中性脂肪を減らすサプリとは?確実に中性脂肪を減らす方法を徹底解説!

中性脂肪って?サプリで中性脂肪は減らせる?

最近、よく耳にする「中性脂肪」ですが、中性脂肪とは一体どのようなものなのでしょうか?

中性脂肪とは、「人間が食事によって体内に摂取する脂肪の大部分と言える脂肪」のことです。

消費されずに体内に残ったエネルギーは皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられますが、その大部分が中性脂肪です。

中性脂肪は、放っておくと大きな病気につながる可能性もあり、また見た目もよくありません。

ここでは、中性脂肪を減らす方法を紹介し、中性脂肪を減らすのに役立つサプリも紹介していきます。

 

中性脂肪・内臓脂肪・皮下脂肪って何が違うの?

脂肪には中性脂肪・内臓脂肪・皮下脂肪などがあり、それぞれ違った役割を持っています。

まずはそれぞれの違いや役割をしっかり把握しておきましょう。

◻︎中性脂肪

中性脂肪は別名「トリグリセリド」とも呼ばれ、お腹などの贅肉が当てはまります。

食事によって摂取する脂肪、例えば炭水化物や分解されたブドウ糖の残りなどは大半が中性脂肪となります。

この蓄えられた中性脂肪は体内のエネルギーですが、すぐに使うものではなく、万が一に備えて蓄えられているものです。

余った中性脂肪は肝臓や脂肪組織に蓄えられますので、皮下脂肪や内臓脂肪の大部分は中性脂肪と言っても間違いではありません。

◻︎皮下脂肪

皮下脂肪とは名前の通り皮膚の下につく脂肪で、皮下組織につく皮下脂肪は外界との温度差や衝撃から身を守るためのものです。

生命維持に必要なエネルギーにも使われる大切な脂肪で、一度皮下脂肪として身につくと減らすことが難しいという特徴があります。

皮下脂肪は一般的に男性より女性につきやすく、大切な役割を持っていますので燃焼しにくいという欠点があります。

皮下脂肪がたくさんついている肥満型、いわゆる皮下脂肪型肥満は生活習慣病の原因にはなりにくいですが、もちろん見た目の印象は大きく左右します。

付きすぎると骨格などにも負担をかける、皮下脂肪が代謝されないままでいるとセルライトになりやすくなるなどの問題もあります。

ですから生活習慣病に繋がりにくいからと言って何も気にせずとも良いものではなく、減らす努力が必要です。

◻︎内臓脂肪

内臓脂肪は内臓の周辺につく脂肪のことであり、皮下脂肪と比べると溜まりやすく減らすことが容易いという特徴があります。

内臓脂肪は女性より男性のほうがつきやすく、また加齢と共に蓄積しやすくなる傾向があります

生活習慣病と言われる糖尿病や高血圧症、脂質異常症などに繋がりやすいのが内臓脂肪型肥満で、これらの病気は動脈硬化などの原因にもなります。

内臓脂肪型肥満で病気を引き起こす可能性がある状態を「メタボリックシンドローム」と分類し、治療しなければならない状態と考えられています。

内臓脂肪は燃焼しやすいという特徴がありますので、運動や食事などを見直すことによって減らすことが可能というのも特徴です。

外見的に痩せている方が内臓脂肪は多いこともあり、体脂肪率が高い痩せている方を「隠れ肥満型」と分類することもあります。

中性脂肪は危険?

