歯の黄ばみを簡単に除去?!白く輝く歯を手に入れる5つの方法を紹介!

喫煙や加齢などによって生じてしまう歯の黄ばみ。あなたも気になっていませんか?歯が黄ばんでいるだけで老けて見えるなど、相手に悪い影響を与えてしまいます。ここでは歯の黄ばみを除去する方法について紹介します。歯に黄ばみを除去する方法を知って、白い歯を手に入れましょう


歯の黄ばみを簡単に除去?!白く輝く歯を手に入れる5つの方法を紹介!

まずは歯の黄ばみが他人にどのような印象を与えるのかについて紹介していきます。

次に男性についても同様に、調査対象の女性200名に対し、同じ男性の顔写真を2枚提示して印象を聞きました。何歳に 見えるかについては、歯が白いAの顔写真は28.1歳に見えるのに対し、歯が黄ばんでいるBの顔写真は31.2歳となり、歯が 黄ばんでいるだけで3.1歳も老け顔に見られています。女性(2.7歳)の場合よりもさらに老け度が高いです[写真2]。 また、人の印象をあらわす14項目については、女性の場合と同様、全ての項目で歯が白い〈A〉の顔の方が圧倒的に評価 が高い結果となりました。最もポイントが高いのは女性と同様「笑顔が輝いている」(96.0%)で、「さわやか」「かっこいい・イ ケメン」(同率95.0%)、「好感がもてる」(94.0%)、「清潔感がある」「一緒に仕事/ビジネスをしたい」「モテそう」(同率 93.5%)などなど全て〈A〉に軍配。人事担当者からは〈A〉の方が「採用したい」(86.0%)とされるなど、白い歯は男性の就職にとっても重要です[グラフ6]。

スクリーンショット 2017-04-25 22.56.46

出典:歯の白さに関する意識調査

歯の黄ばみがあると3歳以上も老けて見られる統計結果が出ています。これから就職活動をしようとしている学生に最も伝えておきたいのは歯の黄ばみがあるだけで人事担当者から採用したくないと思われてしまう可能性があることなのです。

歯が白い顔の印象は

・笑顔が輝いて見える。96%

・爽やかに見える。95%

・かっこいい、イケメンに見える。95%

・好感が持てる。94%

・清潔感がある。93.5%

・一緒に働きたい。93.5%

・モテそうに見える。93.5%

・人事においても「採用したい」86%

とされるなど好印象を持たれるのですが反対に歯の黄ばみを除去していないと、その分だけ悪い印象を持たれてしまうデメリットを抱えることになってしまいます。

そもそも歯が黄ばみの原因って何?

そもそも歯に黄ばみが出てしまう原因は何なのでしょうか。その原因を探ることで黄ばみを除去する方法も見えてきます。

着色性食品の摂取

コーヒー

着色性食品とは?
出典:weheartit.com

口の中には細菌「ミュータンス菌」が存在しています。ミュータンス菌は口の中で食べ物に含まれる糖質を分解して酸を作りだします。この酸によって臨界pH(pH5.5)を下回ると歯の表面を覆ているエナメル質が溶けてくるので虫歯になりやすくなります。ミュータンス菌は虫歯の原因菌と呼ばれています。通常は唾液によって中和されるので30~60分程度で元の状態に戻るのですが、糖質の多いお菓子などを間食として食べる子供などは1日に何度も歯の表面が酸にさらされてしまいます。

着色補助食品はその食品そのものでは着色しませんが、酸性が濃い食品なのでミュータンス菌の動きを活発化して口の中を酸化してしまいます。そのため歯の表面のミネラルを溶かしてしまう現象「脱灰」を起こすためその部分が着色しやすい状態になってしまいます。この着色しやすくなった状態のところに着色性食品を摂取してしまうことが最も歯の黄ばみを助長する危険があるのです。

