頭皮の臭いはフケが原因?頭皮のフケの効果的で正しい方法を伝授!


頭皮の臭いの原因はフケが原因なの?

悩み

頭皮の臭いはフケが原因なのでしょうか?

結論からお話するとフケは頭皮の臭いの原因になります。

あなたは最近、「肩の上に白いフケが落ちてくる」「頭をかくとフケが落ちてくる」そのような悩みを抱えていませんか?

もしかしたらもう頭皮の臭いが気になっている方もいらっしゃるかと思います。

頭皮のフケにはもちろん原因があります。

今回は頭皮のフケの原因や正しい対策方法について詳しく紹介していきますので、頭皮の臭いで悩んでいる方はぜひ参考にして見て下さい。

頭皮のフケってどんなもの?

頭皮のフケってどんなものでしょうか?

フケで悩んでいる方は、「洋服の肩のうえに細かい白いフケ落ちている」といった症状で悩んでいるかと思います。

では詳しくフケの特徴について見ていきましょう。

フケの特徴

フケの特徴には基本的に2つに分けられます。

①乾燥タイプ

乾燥タイプのフケは上記のように、頭をかくとパラパラと細かく白いフケが落ちてくるのが特徴的です。

もともと乾燥しがちな肌質の方に多く見られるタイプです。

②脂性タイプ

脂性タイプのフケは、皮脂と混ざっているためしっとりとしていたり湿っぽいのが特徴です。

乾燥タイプと比べると、大きめのフケとなることが多いです。

頭皮のフケの原因とは?

では早速フケの原因を見てみましょう。

フケの原因には5つあるので、フケで悩んでいる方は参考にして下さい。

フケの原因①:自分の頭皮に合わないシャンプー

自分の頭皮に合わないシャンプーを使用すると頭皮トラブルが生じてフケの原因になります。

特に敏感肌や乾燥肌の方は、洗浄力の高い界面活性剤が含まれるシャンプーなどは控えましょう。

肌が弱い方が洗浄力の高いシャンプーを使用すると、正常な皮脂までも洗い落とされてしまうので潤いが保てなくなり頭皮トラブルが生じてしまいます。

フケに効果的なシャンプーは毛髪や頭皮をつくるたんぱく質を構成しているアミノ酸が含まれていたり、化学物質であるシリコンが含まれないシャンプーを選びましょう。

フケの原因②:間違ったシャンプー方法

間違ったシャンプーの方法をしている場合もフケが発生しやすいです。

高温でシャンプーをすることによって、乾燥を引き起こしフケが発生する要因になることも多いです。

また、ゴシゴシと強く洗いすぎて頭皮を傷つけてしまいフケが発生してしまうこともあります。

フケを対策するためには、正しいシャンプーの方法を身に着けることが大切です。

フケの原因③:睡眠不足

あくび

睡眠不足は、頭皮の代謝に大きく影響します。

代謝が悪くなると、本来生まれ変わるはずの頭皮がそのまま残ってしまい、フケの絵原因となりやすいです。

また、睡眠不足によりホルモンバランスが乱れ、皮脂が過剰に分泌されたり反対に乾燥を引き起こしてしまうこともあります。

フケ対策を行うには、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

フケの原因④:偏った食習慣

ステーキ

コンビニ食や外食ばかりなど、偏った食生活は乾燥や皮脂の過剰分泌の原因となります。

特に、脂質や糖質の摂りすぎは頭皮環境に大きな影響を与えます。

偏った食生活は頭皮やフケはもちろんのこと、身体にも悪影響。臭いの原因になることもあります。

バランスの良い食生活を心掛けるようにしましょう。

フケの原因⑤:ストレス

ストレス

ストレスが溜まっていると、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌も不安定になり、過剰に分泌されたり乾燥してしまったりと頭皮に影響を与えます。

ストレスが溜まっていることにより、フケが発生してしまうこともありますので、しっかりとストレスを解消させることが大切です。

フケが原因で頭皮の臭いが発生する理由とは?

