勃たないのは病気?ストレス?疲れ?EDの改善には薬・病院は必要?

勃たない(勃起不全)は病気なのでしょうか?今回勃たないあそこの原因や勃起不全が生活習慣病に相関関係があるメカニズムついて解説を行っています。また勃起不全に薬や病院は必要なのかどうか、また日頃からできる対策方法をお伝えしていきます。


勃たないって病気なの?

勃たない=勃起不全(ED)は一種の病気とされています。

EDとは、Erectile Dysfunctionの略で勃起不全、勃起障害、男性の性機能障害のことを指します。

出典:新橋ファーストクリニック

性的な興奮はあるのに、なかなか勃起しなかったり、少し疲れているだけで、勃起しにくかったりなど、症状は様々ですが、勃起不全と感じたら、早急に対策が必要です。

勃起不全の原因や対策方法について解説をするので、正しく勃たないあそこを改善していきましょう。

朝立ちがないのは病気の前触れ

勃たないって病気

中には「朝立ちがない…」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、朝立ちがないのは病気の前触れの可能性があります。

健康な男性であれば、通常は朝立ちがあります。毎日でなくとも、週1~2度があるのが健康な証拠。もし、週に1回も朝立ちがなかったりまったく朝立ちがない場合は、身体の機能が低下している恐れがあるのです。

というのも、朝立ちがないのは何らかの影響で陰部に血液が集まっていないということ。普段の食生活や運動不足が原因で血液がドロドロになっているかもしれません。

もちろん病気であると断定できるわけではありませんが、朝立ちがないということは身体が不調を起こしているサイン。普段の生活の中でストレスや食生活の乱れがないか振り返ってみましょう。

勃たない(勃起不全)の人は生活習慣病になる可能性あり

「勃たない人は生活習慣病になる可能性がある」なんて話を聞いたことがありませんか?次は、勃たない症状と生活習慣病の関係についてご説明します。

勃たない症状は、血液がドロドロであったり生活習慣の悪化が原因。つまり、勃たない症状が出ている場合生活習慣が乱れていて身体にさまざまな影響を及ぼしていることが考えられるのです。

勃たない症状によって生活習慣になるわけでなく、勃たない症状の原因となる「乱れた生活習慣」こそが恐ろしい生活習慣病を引き起こしてしまうのです。

勃たないのは、健康のバロメーターの一種。絶対にそのまま放置せず「勃たない原因はなにか、普段の生活で身体に負担がかかっていないか」よく考えてみましょう。

勃起不全(ED)の4つの原因

勃たない症状には、生活習慣が大きくかかわっていることが分かりました。次は、生活習慣以外の勃起不全の原因についてご説明していきます。

①心因性

まず挙げられるのが心因性の問題。

身体に不調はないものの、心に問題を抱えており勃たない症状が現れます。性交にプレッシャーを感じていたり、過去の性交にトラウマがある場合が多いです。

心因性の問題を解消するためには、疲れを癒したりパートナーとよく話合うことが大切。すれ違いや価値観の違いを認め合い、性交に対する意識を共通させましょう。そうすることで過度なプレッシャーを和らげることができるでしょう。

また、パートナーとの話し合いでは解決できない場合は、心療内科などのカウンセラーに相談することをおすすめします。

②器質性

次に挙げられるのが器質性の問題。

男性ホルモンの減少など、身体に不調があることで「勃たない」という症状が出てしまいます。年齢を重ねるにつれ、器質性の問題が原因で勃たない症状がでる男性が多いです。

器質性の問題を対策するためには、医師に相談するのがおすすめ。内科や泌尿器科などで「勃たない」という症状を伝えましょう。特にED診療に力を入れている病院が適しています。

③混合性

次に挙げられるのが混合性の問題。

これは、原因①の器質性と②の心因性が組み合わさった状態。器質性の問題で勃たないといった症状が現れ、心の問題を抱えてしまう場合も多いです。

器質性の原因となっている事柄を突き止め、解消することが対策の第一歩となります。

また、同時に心因性の問題を解決することも重要。器質性の原因解消とともに、カウンセリングなどで心の問題を解決していきましょう。

④薬剤性

最後に挙げられるのが薬剤性の問題。

特定の薬剤の副作用として勃たないといった症状がでる場合があるのです。特に、勃たない原因となりやすいのが、抗うつ剤や睡眠薬の服用。

副作用として性欲減退が現れることも多く、勃たないといった症状が現れやすくなります。

薬剤が原因となっている可能性が高いのであれば、かかりつけの医師に処方薬を変更できるか確認してみましょう。原因となっている薬剤を変更するのが対策への近道となります。

病院での治療は必要?