着色性食品と着色補助食品の一覧は以下になります。

<着色性食品一覧>

・コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・赤ぶどう・カレーライス・ソース・ケチャップ・醤油・人口着色料を使用した食品・色の濃いうがい薬

<着色補助食品一覧>

・炭酸飲料・アルコール飲料・スポーツドリンク・柑橘系食品・飲料・シュウ酸(ほうれん草や青いバナナ、キャベツなど)・クエン酸(パイナップルやレモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなど)

喫煙

タバコ

喫煙が与える影響とは
出典:weheartit.com

歯に黄ばみが付く原因で除去するのに最も厄介なものはタバコの喫煙によるヤニです。歯にヤニが付くメカニズムを説明します。

①歯の表面をガードしているのはエナメル質です。

⇒エナメル質は非常に酸に弱く、先ほどの説明にもあるように歯の表面が臨界PHを下回ると溶けてしまいます。

②唾液に含まれているたんぱく質「ペリクル」がエナメル質を被覆しています。

⇒ペリクルは酸からエナメル質を保護するために分泌されています。

③タバコを吸うと、タバコに含まれるヤニが口内に侵入します。

⇒ヤニは非常に粘り気が強く、色も茶色い物質で、ペリクルとはとても相性が良く結びついてしまいます。

④歯を保護しているペリクルと結びついて歯にヤニがこびりつきます。

⇒ペリクルとエナメル質の結び付きは薄いので、短時間で口をすすいだり歯磨きをすると綺麗に剥がれ落ちてしまうのですが、1日のうちに何度もタバコを吸ってヤニをドンドン口内に侵入させていると、ヤニの粘りでエナメル質と強固にへばりついてしまいます。

⑤歯磨きをします。

⇒タバコを吸ってすぐに歯磨きをすれば問題なくヤニがこびりついたペリクルごと除去できるのですが、先ほどエナメル質に強固にこびりついてしまったペリクルをすべて除去するのは困難です。そのためヤニがついたままの歯を磨き残してしまいます。

⑥ヤニが付いた歯の表面にまたペリクルが被覆します。

⇒歯に付いたヤニを下地にしてコーティングするので、尚更除去しにくいヤニ付きの歯となってしまいます。

⑦新しくペリクルが被覆しているところへまた喫煙によってヤニが侵入し、ペリクルと結びついてしまいます。

⑧強固にこびりついたヤニ付きのペリクルを磨き残してしまいます。

⑨またタバコを吸うことで更にヤニを口内に侵入させ、どんどんとヤニ付きのペリクルが重ね合わされていきます。

⑩上記の①~⑨が繰り返されることで、汚く黄ばみを持った歯が完成してしまうのです。

⇒幾重にも強固にこびりついたヤニが重ね合わされているため、ヤニによる歯の黄ばみは除去が非常に困難なものになるのです。

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

間違った歯磨き

歯磨きを正しく行わないと逆にエナメル質を傷付けてしまい、歯の黄ばみの原因となることがあります。よくある間違った歯磨きの方法は以下になります。

*間違った歯の磨き方をすると逆にエナメル質を傷つけてしまう可能性があり、歯の黄ばみの原因になることを記述。よくある間違った歯磨きの方法について以下のように箇条書き。参考サイト以外の箇所もまとめてください

□研磨力が強い歯磨き粉を使用して歯磨きをしている。

⇒研磨剤は汚れの除去だけでなくエナメル質そのものを削り取ってしまう可能性があるので危険です。硬度が低い研磨剤で配合量を抑えた歯磨き粉を選択することが重要です。

□歯磨きを力強くしている。

⇒力強くごしごしと歯磨きをするとエナメル質を傷付けてしまうので危険です。優しく小さな振動で1本ずつ丁寧に磨くことが必要です。

□1日に何度も歯磨きをしている。

⇒朝と晩に2回歯磨きをすることが理想です。1日に何度も歯を磨いているとエナメル質を削ってしまう可能性があります。

□歯ブラシを濡らしてから歯を磨いている。

⇒歯ブラシを濡らしてから歯磨き粉を使用すると泡立ちが良くなりすぎて「歯磨きをした錯覚」を短時間で得るようになります。汚れや雑菌を磨き残す可能性がでるので虫歯の原因となってしまいます。

