歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!

歯についたヤニ、困っていませんか?歯についたヤニは着色汚れの中でも最も厄介な汚れの一つで落としにくいと言われています、歯についたヤニを落とすには正しい取り方を知ることが重要です。ここでは自宅と歯医者でできるヤニの取り方について紹介します。


歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!

ヤニ取りの方法とは?

ヤニ取りの方法とは?

歯ついたヤニ汚れが気になっていませんか?歯についたヤニで歯が黄ばんでいることで他人に不快な思いをさせてしまったり、知らないうちに悪い印象を与えてしまうことがあります。

以下では女性100人を対象に男性の歯や口元で気になるのはどこか調査した結果が表示されています。

女性100人に「男性の歯や口元、気になるのはどこ?」と聞いてみました。

結果は右のグラフのとおり。若干の差こそありましたが、男性に聞いた場合と同様に「歯の色」と答えた女性がもっとも多く、次いで「歯並び」「歯茎の見え方」となりました。

出典:医療法人スワン会

上記のグラフにあるように、男性の歯や口元で最も気になるのは「歯の色」と答えた女性が100人中43人もいることがわかりました。データから見ても「歯についたヤニを落とす」ことは女性からの好感度を上げるためには必要不可欠なことであると言えます。

歯にヤニがつくメカニズムとは?

歯の構造

ヤニがつくメカニズムとは?
出典:www.ydc6061.com

まず、歯についたヤニを落とすには、ヤニが歯に付くメカニズムを知っておく必要があります。

歯の表面が白いのは、歯の表面を被覆しているエナメル質が白いからです。

食事をすると口内が酸性に傾きます。エナメル質は人体の中では最も硬い物質ですが、非常に酸に弱いという性質があり、口内のPHが臨界PH(PH5.5)を下回ると溶けてしまいます。エナメル質が溶けてしまうと歯の内部組織に酸が侵入し、虫歯の原因になります。

この酸からエナメル質を保護しているのが唾液に含まれるたんぱく質のペリクルと呼ばれる物質です。

ペリクルは歯の表面を被覆しているエナメル質にコーティングして歯を守っているのですが、粘着性があるという性質があり、タバコに含まれるタールと強く結びつく性質を持っています。

茶色いネバネバしたタールが白い歯をコーティングしたペリクルと結びついた結果、歯についたヤニによる黄ばんだ歯になってしまうのです

タバコを吸ってすぐに口をすすいだり歯磨きをすればペリクルごと洗い流すことができるのですが、時間が経過するとタールとペリクルの結び付きが強固になるので、タールの粘りによって歯に強くへばりついてしまいます。

よく、タバコのヤニが歯の黄ばみの原因の中で一番厄介と言われていますが、その原因はこのヤニによるタールとペクリルの粘着性の強さによってヤニが落ちにくいからです。

正しく歯磨きをしないと磨き残しが出てしまいます。磨き残した上に更に絡み合ったペリクルとタールがさらに重なっていきます。その結果、少々の歯磨きでは歯についたヤニは落とすことはできなくなってしまうのです。

歯についたヤニを歯科医院で取るには?

歯についたヤニを落とすには、歯科医院に行き専門医や歯科衛生士によるプロの技に任せるのもひとつの方法です。

歯医者で歯についたヤニを落とす方法は「PMTC」「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の3つがあります。どのようなものなのかそれぞれ違いを見ていきましょう。

また、ここで少しホワイトニングについて説明します。まずはホワイトニングがどのようなメカニズムでホワイトニングするのかについて紹介していきます。

歯のホワイトニングとは、『生活習慣、加齢や遺伝、その他の原因で黄ばんでしまっている歯に薬剤を用いて、歯の表面を人の目から見て白く見えるように変化させる方法』です。

このメカニズムとして次の2つが挙げられます。

①ホワイトニング剤を用いて歯の表面の着色物を白く漂白する。
②ホワイトニング剤を用いて歯の表面構造を変化させる。

ホワイトニング剤による歯の表面の着色物質の漂白メカニズム

br-3

出典:山形歯科屋 坂上院

以上がホワイトニングのメカニズムとなっております。

シェード

シェードとは?
出典:www.ks-dent.com

また、ホワイトニングする際は自分の歯がどのような色なのかや理想の色が何色なのかについて決める必要があります。歯の色のことをシェードといい、シェードには様々な段階があります。以下にまとめてありますので確認しておきましょう。

