性(精)欲減退の理由はストレス?疲労?性欲減退の7つの原因と対策方法


性欲減退と男性ホルモンの関係性

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、「性欲」と「性衝動」の働きを促す役割をもっており、人間の性欲と最も密接に関係しているホルモンです。

異性を惹きつけるフェロモンと呼ばれる体臭を発生させ、興奮作用のあるドーパミンを神経伝達物質を通して増加させます。テストステロンは「興奮」「勃起」などのを引き起こすスイッチであると言えます。

男性ホルモンの減少
出典:ユナイテッドクリニック

20代をピークに年齢が高くなればなるほどこの血中のテストステロン濃度が減っていくことが知られています。60歳では40歳と比べ25%も低下します。

その為、性ホルモンの分泌の低下を挽回しようと、脳は性腺刺激ホルモンを出しますが、精巣の機能が衰えているので性ホルモンの分泌は増えません。

つまり、加齢とともに性欲が減退してしまうのは、男性ホルモンの働きが関係していることが分かります。

男性ホルモンと性欲を低下させる7つの原因

メンズ 空

男性ホルモンを低下させる要因は加齢だけでなく、いくつか理由があります。

これららそれらの原因を紹介し、性欲減退の改善策を考えていきます。

①ストレス・自律神経の乱れ

心理的なストレスは自律神経のバランスを崩します。副交感神経を通して脳から中枢へ信号を送る機能が働かなくなり、結果として精巣で男性ホルモンが生成されなくなります。

ストレスを受けると、副賢皮質からコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンが分泌されます。

このコルチゾールの生成原料は男性ホルモンと同じコレステロールなので、コルチゾールが増えれば増えるほど男性ホルモンが減少してしまいます。

②疲労

悩む

緊張感を身にまとったまま生活していると疲労感が溜まり、やがてそれは性欲減退へと繋がります。

なぜならば、身体が緊張している時、脳内から交感神経へ信号を発信し、ノルアドレナリンを放出するからです。

この時、ペニスでは勃起阻害物質PDE5が活発になり、勃起を萎えさせる働きをします。これは、人間の本能であり、ごくごく自然なことなのです。

③乱れた食生活

乱れた食生活もまた、性欲減退へと導きます。

トランス脂肪酸といわれる成分が含まれる食べ物は、肥満心疾患のほかに、気力の低下や性欲の減退が挙げられます。コンビニのお弁当やファストフードのハンバーガーなど、私たちの身近に潜んでいるトランス脂肪酸には意識して注意しましょう。

その他にも、精製された糖分は急激に血糖値を上げる働きがあり、このことで性欲をダウンさせてしまうことが知られています。 甘い炭酸飲料や手軽に食べる事ができるケーキなどの食べ過ぎには十分注意することが大切です。

<性欲を減退させる食べ物>

・砂糖が多く入ったジュースやお菓子

・添加物がたくさんはいったお弁当やお菓子

・悪い油を使った揚げ物

・高脂質のお肉や揚げ物

④睡眠不足

睡眠不足によって性ホルモンの分泌量が低下することで、性欲の減退や勃起機能の低下が起ります。

男性ホルモンと呼ばれるテストステロンは、深夜の時間帯に分泌量が多くなります。夜の22時から深夜の2時にかけて分泌量がピークを迎え、この時間帯をゴールデンタイムと呼びます。

特に深夜から明け方にかけてテストステロンは分泌量が増加する傾向にあり、この時間帯に睡眠をとらないと、テストステロンの量が減ってしまいます。

慢性的な睡眠不足は性欲減退や勃起機能の低下といった症状につながってくるので、規則正しい睡眠を取るようにしましょう。

⑤過度の飲酒

ビール

人間は体内でアルコールを分解するために、ビタミンCや亜鉛といった栄養素を大量に消費しています。

これらの栄養素は、男性ホルモンの分泌や精液の生成といった精力の根幹を成す機能のために必須のもであり、過度な飲酒が性欲の減退を引き起こしていると言えます。

また、過度な飲酒は肝臓にもダメージを与え、倦怠感へと変化します。そして、その倦怠感はセックスをする気力や体力そのものを奪い取ってしまいます。

つまり、必要以上のアルコールの摂取が勢力減退の原因になるのは当然のことと言えます。

⑥喫煙

タバコ

タバコに含まれているニコチンには血管の収縮作用があるといわれています。そのニコチンの影響で血管収縮が悪くなると、血流が悪くなり、結果として性欲減退や勃起不全のリスクが高まります。

