歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯は人の第一印象に大きな影響を与えます。歯が黄ばんでいるだけで相手に不快な思いをさせることもあります。そんな悩みのタネである歯の黄ばみを簡単に落とす方法を紹介します。高い費用をかけなくても歯の黄ばみを落とす方法も紹介しているのでチェックしておきましょう。


歯の黄ばみは女性にどう思われている?

突然ですが、「歯の黄ばみ」放っておいてしまっていませんか?中には歯の黄ばみについてあまり意識していない方もいるのではないのかと思います。

ここではまず、歯の黄ばみが女性にどのような印象を与えるのかについて解説していきます。

まずは以下のデータをご覧ください。

女性100人に「男性の歯や口元、気になるのはどこ?」と聞いてみました。

結果は右のグラフのとおり。若干の差こそありましたが、男性に聞いた場合と同様に「歯の色」と答えた女性がもっとも多く、次いで「歯並び」「歯茎の見え方」となりました。

column_img94_1 (1)

出典:医療法人スワン会

先ほどのデータは女性100人に対して、「男性の歯や口元、気になるのはどこか」という質問をした結果になります。グラフを見るとおよそ40%以上もの女性が男性の歯の色について気になると回答していました。

歯の黄ばみは女性にとっても気になっていることがわかります。

歯の黄ばみは仕事面でも影響がある?

先ほど、歯の黄ばみが異性との関係にも影響を与えることについて説明しました。しかし、歯の黄ばみがもたらす悪影響は異性関係だけでなく、仕事面にも大きな影響があることがわかっています。

スクリーンショット 2017-05-01 17.15.53

スクリーンショット 2017-05-01 17.20.47

出典:株式会社ゲイン

特に就活生や営業職の方にとって第一印象は最重要と言っても過言ではありません。多くの人と関わる業種に携わっている方にとって歯の黄ばみは大きなデメリットになってしまいます。

歯の黄ばみの3つの原因とは?

歯の黄ばみの原因には様々なものがありますが、今回は主な3つの原因について紹介していきます。歯の黄ばみに悩んでいる方は自分がどの原因に当てはまるのかをチェックしてみてください。

①着色性のある食べ物・飲み物の摂取

4341572542_430c72aed8_z

歯の黄ばみの原因で最も多い原因は食べ物や飲み物など飲食物によるものです。色の濃い食べ物や飲み物を摂取することでステインが歯に沈着します。ステインを沈着させる食品を着色性食品と言います。

<着色性食品一覧>

コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・赤ぶどう・カレーライス・ソース・ケチャップ・醤油・人口着色料を使用した食品・色の濃いうがい薬

また、食品の中には、着色を補助する効果のある着色補助食品というものがあります。以下が着色補助食品の一例になります。

<着色補助食品一覧>

・炭酸飲料・アルコール飲料・スポーツドリンク・柑橘系食品・飲料・シュウ酸(ほうれん草や青いバナナ、キャベツなど)・クエン酸(パイナップルやレモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなど)

着色補助食品を摂取することで口の中が酸性化するため歯の表面にあるミネラルが溶け脱灰という現象が起こり、その部分が着色しやすい状態となります。

着色性食品と着色補助食品を同時に摂取しないようにしましょう。特にコーラはどちらも含まれているので歯の黄ばみの大きな原因となってしまいます。

②タバコ

276127552_284d9182ff_z

タバコを吸うことで歯にヤニがつきます。これも歯の黄ばみの主な原因の1つです。タバコを吸うことでどうして歯が黄ばんでしまうのかについてそのメカニズムを紹介していきます。

①歯の表面をペリクルという薄いタンパク質がコーティングしている

②タバコを吸うことでペリクルとタールが結びつき歯に汚れが付着

③早くて半日、遅くても1日でペリクルとタールは強く結びつき、歯の表面にしっかりとこびりつく

④歯の表面にヤニ汚れがこびりついた状態の歯に再びペクリルがコーティングされる

以上がタバコを吸うことでヤニが付着するメカニズムです。タバコを吸うことで付着するヤニは歯の黄ばみの中でも最も落ちにくいとされています。

その理由としては、タバコに含まれているタールとペクリルの結びつきが関係しています。タールとペクリルにはそれぞれ強い粘着性があります。そのため、1度結合して歯の表面に付着してしまうと非常に落ちにくいのです。

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

③間違った歯磨き

間違った歯磨きをしてしまうと逆に歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまう可能性があります。

間違った歯磨きには以下のようなものがあります。

□歯磨き粉をたくさんつけて歯磨きをする

□硬い歯ブラシを使って歯磨きをする

□歯を強く磨きすぎる

以下の動画には正しい歯磨きの仕方について紹介してあります。正しい歯ブラシの持ち方など、基本から説明してありますので参考にしてください。

歯医者で歯の黄ばみを落とす2つの方法とは?