中性脂肪は減らす努力が必要であることは分かりましたが、中性脂肪が高いとどのような危険があるのかについても知っておきましょう。

中性脂肪が高い状態は、すでに「脂質異常症」という血液中の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)が増え、善玉コレステロール(HDL)が少なくなる病気であるとも言えます。

「ドロドロの血液」と言われるのが脂質異常症の状態で、潜在患者を含めるとその患者数は3200万人とも言われています。

脂質異常症の診断基準としては「高LDLコレステロール血症(LDLコレステロール140mg/dL以上)」「低HDLコレステロール血症(HDLコレステロール40mg/dL未満)」、そして「高トリグリセライド血症(トリグリセライド150mg/dL以上)」というものがありますので、参考にしてください。

脂質異常症の状態は動脈硬化を引き起こす原因、中性脂肪や悪玉コレステロールの増加、善玉コレステロールの減少という状態です。

脂質異常症は動脈硬化を引き起こす原因そのものとも言えますし、動脈硬化は狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を引き起こします。

脂質異常症の段階で自覚症状を持つことはほとんどなく、定期的な検診やライフスタイルを見直すことが大切です。

中性脂肪の原因って?

中性脂肪が増えてしまう原因としていくつか考えられますので、減らす努力を行うためにもまずはこれらの原因について詳しく見ていきましょう。

食生活

食生活で見直さなければならないのは脂質や糖質で、正しく栄養を摂取していく場合は食べるものの制限が必要になります。

お菓子やジュースを控え、3度の食事もごはんやパン、麺類は最後に少量食べることがおすすめです。

糖質や脂質は体内で消化されてエネルギーとなり、使われなかったものは中性脂肪になります。

糖質・脂質の制限は絶対に必要となりますので毎日の食生活を見直し、糖質や脂質を控えるようにしていきましょう。

お酒

アルコールは糖質を多く含有しており、肝臓で分解され中性脂肪の合成を促進してしまいます。

アルコールは脂肪肝の原因にもなりますので、特に中性脂肪値が高いと判断された場合はアルコールの摂取も控える必要があります。

運動不足

運動不足は脂肪を燃焼させることができず、中性脂肪を溜める原因のひとつにもなります。

ウォーキングやサイクリングと言った有酸素運動を週3回以上、そして1日30分以上を目安に取り入れていきましょう。

毎日のウォーキングも有効ですので、毎日1万歩以上の歩行を目安に一駅手前で降りて歩くなど調整し、習慣にしていきましょう。

中性脂肪を減らすおすすめサプリメントは?

中性脂肪の原因を考えれば、食生活や運動といったことでの改善で、中性脂肪を減らすことが可能です。

しかし、忙しい現代の生活では、なかなか食生活や運動習慣を変更するのは難しいことでしょう。

そこで、今回、中性脂肪を減らすサポートをするサプリを紹介します。

また次の見出しでは、サプリの選び方も紹介していくので、参考にしてください。

※ランキング掲載の廃止について

客観性の無いランキング記事がネット上に増えている中で、BiDANでは「より多くの方にわかりやすく美容情報を提供する」ことを理念としており、多くの方々に正しい美容情報を得ていただきたいと考えているため、料金や売れた本数などの客観的な数字での比較ができない商品に関してのランキング掲載を順次廃止しております。

ランキングの順位を気にせず、読者様が自分に合うと思った商品を選んでいただければ幸いでございます。

中性脂肪を減らすおすすめサプリメント メタバリアS

メタバリアS

⇒メタバリアS公式サイトはこちら

□特徴・オススメユーザー

メタバリアSは、FUJIFILMが開発した累計400万個販売されている機能性表示食品です。

亜熱帯地域に分布しているサラシア由来の成分「サラシノール」が糖の吸収を抑える糖質カットタイプで、食後の血糖値の上昇を抑え、食後30分の糖質の吸収を抑えることで効果を発揮します。

またカットし吸収されなかった糖が腸に届き大腸のビフィズス菌を増やしますので、腸内環境を改善する効果も持っています。

このような特徴を踏まえ、メタバリアSは甘いものや炭水化物が好きな方、便秘気味の方、そして運動をする時間があまり取れない方などにおすすめです。

□安全性

メタバリアSは「機能性表示食品」ですが、これは平成27年4月から新しくはじまった制度により表示されています。

これは国が有効性・安全性を個別に審査し許可した食品に表示される「特定保健用食品」、国が定める特定の栄養成分の規格基準に適合した「栄養機能食品」、そして「機能性表示食品」の「保健機能食品」の分類の一つです。