シェードとは色の明るさや色調をいいます。
歯の色には様々なタイプがあり、A・B・C・Dタイプに分かれます。
Aタイプ:赤茶色 A1・A2・A3・A3.5・A4
Bタイプ:赤黄色 B1・B2・B3・B4
Cタイプ:灰色  C1・C2・C3・C4
Dタイプ:赤灰色 D2・D3・D4  (D1はありません)
※ホワイトニングによって最も歯が白くなりやすいのは赤茶色系のAタイプ、次いで赤黄色のBタイプ、最も歯が白くなりにくいのが赤灰色系のDタイプです。

出典:フカサワ歯科クリニック

以上がホワイトニングのメカニズムでした。では歯医者でできる3つのヤニ対策について紹介していきます。

ヤニ取り対策①PMTC

PMTCはProfessional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれる「専門医による歯の掃除」を意味します。

<費用>

PMTCは保険が適用される場合とそうでない場合があります。

自費治療となる場合は平均して1回13,000円前後になります。ただし保険が適用されるとその3割を負担することになります。(高齢者の場合は1割負担)

<保険が適用される場合とは>

・糖尿病や骨粗鬆症などの疾患によって歯周病に悪影響がある場合は1カ月に1度保険が適用。

・歯茎の再生など外科的処置を行った場合は1カ月に1度の保険が適用。

・上記以外の方は3カ月程度期間を開ければ保険が適用されます。

<期間>

PMTCはあくまでも掃除であり、歯についたヤニを落とす効果はあまり高くはありません。

PMTCの効果を持続させるためには、歯周ポケットが正常で虫歯治療も経験がなく、歯磨きを上手にできる方であれば3カ月に1度メンテナンスとしてPMTCに通院すると良いです。

しかしそれ以外の虫歯や歯周病になりやすい方は1カ月に1度はメンテナンスに通院することと良いでしょう。

<安全性>

専門の技術を学んだ医師や歯科衛生士による施術なので安全制は高いと言えます。

<デメリット>

□保険適用外となる場合があり、その場合は高額になる

□何度も通院することが必要になり、その度に費用がかかる

□仕上がりの精度は医師や歯科衛生士の技術に左右されるので注意が必要

ヤニ取り対策②オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは?
出典:www.kori-dc.com

オフィスホワイトニングは直接歯科医院に行って歯に高刺激の漂白剤を塗り、歯についたヤニだけでなく歯の内面までをホワイトニングするというものです。

<費用>

一般の歯医者で1回の平均は40,000円前後となります。

ホワイトニング専門医院では、平均20,000円前後です。

どちらにしてもPMTCを併用する場合があり、自費で行う場合は別途13,000円前後が追加で加算されます。

もちろん個人差はありますが、ホワイトニングを受ける方の多くは自分の理想とする白さまでに3~5回ほど施術する必要があると言われています。

オフィスホワイトニングにかかる費用は非常に高いと言えます。

<期間>

高濃度の薬剤と強力な光を使用して漂白効果を最大限に高めるので、短期間で歯についたヤニ汚れを落とすことができます。早い方は1日で効果を実感することができます。

あくまで参考程度になりますが、基本的には1回の施術で5シェード前後の効果があると言われています。

効果の持続期間としては3~6ヶ月ほど持続します。日頃から着色性食品を多く摂取している方や喫煙をしている方などはその効果が早まってしまう可能性があります。効果が切れてしまったら再度ホワイトニングをすることになります。

<安全性>

専門の知識を持つ医師や歯科衛生士が施術を行うので基本的には安全ですが、強力な漂白剤を使用するので痛みが出てしまう可能性もあります。

<デメリット>

□費用が高額

□持続性が低いため1~3カ月に一度は定期的な施術を受けておくことが必要

□1度である程度の歯についたヤニを落とせるが、完璧を目指すためには2~3週間は詰めて通う必要があり、その度にまた費用がかかる

□強力な漂白剤を使用するので、施術後に痛みを伴う可能性がある

□歯石や歯についたヤニ汚れがひどい場合にはPMTCを併用することがあり、別途費用がかかる

以上オフィスホワイトニングのまとめでした。「費用はかかってもいいからすぐにでもホワイトニングしたい」という方にはオフィスホワイトニングがオススメです。

ヤニ取り対策③ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは?
出典:www.oralpro.jp/menu/whitening/home.html

ホームホワイトニングは歯医者に行って指導を受けてから自宅に戻り、オフィスホワイトニングよりも低刺激の漂白剤(6倍程度の差があるものが一般的)を使ってじっくりと歯についたヤニを落とす方法です。

オフィスホワイトニングよりも手軽で何度でもホワイトニングできます。

<費用>

1回の施術における費用は平均して23,000円前後です。マウスピースを作成するのに費用がかかりますがあとは定期的に薬剤を購入することでホワイトニング効果が得られます。

