毛生え薬に副作用はある?口コミを参考におすすめの毛生え薬を紹介!

「毛生え薬は副作用あるの?」ハゲ(薄毛)で悩む男性は疑問に思うと思います。そこで今回は毛生え薬の副作用を口コミなどを参考に徹底解析していきます!ハゲ(薄毛)で悩んでいる方は毛生え薬を使用する前に一度チェックsいて、参考にして下さい!


毛生え薬には副作用があるの?

毛生え薬と一概に言いますが一体どんなものを想像しますか?よくドラックストアやCMでもお馴染みの名前が出てくるのではないでしょうか。

なじみのある毛生え薬からあなたが知らない毛生え薬もあり塗るものから飲むものまで実に様々な毛生え薬があります。

毛生え薬には人体に有益をもたらす効果もあるのですが有益でない症状も出てくるもの事実です。

使用後どのような症状が出るのか気になるところではないでしょうか。毛生え薬の効果や副作用について詳しく解説していきます。

毛生え薬と副作用の関係

どんな薬にも必ず副作用はつきものです。副作用とは目的外の場所に期待していない症状が起きることを指します。

例えば頭が痛い時に頭痛薬を飲むとします。服用して頭痛は軽減されても胃が荒れて吐き気が出てきてしまう、これが副作用です。

目的外の場所に期待していない症状が出る事はすべて副作用ということになります。

毛生え薬にも同じことがいえます。育毛や発毛を実感しても別の場所に思わぬ症状が出る…どんな薬にも副作用は大なり小なりつきものなのです。

毛生え薬とは?

毛生え薬には種類があるとお伝えしました。毛生え薬にも作用する場所が違ったり、使い方が違う毛生え薬があります。

①塗るタイプの毛生え薬

塗るタイプの毛生え薬は頭皮に直接塗って毛根に栄養を届けて育毛の促進を狙う毛生え薬です。

髪の毛が生えるサイクルは男性で2~6年、女性で4~6年とされており頭皮ではまだ顔を出していない毛根があるのです。

髪の毛の赤ちゃんに強く太く生えてきてもらう為に頭皮から栄養を送り血液のめぐりをよくさせて早く成長させるというもの。それが育毛剤という毛生え薬なのです。

②飲むタイプの毛生え薬

飲むタイプの毛生え薬は体の中から作用するというもの。髪の毛が抜ける原因は酵素5αリゼクターゼという成分が脱毛に関係していると考えられています。

酵素5αリゼクターゼは男性ホルモン(テストステロン)と結合しDHTというホルモンに変化します。このDHTが曲者で頭皮の発毛のサイクルを狂わす事がわかっています。

男性ホルモンと結合する酵素5αリゼクターゼを抑制することによって脱毛ホルモンDHTを抑える作用に特化した毛生え薬といえます。

飲むタイプの毛生え薬は体内に成分を取り込む意味で医師の処方がないと入手出来ません

毛生え薬とは発毛を促す飲むタイプと育毛を促す塗るタイプをまとめて毛生え薬と呼んでいるのです。

副作用とは?

毛生え薬の場合の副作用は大きく分けて2つ。

①塗るタイプの毛生え薬に多い副作用

湿疹、かぶれ、ニキビ、吹き出物など

肌に直接塗るのでアレルギーという形での症状がほとんどです。

②飲むタイプの毛生え薬に多い副作用

内服するので循環器系の副作用が目立ちます。

動悸、血圧上昇、頭痛などが多くなります。

副作用のメカニズム

昔の抗うつ剤などは脳に作用させるために神経伝達物質を是正するのですが、同時に神経に密接な腸にも作用し便秘になります。

一見バラバラな場所でも内臓や体は密接につながっています。血液中に溶け出した薬が全身を巡り様々な症状を引き起こし有益な症状は効果といい、有益でない症状は副作用と呼んでいるだけなのです。

薬を効かせたいところにとどまらず他の場所も連動して作用してしまうことが副作用です。

また体が薬に対して過敏になっている状態や、容量以上の薬を服用した場合などにも副作用はあらわれます。

血中の薬の濃度が薄すぎても効果が出ず、高すぎても副作用が強くあらわれるので体に合った容量を服用する必要があります。

副作用に気をつけた毛生え薬

沢山ある毛生え薬のなかで気を付けたい発毛、育毛剤はどんなものでしょう。

海外メーカーの毛生え薬

毛生え薬は海外にもあります。日本には薬事法があり厚生労働省に認可されていない成分を含むものは基本的に販売できないシステムになっています。

海外製品には日本で認可が降りていない成分を含む薬がありますが、日本の薬局などでも取り寄せて入手するということは出来ないのです。

海外では承認されて効果も期待できていても日本で承認が降りるまでにかなりの時間がかかる事が多くそのことを「ドラッグラグ」といって承認時差が起きることを指します。

海外で承認されているものだから大丈夫だろうと考えている方も多いですが、コレはかなりリスクが伴います。

最近ではネットでの個人輸入をする方が増えていますが、購入したものが偽物という事案も出てきています。健康被害も出てきておりたとえ本物であったとしても重篤な副作用の場合の国の補償制度での救済が難しくなります。