歯の黄ばみを落とす方法としてまず挙げられるのが歯医者で黄ばみを落とす方法です。歯医者で歯の黄ばみを落とすことによるメリットは主に2つで、

・即効性

・効果の高さ

以上の2つが挙げられます。

シェード

シェードとは?
出典:www.ks-dent.com

歯医者で歯の黄ばみを落とす際は、自分の歯がどのような色で理想の色が何色なのかについて決める必要があります。歯の色のことをシェードといいます。

以下のような方には歯医者で歯の黄ばみを落とすことがおすすめです。

□歯の黄ばみを早急に落としたい方

□歯の黄ばみを落とすのに多くの費用を避ける方

ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。それぞれどのような違いがあるのか以下で見ていきましょう。

歯医者で歯の黄ばみを落とす方法①オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは高濃度の過酸化水素を薬剤として歯に塗り、ライトを照射するホワイトニング方法です。

<費用>

平均費用は一般の歯医者で1回30000~50000円程度です。ホワイトニング専門の歯医者では1回10000~30000円程度と一般の歯医者よりも安くホワイトニングすることができます。

日本人が理想とするシェードにするまでに基本的には3~5回ほどの施術が必要であると言われています。費用としてはホワイトニングの中でも最も高い部類であると言えます。

<期間>

オフィスホワイトとニングの最大の特徴はその即効性にあります。施術当日に効果が出始める場合が多く、他のホワイトニング方法よりも即効性があります。1週間~2週間程度の間隔で定期的に施術することで歯の黄ばみを落とし、目標の白さにすることができます。

持続期間はおよそ3ヶ月〜6ヶ月ほど持続すると言われています。もちろん効果には個人差があるので必ずしもその通りになるわけではありません。1ヶ月~3ヶ月間に定期的に1度ホワイトニングに通うことで理想の白さを持続することができます。

<安全性>

オフィスホワイトニングは歯医者で施術してもらえるため、安全性は高いと言えます。しかし中には、過酸化水素のもう度が非常に高いことから、施術中に痛みを感じる方もいらっしゃるので注意が必要です。

<デメリット>

□強力な薬剤を使用するので光を当てる際に痛みが出る可能性がある

□短期間で色が戻りやすい

□保険適用外なので全額自己負担になる

オフィスホワイトニングは非常に高額です。そのため、「歯の黄ばみをすぐにでも落としたい」という方以外にはオフィスホワイトニングはあまりおすすめすることができません。

歯医者で歯の黄ばみを落とす方法②ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは歯医者で自分に合ったマウスピースを作成し、その中に薬剤を入れ歯をホワイトニングする方法です。

<費用>

1回の平均費用は15000円~30000円程度になります。こちらは初回に作成するマウスピースの費用になります。マウスピース作成後は薬剤を定期的に購入する必要があります。

薬剤の費用に関してですが、1週間~2週間で5000円~10000円ほどで購入することができます。

<期間>

使用している薬剤である過酸化尿素は過酸化水素に比べると濃度が少ないため、効果が出始める時期は最低でも2週間ごほどからになります。理想の白さに到達するにはおよそ1ヶ月~2ヶ月かかります。

持続時間は6ヶ月~1年となります。オフィスホワイトニングと比較すると持続期間に関しては長いと言えます。

<安全性>

オフィスホワイトニングと比較すると使用する過酸化尿素の濃度は過酸化水素の6分の1程度と低いです。

しかし、それでもホームホワイトニングで使用する薬剤は濃度が高く、高濃度の薬剤を衛生面に気を使いながら管理・使用しなければならず、安全性は高くありません。

<デメリット>

□日中に2時間マウスピースを装着する必要がある

□ホワイトニング後には食事制限がある

□マウスピースの手入れを毎日しなくてはいけない

ホームホワイトニングの最大のメリットは「自分の好きな白さまでホワイトニングできる」という点です。薬剤さえ購入すれば、歯を好きなだけ歯の黄ばみを落とすことができ、自分の理想まで歯を白くすることができます。

自宅で歯の黄ばみを落とす?市販歯磨き粉ランキング!