薬剤の費用ですが、基本的には1週間~2週間分で5000円〜10000円ほどとなっています。

<期間>

自宅で自分で施術するので刺激を抑えるために薬剤の濃度が低いので時間がかかります。効果が出るには2週間程度は見込んでおく必要があります。

ホームホワイトニングの効果の持続期間についてですが、6ヶ月~1年は持続します。オフィスホワイトニングに比べ持続期間は長いです。

<安全性>

低刺激とはいえ、自宅で自分で薬剤を使用・管理することが必要なので、安全性には評価が低くなります。また専用のマウスピースの衛生管理を怠ると細菌が増殖してしまい、歯に悪影響を及ぼす危険がありますので注意が必要です。

<デメリット>

□薬剤の使用・管理を自分で行うため危険を伴う可能性がある。

⇒刺激は低いのですが、やはり漂白剤の使用・管理には注意が必要です。

□効果が出るまでは毎日マウスピースを使用し、管理することが必要。

⇒マウスピースは熱に弱く歪んでしまうと自分の口の形に合わなくなります。また衛生管理を怠ると細菌が増殖し歯に悪い影響を及ぼす可能性があります。

□メンテナンスのためにまた自宅でホワイトニングすることができますが、その時には薬剤を購入するために歯医者へ行く必要があり別途料金が必要。

□ホワイトニング期間(2週間程度)はホワイトニング後12~24時間程度は着色しやすい状態になるため注意が必要。

⇒着色性食品や着色補助食品を摂取したり、喫煙を控えることを指導されます。

□被せ物や詰め物をしていたり、神経のない歯には効果がない。

歯医者でついたヤニを自宅で取るには?

「歯についたヤニを自宅で落としたい」

「安い費用で歯についたヤニを除去したい」

と考える方には自宅で歯についたヤニを落とす方法もあります。

自宅でヤニ取りをしたい場合におすすめなのがホワイトニングジェルです。ホワイトニングジェルは通常の歯磨き粉の代わりに歯ブラシにジェルをつけてブラッシングすることでヤニや食べ物など、日常で付着するステインを除去できます。

通常の歯磨き粉に多く配合されている「研磨剤」や「発泡剤」を配合しておらず、安全性に優れている点も人気の理由となっています。

第1位:ちゅらトゥースホワイトニング

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:5,980円
評価:★★★★★

<商品特徴>

①3種類のホワイトニング成分が歯の汚れを浮かせて剥がし取る

②2017年度に54万人に行った満足調査で6冠を達成。ホワイトニングジェルの中で人気度NO.1

③歯科医推奨の医薬部外品のホワイトニングジェルで、飲んでも平気なくらい低刺激

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら⇒「ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

<安全性>

ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤を使用しておらず、先ほど紹介した有効成分の「ポリアスパラギン酸」などが表面の汚れを浮かせて剥がします。そのため、歯を傷つけることがなく、安全にホワイトニングをすることができます。

またちゅらトゥースホワイトニングは医薬部外品の認定を受けており、その効果と安全性を厚生労働省も認めています。

<口コミ>

次にちゅらトゥースホワイトニングの口コミについて紹介していきます。

<価格>

2017年8月現在、ちゅらトゥースホワイトニングはamazonでも販売されています。しかし、定価購入となっているため、購入するのであれば公式サイトからの購入が一番お得です。

今、公式サイトの「特別モニターコース」では期間限定で以下のような特典があります。

<価格>

□通常価格5980円(税抜)のところ33%OFFの3980円(税抜)

□2回目以降も16%OFFの4980円(税抜)

<購入特典>

スクリーンショット 2017-06-05 15.18.18

□ワンタフトブラシ一本無料でプレゼント

□クレジットカードでの購入なら500pt(500円分)をプレゼント

<購入注意点>

□最低3回以上の購入が必要(3980+4980+4980円)

□変更や中止の連絡は次回出荷予定日の10日までに連絡する必要がある

⇨ちゅらトゥース公式サイトはこちら

第2位:はははのは

-15-e1477620853925

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:3,500円
評価:★★★★

<商品特徴>

①審美歯科にも使用される4種類のホワイトニング成分を配合

完全無農薬の10種類のオーガニック成分を配合

③安心の製薬会社との共同開発。子供でも使用できるほどの低刺激

はははのはの詳細はこちら⇒「はははのはは効果なし?はははのはの悪い口コミや副作用まとめ!

