歯の汚れが取れない?着色の原因や落とし方・予防法総まとめ!

突然ですが歯の汚れ、気になっていませんか?歯の汚れには様々な原因があります。今回はまず歯の汚れの原因について紹介します。また歯医者・自宅別に歯の汚れを簡単に取る方法について紹介していきます。歯の汚れを落として笑顔に自信をつけましょう。


歯の汚れが取れない?着色の原因や落とし方・予防法を紹介!

黒ずんでいたり黄ばんでいたり、また着色汚れなど、歯の汚れについて気になっていませんか? 自分だけではなく、話している相手の歯の汚れが目に入って気になってしまうということはありませんか?

女性100人に男性の歯や口元に関して最も気になる箇所はどこか調査して結果が以下のものになります。

女性100人に「男性の歯や口元、気になるのはどこ?」と聞いてみました。

結果は右のグラフのとおり。若干の差こそありましたが、男性に聞いた場合と同様に「歯の色」と答えた女性がもっとも多く、次いで「歯並び」「歯茎の見え方」となりました。

column_img94_1 (1)

出典:医療法人スワン会

上記のデータを見るとお分かりいただけるかと思いますが、女性が男性に対して最も気になっているのが「歯の色」です。およそ40%以上もの女性が男性の歯の色に対して気になっていることがわかりました。

歯の汚れが気になっているという悩みは、実は多くの方が抱えている問題です。歯が白いとやはり好印象を持たれることが多く印象も良くなり、歯の汚れや黄ばんだ歯は一気にマイナスの印象を与えてしまいます。歯が綺麗な方はそれだけで印象が良くなり、その結果仕事恋愛などにも影響が出てきます。

歯の汚れが気になる場合は「歯を白くしたい」と思うだけではなく、本当にきれいな歯を手に入れるための努力をしておかなければならないのです。

歯の汚れの原因、ステインって何?

歯の汚れの原因として「ステイン」と言われるものがありますが、これは「着色汚れ」と言い換えると分かりやすくなります。お茶コーヒーなどに含まれているタンニンなどの色素、またタバコニコチンタールと言ったヤニが歯の表面に付着して作られるものがステインです。

ステインが付着し歯の汚れに繋がる原因を以下にまとめましたので、ご自分の生活習慣や歯の汚れを考えながら確認してみてください。

□お茶やコーヒーに含まれるタンニン(色素)など

□タバコのヤニなど

□ステインが付きやすい食品の摂取

ペリクルの歯の付着

加齢、年月による付着

ステインはこのような原因によって歯の汚れ黄ばみとして付着し、毎日の生活の中で少しずつ蓄積し、より落としにくくなります。特にタバコのヤニは褐色になる上に唾液中のカルシウムなどと結合して歯についてしまうので黄ばみくすみ、目立つ歯の汚れと言った形で目立つようになります。

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!」では歯にヤニがつくメカニズムやその対策法について紹介してあるのでチェックしておきましょう。

歯のエナメル質の表面はペリクルという薄い膜で覆われていますが、ステインはこの膜に付着します。ステインは時間が経てば経つほど歯にしっかり固着し落ちにくくなる特徴があるので、これを防ぐために飲食後に歯磨きをすることが歯の汚れの予防にもなります。

歯医者で歯の黄ばみを落とす2つの方法

歯医者で歯の汚れや黄ばみを落とす場合、ホワイトニングという歯を白くする施術を受けるのが効果的です。

ホワイトニングの方法は2つあり、それぞれに「歯を白くする」と言っても特徴があります。これからホワイトニングのメカニズムについて説明しますので、ホワイトニングを受けてみようと思われた方は一度ご確認下さい。

ホワイトニングのメカニズムについてはまだ完全に解明されている訳ではありませんが、次の様な事が分かっています。

まず、歯のホワイトニングとは、『生活習慣、加齢や遺伝、その他の原因で黄ばんでしまっている歯に薬剤を用いて、歯の表面を人の目から見て白く見えるように変化させる方法』です。

