歯を白くしたいけどお金がない?ホワイトニングの料金相場まとめ


歯を白くしたいけどお金がない?

男性

ホワイトニングしたいけどお金がない、、
出典:weheartit

「歯を白くしたいけど料金が気になる、、」という方は多くいます。

OAサイトなど閲覧するとホワイトニング系の質問に関しては費用面に関することが最も多く聞かれていました。

「歯を白くしたいけどホワイトニングの料金や効果の持続性などに悩んでいる」という方の声を集めてみました。

今度、ホワイトニングをしたいと思っていますが、かかりつけの歯科医に費用を尋ねると、「6万円位」と言われました。矯正などと同じで保険がきかず、歯医者によって、かかる費用に開きがあるホワイトニング。
ネット等で検索すると費用がまちまち過ぎて、迷ってしまいます。かかりつけの歯医者は最新機器が売り物なので、虫歯などは安心しておまかせしています。やはり、ホワイトニングも、多少高いと思ってもかかりつけの歯科医にお任せしたほうがいいのでしょうか?

出典:yahoo!JAPAN知恵袋

近くの歯科でオフィスホワイトニングが10万円と2万円のところがあります

これは2万円のところでは薬剤が薄い等で効果が少ないのでしょうか?それとも10万円はサポートケアが充実していたりといったところでしょうか?

割と黄色い歯でもオフィスホワイトニングで効果があるのか心配なのですがあるていどは効果あるのでしょうか・・・

何ヶ月持続するかもお聞きしたいです

出典:OKWAVE

ホワイトニングをしたいなぁと思っているのですが色々分からない事が多いので教えていただけますでしょうか?

…大体いくらくらい費用がかかるものなんでしょうか?

…ホワイトニングって保険内なんでしょうか?

…取れない種類のヨゴレ(?)とかってありますか?

などです。
よろしくお願いします。

出典:教えて!goo

歯を白くしたいという悩みを抱えている方が多いことがわかっていただけたかと思います。

ここでは「実際に歯を白くしたい願いをかなえるには料金はいくらぐらいになるのか」「歯を白くするまでには何回通院することが必要なのか」などについて記述していきます。

また料金を抑えながら歯を白くする方法についても紹介していきますので、歯を白くしたい方はチェクしておきましょう。

オフィスホワイトニングの料金相場とは?

オフィスホワイトニングとは「歯に歯医者のみに使用が許可されている高濃度の薬剤を歯に塗布し、レーザーを当てることによって歯を白くする」ホワイトニング方法です。

オフィスホワイトニングを受けるにあたって欠かせないのがシェードについての理解です。

シェードとは歯の色の明るさや色調のことを言います。

治療の前に「自分の歯の色はどの色なのか」「どの色まで歯を白くしたいのか」を決めておく必要があります。

シェード

シェードとは?
出典:北白石総合歯科

シェードには様々な段階があります。

以下にまとめてありますので確認しておきましょう。

シェードとは色の明るさや色調をいいます。
歯の色には様々なタイプがあり、A・B・C・Dタイプに分かれます。
Aタイプ:赤茶色 A1・A2・A3・A3.5・A4
Bタイプ:赤黄色 B1・B2・B3・B4
Cタイプ:灰色  C1・C2・C3・C4
Dタイプ:赤灰色 D2・D3・D4  (D1はありません)
※ホワイトニングによって最も歯が白くなりやすいのは赤茶色系のAタイプ、次いで赤黄色のBタイプ、最も歯が白くなりにくいのが赤灰色系のDタイプです。

出典:フカサワ歯科クリニック

<効果がで始める期間>

オフィスホワイトニングでは一度の施術によって約5シェード前後の改善が見込まれます。

施術後すぐに効果を実感できることがオフィスホワイトニングの最大の特徴であると言えるでしょう。

1回の施術で足りない場合は各自の理想とする歯の白さまで施術を行うことになります。

通う頻度に関しては1週間~2週間程度の間隔で通う必要があります。

<効果の持続期間>

オフィスホワイトニングの持続期間は最長で6ヶ月ほどとなっています。

着色性食品を日頃多く摂取している方や喫煙をしている方などはその効果が早まってしまうことがあります。

6ヶ月に1度程度はオフィスホワイトニングを再度行う必要があります。

<費用>

オフィスホワイトニングの料金相場に関してですが一般歯科の場合は1回4万円前後となっています。

1回だけの施術であれば約4万円で済みますが、仮に5回施術するとなると約20万円ほどかかってしまうことになります。

施術の回数によって費用も大きく変わることがおわかりいただけたかと思います。

ホワイトニング歯科の場合は1回2万ほどで施術を受けることができます。

<その他の諸費用>

その他に診察代やクリーニング代が必要な医院もあります。

クリーニング代は1万円程度の費用がかかってしまうので注意が必要です。

ホームホワイトニングの料金相場とは?

