10代・20代・30代・40代男性の勃たない原因まとめ!改善・対処法も!


男性の勃たない5つの原因とは

勃たないというのは男性にとって大きな問題です。

今回は、男性の勃たない原因とその対処法についてご説明していきます。

対処法をご説明する前に、まずは勃たない5つの原因について解説していきます。

①心因性

誘惑

勃たない原因①として挙げられるのが「心因性の問題」器質などに問題はないものの、心に悩みを問題を抱えていて「勃たない」という症状が現れます。過去の性交にトラウマがあったり、性交自体にプレッシャーを感じている方が多いです。

心因性が勃たない原因となっている場合、心の問題を解決するのが有効な対処法となります。

まずは心因性の問題が何なのかを突きとめ、疲れを癒したりパートナーとよく話し合いましょう。すれ違いや価値観の違いを認めることも大切です。過度なプレッシャーやトラウマを解消することで、勃たない問題を対処していくのです。

また、パートナーとの話し合いでは解決できない場合は、心療内科などのカウンセラーに相談することをおすすめします。

②器質性

勃たない原因②として挙げられるのが「器質性の問題」身体に不調があることで「勃たない」という症状がでている状況です。身体の不調としては、勃起不全や男性ホルモンの減少などが挙げられます。

若い方には少ないものの、年齢を重ねるにつれ器質性の問題が多くなります。

器質性の問題を対処するためには、医師に相談するのがおすすめです。内科や泌尿器科などで「勃たない」という症状を伝えましょう。特にED診療に力を入れている病院が適しています。

③混合性

勃たない原因③として挙げられるのが「混合性の問題」心因性と器質性の問題が組み合わさっている状況です。器質性の問題がきっかけとなり、心因性の問題を抱えてしまう場合も多いです。

この場合は器質性の問題・心因性の問題両方からのアプローチが必要となります。まずは、器質性の原因となっている事柄を突き止めましょう。その後、心因性の問題を対処していきます。

器質性の問題は、ED治療に力を入れている病院に相談するのがおすすめ。心因性の問題はカウンセリングなどで徐々に対処していきましょう。

④薬剤性

処方箋/常備薬など薬の多種多様

勃たない原因④として挙げられるのが「薬剤性の問題」服用している薬の副作用で勃たないといった症状が出る場合があります。特に性欲減退の副作用が起こりやすいのが、抗うつ剤や睡眠薬。

薬を飲み始めて「勃たない」「性欲がなくなった」と感じた場合はかかりつけの医師に相談してみましょう。副作用が少ない薬に変えてもらうのも一つの手段です。

⑤その他

勃たない原因⑤として挙げられるのが「その他の問題」例えば、マンネリ化などによって、「①の脳が性的刺激を受容する」ができておらず、勃たない原因となることもあります。

①~④の原因があてはまらない場合は、現状に不満がないか。どんなことに悩みがあるのかよく考え、原因を突きとめていきましょう。

lgf01a201405040400

勃たない主な原因をご説明しました。次は、年代別の勃たない原因に多く挙げられるものについて解説していきます。

10代男性の勃たない原因

10代男性の勃たない原因の多くは「心因性の問題」です。

過去の性交にトラウマを抱えていたり、自分に自信がないために勃たないといった症状がでることが多いです。まずは、「どうして勃たないのか」「性交にプレッシャーを感じていないか」考えてみましょう。