<口コミ>

<安全性>

スクリーンショット 2017-07-15 23.38.52

はははのはは研磨剤や発泡剤、着色料など、全て使用しておらず、安全性を徹底追及しています。

また、ISO認定工場での製造をこなっており、品質管理に関しても高い安全性が保証されています。

<値段・購入特典>

スクリーンショット 2017-07-15 23.43.38

はははのははamazonや楽天市場などでも販売されていますが、定価販売なため、お得に購入するなら公式サイトがおすすめです。

現在、公式サイトで定期コースを購入すると以下のような特典が得られます。

<価格>

□1箱の定期コースの場合、通常価格3500円(税込)のところ43%OFFの1980円(税込)

*2回目以降も15%OFFの2980円

<購入特典>

□10日間の返金保証付き

□送料・手数料無料

□定期便は一回の購入から停止可能

<購入注意点>

□2回目以降の発送注意をする際は発送日の10日前に連絡が必要

⇒はははのは公式サイトはこちら

第3位:プレミアムブラントゥース

スクリーンショット 2017-06-20 16.29.48

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:9,980円
評価:★★★★

<商品特徴>

スクリーンショット 2017-06-20 16.43.00

プレミアムブラントゥースとは、「オーガニックにこだわった自然由来のホワイトニング歯磨き」が出来る商品です。

世界5カ国で売上第1位のホワイトニングジェルであり、研磨剤を一切使わないので歯のエナメル質を傷つける心配もなく使うことができます。

ホワイトニング成分である「パパイン」などを配合。その他にも6種類の植物性オイルや16種類の植物エキスを配合しています。

<商品特徴>

①ホワイトニング先進国アメリカなど、世界5カ国で売上1位

②自然のホワイトニング成分「パパイン」を配合

③6種類の植物性エキスや16種類の植物エキスを配合。オーガニック成分を高配合

プレミアムブラントゥースの詳細はこちら⇒「プレミアムブラントゥースの効果は嘘?!悪い口コミやデメリットを掲載!

<口コミ>

<安全性>

スクリーンショット 2017-06-20 16.39.48

プレミアムブラントゥースは原材料から製造過程まで安心と安全にこだわり、「医薬品及び医薬部外品GMP認定工場」で製造されています。

品質についても徹底した管理が行われ、また使われている素材は天然素材ばかりですので、基本的に副作用はなく安心してご使用いただけます。

妊娠中の方も使用に問題はありませんが、心配な方は一度かかりつけの医師に相談の上、ご使用ください。

アレルギーをお持ちの方、可能性がある方は注意が必要です。プレミアムブラントゥースは自然由来の成分がたくさん含まれていますので、アレルギー体質の場合はアレルギーがないか、使用前に必ず全成分をご確認下さい。

またアレルギーに気づかず使ってから「体質に合わない」と感じた場合は速やかに使用を中止し、お問い合わせもしくはかかりつけの医師に一度ご相談ください。

<値段・購入特典>

スクリーンショット 2017-06-20 16.47.14

プレミアムブラントゥースはamazonや楽天市場では販売されていませんので、公式サイトからの購入になります。

公式サイトからの購入の場合、定期便で申し込むことと以下のような特典があります。

<価格>

定期便ご利用の場合:3,980円(税抜・送料無料)

一回だけ購入の場合:9,980円(税抜)+送料650円

<購入特典>

・送料無料

・また90日間返金保証

<購入注意点>

・定期便は毎月自動でお届けするコースとなり、2回目以降は50%オフ4,980円(税抜)

・効果を実感のため、3回以上お届けすることが条件

・4回目以降は休止・変更などのお手続きが可能だが、次回出荷予定日の10日前までに電話で連絡する必要がある

→ブラントゥース公式サイトはこちら

歯についたヤニの正しい取り方は?自宅での取り方や費用教えます!まとめ

以上が女性の好感度を上げるために歯についたヤニを落とす方法の紹介です。いろいろと紹介しましたがホワイトニングとクリーニングの違いには理解が必要です。

<クリーニングできる方法>

・PMTC

<ホワイトニングできる方法>

・オフィスホワイトニング:価格が高額になるが高確率で歯を白くできる。

・ホームホワイトニング:自宅で自分で薬剤を使用する危険を含んでいるが、効果は確実である。

・ホワイトニングジェル:継続することでホワイトニング効果が得られる。自宅でのケアでは安全性・効果においてトップクラス

以上のように分類されます。

高いホワイトニング効果をその日に得たいという方には「オフィスホワイトニング」

自分のペースで限界まで歯を白くしたい方には「ホームホワイトニング」

歯医者に行くのが面倒で、費用も安く抑えたい方はホワイトニングジェルがオススメです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

<歯を白くするホワイトニングジェルランキング>

1位:ちゅらトゥースホワイトニング

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

⇨ちゅらトゥース公式サイトはこちら

2位:はははのは

-15-e1477620853925

⇒はははのは公式サイトはこちら

3位:プレミアムブラントゥース

スクリーンショット 2017-06-20 16.29.48

→ブラントゥース公式サイトはこちら

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!

 


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料