ホームホワイトニングとは「歯医者の指導の下で自宅で自分の手によって低刺激の薬剤を使って歯を白くする」ホワイトニング方法です。

ホームホワイトニングを受けるにあたってもシェードについての理解をしておく必要があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは?
出典:ひらた歯科クリニック

<効果がで始める期間>

施術前のシェードによりますが、2週間程度で十分に効果を体感できるようになります。

2週間の間は自宅で毎日自分専用のマウスピースに低刺激の薬剤を自分の手で塗布し、歯に装着して2時間程度の施術を行います。

2週間後に通院しシェードを確認して満足しなければ薬剤を追加購入してまた自宅に戻って施術を行うことで歯を白くすることができます。

<効果の持続期間>

ホームホワイトニングの持続期間は最長で2年間もありますが、オフィスホワイトニングの効果と同様に着色性食品を日頃多く摂取している方や喫煙をしている方などは期間が縮まってしまいます

ただし再度歯を白くしたいと思った時は、薬剤さえ追加で購入すれば自宅でいつでも何度でも施術できるメリットがあります。

<費用>

ホームホワイトニングの料金相場は一般歯科の場合は1回3万円前後となっています。

ホワイトニング専門歯科の場合は1回2万ほどで施術を受けることができます。

上記料金は初回の自分専用マウスピースの料金が含まれています。

その後再度歯を白くしたいと思って施術を行う場合は、追加で薬剤を購入するだけでOKです。

薬剤の料金の相場は5,000円~10,000円で1~2週間分が購入できます。

<その他の諸費用>

初回にマウスピースを作成してもらう前に診察を受けますが、その時に虫歯や歯周病などが見つかれば治療に料金がかかります。

また歯の汚れや歯石がひどい場合は別途クリーニングに料金が発生する場合もあります。

デュアルホワイトニングの料金相場とは?

歯医者で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングを併用して歯を白くしたい想いを叶える方法がデュアルホワイトニングです。

デュアルホワイトニングは究極のホワイトニングと呼ばれるほどで、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは到達できないレベルにまで歯を白くすることができます。

<効果がで始める期間>

歯医者でオフィスホワイトニングと自宅でホームホワイトニングを行うデュアルホワイトニングの必要な期間としては2週間~1カ月となります。

<効果の持続期間>

デュアルホワイトニングは歯の内部の細かい部分にまで漂白が行き届くので、色戻りがしにくいと言われています。

ホームホワイトニングの持続は最長2年間ですがそれ以上持続することが可能です。

<費用>

デュアルホワイトニングの料金相場に関しては一般歯科の場合は1回7万円前後となっています。

通院しての施術の回数によって費用も大きく変わって来ます。

ホワイトニング専門歯科の場合は1回4万ほどで施術を受けることができます。

またホームホワイトニング用の薬剤を追加で購入する場合は、1~2週間分で5,000円~10,000円の料金となります。

<その他の諸費用>

初回に通院したときに、クリーニングや治療を行った場合には、別途料金が必要です。

クリーニングに関しては基本的には10000円ほどで施術を受けることができます。

歯医者ごとに料金が違う理由とは?

歯を白くしたい想いをかなえるホワイトニングですが歯医者ごとに大きく料金が違ってきます。

その理由には以下のようなものがあります。

□薬剤の違い

⇒ほとんどのホワイトニングではアメリカ製の薬剤を使用していますが、安い料金のホワイトニングでは現地のディスカウントショップやコンビニで市販されている程度の薬剤なので、効果が薄くなってしまいます。

必ずしも料金が安いから得をするとは言い切れない場合があるので注意が必要です。

□カウンセリングにかける時間が違う

⇒安い歯医者ではカウンセリングが省かれてしまうところがあります。

カウンセリングもせずに刺激性のある薬剤を渡されてホームホワイトニングをするのは危険なので避けるようにしましょう。

□使用する機械や施術内容がクリニックによって異なる

⇒最初に機械によって歯の色を正確に測定してどこまで歯を白くしたいのかを相談し、カウンセリング受けてからホワイトニングを開始する必要があります。

また定期的な通院によって毎回チェックしてもらいながらホワイトニングを進めて行かなければならないところを料金が安い歯医者では省かれてしまう可能性があるので注意が必要です。

以上がクリニックによってホワイトニングの値段が異なる理由です。

費用が安いということはメリットに見えますが、その分効果が薄いことなどもあります。

お金はないけど歯を白くしたい人にオススメしたい自宅ケア3選

歯を白くしたい方には高額な歯医者ではなく自宅で費用を抑えながらホワイトニングする方法もあります。

「高額な料金は支払えないけどホワイトニングがしたい」と考える方には自宅でのホワイトニングがオススメです。どのような自宅でのケアがあるのか以下で見ていきましょう。

ホワイトニングジェル

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

ホワイトニングジェルとは歯磨きの後に使用するホワイトニング剤です。

歯磨き後、歯ブラシにホワイトニングジェルをつけて3分間ほどブラッシングをするだけでホワイトニング効果を得ることができます。

「自宅でのケアでは効果があまりないのでは?」と思う方もいるかと思いますが、ホワイトニングジェルの中にはホームホワイトニングで使用されているホワイトニング剤と同様の濃度を含んでいる商品も多く存在し、肝心のホワイトニング効果に関しても高い効果を期待することができます。