機能性表示食品は事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品であり、販売前に安全性・機能性の根拠に関する情報が消費者庁長官へ届け出されたものになります。

届け出た情報は消費者庁のウェブサイトで公開されていますので、確実に安全性や機能性、その効果などの科学的根拠があると安心してお飲みいただくことが出来ます。

□内容量/値段

初回お一人様一回のみ14日分トライアルパック⇒500円(112粒)(税別・送料無料)

2回目以降の定期便:4,935円(240粒)(税込・送料無料)

メタバリアSの口コミ・効果まとめ!副作用はあるのか徹底検証!」では、メタバリアSの口コミや成分から、効果を検証していきます。普段、多くの糖質をとっている方はチェックしておきましょう。

中性脂肪を減らすおすすめサプリメント カッティ酵素

スクリーンショット 2017-06-23 8.45.25

公式サイトはこちら

□特徴・オススメユーザー

カッティ酵素は、「治療院が実践する低糖質ダイエットサプリ」として、治療院が低糖質ダイエットと共同で開発した商品です。

ダイエットは食事コントロールが最も重要ですが、それを実践するために活用されているのがカッティ酵素です。

ギムネマシルベスタ・ガルシニア・酒粕発酵物・生酵素・黒胡椒・食物繊維が豊富に配合され、糖質や脂質をカットしながら腸内環境を改善し、身体の代謝をアップさせます。

ダイエットするにあたって重要な糖質や脂質のサポート、腸内環境のサポートなどが充実しており、テレビでも紹介されています。

低糖質ダイエットを行えるだけではなく腸内環境も整え、スッキリとした毎日を送ることが出来ます。

カッティ酵素は糖質や脂質のサポートを行いますので、日頃から油ものや炭水化物を摂ることが多い方におすすめします。

また摂取カロリーが高めの方、ダイエットのための運動の時間の確保が難しい方にもおすすめです。

□安全性

カッティ酵素の成分は自然由来のものばかりとなっていますので、身体に大きな負担をかける副作用なども心配ありません。

またカッティ酵素は安全・安心・安定した製品のため、GMPを取得した提携国内工場でのみ生産されていますので、安心して摂取することが出来ます。

GMPとは食品や医薬品、化粧品法などに基づいた製造管理や品質管理の基準のことを指します。

原材料はもちろん、入荷・製造・最終製品を出荷するまでの全ての工程において「安全」が保たれています

□内容量/値段

定価販売価格:5,760円

1回目:1,980円(66%オフ)(税抜・送料無料)

2回目以降:4,032円(30%オフ)(税抜・送料無料)

定期コースの場合は最大限の効果を実感していただくため、3回めのお届けまでお約束という条件があります。

4回目以降のお届けが不要の場合は、発送完了日の7日前までに連絡すれば解除出来ますのでご安心下さい。

カッティ酵素は効果なし?成分・口コミからその効果を徹底検証!」では、カッティ酵素の成分・効果を徹底検証していきます。

チェックしておきましょう。

食事の糖の吸収を抑える 大人のカロリミット

カロリミット

⇒カロリミット公式サイトはこちら

□特徴・オススメユーザー

大人のカロリミットは、主に以下のような機能があります。

・「食事の糖の吸収を抑制する」機能が報告されている成分が配合されている

・日常活動時の脂肪代謝力を高めてくれる

まず、「食事の糖の吸収を抑制する」機能ですが、大人のカロリミットには①ギムネマ酸②桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)③エピガロカテキンガレート④キトサン⑤インゲン豆由来ファセオラミン5つの成分が配合されています。

これら5つの成分は、糖質の吸収を抑える機能が報告されています。

□安全性

カロリミットは無添加へのこだわりを持って作られており、合成着色料や香料、保存料などは一切使われておりません。

アレルギー表示もしっかり行われているので、ご自分でアレルゲンがないか確認して安心・安全にお飲みいただけます。

□内容量/値段

公式サイト特別価格:980円

皮下脂肪・内臓脂肪を減らすのにおすすめなサプリは?