また、性交時に過度に緊張している場合も勃たない症状がでやすいです。

20代男性の勃たない原因

20代男性の勃たない原因の多くは、10代と同様「心因性の問題」です。

性交にプレッシャーを感じていたり、嫌なイメージを持っていませんか?また、マンネリからくる性的興奮の減少の可能性も高いです。

パートナーとの性交に不満を感じていないか、マンネリを感じていないかよく考えてみましょう。パートナーとの話し合いで対処できる場合もあります。

30代男性の勃たない原因

30代の男性の勃たない原因は、「混合性の問題」である可能性が高くなります。

心因性の問題のほか、器質に問題を抱えている可能性があるのです。また、仕事などの疲労やストレスも勃起に影響を与える事柄の一つです。

慢性的な疲労や睡眠不足が勃たない原因となっていることもあるので、まずは自分の身体の疲れを癒すことからはじめてみましょう。

40代〜男性の勃たない原因

男性ホルモン

出典:男性自身

40代以降の男性の勃たない原因は「器質性の問題」である可能性が最も高くなります。

上記のグラフをみてわかるとおり、40代になると男性ホルモンの分泌は著しく減少。男性としての活力や、身体の衰えを非常に感じやすくなるのです。

器質性の問題であると考えられる場合は、ED治療に力をいれている病院などに相談することをおすすめします。

生活習慣の乱れによる原因

上記は理論的な内容ですが、生活習慣の乱れによる原因でもたちづらくなることが指摘されています。

また生活習慣の乱れは器質性や心因性の原因の要素になります。

思い当たる節があるかチェックしておきましょう。

ストレス

水素のメカニズム

ストレスを感じると「コルチゾール」という副腎皮質ホルモンが分泌され、そのホルモンの合成と分解に際して活性酸素が発生してしまいます。

活性酸素は体内の組織、細胞で発生しており、酸化力が非常に強く、身体のあらゆる物質を酸化させます。

活性酸素が脂質と結合するとか過酸化脂質(腐敗した脂質で発がん性もある)となり、血液を汚します。

また血管壁にたまった脂質が酸化されると、動脈硬化の原因になるのです。

男性ホルモンのテストステロンを生産する精巣も、酸化により老化することが判明しています。

食生活の悪化

お肉

食事で取り入れた栄養素からエネルギーを取り出す際に、活性酸素が発生します。

特に食品に食品添加物(着色料や保存料)が含まれていると、解毒する際に必ず活性酸素が発生します。

コンビニのお弁当など添加物が多く含まれているものをよく食べている方は要注意です。

過度な喫煙

タバコ

過度な喫煙は活性酸素の増加につながります。

器質性のEDの原因の要素となるため、要注意です。

たばこ煙には、活性酸素、一酸化窒素、パー オキシナイトライト (ONOO- )、その他のフリー ラジカルや酸化物など数多くのオキシダントが 含まれていることから、それらオキシダントの 複合効果による酸化ストレスの増大が、動脈硬化形成に促進的に働いていると考えられる。

出典:喫煙による酸化ストレスと動脈硬化

勃起のメカニズムとは?

illust

勃たない原因について理解を深めるために、そもそもの勃起のメカニズムについても理解を深めていきましょう。

勃起は以下の①~③の流れにそって行われます。

①脳が性的刺激を受容する

②神経が性的刺激を伝達する

③血液が血管を通って陰茎へ流入する

①脳が性的刺激を受容する

視覚や聴覚などの5感を通して性的刺激が感覚野を介して大脳辺緑系と視床下部に伝えられ、性的興奮が起こります。

②神経が性的刺激を伝達する

脳の性的興奮の情報は、脊髄を通り、背骨の一番したにある仙髄の勃起中枢に、さらに陰茎海綿体の神経へと伝達されます。

③血液が血管を通って陰茎へ流入する

性的刺激が陰茎海綿体に伝わると、その神経の末端から一酸化窒素が放出されます。NOは、筋肉や血管にサイクリックGMPが放出されます。

このサイクリックGMPの働きにより、海綿体が緩み、海綿体内に大量の血液が流入することになります。

陰茎海綿体が膨らむと、海綿体の内部から出て行こうとする血管の流れを圧迫し、海綿体から血液が流出できなくなります。

陰茎海綿体内に血液が充満し、陰茎が勃起した状態になるのです。

勃起はこの3つの流れで行われるため、どれかしらでもうまくいかないと勃起ができなくなってしまうのです。

勃たない男性への対処法・改善法

次に、勃たない男性への対処法・改善法をご紹介します。

対処法①副交換神経を整える

対処法①として挙げられるのが「副交換神経を整える」ということ。

副交換神経というのは、リラックス時に活発になる神経のこと。幸せを感じたり、ゆったりと過ごしているときにもっとも働きます。心因性の問題の場合、この副交換神経がきちんと働いていない可能性があります。

