の黄ばみを除去する方法について説明していきます。歯の黄ばみに悩んでいる方はチェックしましょう。

歯の黄ばみが他人に与える印象とは?

まず歯の黄ばみを除去する方法を紹介する前に、歯の黄ばみが他人にどのような印象を与えるのかについて紹介していきます。

女性から見た歯の黄ばみを持つ男性の印象を調査した結果が以下にあります。

次に男性についても同様に、調査対象の女性200名に対し、同じ男性の顔写真を2枚提示して印象を聞きました。何歳に見えるかについては、歯が白いAの顔写真は28.1歳に見えるのに対し、歯が黄ばんでいるBの顔写真は31.2歳となり、歯が 黄ばんでいるだけで3.1歳も老け顔に見られています。女性(2.7歳)の場合よりもさらに老け度が高いです[写真2]。

また、人の印象をあらわす14項目については、女性の場合と同様、全ての項目で歯が白い〈A〉の顔の方が圧倒的に評価 が高い結果となりました。最もポイントが高いのは女性と同様「笑顔が輝いている」(96.0%)で、「さわやか」「かっこいい・イ ケメン」(同率95.0%)、「好感がもてる」(94.0%)、「清潔感がある」「一緒に仕事/ビジネスをしたい」「モテそう」(同率 93.5%)などなど全て〈A〉に軍配。人事担当者からは〈A〉の方が「採用したい」(86.0%)とされるなど、白い歯は男性の就職にとっても重要です[グラフ6]。

スクリーンショット 2017-04-25 22.56.46

出典:歯の白さに関する意識調査

女性から見た歯に黄ばみを持つ男性の印象は散々たるものなのです。調査結果から見ても、歯に黄ばみを持っているだけで見た目の年齢が3歳以上も老けてしまうこともわかってきます。

また就職活動中の学生にとって面接で最も重要な第一印象を決める場面でも、歯に黄ばみがあると印象を悪くしてしまう可能性があり、就職にも不利に働いてしまいます。

歯が黄ばむ原因とは?

歯の黄ばみを落として歯を白くするための対処法を考えていきたいのですが、その前に歯に黄ばみが出る原因について知っておく必要があります。歯に黄ばみが出てしまうのにはどのような原因があるのでしょうか。

着色性食品の摂取

コーヒー

着色性食品とは?
出典:weheartit.com

「着色性食品」を好んで食べたり「着色補助食品」を多く食べたりすることで歯に黄ばみがついてしまいます。

<着色性食品>:直接着色する食べ物

・ポリフェノール系

⇒赤ワイン、チョコレート、お茶、紅茶、そば、大豆など

・硫黄系

⇒玉ねぎ、ネギ、ニンニク、にら、大豆など

・カフェイン系

⇒コーヒー、コーラ、お茶、紅茶、ココア、チョコレートなど

・色素が濃い食事

⇒カレーライス、ビーフシチュー、ハヤシライス、キムチ、チャンジャなど

<着色補助食品>:着色を補助する食べ物

アルコール飲料、炭酸飲料、スポーツドリンク、栄養ドリンクなど。

着色補助食品は口内を酸化させる作用を強く持っています。歯の白さをキープしているのはエナメル質なのですが、エナメル質はある一定のpHを超えると溶ける性質があります。この時のpHを臨界pHと呼ぶのですが、エナメル質の臨界pHは5.5pHで口内がこの数値を超えるとエナメル質が溶けてしまいますエナメル質が溶けて薄くなった歯にカレーライスなどの着色性食品が付着すると普段の食事よりも更に歯の着色が強くなるのです

このように着色性食品(カレーライスなど)を食べながら着色補助食品(コーラなど)を摂取するのは歯の黄ばみには最悪の組み合わせになるので、歯の黄ばみに悩んでいて歯を白くすることを望んでいる方は注意が必要です。

<着色性食品一覧>

・コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・赤ぶどう・カレーライス・ソース・ケチャップ・醤油・人口着色料を使用した食品・色の濃いうがい薬

<着色補助食品一覧>

・炭酸飲料・アルコール飲料・スポーツドリンク・柑橘系食品・飲料・シュウ酸(ほうれん草や青いバナナ、キャベツなど)・クエン酸(パイナップルやレモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなど)