このメカニズムとして次の2つが挙げられます。

①ホワイトニング剤を用いて歯の表面の着色物を白く漂白する。
②ホワイトニング剤を用いて歯の表面構造を変化させる。

ホワイトニング剤による歯の表面の着色物質の漂白メカニズム

br-3

ホワイトニングのメカニズムについて

ホワイトニング剤から発生した活性酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱の構造を角状から球に変化させます。

球状となったエナメル小柱の表面では光が乱反射して、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることができ、歯が白く見えるわけです。

br-8

出典:山形歯科屋 坂上院

以上がホワイトニングのメカニズムとなっております。

シェード

シェードとは?
出典:www.ks-dent.com

また、ホワイトニングする際は自分の歯がどのような色なのかや理想の色が何色なのかについて決める必要があります。歯の色のことをシェードといい、シェードには様々な段階があります。シェードのタイプについては以下にまとめてあるので参考にしましょう。

シェードとは色の明るさや色調をいいます。
歯の色には様々なタイプがあり、A・B・C・Dタイプに分かれます。
Aタイプ:赤茶色 A1・A2・A3・A3.5・A4
Bタイプ:赤黄色 B1・B2・B3・B4
Cタイプ:灰色  C1・C2・C3・C4
Dタイプ:赤灰色 D2・D3・D4  (D1はありません)
※ホワイトニングによって最も歯が白くなりやすいのは赤茶色系のAタイプ、次いで赤黄色のBタイプ、最も歯が白くなりにくいのが赤灰色系のDタイプです。

出典:フカサワ歯科クリニック

以下のような方には歯医者で黄ばみを落とすことがオススメいたします。

□高いホワイトニング効果を得たい方

□ホワイトニングに多くの費用をさける方

□すぐにホワイトニング効果を実感したい方

ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。それぞれどのような違いがあるのか以下で見ていきましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングのメカニズムとは?
出典:www.maedadental.jp

オフィスホワイトニングとは歯医者で行うホワイトニング方法で、歯に比較的強い薬剤塗布し、ホワイトニング専用のライトを当てることによって漂白し、歯を白くしていく方法です。

一度で効果を発揮しますが持続はしませんので、白さの維持のためには定期的なオフィスホワイトニング、もしくはホームホワイトニングと併用することになります。

次に、実際にどのような手順でオフィスホワイトニングを進めていくのかを説明します。オフィスホワイトニングを検討している方や興味を持たれた方は、ぜひ手順もご確認ください。

①問診

まず最初に、医師の質問に答える問診の時間があります。

②口腔内検査

口腔内検査で万が一重度の虫歯ひび割れ、もしくは歯周病(程度によります)などが見つかった場合は強い痛みが発生するおそれがあるため、施術ができなくなります。

③開口器具をつける

オフィスホワイトニングは口を開けて歯にライトを照射しますので、大きく口を開けて施術しやすくするための器具をつけて行います。

④歯の汚れを取る

施術部分に汚れがあるとホワイトニング効果が出にくいため、まず最初に落とせる歯の汚れは落とします。

⑤(必要に応じて)クリーニング

ヤニ歯石の程度がひどい場合はやはりホワイトニング効果が出にくくなるため、専用器具を使ってきれいにクリーニングする場合もあります。

⑥保護剤を塗る

歯茎に薬剤が付着しないための保護剤をまず最初に塗り、予防します。

⑦薬剤を塗る

正面から見える部分にまんべんなく薬剤を塗り、ホワイトニングの準備を行います。

⑧ライト照射

薬剤の漂白効果を促進するライトを8~15分程度照射し、歯の漂白を進めます。照射時間は使っているシステムで異なりますが、最近は熱を持たないLEDライトの人気が高まっています。

⑨口をゆすぐ

照射が終わったら口をゆすぎ、薬剤をきれいに洗い流します

⑩繰り返し

一度で終わるより数回繰り返したほうがより効果が出ますので、「同じように2~3回繰り返して一度のオフィスホワイトニング」とするところが多いです。

<費用>

オフィスホワイトニングの費用としては一般の歯科で3~5万ホワイトニング専門の歯科で1~3万程度です。歯科によって料金も違いますので、インターネットなどでお近くのホワイトニング専門の歯科がないか、安く施術している歯科はないか探してみましょう。