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s

EDなどは病院での治療も有効とされています。

病院に行くことで、その人それぞれの勃起不全の原因について教えてもらうことが可能です。

また治療薬として、バイアグラやレビトラといった勃起不全治療剤を処方してもらうことが可能です。

とはいえ、勃起不全はあくまで生活習慣の悪化が原因となっているので、病院で薬を処方されずとも改善は可能です。

まずは以下の対策方法を確認して、実践してから病院に行くかを検討しましょう。

倍グラ

病院は何科に行けばよい?

EDになってしまった場合は何科の病院に行けば良いのでしょうか?

解答としては「泌尿器科」もしくは「形成外科」となっています。

どちらかといえば、泌尿器科の方が一般的になっています。

上記の通り、勃起不全となっている原因の解決や薬の処方が可能となっているため、どうしてもすぐに改善したいという方は病院に行かれることをおすすめします。

どこに行けば良いのかわからない方は、勃起不全の改善では権威のある上野クリニックがおすすめです。

男性の性病や勃起不全など幅広く治療を受けることができるので、多角的な面から勃起不全を改善することが可能となっています。

スクリーンショット 2017-08-16 10.39.32

⇒上野クリニック公式サイトはこちら

勃たないあそこの治療法・改善法

まずは病院に行く前に、私生活からできる対策方法を行いましょう。

以下の3つの対策方法で、根本的な改善はすることができるので、実践していきましょう。

生活習慣の改善

37de61916f67ac1e7d7d5b8806535763_s

まず挙げられるのが生活習慣の改善。勃たない原因の多くは乱れた生活習慣が関係しているのです。

睡眠不足な方は、まず十分な睡眠をとることから心がけましょう。最低でも1日6時間の睡眠を目指してください。そして普段タバコを吸っている方は思い切って禁煙しましょう。

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮作用があるため、勃起不全を引き起こしやすくなるのです。

睡眠時間の確保や禁煙など基本的な生活が整ったら、次は食生活を改善していきます。

下記は、男性の精力を上げるために有効な成分と食材になります。

<精力の上がる成分>
・アルギニン ・マカ ・タウリン ・亜鉛 ・オルニチン ・クラチャイダム ・トンカットアリ ・DHA ・EPA ・アリシン ・ビタミンE
<精力の上がる食べ物>
・ニンニク ・玉ねぎ ・ニラ ・カキ ・しじみ ・青魚(あじ、いわし、サバ) ・亜麻仁油 ・レバー ・ナッツ類
ニンニクや玉ねぎなど、食生活に取り入れやすい食材も多いので積極的に摂取しましょう。
また、コンビニ食や外食は栄養が偏りがちになるため、できるだけ自炊を心がけてください。

ストレス発散、自律神経を整える

a24310383d21934c32eea733b1f52504_s

次に挙げられるのが、ストレス発散、自律神経を整えること。

実はストレスは勃起不全の大きな原因の一つ。人の身体は、ストレスを感じると「コルチゾール」という物質を分泌。この物質が性欲を減退させてしまうのです。

コルチゾールの分泌を抑えるためには、定期的にストレスを発散し自律神経を整えることが重要となります。ストレス発散は自分が思い切り「楽しい」と思えることで構いません。定期的にストレスを解消させてください。

また、普段屋内で過ごすことが多い方は外に出て日光にあたりましょう。日光にあたり、セロトニンを生成することで乱れがちな自立神経を整えることが可能です。

精力剤を摂取する

最後に挙げられるのが、精力剤を摂取すること。

今回ご紹介した3つの対策の中で、一番即効性がある劇的な改善方法です。精力剤はさまざまな商品が販売されていますが、中でも注目なのが「ヴィトックスα」

ヴィトックスαに含まれる代表的な成分は下記の通りです。

□シトルリン

□アルギニン

□亜鉛

□ガラナ

□マカパウダー

これらは、どれも男性の活力をアップさせるために欠かせない成分。血のめぐりをよくし、勃たない症状を劇的に改善できるのです。

さらに、ヴィトックスαは国内男性向け通販サイトで36ヶ月連続売上No.1を記録した実績のあるサプリメント。使用した方の満足度はなんと96.5%とかなり信頼できる商品です。

「勃たない症状を今すぐなんとかしたい」とお考えの方は、ぜひヴィトックスを使用してみてはいかがでしょうか。

S__61030404

【 VITOX-α 】

⇒VITOX-α公式サイトはこちら

 

口コミはこちら⇒ヴィトックスαは効果なし?本当の口コミ・副作用を徹底解析!

まとめ

男性にとって勃たない症状は死活問題。

ときには大切なパートナーとのすれ違いの原因にもなりかねません。

いつもより元気がなかったり、朝立ちがなくなったときは生活習慣に乱れがないか振り返ってみましょう。

また、なかなか治らない勃起不全には精力剤を活用するのもひとつの手段です。

生活習慣や食生活をみなおし、勃起不全を改善していきましょう。

<おすすめ関連記事>

【2017年版】おすすめ精力剤ランキング!効果のある精力剤のみ厳選!


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料