次に、フケが原因で頭皮の臭いが発生してしまう理由ご説明します。

実は、フケ自体には臭いがありません。なのでフケが出ているからといって必ずしも頭皮の臭いが発生するわけではないのです。

フケが原因で頭皮の臭いが発生してしまうのは、フケが雑菌の大好物であるためです。

フケや皮脂は雑菌繁殖の大きな要因。フケがあることで雑菌が繁殖し、臭いの原因となってしまうのです。

頭皮の臭いが発生してしまった場合は、フケや皮脂が原因である可能性を考えましょう。

頭皮のフケの正しい対策

頭皮のフケの正しい対策を紹介していきます。頭皮のフケ対策を行うことにより、頭皮の臭い改善にもつながります。

フケの対策①:頭皮環境を整えるシャンプーを使用する

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプーは毛髪のプロフェッショナルである毛髪診断士と美容師の共同による開発されたシャンプーです。

毛髪や頭皮と同じ成分である15種類のアミノ酸が頭皮や毛髪を正常に保ってくれます。

また化学物質や着色料や界面活性剤などの頭皮に刺激になるものは一切配合されていません。

さらに乾燥や、頭皮トラブルの原因となるシリコンが含まれていないノンシリコンシャンプーでありながら、髪のダメージを程よくコーティングしてくれる10種類のオーガニックエキスが含まれているため紫外線やドライヤーなどの熱ダメージもしっかりと補修をしてくれます。

程よい洗浄力で、過剰に皮脂を奪わないためフケ対策としても有効です。

更に詳しく知りたい方はチャップアップシャンプー口コミとは?価格や成分を徹底分析!の記事を参考して下さい。

⇒男性用公式サイトはこちらをクリック

⇒女性用公式サイトはこちらをクリック

フケの対策②:正しくシャンプーを使用する

シャンプー

<正しいシャンプーの流れ>

正しいシャンプーの流れは基本的に5つのステップです。

それぞれのステップを詳しく紹介していくので参考にして下さい。

①ぬるま湯でしっかりと流す

38~40度くらいのぬるま湯で頭皮や毛髪に付着している汚れやホコリをとっていきます。

必要以上にごしごし洗う必要をなくすためでもあるので、しっかりと洗っていきましょう。

②シャンプーをよく泡立てる

次に、適量のシャンプーを手にとって泡立てます。

適量というのは髪の量やシャンプーによって異なりますので、パッケージなどで確認しておきましょう。

取ったシャンプーをそのまま髪に乗せるのではなく、一旦手の平の上で泡立てるというのがポイントです。

③マッサージするようにやさしく洗う

いよいよ髪・頭皮を洗っていきます。ゴシゴシと力を入れすぎずに指の腹で優しく洗うのがポイントです。

力を入れすぎると皮脂や水分を過剰に奪ってしまう原因となりますので注意してください。

④しっかりとすすぐ

しっかりと髪・頭皮を洗ったらすすぎ残しがないように泡を洗い流します。

泡が残っていると雑菌が繁殖してしまう要因となりますので、十分にすすぐようにしましょう。

⑤しっかりとタオルドライをする

すすぎ終わったら、タオルドライをしてしっかりと水分をふき取ります。

水分が残っていると雑菌が繁殖してしまう要因ともなりますので十分に気をつけましょう。

下記動画では正しいシャンプー方法が実践されていますので、ぜひご覧になってください。

シャンプーの仕方を変えるだけで、フケによる臭いを軽減させることも可能です。

フケの対策③:一定の睡眠を確保する

ベッド

睡眠に最適な時間帯は午後10時~深夜2時の間です。

有名な神経科医のクリート・チャウダリーも睡眠に関して次のようにいっています。

「いつ寝るかは、株式市場でいつ投資するかと同じ。どのくらい投資するかは問題ではない。いつするかが大事なのだ」です。

成長ホルモンが活発になり疲労の回復が高まるのは上記の時間帯です。

この最良の投資タイムに寝ることが体内において重要なのです。

頭皮の修復は日中にされるものではなく、睡眠中に行われます

しっかりと睡眠を確保しましょう。

フケの対策④:栄養バランスの取れた食事を摂る

野菜

頭皮の乾燥やフケの発生を防ぐためには、食習慣の改善も必須です。

頭皮に良いとされているのは、ビタミンB6。

かつおやまぐろ、バナナなどに豊富に含まれているので積極的に摂取してください。

また、アーモンドなどの良質な脂質を取ることも乾燥対策として有効です。

脂性のフケが発生している場合は、脂質の摂取を控え野菜を中心としたバランスの良い食生活を心がけましょう。

フケの対策⑤:ストレスを解消する

運動

ストレスが溜まっているとホルモンバランスが乱れ、乾燥や過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまう可能性があります。