国が承認するという事は安全を補償することですから、承認外の薬を個人輸入した場合は自己責任となり危険を伴います。また偽物を掴まされる可能性も高くある程度のリスクは承知のうえで行わないといけません。

副作用が起きるかもしれない成分

毛生え薬で効果のある成分はプロペシアミノキシジルですが、こちらの成分は効果が高い分副作用も出るという事案が多くあります。注意するようにしましょう。

毛生え薬を使用して副作用が出た方は?

薄毛専門医療ではプロペシア、ミノキシジルはポピュラーな成分で効果も高いので使われている事が多いです。効果が期待できる成分のプロペシア、ミノキシジルですがやはり副作用があります。

しかしプロペシアは性欲減退、勃起不全、肝機能低下という副作用の事案が出ており、ミノキシジルは血圧低下、湿疹、かぶれ、手足のむくみなどの副作用が報告されています。

どちらの成分も個人の体に合えば副作用が起きない場合もあります。

毛生え薬の使用で注意するポイント

できるだけ早く効果を出したいと切実に願っている事が多い薄毛の悩みですが、たくさん使えば効果すぐあらわれるというわけではありません。

薬は不足すれば効果が出ないですし、過剰であれば血中の成分濃度が高まり毒性が強く出てしまうのです。

薬は用法容量を守り、もし異常が起きればすぐに使用を中止し医師の診断を受けてください。

おすすめの毛生え薬

フィンジア

商品名:フィンジア
容量:50mL
価格:12,800円

⇒公式サイトはこちら

<特徴>

①毛生え薬の常識のプロペシア、ミノキシジルが入っていない画期的な毛生え薬

②新世代スカルプ成分キャピキシル、ピディオキシジン配合。

③カプサイシンと10種類の和漢成分配合で頭皮に浸透する力が強い

雑誌にも取り上げられたこともある「フィンジア」は今までにない発想で毛生え薬に革命をもたらしました。

性欲減退、勃起不全の副作用のプロペシアは「フィンジア」には入っていません。女性には禁忌とされている成分を取り除いた「フィンジア」は薄毛の女性も使用可能になりました。

さらにカプサイシンを配合することにより、頭皮の血行を促進して固くなった皮膚を柔らかくすることができます。カプサイシンで柔らかくなった頭皮にスカルプ成分キャピキシル、ピディオキシジンが浸透していきます。

さらに10種類の和漢成分センブリ、びわの葉、ボタン、フユボダイジュ、パンテノール、褐藻、ヒオウギ、ヒキオコシ、グリチルリチン酸2K、キハダ樹皮の成分が毛根の活性化に役立ちます。

毛根に大事な血液の循環を促進し発毛サイクルを正常に戻し、乾燥しないよう保湿成分も配合。育毛を阻害する男性ホルモンを抑制する漢方も入っていて、さらに紫外線やストレス、ドライヤーなどのダメージから守るため抗酸化作用のある生薬も配合されています。

フィンジアの口コミ

フィンジアのキャピキシルという成分に惹かれて購入。使用1か月位で抜け毛が止まり、2か月目から産毛が生えてきました。3か月目で薄くなっているところが気にならなくなってきました。こんなに早いなんて驚きです! 37歳男性

出典:ガチ検証!フィンジアぶっちゃけ効果なし?

この年で自慢のオールバック! 69歳男性

出典:公式サイトモニター

購入時の注意点

フィンジアは副作用が少ないというところで人気になっています。入手困難の場合もあるのでできれば定期購入の方がいいでしょう。

定期購入だと通常価格1本¥12800のところ、毎回¥2820の値引きが適用!¥9980で購入できます。

しかも定期購入には送料も無料なのでかなりお買い得です。また万が一効果が期待できないというときは全額返金保証付き。

受け取りから30日間以内であれば返金に応じてくれるのも安心なシステムです。

フィンジア

⇒公式サイトはこちら

まとめ

毛生え薬には色々な種類がありますが、副作用もつきものです。

ご紹介した「フィンジア」は副作用が極めて少ない初めての毛生え薬なのです。

もしAGA治療を考えているのであれば医師の診察を受ける前に一度「フィンジア」を試してみるもの一つです。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料