また歯科によっては診察料などが別途加算となることもありますので、オフィスホワイトニングを受ける前にしっかり確認しておくと安心です。

<期間>

オフィスホワイトニングは歯医者で行い、一回の施術時間は30分から1時間程度になります。

歯科医にもよりますが初回は1~2週間かけて定期的に自分の目標の白さになるまで施術を繰り返し、理想の白い歯になった後は白さの維持のためにも自宅でのホワイトニング、そして1~3ヶ月に一度の定期的な施術を続けることになります。

<安全性>

オフィスホワイトニングで使われている薬剤はほとんどが過酸化水素を主成分としたものであり、過酸化水素は口の消毒にも使われている薬剤です。FDA(米国食品医薬品局)でも安全性が認証されていますので、安心して施術を受けられます。

また歯の状態などによって痛みが発生する場合もありますが、通常はホワイトニング処置後24時間以内に収まります。

<デメリット>

オフィスホワイトニングは一度で効果を実感でき、また安心して施術を受けることもできますが、やはりデメリットもいくつか存在します。オフィスホワイトニングのデメリットについてもまとめていますので、デメリットをしっかり把握の上、オフィスホワイトニングを行うようにしてください。

痛みが発生する可能性がある

歯茎の状態によっては施術ができない場合がある

通院の必要がある

費用がかかる(1回の施術で3~5万円程度)

□永続的に白くはならないので、メンテナンスが必要

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの特徴は?
出典:xn--n8j849os6g.sblo.jp/

ホームホワイトニングとは、歯医者で自分に合ったマウスピースを作成してもらってそのマウスピースに過酸化尿素を主な原料として作られたジェルを塗布し、毎日装着することによって歯を白くする方法です。方法がとても簡単であること、歯医者に通わずホワイトニングが可能であることなどメリットが多く、日頃多忙な社会人の方に人気の高い方法です。

次に、実際にどのような手順でオフィスホワイトニングを進めていくのかを説明します。オフィスホワイトニングを検討している方は、ぜひ手順もご確認ください。

①カウンセリング

希望の白さや種類、ホワイトニング料金などを事前に相談し、どのようなホワイトニングを行うのかを選びます。

②写真を撮る

現在の歯の写真を撮り、ホワイトニングする前の歯の色を測定します。

③型取り

歯の型取りを行います。

④マウスピースの作成

型から自分の歯に合ったマウスピースを作成しますが、この歯は高熱などにより形が歪んでしまう可能性もあるため、ケースにしっかり保管しておきましょう。

⑤歯磨きをする

歯の汚れはホワイトニング効果を弱めてしまいますので、装着前には必ず、いつもより丁寧に歯磨きを行いましょう。

⑥ジェルを塗る

マウスピースの歯に合わせ、ジェルを規定量入れていきます。

⑦ジェルを伸ばす

ジェルを歯の裏側部分などにも軽く伸ばしておくとホワイトニング範囲が広がり、効果を実感しやすくなります。

⑧マウスピースをつける

ジェルがしっかり広がっているかを確認するためにも、まずは鏡を見ながらしっかり装着します。装着後はリラックスしながら過ごしますが、2時間ほどかかりますのでその間の飲食は不可となっています。

⑨マウスピースを洗う

マウスピースを外し、マウスピースをしっかり水洗いして清潔にしておきます。にジェルが残っているとむしろ歯に汚れがつきやすくなってしまいますので、しっかりゆすぐようにしてください。

⑩繰り返し

ホームホワイトニングは毎日続けることでより効果が高まりますので、毎日の継続をおすすめします。

<費用>

ホームホワイトニングを行う場合は自分に合ったマウスピースを作成してもらう必要がありますし、過酸化尿素が配合されたジェルを購入することも必要になります。回数や歯科によっても多少変動はありますが、おおよそ費用は20000~35000円程度と考えておきましょう。