イギリスでの研究によると、1日に20本以上のタバコを吸う男性が精力に不安を感じる割合は、タバコを全く吸わない男性より40%も高く、1日に20本未満のタバコを吸う人の場合でも、吸わない男性より24%高いという結果が公表されています。

つまり、喫煙は精力の減退を引き起こす要因を大いに含んでいるのです。

⑦薬による副作用

普段から常用している薬の副作用が精力減退を引き起こしていることもあります。これを、薬剤性EDと呼びます。特に、精神安定剤や抗うつ薬・睡眠薬・向精神薬は薬剤性EDの症状が現れやすく、注意が必要です。

抗うつ薬が精力減退を引き起こす原因としては、セロトニン濃度の増加が挙げられます。抗うつ薬にはドパミンやノルアドレナリン系の神経を抑制する働きがあるため、性機能も同時に抑える働きをしてしまいます。

また、精神安定剤や向精神薬の中には、性欲の減退や ED を引き起こす高プロラクチン血症になりやすい薬もあります。

これらの薬を服用していて、精力の減退を感じている人は、担当医に相談してください。

性欲減退の対策方法

性欲減退を改善するためには、今日からできることをひとつひとつ実行する必要があります。

精神的な疲労を回復する

勃起するためには副交感神経が働いている必要があります。

逆に緊張していたり、ストレス状態にあり、交感神経が働いていると勃起がしづらい状態となります。

性行為が初めての方が緊張すると勃たなくなるということがありますが、これは交感神経が働くためです。

リラックスし、落ち着いた精神状態で性行為に挑めるように普段から、精神的な疲労は取り除いていくようにしましょう。

食生活の改善

37de61916f67ac1e7d7d5b8806535763_s

先述したように、トランス脂肪酸を多く含んだファストフードや精製された糖質は性欲を減退させる働きがあるので、極力控えるようにしてください。

また、過度なアルコールの摂取は、精力の源となるビタミンCや亜鉛を減少させる働きがあるため、適度な飲酒を心掛けてください。

また、亜鉛を豊富に含んだカキやテストステロンを増やす働きがあるDHAを含む青魚などを積極的に摂取し、食生活の改善を図ることも同時に重要となります。

今夜の夕食から、ぜひ、試してみてください。

<精力の上がる成分>

・アルギニン ・マカ ・タウリン ・亜鉛 ・オルニチン ・クラチャイダム ・トンカットアリ ・DHA ・EPA ・アリシン ・ビタミンE

<精力の上がる食べ物>

・ニンニク ・玉ねぎ ・ニラ ・カキ ・しじみ ・青魚(あじ、いわし、サバ) ・亜麻仁油 ・レバー ・ナッツ類

適度な運動

走る

適度な運動をすることにより、筋肉に刺激が与えられると男性ホルモンであるテストステロンが分泌されます。

また汗を流すことにより、身体にたまった老廃物を流すことができるため、血行促進にもつながります。

激しすぎる運動はテストステロンを過剰に分泌させ、大量に消費してしまうため、あまりよくないですが、ジョギングやウォーキングなどの適度な運動は性欲減退対策になるので、意識的に汗を流すようにしましょう。

精力剤を摂取する

食生活を改善することも、もちろん重要な改善方法です。

それと同時に健康補助食品である精力剤を服用することで、精力減退を改善できることが分かっています。

今週末に彼女と会う予定があるけれど、食事だけで本当に改善されるのかと不安に思っている人には是非、精力剤を試してもらいたいです。

以下のクラチャイダムゴールドは男性ホルモンの分泌を促進するアルギニンというアミノ酸や鉄分や亜鉛などのミネラルやビタミンを豊富に含んだクラチャイダムゴールドを100%を使用しており、普段の食生活では十分に摂取できないような成分を摂取することが可能です。

詳細はこちら⇒クラチャイダムゴールドは効果なし?口コミ・副作用・効果を徹底検証

S__69517315

⇒公式サイトはこちらをクリック

<オススメ関連記事>

男性専用精力剤人気ランキングTOP10!市販・通販の精力増強剤!

強精剤・精力剤は副作用がある!?副作用が少なく効果があるのは強壮剤

【2017年版】おすすめ精力剤ランキング!効果のある精力剤のみ厳選!


『デリケート』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49059

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料