喫煙

喫煙するのは歯に黄ばみを付ける原因として最も厄介であると言われています。

①歯の表面の見た目を白くするのはエナメル質が白いからです。

⇒先ほどの着色補助食品のところで記述した通り、エナメル質は酸に弱い性質があります。

②エナメル質はペリクルに被覆されています。

⇒エナメル質を酸から守るために唾液から生成される物質「ペリクル」が常にエナメル質を被覆しています。

③喫煙するとタバコに含まれるタールが口内に飛び込んできます。

⇒ペリクルはタールと結び付きやすい性質があります。

④エナメル質を被覆しているペリクルにタールが結びついて歯にタールが付着します。

⇒ペリクルとエナメル質の付着はそれほど強くはないので、タールと結びついてすぐであれば歯磨きで簡単に磨き落とすことができます。しかしタールの粘り気は非常に強いので時間が経つとペリクルと結びついたタールが強固にエナメル質に吸着してしまいます。

⑤歯磨きをしても強固に吸着したタールを磨き残してしまいます。

⑥磨き残してしまったタールごとまた新しくペリクルがエナメル質を被覆します。

⑦また喫煙し、タールが口内に飛び込みます。

⑧ ⑥でタールの上から被覆しているペリクルにまた新しくタールが結びついてしまいます。

⑨すぐに歯磨きをすればよいのですが、また強固にエナメル質に吸着してしまったタールを磨き残してしまいます。

⑩このように③~⑨を何度も繰り返すことで最も厄介な歯の黄ばみ、ヤニ汚れを生み出してしまうのです。

⇒長期間にわたって繰り返されて幾重にも重ねられてできるため、喫煙による歯の黄ばみを落として歯を白くするのは非常に難しいことなのです。

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

歯の磨きすぎ

歯磨き粉には研磨剤が配合されています。この研磨剤は歯の表面の汚れを削って歯を白くするものなのですが、歯を磨きすぎると汚れを落とすだけではなくエナメル質まで削ってしまう可能性があります。エナメル質が削られて薄くなると内部の象牙質が透けて見えるようになるのです。象牙質が透けて見えると歯に黄ばみがあるように見えてしまいます。

すぐに効果を得たい方必見!歯医者で歯を白くする方法2選

今すぐにでも歯の黄ばみを落として歯を白くする方法について紹介します。時間があってお金に比較的余裕がある方には即効性があり非常に高い効果が得られるオフィスホワイトニングがオススメです。

オフィスホワイトニング

①歯医者を予約します。

⇒歯医者によって金額や施術の期間などがまちまちなので、インターネットや町の情報誌などで情報を得てから予約すると良いでしょう。

②歯医者に行って問診を受けます

⇒虫歯や歯周病がある場合は、それらの治療が済んでからのホワイトニングとなります。

③歯の汚れを落としてもらいます。

⇒汚れや歯石がひどい場合はホワイトニングの前にクリーニングをする場合があります。この時は別途費用が必要になります。

④ホワイトニングするためにしばらくの時間口を大きく開けておく必要があるので、開口用の装具を装着します。

⇒ホワイトニングは1回の施術に40~60分程度かかります。それ以上の時間は口を開けておくのには限界があるので、一回の施術で満足いくように歯を白くすることは難しい場合が多くなります。数回通院することが望ましいでしょう。

⑤高濃度の過酸化水素を歯に塗布するので、歯茎を守るために保護材を取り付けます。

⑥過酸化水素を歯に塗っていきます。

⇒まんべんなく歯の表面に塗っていきます。非常に刺激性が強い薬品ですが、専門の医師や歯科衛生士によるプロの施術なので安心です。

⑦過酸化水素を塗り終えたら、歯を白くする効果をさらに上げるために光を照射します。

⇒最近ではLED光線を照射する歯医者が多くなっているようです。

⑧口をすすぎます。

⑨⑤~⑧の手順を②~③回繰り返します。

⇒1回のサイクルで8~15分程度かかります。

⑩この手順で施術を行い、満足いくように歯を白くすることができるまで数回通院して完了です。

⇒1回で終えることもできるのですが、完璧に歯を白くするにはしばらくの通院が必要です。

<費用>

オフィスホワイトニングの費用は歯医者によって異なります。

一般の歯医者で1回が30,000円~50,000円程度。3回通院すれば100,000円程度かかってしまいます。

ホワイトニング専門の歯医者もあります。専門医院では1回5,000円~30,000円程度。3回通院すれば15,000円~90,000円ほどになります。一般の歯医者よりは料金相場は安くなっています。