□発泡剤入りの歯磨き粉を使用する

⇒発泡剤が配合されていると泡立ちが良いので「歯磨きをした錯覚」を短時間で得るようになるため、虫歯の原因となります。

歯医者でできる歯の黄ばみを除去する2つの方法

歯の黄ばみを除去する方法としては歯医者でのホワイトニングが即効性があり効果も高いです。

ホワイトニングのメカニズムについてはまだ完全に解明されている訳ではありませんが、次の様な事が分かっています。

まず、歯のホワイトニングとは、『生活習慣、加齢や遺伝、その他の原因で黄ばんでしまっている歯に薬剤を用いて、歯の表面を人の目から見て白く見えるように変化させる方法』です。

このメカニズムとして次の2つが挙げられます。

①ホワイトニング剤を用いて歯の表面の着色物を白く漂白する。
②ホワイトニング剤を用いて歯の表面構造を変化させる。

ホワイトニング剤による歯の表面の着色物質の漂白メカニズム

br-3

ホワイトニングのメカニズムについて

ホワイトニング剤から発生した活性酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱の構造を角状から球に変化させます。

球状となったエナメル小柱の表面では光が乱反射して、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることができ、歯が白く見えるわけです。

br-8

出典:山形歯科屋 坂上院

シェード

シェードとは?
出典:www.ks-dent.com

ホワイトニングにはシェード変化があります。シェード変化とは歯の色の改善度を表すもので歯の色をA1~D4の16タイプに分けて施術するごとに徐々にシェードのランクを上げていくことを目指すものです。一度に大きな改善を目指すと非常な痛みを伴うので、1回の施術では5~7段階のシェード変化を目指すことになります。

歯の色の明るさや色調によって判定するもので、Aタイプは赤茶色、Bタイプは赤黄色、Cタイプは灰色、Dタイプは赤灰色と分けられていて、最も白くなりやすいのがAタイプ、逆に白くなりにくいのはDタイプの歯の色です。

シェードとは色の明るさや色調をいいます。
歯の色には様々なタイプがあり、A・B・C・Dタイプに分かれます。
Aタイプ:赤茶色 A1・A2・A3・A3.5・A4
Bタイプ:赤黄色 B1・B2・B3・B4
Cタイプ:灰色  C1・C2・C3・C4
Dタイプ:赤灰色 D2・D3・D4  (D1はありません)
※ホワイトニングによって最も歯が白くなりやすいのは赤茶色系のAタイプ、次いで赤黄色のBタイプ、最も歯が白くなりにくいのが赤灰色系のDタイプです。

出典:フカサワ歯科クリニック

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの特徴とは?
出典:www.ishikawacho-dc.com