ホワイトニングは自費治療になりますので、それぞれの歯科によって値段も大きく変わります。それでもほとんどの場合、オフィスホワイトニングと比べ安く済むのもホームホワイトニングのメリットです。

<期間>

オフィスホワイトニングと比べると効果はゆっくり発揮し、約2週間から1ヶ月ほどで歯が白くなったと実感出来ることが多いです。更に歯をしたい場合はそのまま継続を続け、理想の白さになるまで自分のペースで進められるというメリットもあります。

<安全性>

ホームホワイトニングで使われているジェルの主な成分は過酸化尿素ですが、これは自然に分解し過酸化水素尿素に分離するものです。オフィスホワイトニングで使われている過酸化水素同様、安心してご使用することが可能です。

オフィスホワイトニングで使われているものと違い分解しますので濃度は下がり、漂白効果もその分弱くはなります。しかし、濃度が下がるので痛みの発生も抑えられるというメリットもありますので、自宅で継続するホワイトニングとしては問題ありません

<デメリット>

ホームホワイトニングは自宅で自分のペースで進められるというメリットもある一方、やはりデメリットもいくつか存在します。ホームホワイトニングのデメリットについてもまとめていますので、デメリットをしっかり把握の上、ホームホワイトニングを行うようにしてください。

□白さの実感に時間がかかる(早くて2週間ほど)

□即効性はなく、今すぐ白くしたい方には向いていない

□マウスピース装着中は飲食不可

□ホームホワイトニング中は装着時以外にも飲食制限がある

虫歯がある場合など、歯の状態によっては施術が不可能

自宅で歯の黄ばみを落とす3つの方法

次に自宅で歯の黄ばみを落とす方法について紹介していきます。以下のような方には自宅で歯の黄ばみを落とすことをオススメします。

□費用を少しでも安く抑えたい方

□歯医者に通う時間がない方

□即効性を重視しない方

以上が自宅で黄ばみを落とすのにオススメの方となっております。ここでは自宅で歯の黄ばみを落とす方法として「ホワイトニング用歯磨き粉」「電動歯ブラシ」「ホワイトニングジェル」の3種類について紹介していきます。それぞれの特徴やメリット・デメリットについて紹介していきます。自分に適したものを購入するようにしましょう。

①ホワイトニング用歯磨き剤

ホワイトニング専用歯磨き粉という商品があり、毎日使う歯磨き粉をホワイトニング専用歯磨き粉にすることによって少しずつ歯の汚れを落とし、歯を白くしていく方法があります。歯磨き粉としてそのまま使えますので虫歯予防口臭予防にもなるタイプもあり、継続がしやすいというメリットが大きいです。

しかし商品によっては「ホワイトニング」と名前がついているだけの、歯の汚れを落として白くする成分が入っていない、効果が出ない歯磨き粉も存在します。購入時は、歯を白くする成分が入っているかを確認して選ぶ必要があります。

以下が代表的なホワイトニング効果がある成分一覧です。歯磨き粉を購入する際はこれらの成分がきちんと配合されているか確認するようにしましょう。
・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

<安全性>

ホワイトニング専用歯磨き粉を選ぶ際は、できるだけ研磨剤の小さなものを選ぶ必要があります。研磨剤は歯の表面を削ってしまう可能性があり、研磨剤による歯の汚れの原因となる場合もありえます。このように安全性は高くないですので、注意が必要です。

研磨剤は粒子の小さなものを選べば歯の表面を傷つけずに歯の汚れや歯垢、ステインなどをしっかり落としてくれます。

<値段>

今お使いの歯磨き粉とホワイトニング専用歯磨き粉を置き換えるだけですので気軽にホワイトニングを続けることができ、費用も2000円前後と安く済みます。ホワイトニング専用歯磨き粉は商品による価格差が大きいですが、研磨剤の大きさや歯を白くする成分の有無などをきちんと確かめ、歯を白くする効果があるものを選びましょう。

<デメリット>

ホワイトニング専用歯磨き粉はお手軽に自宅でホワイトニングが可能ですが、やはりデメリットもいくつかあります。デメリットもご確認の上、しっかり効果のあるホワイトニング専用歯磨き粉を探して下さい。