その結果、リラックス感や幸せを感じにくく性的な欲求も減退してしまうのです。副交感神経が働いているときは、血液のめぐりもよくなり勃起機能も活発に働きます。

そのため、副交感神経を整えるのは勃起不全を改善するためにも重要なのです。副交感神経の働きを活発にさせるには、日光にあたりセロトニンを摂取したり、ぬるま湯にじっくり浸かるのが有効です。

疲れをしっかりと癒し、副交感神経を整えましょう。

対処法②ストレスを発散する

走る

対処法②として挙げられるのが「ストレスを発散する」ということ。

ストレスが蓄積すると、コルチゾールという物質が発生します。実は、このコルチゾールは性欲が減退してしまう原因。定期的にストレス発散をし、コルチゾールの増加を対策しましょう。

ストレス解消となるものであれば、趣味でもスポーツでも構いません。ご自分が「楽しい」「ストレス発散になる」と思う行為を積極的に行ってください。

また、乱れた生活習慣は男性ホルモンを低下させる原因に。性欲減退へともつながってしまいます。ホルモンバランスを整えるためにも、規則正しい生活習慣を送ることはとても重要です。

十分な睡眠時間の確保と、早寝早起き・定期的な運動を心がけ、心身ともに健康な状態を維持しましょう。

対処法③精力がつく食材を食べる

スクリーンショット 2017-08-02 11.32.57

対処法③として挙げられるのが「精力がつく食材を食べる」ということ。

忙しい男性は、摂取する栄養も偏りがたち。外食やコンビニ食での食事が多い場合、精力をつけるための成分をしっかり摂取できていない可能性が高いです。

下記は、精力の上がる成分・食べ物となります。

<精力の上がる成分>

・アルギニン ・マカ ・タウリン ・亜鉛 ・オルニチン ・クラチャイダム ・トンカットアリ ・DHA ・EPA ・アリシン ・ビタミンE

<精力の上がる食べ物>

・ニンニク ・玉ねぎ ・ニラ ・カキ ・しじみ ・青魚(あじ、いわし、サバ) ・亜麻仁油 ・レバー ・ナッツ類

食生活で取り入れやすい食材も多いので、ぜひ積極的に摂取してください。

対処法④パートーナーに協力してもらう

パートーナー

対処法④として挙げられるのが「パートナーに協力してもらう」ということ。

マンネリやパートナーとの勃たない原因となりやすいです。お互いに性交に対する意識が異なる場合は、まずはすれ違いをなくすよう話し合いの場を設けましょう。

マンネリによって性的興奮が損なわれている場合は、シチュエーションを変えてみるのもおすすめ。一緒に暮らしている場合は、デートにでかけてみたり、ホテルを利用してみるのもよいでしょう。

パートナーに協力してもらうことで、改善がみられる場合も多いです。

対処法⑤精力剤を摂取する

対処法⑤として挙げられるのが「精力剤を摂取する」ということ。

普段の食生活では十分に摂取できない成分が豊富に含まれているので勃たないあそこへの対処を行うことができるのです。

中でもおすすめなのが通販サイトで36ヶ月連続売上No.1を記録した実績のあるサプリメントである「ヴィトックスα」です。

「シトルリン」「アルギニン」「亜鉛」「ガラナ」「マカパウダー」など血液の循環を促し、男性の活力をアップさせる成分が豊富に含まれています。使用した方の満足度はなんと96.5%。信頼できるサプリメントだといえるでしょう。

「今すぐに勃起不全を解消したい」「早く効果が現れてほしい」という方は、「ヴィトックスα」の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

S__72376328

⇒VITOX-α公式サイトはこちら

詳細はこちら⇒ヴィトックスαは効果なし?本当の口コミ・副作用を徹底解析!

まとめ

勃たないというのは大きな問題ですが、原因をつきとめ対処することで改善可能です。サプリメントや精力のつく成分を上手に活用して問題と向き合っていくことが大切。

今回ご紹介した、対処法を実践し勃起不全改善を目指してください。勃たない問題を解決することで、より一層男性としての自信をつけることができるでしょう。

<おすすめ関連記事>

インポの解消法とは?ED(勃起不全)の原因から改善する解消法!

【2017年版】おすすめ精力剤ランキング!効果のある精力剤のみ厳選!

男性専用精力剤人気ランキングTOP10!市販・通販の精力増強剤!


『デリケート』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49059

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料