<通う期間>

即効性があり、2~3回程度で満足ができるように歯を白くすることができます。

持続性は6カ月程度なので、施術後も定期的なメンテナンスが必要となります。

<デメリット>

□費用が非常に高額となってしまいます。

⇒保険適用外の施術なので高額となるのも仕方のないところでしょうか。

□刺激性の強い薬品を使用するため、施術後に痛みを伴う場合があります。

□歯医者によっては、高額なコースをすすめられる場合があるので事前に調べておくことが重要です。

ホームホワイトニング

上記のオフィスホワイトニングと同等レベルで歯を白くする方法にホームホワイトニングがあります。

①歯医者を探します。

⇒歯医者によって料金やアフターサービスなども違ってくるので、口コミなどを事前に調べて歯医者を選ぶ必要があります。

②直接歯医者で問診、診察を受けます。

⇒自分が目的とする歯の白さを確認します。歯に被せ物があったり虫歯や歯周病があると施術はできないので場合によっては治療を行うことがあります。ホワイトニングが治療が完了してからになります。

③口内の撮影や検寸を行います。

⇒施術前の自分の歯の色の確認をすることができます。また専用のマウスピースを作成してもらうため検寸を行います。

④歯の汚れや歯石を落とします。

⇒場合によってはクリーニングを行う場合もあります。この場合は別途料金が必要です。

⑤マウスピースを作成してもらいます。

⇒その場でできる場合と後日また受け取りに行かなけれならない場合とがあるようです。

⑥自宅に戻って、マウスピースに過酸化尿素を塗布します。

⇒2時間ほどマウスピースを装着したままになるので、じっくりと腰を据える準備が必要です。薬剤はオフィスホワイトニングで使用するものよりもかなり刺激が低いものです。

⑦口をすすぎます。

⑧⑥~⑦の作業を毎日2週間続けることで歯を白くすることができます。

⇒ホワイトニング直後は歯が着色しやすくなっているので、食事や喫煙を半日程度は制限することが必要です。

⑨2週間後に歯医者で施術後の撮影をしてビフォー&アフターを確認します。

<費用>

ホームホワイトニングも歯医者によって料金が違ってきます。

一般の歯医者で20,000円~40,000円程度です。ホワイトニング専門の歯医者もあります。専門の歯医者で15,000円~35,000円の費用がかかります。料金相場は専門の歯医者の方が安くなっています。

この料金には初回のマウスピースの製作費と2週間分の薬剤費が含まれています。

自宅でできるホワイトニングなので一度マウスピースを製作しておけば薬剤だけ追加購入することで、何度でも繰り返しホワイトニングできるのがメリットです。

<通う期間>

ホワイトニング前のマウスピース製作時と最終確認の時、追加で薬剤を購入する時のみ通院が必要です。

1~2年間は持続すると言われています。

<デメリット>

□ホワイトニング開始から終了まで食事や喫煙の制限を受けることになります。

□マウスピースの管理が必要です。

⇒熱に弱いので専用のケースに入れて直射日光を避けるなど保管に気を使うことが必要です。また不衛生にしていると雑菌が増殖してしまうなど歯に悪影響を及ぼします。

□薬剤を自分で取り扱うのは不安があります。

お金をかけたくない方必見!自宅で歯を白くする方法3選

歯の黄ばみを白くするのは望むけど、「忙しくて歯医者に通う時間がない方」「費用を抑えてホワイトニングしたい方」には自宅で黄ばみを落として歯を白くする方法がオススメです。

①:ホワイトニングジェル

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

安い金額で歯を白くする方法にはホワイトニングジェルがあります。ホワイトニングジェルは歯磨きが済んだ流れの中で歯ブラシにジェルを付けてほんの5分間程度ブラッシングをするだけのもので、継続して使用すれば歯を白くするために抜群の効果を発揮します。

ホワイトニングジェルは歯医者の指導の下で行うホームホワイトニングと同程度のホワイトニング成分が濃縮して配合されていて、自宅で簡単に歯を白くする驚きの効果を実感できる商品です。