歯の黄ばみを除去するオフィスホワイトニングの施術の順序を紹介します。

①歯医者に行き、問診を受けます。

⇒歯医者の質問に答えて、自分が目指す歯の白さの確認を行い施術の方針を決定します。

②口内検査を受けます。

⇒虫歯やひび割れ、歯周病などがあり程度がひどい場合はシミてしまうので施術ができないことがあります。

③開口器具の装着

⇒施術の間口を開けておくことが必要なので専用の器具を装着し口を開いた状態にします。

④施術する歯の汚れや歯石を除去します。

⇒ヤニ汚れや歯石があるとホワイトニングの効果が落ちてしまうので、施術前に別途クリーニングを行う場合があります。

⑤歯茎にカバーをする

⇒ホワイトニングに使用する過酸化水素は非常に刺激が強いので、歯茎を保護するためにカバーを装着します。

⑥薬剤を塗布する。

⇒過酸化水素をホワイトニングする歯に直接丁寧に塗布していきます。

⑦光を当てる。

⇒薬剤の漂白効果を高めるために、ホワイト光線を8~15分程度照射します。LEDライトは熱を持たないので昨今はLEDが主流になっています。

⑧口をゆすいで過酸化水素を洗い流してしまいます。

⇒口内に残っていると施術後に歯茎に痛みを伴う場合があるので、残すことがないようにしっかりと洗浄します。

⑨5~7シェード変化させるのに2~3回の繰り返しが必要です。

⇒⑤~⑧の行程で1日に40~60分程度が限度です。

⑩1~2週間後にまた通院して、求めるシェードまで達成したら完了です。

<費用>

一般の歯医者で平均40,000円程度必要です。ホワイトニング専門の歯医者だと平均20,000円ほどなので一般の歯医者と比べると安い費用で歯の黄ばみを除去することができます。

<期間>

オフィスホワイトニングの場合は即効性があるのでその日のうちに歯の白さに実感が持てます。ただし持続は6カ月程度と言われているので1~3ヶ月に1回程度のペースでメンテナンスに通うことが必要になります。

<安全性>

プロの医師や歯科衛生士による施術のため安全面では安心です。

<デメリット>

□コストが高額です。

⇒ホワイトニング専門の歯医者でも1回当たり平均で20,000円程度かかり、2~3回の完了までになると60,000円は見込んでおかなければなりません。

□薬剤の刺激によって施術後に痛みを生じる場合があります。

⇒プロの医師や歯科衛生士による施術なので安心ですが、薬剤の刺激が強いので歯茎なのどに薬剤がついてしまうと後程痛みが生じてしまう場合があります。

□歯の状態によってはクリーニングが必要になります。

⇒クリーニングは別途料金が必要となってしまいます。保険が適用される場合もあります。

□高額なコースを勧めてくる場合もあるので注意が必要です。

⇒事前に口コミなどで調べておかないと、言いなりでドンドン高額になってしまう場合があります。

□効果を持続させるためにメンテナンスが必要です。

⇒メンテナンスにも当然費用が別途かかってしまいます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの特徴とは?
出典:www.hirata-dental.net/homewhitening/

オフィスホワイトニングとは違って、歯医者での指導の下自宅で歯の黄ばみを除去できるホームホワイトニングがあります。ホームホワイトニングの手順について紹介します。

①専門の歯医者や歯科衛生士によるカウンセリングを受けます。

⇒自分で自宅で薬剤を使用するため、きちんとカウンセリングを受けておくことが必要です。

②歯の汚れや歯石を除去します。

⇒歯に虫歯や歯周病などがあると施術はできないのでまず歯の治療や汚れを落とすためにクリーニングをする場合があります。

③口内撮影を行います。

⇒施術前の自分の歯のシェードを確認して、目標とするシェードの設定を行います。

④口内検寸を行います

⇒自分の口の形専用のマウスピースを作成するために細かく件数を行います。

⑤専用のマウスピースを受け取ります。

⇒世界に一つしかない自分の口専用のマウスピースの作成には数日かかる場合があります。

⑥ホワイトニングに取り掛かります。

⇒1日に数時間かかるため腰を据えるためのセッティングを行います。

⑦薬剤を塗布します。

⇒オフィスホワイトニングの過酸化水素に比べると低刺激な過酸化尿素をマウスピースに塗布します。

⑧口にマウスピースを装着します。

⇒1日2時間マウスピースを装着したままの状態をキープします。

⑨上記⑤~⑦を2週間程度毎日行います。

⇒ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングで使用する薬剤より刺激が低い薬剤を使用する分、効果が出るのに時間がかかってしまいます。