自宅ケアの中で最もホワイトニング力があります。

<安全性>

ホワイトニングジェルの特徴として安全性の高さが挙げられます。歯磨き粉もそうですが通常は歯の黄ばみを落とすために「研磨剤」を使用することが多いです。

しかし、ホワイトニングジェルは研磨剤を使用していない商品が多く、安全性の高さもその人気の理由の一つです。

<値段>

費用としては1ヶ月3000~5000円ほどが相場となっております。

歯医者でのホワイトニングと比較すると費用は安いと言えます。

<デメリット>

□継続して使用しなければならない

□効果の実感に最低1ヶ月ほど必要

□歯磨きの後にもう一度ブラッシングする必要がある

画像の商品「ちゅらトゥースホワイトニング」では独自開発の成分であるPAAやGTO配合しており、厚生労働省の認可が必要である医薬部外品に認定された注目の商品です。

その詳細については以下の公式サイトで確認することができますので、一度チェックしておきましょう。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

⇨公式サイトはこちらをクリック

ホワイトニング用歯磨き粉

ホワイトニング用歯磨き粉

歯を白くしたい想いを自宅で叶える方法として、ホワイトニング用の歯磨き粉を使用する方法もあります。

しかしホワイトニング用歯磨き粉の中にはホワイトニング成分を配合していないのにホワイトニングの効果や効能を謳って販売している商品もあるため、事前に成分表示を確認したうえで購入することが重要です。

<安全性>

ホワイトニング用の歯磨き粉の多くの商品には研磨剤が配合されています。

そのため強く磨きすぎるとエナメル質を痛めてしまい、虫歯や歯周病の原因を招く可能性があるため安全性には評価できません。

研磨力が低い成分を少なく配合しているものを選ぶようにしましょう。

<値段>

販売されているものの料金は1,000円~5,000円ほどです。

<デメリット>

□研磨剤が配合されてものが多く安全性は高くない。

□発泡剤が配合されているものも多く、磨き残しをしやすくなる可能性がある。

⇒短時間で泡が立ちすぎると歯磨きの達成感が早々に出すぎてしまいます。

そのため汚れや食べかすを残してしまう可能性が高くなり、虫歯や雑菌の増殖に繋がってしまいます。

□ホワイトニング効果それほど高くはなく、クリーニング効果に近い。

画像の歯磨き粉「アパガードリナメル」はナノサイズのハイドロキシアパタイトを高配合しています。

通常、ハイドロキシアパタイトは研磨剤として使用されるものが多いですが、この商品はナノ化に成功することによってエナメル質を滑らかにしてくれます。

重曹

重曹

重曹は加水分解効果によって汚れと結合したたんぱく質を浮き上がらせて、強力な研磨力によって削り取ってしまうものです。

重曹を水やハッカ油などと混ぜ合わせて歯磨き粉状に練り、歯ブラシに付けて歯を磨きます。

またスプーン1杯分の重曹を500mlの水に入れて良くかき混ぜ、口いっぱいに含んでまんべんなくうがいをすることで歯の表面の汚れを落とすことができます。

<安全性>

・強力な研磨力があるので歯を削ってしまう恐れがあり、安全とは言い切れません。

・重曹はナトリウム(塩)なので、生活習慣病などで塩分を控えるように通告を受けている方は使用を控えないと、病状を悪化させる恐れがあります。

<値段>

料金は100g100円程度から購入できます。

<デメリット>

□研磨力が強力で歯を傷付ける可能性があります。

□塩分を控える必要がある方には、不向きです。

□クリーニングとしては効果がありますが、ホワイトニングの効果はありません。

画像が添付されている重曹は食用の重曹であるため、安心して使用することができます。

価格も2Kgで700円ほどとなっており、非常に気軽に試すことができると言えるでしょう。

歯を白くしたいけどお金がない?ホワイトニングの料金相場まとめ

男性

誰もが羨む白い歯を手に入れよう!
出典:weheartit

以上が歯を白くしたいと思いながら歯医者の料金や効果について不安を持っていた方に向けた解説文になります。

歯医者で歯を白くしたい方にオススメの方法はオフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニングの3つの方法がありますが、最も効果が高く芸能人のような白い歯が手に入るのはデュアルホワイトニングです。

しかし、その料金は「オフィス+ホーム」ホワイトニングとなるので非常に高額です。

「お金をかけてもいいから完璧に歯を白くしたい」という方にはデュアルホワイトニングがオススメです。

一方、高額な料金を支払わずに歯を白くしたい場合は自宅でホワイトニングジェルを使用するのが一番オススメです。

効果・安全性の側面から見て自宅で最も効果が高いのはホームホワイトニングと同様の高濃度の薬剤を使用するホワイトニングジェルです。

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!」こちらの記事ではおすすめしたいホワイトニングジェルについてランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!」こちらの記事ではちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミや評判の原因やその効果について紹介しているのでチェックしてみましょう。

ちゅらトゥースホワイトニング

⇨公式サイトはこちらをクリック

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料