これから紹介するホワイトニング商品の中では最も効果が期待できる上に、安全性についても高く評価ができるものです。

<安全性>

ホワイトニングジェルはほとんどの商品が研磨剤を使用しておらず、天然成分を配合していて安全性が非常に高いことが最大の魅力になっています。

<値段>

大抵の商品が3,000円~6,000円で手に入ります。

<デメリット>

□強力な薬剤を使用していないので、即効性がない。

□3カ月以上の使用がないと効果を実感できない。

□歯磨き後に1ルーティンの行程を追加しなければならない。

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。その詳細については以下の公式サイトで確認することができますので、一度チェックしておきましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

②:ホワイトニング専用歯磨き粉

次なる商品はホワイトニング成分を配合した歯磨き粉です。ホワイトニング成分を配合した歯磨き粉には研磨剤が含まれていて、その研磨剤による研磨力によって歯の黄ばみを落とし歯を白くするものです。

この商品を購入する場合に重要なことは、ホワイトニング成分が本当に配合されているのかを成分表示で確認しておくことです。ホワイトニングに効果のない成分を含んでいるものも販売されているので注意しましょう。

ホワイトニングに効果があるとされている成分は以下になります。

以下が代表的なホワイトニング効果がある成分一覧です。歯磨き粉を購入する際はこれらの成分がきちんと配合されているか確認するようにしましょう。
・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

<安全性>

ほとんどの商品の場合、ホワイトニング効果のある歯磨き粉には研磨剤や発泡剤が含まれています。研磨剤によって歯の汚れだけではなく歯そのものを削ってしまう恐れがあるため安全性には不安があります。また発泡剤が入っていると非常に泡立ちがよいので気持ちよく歯磨きができる反面、「歯磨きができている錯覚」を覚えて歯磨きが中途半端になってしまうことがあり虫歯などの原因になってしまうことが懸念されます。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を選ぶ際には、配合している研磨剤が極力研磨力の低いもので配合量を抑えてあるものを選ぶことが重要です。

<値段>

この類の商品は1,000円~3,000円のものが主流となっております。

<デメリット>

□歯を痛めてしまう可能性がある。

□虫歯や磨き残しをしてしまう恐れがある。

□ホワイトニング効果が高くない。

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

③:スクラビング機能付き電動歯ブラシ

全国の歯医者が推奨する歯磨きの方法に「スクラビング法」があります。歯の面にブラシを直角に当てて小さく左右に振動するように磨く方法で、歯の1本1本を丁寧に磨いていく手磨きの方法です。この原理を電動ブラシで実現したものがスクラビング機能付き電動歯ブラシです。音波ブラシから出てくる振動によって歯の黄ばみを落とし歯を白くする商品です。

<安全性>

振動によって歯を磨くのですが、的確に歯の面にブラシを当てておく操作性が必要です。電動なので安全なのですが、歯茎に直接ブラシを当ててしまうと振動により歯茎を傷付ける可能性があります。

<値段>

この商品は約10,000円~30,000円ほどかかってしまうため、歯医者のホワイトニングクラスの金額になってしまいます。ただ、歯医者に行かなくても良いのはメリットです。

<デメリット>

□歯茎に傷をつける可能性がある。

□高額で歯医者のホワイトニングとさほど変わらない。

□歯の汚れ落としには効果的ではあるがホワイトニングには効果が薄い。

画像の商品であるソニッケアーのダイヤモンドクリーンは音波水流による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに仕上げます。歯垢除去力は手磨きに比べて最大7倍の効果がると言われています。

歯の黄ばみを白くする5つの方法とは?お金をかけない方法も紹介!まとめ

以上が歯の黄ばみを白くする5つの方法の紹介です。歯医者で白くするのが一番安全で確実に歯を白くする方法なのですが、どうしても費用が高額になります。ただついでに虫歯や歯周病などの治療ができるとはかなりメリットが高くなります。

しかし費用がかかるのがつらいと思うのであれば、毎日歯を磨く流れでちょっとブラッシングを追加するだけで歯の黄ばみを落とせて歯を白くすることができるホワイトニングジェルがあります。

自宅でホワイトニングをする場合はホワイトニングジェルを使用するのが一番オススメです。効果・安全性の側面から見て自宅で最も効果が高いのはホームホワイトニングと同様の高濃度の薬剤を使用するホワイトニングジェルです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料