⑩歯医者に行って術後のシェードを確認して目標に達していたら完了です。

⇒目標に到達していない場合は追加の薬剤を購入してまた自宅でしばらくホワイトニングすることになります。

<費用>

1回のホワイトニングでの費用は平均して20,000円前後です。

<期間>

効果は2週間程度で十分に発揮されます。ホームホワイトニングの持続性は非常に長く、1年~2年ほど持続することができます。

<安全性>

低刺激とはいえ薬剤を自宅で自分で管理することが必要なので安全性は乏しくなります。

<デメリット>

□自分で薬剤を使用するので安全性には乏しい。

⇒過酸化尿素が劇物なので、慎重に取り扱わなければなりません。

□費用が高くなります。

⇒オフィスホワイトニングよりは若干安くできますが、高額です。

□ホワイトニング中には着色性食費や着色補助食品、喫煙を控える必要があります。

⇒2週間もの間、飲食・喫煙制限をされてしまいます。

□1日2時間もじっとしていることが必要となります。

⇒刺激が強い薬剤を使用するのでマウスピースを装着している2時間程度、静かに過ごすことが必要になります。

□マウスピースの取り扱いに注意が必要です。

⇒熱に弱く歪んでしまうことがあるので、専用のケースに入れて直射日光が当たらない場所に保管することが重要です。また不潔にしていると雑菌が増殖して歯を痛めてしまう可能性があります。

自宅でできる歯の黄ばみを除去する3つの方法

これまでの紹介のように歯医者に行けば確実に歯の黄ばみを除去することができるのですが、「高い費用を払ってまで歯医者に行きたくない」「自宅で安くホワイトニングできないものだろうか」と考えている方のために、ここからは自宅でできる歯の黄ばみの除去方法について紹介します。

*自宅でできる方法について誘導。「費用が高くて歯医者には行きたくない」「自宅で簡単にホワイトニングしたい」という方にホワイトニングを自宅で行う方法について紹介します。などのように記述

*安全性や費用に関しては画像に記述してある商品の金額ではなく、全体的な商品の平均について記述

①ホワイトニング用歯磨き剤

市販されている歯磨き粉には、ホワイトニング用の成分が配合されたものがあります。ただし販売されている商品の中にはホワイトニングの効果がないにもかかわらずホワイトニング効果を謳い文句にしているものがあるので注意が必要です。

購入する際は以下のホワイトニング成分が表示されているものを選ぶことが重要です。

*ホワイトニング用の歯磨き粉があることについて紹介、中にはホワイトニング効果がないにもかかわらずホワイトニんgぬ効果を謳っている商品もあるため、以下の成分がきちんと配合されているか確認することが重要であることを記述

以下が代表的なホワイトニング効果がある成分一覧です。歯磨き粉を購入する際はこれらの成分がきちんと配合されているか確認するようにしましょう。
・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

<安全性>

ホワイトニング用の歯磨き粉にはほとんどの商品に研磨剤が使用されているため、安全性は乏しいことがいえます。先ほども紹介しましたが研磨剤が配合されていると、歯の汚れを落とすだけでなく歯そのものまで削り落としてしまう危険があるのです。歯を削るとその傷から着色成分が侵入して歯の黄ばみを助長してしまう可能性があります。

*多くが研磨剤を使用していることから安全性はあまり高くないことについて詳細に記述。研磨剤がどうして悪いのか明確に記述

<値段>

平均2,000円程度で購入することができます。

<デメリット>

□研磨剤が配合されているものがほとんどです。

⇒研磨剤によって歯を傷付けてしまうとまた黄ばみが強くなってしまいます。

□発泡剤が配合されているものが販売されています。

⇒泡立ちが良すぎるため歯磨きの達成感が早々に感じられてしまい、汚れを除去する前に歯磨きを終えてしまう可能性があります。磨き残しによって虫歯や歯周病の原因となってしまうのです。