次に自宅で簡単に歯の黄ばみを落とす方法について紹介していきます。以下のような方には自宅で歯の黄ばみを落とすことがおすすめです。

□費用を少しでも安く抑えたい方

□歯医者に通う時間がない方

□自宅で歯の黄ばみを落としたい方

自宅で歯の黄ばみを落とす方法の中で最もおすすめなのが市販されているホワイトニング歯磨き粉です。

ここでは歯の黄ばみを落とす効果の高い市販ホワイトニング歯磨き粉を7つ紹介していきます。

①:はははのは

スクリーンショット 2017-10-11 15.58.08

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:1,800円~
評価:★★★★

<商品特徴>

①審美歯科にも使用される4種類のホワイトニング成分を配合

完全無農薬の10種類のオーガニック成分を配合

③安心の製薬会社との共同開発。子供でも使用できるほどの低刺激

はははのはの詳細はこちら⇒「はははのはは効果なし?はははのはの悪い口コミや副作用まとめ!

⇒はははのは公式サイトはこちら

 ②薬用パールホワイトプロEX+

容量:30ml(約2週間分)
価格:8,400円
評価:★★★★

→パールホワイト公式サイトはこちら

<商品特徴>

①3種類のホワイトニング成分を高配合し、即効性が高い

②薬用成分IPMPが歯茎の健康も守る

③くみっきーさんや坂上忍さんなど、多くの芸能人に愛用

<価格・購入特典>

薬用パールホワイトプロは公式サイトで購入すると以下のような特典があります。

□通常価格8400円⇒初回お届けのみ3240円(税込)

□2回目からも6480円(税込)

パールホワイトプロEX+の詳細はこちら⇒パールホワイトプロEX+は効果なし?口コミ・副作用・最安値まとめ!

→パールホワイト公式サイトはこちら

③ちゅらトゥースホワイトニング

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:3,980円~
評価:★★★★

<商品特徴>

①3種類のホワイトニング成分が歯の汚れを浮かせて剥がし取る

②2017年度に54万人に行った満足調査で6冠を達成。ホワイトニングジェルの中で人気度NO.1

③歯科医推奨の医薬部外品のホワイトニングジェルで、飲んでも平気なくらい低刺激

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら⇒「ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

⇨ちゅらトゥース公式サイトはこちら

④:プレミアムブラントゥース

スクリーンショット 2017-06-20 16.29.48

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:4,980円~
評価:★★★★

<商品特徴>

スクリーンショット 2017-06-20 16.43.00

<商品特徴>

①ホワイトニング先進国アメリカなど、世界5カ国で売上1位

②自然のホワイトニング成分「パパイン」を配合

③6種類の植物性エキスや16種類の植物エキスを配合。オーガニック成分を高配合

プレミアムブラントゥースの詳細はこちら⇒「プレミアムブラントゥースの効果は嘘?!悪い口コミやデメリットを掲載!

→ブラントゥース公式サイトはこちら

⑤:ビースマイル

image5

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:2,400円~
評価:★★★

⇒ビースマイル公式サイトはこちら

<商品特徴>

①2017年のモンドセレクションをダブル受賞

②3種類のホワイトニング成分を配合

③口臭予防や歯周病対策などオーラルケアを一本で実現

ビースマイルの詳細はこちら⇒「ビースマイルのホワイトニング効果は嘘?口コミやデメリットも紹介!

⇒ビースマイル公式サイトはこちら

⑥:Lilly White

ホワイトニング

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:3,980円~
評価:★★★

→Lilly White公式サイトはこちら

<商品特徴>

①世界一、虫歯の少ない国スェーデンで作られたホワイトニングジェル

②虫歯・口臭予防効果もある

③女性に人気のファッション雑誌「GRITTER」に掲載

Lilly Whiteの詳細はこちら⇒「Lilly Whiteは効果なし?!悪い口コミやデメリット・最安値を紹介!

→Lilly White公式サイトはこちら

⑦:リュミエールブランネージュ

リュミエールブランネージュ

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:2,980円~
評価:★★★

⇒リュミエール公式サイトはこちら

<商品特徴>

①歯科医監修の本格的ホワイトニングジェル

②アルカリ性カルシウムイオンに含まれたケイ素・圧縮酸素がステインを除去

③押切もえさんなど、多くの芸能人に愛用。@コスメの口コミランキング歯磨き粉部門でも第1位を獲得

リュミエールブランネージュの詳細はこちら⇒「リュミエールブランネージュの効果は嘘?!デメリットや口コミも紹介!

⇒リュミエール公式サイトはこちら

歯の黄ばみを落とす市販歯磨き粉ランキングまとめ

歯の黄ばみの原因と落とす方法について紹介してきました。歯の黄ばみを落とす方法としては歯医者・自宅の2つがありますが、歯医者での治療は費用が高額であるため、自宅で歯の黄ばみを落とすのがおすすめです。

市販されているホワイトニング歯磨き粉の中で最もおすすめなのがはははのはです。1日66円という最も高いコストパフォーマンスで歯についてステインを除去してくれます。

今回紹介した市販の歯磨き粉ランキングを参考にして、歯の黄ばみを落とすようにしてみてください。

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料