また、皮下脂肪や内臓脂肪を落とすのにおすすめなサプリも紹介しておきます。

部分に溜まった中性脂肪を減らしていきましょう。

生漢煎防風通聖散

スクリーンショット 2017-07-04 14.15.02

⇒生漢煎女性用公式サイトはこちら

⇒生漢煎男性用公式サイトはこちら

□特徴・オススメユーザー

生漢煎防風通聖散は雑誌「GLITTER」で紹介され、メディアにも取り上げられるなど圧倒的な人気を集めている漢方薬です。

「生漢煎」は18種類の生薬を満量処方で配合しており、代謝を向上させ脂肪燃焼を促し、便秘や肥満を改善させる効果が期待できます。

医師への調査では、90パーセント以上の医者が「生漢煎」を飲み続けたいと回答しています。

しかし生漢煎は健康な方におすすめする漢方薬ですので、高齢者や虚弱体質の方などは服用しない、または事前に医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

下痢や軟便に関してはむしろ胃腸の改善による好転反応である可能性もあり、この場合は服用を続けることで自然と治まります。

□安全性

漢方は健康な方が正しく服用すれば副作用もあまり起こりませんが、以下のような可能性が想定されます。

・下痢、軟便
・腹痛
・多汗

これは副作用ではなく胃腸の改善による好転反応の可能性もありますのでしばらく様子を見る、もしくは一度医師などに相談してみましょう。

□内容量/値段

単品購入

定価7800円(税抜)⇒3900円(税抜+送料700円)

毎月1箱定期購入
定価7800円(税抜)⇒3900円(税抜・送料無料)

2ヶ月目以降:5900円(税抜)

3ヶ月毎に3箱届くコース
定価23400円(税抜)⇒38%(-8900円)OFF14500円(送料無料)
+2466円相当のボタニカルホットジェルプレゼント

6ヶ月毎に6箱届くコース
定価46800(税抜)⇒42%(19400円)OFF27400円(送料無料)
+2466円相当のボタニカルホットジェル×2本プレゼント

生漢煎防風通聖散の効果や副作用とは?成分や悪い口コミも完全分析!」では防風通聖散の客観的な成分分析や口コミについて記載されています。

特に筋トレやトレーニングをせずに脂肪燃焼したい方はチェックしてみましょう。

DCCサプリ

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

□特徴・オススメユーザー

DCC(ディープチェンジクレアチン)は筋肉の持久力を向上させるクレアチン、筋繊維の修復を行うBCAAやアルギニン、筋疲労回復のためのオルニチンなどがバランスよく配合されています。

クレアチンはビルドアップの基本とも言われているタンパク質の一種で肉や魚に含まれているのですが、食事で一日の必要量を補う場合毎日1kgもの摂取が必要となります。

なかなか毎日摂取できる量ではありませんので、DCCなどで補いたい栄養素です。

その他DCCには脂肪燃焼のためのブラックジンジャーや疲労回復のためのミネラル酵母なども含まれており、DCCひとつで筋肉を育てるために必要な栄養素を補うことが可能となります。

□安全性

DCCはサポートするためのものですので、摂取量を守っている場合は副作用などが起こることはほぼありません。

過剰摂取の場合は尿の量が増えるなどの可能性もありますので、1日の目安は必ず守るようにしておきましょう。

□内容量/値段

初回ご購入でコースを選択していただいた方限定「メガ得コース」の場合は、以下の値段になり特典がつきます。

通常価格:11200円→95%オフ560円(30日分)(税込・送料無料)
2回目以降:30%オフ→7840円(税込・送料無料)
5回目以降:50%オフ→5600円(税込・送料無料)

・90日間完全返金保証

こちらの条件は4回以上の定期便コース「ディープボディチェンジコース」を選択することで受けられます。5回目以降の解約はお届け日の10日前までに連絡するだけで可能です。

DCCサプリのデメリットを正直にお伝えします!効果は?口コミは?」こちらの記事では有効成分全ての解説から、悪い口コミ、デメリットまで全てが記載されています。

詳しく見たい方はこちらの記事をチェックしておきましょう。

サプリメントの選び方は?