□ホワイトニングには効果が薄くなります。

⇒強力な薬剤を配合しているわけではないのでタバコのヤニ汚れには効果が出てきません。

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

②電動歯ブラシ

電動の歯ブラシは細かい振動によって歯を1本1本丁寧に磨くことができる「スクラビング法」が簡単にできるため歯の黄ばみを落とすには有効です。

<安全性>

電動による振動を使って歯を磨くのですが、的確に歯に直角に当てる必要があり操作性に難があります。歯茎に当てて作動してしまうと歯茎を痛めてしまう可能性があります。

<値段>

平均して20,000円ほどかかります。

<デメリット>

□費用が歯医者でホワイトニングするのと同程度必要である。

⇒自宅で使用するのはメリットですが高額です。

□歯茎を痛めてしまう可能性がある。

⇒操作性に難があります。

□操作性に問題がある。

⇒スクラビング法は歯の面に直角にブラシを当てて小さく振動させる必要があります。利き手側の奥歯の裏面など磨きにくい部分には操作に熟練が必要になります。

□歯の汚れを落とすには効果があるのですが、ホワイトニングには効果が乏しい。

⇒ヤニ汚れは歯磨きでは落とせません。

画像の商品であるソニッケアーのダイヤモンドクリーンは音波水流による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに仕上げます。歯垢除去力は手磨きに比べて最大7倍の効果がると言われています。

③ホワイトニングジェル

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

ホワイトニングジェルはいつもの歯磨きをした後で、その歯ブラシに少量のジェルを塗り、5分間ブラッシングをするだけで簡単にホワイトニングできる優れものです。刺激性の薬剤を使用していないので即効性はありませんが、継続して使用すると見違えるような歯の白さを実感することができます。

ホームホワイトニングに使用する過酸化尿素と同程度のホワイトニング効果があるのに、天然成分を使っているので安全性も高く評価されています。

<安全性>

医薬部外品として厚生労働省に認可を受けているものが多いので非常に安全です。

<値段>

平均して4,000円ほどで購入できます。

<デメリット>

□即効性がありません。

⇒効力な薬剤を使用しているわけではないので即効性には乏しくなります。

□継続して使用しないと効果が出ない。

⇒3カ月以上の継続使用を推奨している商品が多いのは、継続しないと効果が出ないからです。即効性を求めて継続をやがる方には不向きな商品です。

□エナメル質が薄くなっている方には不向きです。

⇒加齢や遺伝、歯磨きのし過ぎなどでエナメル質が薄くなってしまい歯に黄ばみがある方へのホワイトニング効果は期待できません。

□毎回歯磨きの後でブラッシングをしなければならない。

⇒3分間の歯磨きの後で5分間のブラッシングを追加するだけでホワイトニングできるのですが、1回の歯磨きの行程が8分間も要するようになってしまいます。

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。その詳細については以下の公式サイトで確認することができますので、一度チェックしておきましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

歯の黄ばみを簡単に除去?!白く輝く歯を手に入れる5つの方法を紹介!まとめ

男性

ホワイトニングで白く輝く歯を手に入れよう!
出典:weheartit.com

以上が歯に黄ばみがあり、その黄ばみを除去したいと考えている方にオススメの5つのホワイトニング方法の紹介です。もちろん歯の黄ばみを取るのは歯医者が一番確実な方法です。しかし歯医者だと1回の施術で数万円もかかってしまい、しかも数回通わなければならなくなります。自宅で行うホームホワイトニングにおいても2週間も食事や喫煙に規制がかかるため費用以外にも負担がかかってしまいます。

自宅だ簡単にホワイトニングする方法でオススメなのは、ホワイトニング力が最も高く費用も比較的低価格なホワイトニングジェルです。ホワイトニングジェルなら気になる歯の黄ばみを除去して輝く白い歯を手に入れることができます。

自宅でホワイトニングをする場合はホワイトニングジェルを使用するのが一番オススメです。効果・安全性の側面から見て自宅で最も効果が高いのはホームホワイトニングと同様の高濃度の薬剤を使用するホワイトニングジェルです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

歯についたヤニ(黄ばみ)の落とし方は?自宅できるケアTOP3!

歯が汚い男は100%嫌われる?!歯の黄ばみの印象・原因・対策まとめ!


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料