効果のないホワイトニング専用歯磨き粉もある

有効成分が含まれている歯磨き粉を探す必要がある

研磨剤で歯を削ってしまう危険がある

□生まれ持った歯の白さ以上には白くならない

□すぐに白くすることは出来ない

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

②電動歯ブラシ

電動歯ブラシは、手の動きと同じような動きを自動で歯ブラシが行い、横に動かしながら磨いていくことになります。電動音波歯ブラシから発生する波動エネルギーの振動で歯を加圧し磨きますので、使用方法をしっかり守れば簡単にヤニや歯の汚れや黄ばみを除去することが出来ます。

<安全性>

以前は「電動歯ブラシを使ってはいけない」という歯科医もいましたが、現在は安全性も考慮し改善を繰り返されていますので、安心してご使用することが出来ます。手で磨いている場合と違い歯ブラシが振動していますので、歯茎に強く当てるなど明らかに間違った使用方法だけは行わないように注意して下さい。

<値段>

簡単に歯科医のおすすめするスクラビング法なども行える電動歯ブラシですが、購入費用として10000円から30000円ほど必要になります。電動歯ブラシ専用の歯磨き粉を使うなど購入時以降にも負担がかかる可能性もありますので、決して負担が軽いものとは言えません。

<デメリット>

電動歯ブラシを使ってホワイトニングを行う場合のデメリットもまとめて記載しておきます。購入時・使用時には以下のようなデメリットがあることも考え、検討していただくことをおすすめします。

費用の負担がそれなりにかかる

操作に慣れる必要がある

□振動で歯茎を痛める可能性がある

専用歯磨き粉が必要な場合がある

□故障時の負担が大きい

画像の商品であるソニッケアーのダイヤモンドクリーンは音波水流による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに仕上げます。歯垢除去力は手磨きに比べて最大7倍の効果がると言われています。

③ホワイトニングジェル

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

ホワイトニングジェルとは歯磨きの後に使用するホワイトニング剤の総称です。歯磨き後、歯ブラシにホワイトmニングジェルをつけて3分間ほどブラッシングをするだけという使い勝手が良い商品です

ホワイトニングジェルの中にはホームホワイトニングで使用されているホワイトニング剤と同様の濃度を含んでいる商品も多く存在し、肝心のホワイトニング効果に関しても高い効果を期待することができます。

<安全性>

ホワイトニングジェルの特徴として安全性の高さが挙げられます。歯磨き粉もそうですが通常は歯の黄ばみを落とすために「研磨剤」を使用することが多いです。しかし、ホワイトニングジェルは研磨剤を使用していない商品が多く、安全性の高さが特徴に一つです。

<値段>

費用としては1ヶ月3000~5000円ほどが相場となっております。歯医者でのホワイトニングと比較すると費用は安いと言えます。

<デメリット>

□継続して使用しなければならない

□効果の実感に最低1ヶ月ほど必要

□歯磨きの後にもう一度ブラッシングする必要がある

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

歯の汚れを予防する方法とは?

先ほど歯の汚れを除去する方法について紹介しましたが、せっかく歯の汚れを落としてもまたすぐに歯に汚れが付着してしまったら嫌ですよね。そこで歯の汚れを予防し、白い歯を保ち続ける方法について紹介していきます。

歯を強く磨きすぎない

歯の汚れを落としたい、しっかり磨いて虫歯を防ぎたいなどの理由で歯磨きをする際に強くゴシゴシ磨いてしまうこともありますが、これはよくありません

歯を強く磨きすぎてしまうと表面のエナメル質を傷つけてしまい、その部分が凸凹になってしまいます。こういった部分はやはり汚れなども付着しやすくなってしまいますので、結果的に歯の汚れを作ってしまうことにもなりかねません。歯ブラシは柔らかめのものを、そして磨き方にも気をつけて正しい歯磨き方法を覚えましょう。

次の動画で正しい歯磨きの仕方を学べますので、一度しっかりご確認下さい。

一本一本丁寧に磨くこと、強く磨きすぎないことが歯の汚れを落とす基本ですので、毎日の歯磨きを振り返り、出来ていないポイントは改善していきましょう。

着色性食品を摂取しすぎない

赤ワイン

着色性食品とは?