では、サプリメントはどのようにして選べば良いのでしょうか?

成分

まず最初に、DHA・EPAが配合されているタイプは血中のコレステロールや中性脂肪を抑えられますのでおすすめです。

サプリメントだけに頼ることはよくありませんが、食生活を改善するためのサポートとしてDHA・EPAが配合されているタイプを選びましょう。

DHAは「ドコサヘキサエン酸」と言い、肝臓で中性脂肪が作られることを抑える作用がありますので、肝臓から血中へ中性脂肪が分泌されることも防ぐことが出来ます。

EPAは「エイコサペンタエン酸」と言い、肝臓での中性脂肪の合成の抑制、そして腸管からリンパ液に中性脂肪が分泌されることを抑える作用があります。

また筋肉などの毛細血管壁のリボ蛋白リバーゼの活性を高め、筋肉、そして脂肪組織に中性脂肪を取り込みやすくします。

種類が数多くあり選択時に迷ってしまいますが、まず自分自身の症状、そして生活習慣などと合った成分であるかどうかで判断することが大切です。

安全性

安全性が保障されているもの、安心して服用できるものを選ぶことももちろん大切です。

サプリメントは体質に合う・合わないなどもありますので、返金制度がある商品を選ぶと身体に合わなかった場合は返金してもらえますので、安心して試すことが出来ます。

料金

またサプリメントは継続して摂取し続けることによって効果を発揮しますので継続して購入出来る価格帯のものを選ぶことも大切です。

初回は合う・合わないをチェックする必要もありますので、初回料金が安めに設定されているタイプは負担や合わなかったなどマイナスの面を考えてもおすすめです。

まとめ

中性脂肪は放っておいて良いものではなく、溜め込んでしまう前に減らす努力を始めることが大切です。

今回ご紹介したサプリメントの摂取はもちろんですが、食生活や生活習慣の改善、運動を行うことなども合わせて行う必要があります。

サプリメントはあくまでサポートであり、中性脂肪を減らす努力は必ず必要になりますのでご注意ください。

生活習慣や食習慣を改善し、自分に合ったサプリメントを選んで中性脂肪を減らす努力をはじめましょう。

コラム:中性脂肪の役割って?

記事では、中性脂肪を減らす方法ばかり紹介しましたが、中性脂肪はそもそも人間の体にとっては必要不可欠なものです。

中性脂肪は以下のような働きがあります。

◻︎身体を動かすエネルギー源

中性脂肪は体を動かすエネルギー源として大切なものであり、血液中の糖分がなくなると中性脂肪をエネルギーに変換して使います。

使いやすいエネルギーとして中性脂肪は必要なものですので、減らすばかりではなく必要な量は確保しておく必要があります。

◻︎外気から身体を守る働きや体温を一定に保つ働き

また人間の身体は外気より気温が高く、この外気から体を守り体温を一定に保つ働きを行うのも中性脂肪です。

減らす事に気を取られ必要な中性脂肪が足りなくなると、このような働きがきちんと行われなくなる可能性があります。

◻︎骨や内臓を守るクッションとしての働き

外部から守るだけではなく身体の内側を見ても、骨や内臓を保護し守るクッションとしての役割が中性脂肪にはあります。

中性脂肪はなくてはならないものですが、増えすぎることで様々な病気につながる可能性があるので、肥満気味の方は早めに対策を打ちましょう。

<おすすめ関連記事>

糖質制限ダイエット中の肉類は厳禁?正しい糖質制限ダイエット講座!

糖質制限ダイエットに果物はNG?糖質制限にまつわる噂を徹底検証!

『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。