フケ対策を行うのであれば、しっかりとストレスを解消する必要があります。

ストレス解消は、ご自分が「楽しい」と思える趣味を満喫するだけで十分効果があります。

また、半身浴や適度な運動もストレス解消法として有効ですので、ぜひ実践してみてください。

フケが治らない方、病気の恐れがあります

正しい対策をしてもなかなかフケが治らない方は、もしかすると皮膚の病気かもしれません。

頭皮における病気は様々ありますが、代表的な病気例を以下の通り紹介します。

万が一当てはまるようであれば、早めに皮膚科にいって診断してもらうことをおすすめします。

頭皮の病気

なかなかフケが治らない方は、以下のような病気例が考えられます。

代表的な4つの病気について紹介をしていくので参考にして下さい。

①脂漏性皮膚炎

べたべたとしたフケが多い場合、脂漏性皮膚炎である可能性があります。

頭皮や耳の回りなどの皮脂分泌量が多い皮膚箇所にできやすい病気です。

脂漏性皮膚炎の原因は「人間の皮膚にいる常在菌であるマラセチアと言われるカビ」が原因と言われています。

皮脂が過剰に分泌されるとマラセチア菌は皮脂をエサとして増殖します。

マラセチアの特徴は脂肪酸を出すので肌に悪影響を及ぼすことです。

皮脂が過剰に分泌される原因は間違ったシャンプーの方法や脂っこい食べ物を食べ過ぎることなどの生活習慣などが挙げられます。

②しらみ

卵のような白いツブがついていて、取りにくい場合はしらみであることが考えられます。

頭じらみは虫の大きさが1~2mm。根本に張り付いていることが多く、よく見ると肉眼でも確認することができます。

頭じらみの感染は、プールや温泉、共用のタオルの使用などです。

また、頭じらみは自然治癒することがないので皮膚科で処方される専用のシャンプーを使うなどして駆除を行います。

③乾癬

皮膚が赤くなっていたり、かゆみが生じている場合は乾癬である可能性が考えられます。

赤い湿疹の上に乾燥した白い角質が付き、ポロポロ落ちるので一見ただのフケに思いがちですが、皮膚の病気です。

乾癬の原因はいまだに解明されていませんが、体質による影響が大きいと考えられています。

他人に感染することはありませんが、皮膚科にて治療を受けることをおすすめします。

④しらくも

フケのほかに、かゆみや抜け毛といった症状が現れている場合、しらくもである可能性が考えられます。

しらくもの原因は、白癬菌の感染。白癬菌とはカビの一種で、水虫などの発生要因となるものです。

蒸れた状態で繁殖しやすく、共用のタオルなどを使用することで感染することが多いです。

治療は、抗真菌薬の外用薬を使用して行います。

皮膚科を受診しましょう

上記のような正しいフケの対策をしても改善されない場合は専門の医師に見てもらうことをおすすめします。

フケが沢山出ている時は病院へいくのは億劫だと思いますが、フケがさらに悪化するとハゲなどの頭皮トラブルも引き起こしかねませんので早めの受診を検討して下さい。

対象の診療科は皮膚科です。皮膚科へいって改めて医師の目線から原因を診断してもらい、必要であれば処方箋をもらって治療を行っていきましょう。

風邪などの病気もそうですが健康管理は予防が大切だと言われています。

ひどいフケにならないように日頃から対策をしておく必要があります。

シャンプーにこだわっていない方、生活習慣が乱れている方はこの機会に意識して心がけましょう。

頭皮のフケ・臭いの正しい対策のまとめ!

頭皮のフケや臭いの原因、正しい対策方法についてご説明しました。

フケはポロポロと落ち見た目的にも清潔感がなくなってしまう大きな悩みとなりやすい問題です。

フケの原因は様々ですが、今回ご紹介した対策を行うことで症状を改善させることが可能です。

また、頭皮のフケ対策を行うことにより頭皮が原因の臭いを解消することができます。

頭皮の臭いは自分だけではなく、ときに周りにも影響してしまうため、悩んでいる方も多いです。

さっそく、実践してフケ対策を行い、頭皮の臭い対策を行っていきましょう。

<おすすめ関連記事>

チャップアップシャンプーを実際に使って徹底検証!

頭皮の皮脂におすすめのシャンプー10選!油っぽい人におすすめ!


『ヘアケア』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48986

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料