着色性飲食物とは名前の通り「飲食することによって歯に着色するもの」のことで、代表的・有名なものとしてコーヒーウーロン茶などがあります。

着色性飲食物を摂取し続けることで、歯に少しずつ汚れや黄ばみが蓄積します。歯を白くしたい場合、白さを持続したい場合は出来るだけ摂取を控える、また接種後の歯磨きなどが大切になります。

更に食品には「着色補助食品」というものがあり、こちらは単独では着色の原因となりませんが着色性飲食物と一緒に摂取することで着色を補助し、強めてしまう食品のことになります。

着色補助食品は具体的に言うと「口の中を酸性にする食品」のことで、摂取すると口の中が酸性の状態になります。こうなると「臨界pH」というエナメル質ハイドロキシアパタイト(歯のエナメル質の97%を占める成分)が溶ける現象が起こる可能性が出てしまいます。

このように溶けてしまった部分は他の部分に比べ着色しやすい状態となっていますので、そのタイミングで着色性飲食物を口にすると、通常時より着色しやすくなるのです。こういった着色性飲食物を控える、また着色性飲食物と着色補助食品は一緒に食べない、飲まないようにしておくだけで、歯の着色を抑えることも可能です。

具体的な着色性飲食物や着色補助食品については以下にまとめられていますので、どういった食べ物や飲み物が同時に摂取しないほうが良いのか、必ず確認しておきましょう。

<着色性食品一覧>

・コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・赤ぶどう・カレーライス・ソース・ケチャップ・醤油・人口着色料を使用した食品・色の濃いうがい薬

<着色補助食品一覧>

・炭酸飲料・アルコール飲料・スポーツドリンク・柑橘系食品・飲料・シュウ酸(ほうれん草や青いバナナ、キャベツなど)・クエン酸(パイナップルやレモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなど)

喫煙を控える

着色汚れと言えばお茶やコーヒーなども思い当たりますが、歯の汚れや黄ばみで最も厄介なものはタバコのヤニです。

ステインはペリクルに付着することは前述の通りですが、ペリクルは歯の表面を覆って膜の役目を果たしているところから分かる通り、粘着質という特徴があります。一方タバコのタールも粘着質であり、どちらも粘着質であることからひきつけやすく、ヤニがしっかり付着して歯の汚れとなってしまうのです。

他の着色成分より多く付着してしまいますので、歯の汚れも黄色というよりは褐色に近くなり、見た目の汚さにも繋がってしまいます。たとえホワイトニングを行っていたとしてもペリクルとタールが強く引き合ってしまいますので、できれば禁煙することをおすすめします。

どうしても禁煙がつらい、出来ないという方も、電子タバコなどヤニが付着しない喫煙方法を考えてみて下さい。

歯の汚れが取れない?着色の原因や落とし方・予防法総まとめ!

男性

歯の汚れを落として白い歯を手に入れよう!
出典:weheartit.com

歯の汚れを落とすホワイトニング方法は様々ですので、ご自分の生活スタイルなどに合わせて方法を選ぶことが大切です。

しかし歯科に通う必要のあるオフィスホワイトニングやホームホワイトニングはやはりハードルが高いと感じる方も多いでしょう。そういった方にも自宅で出来るホワイトニング方法はたくさんありますので自宅でホワイトニングを行い、諦めず歯の汚れを落としていくことをおすすめします。

自宅でホワイトニングをする場合はホワイトニングジェルを使用するのが一番オススメです。効果・安全性の側面から見て自宅で最も効果が高いのはホームホワイトニングと同様の高濃度の薬剤を使用するホワイトニングジェルです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

Image-uploaded-from-iOS-13-1-e1493992594376

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

歯についたヤニ(黄ばみ)の落とし方は?自宅できるケアTOP3!

歯が汚い男は100%嫌われる?!歯の黄ばみの印象・原因・対策まとめ!


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料