男性の年齢別性欲減退原因まとめ!10代,20代,30代,40代,50代〜編

年齢ごとに性欲減退の原因が異なる?

年齢にもよるのですが、男性ホルモンには神経や血管に作用し、一酸化窒素(NO)やその標的であるサイクリックGMPという分子を産生し勃起を促すという大切な機能があります。

それから、異性を惹き付けるフェロモンも発生させます。

そのため年齢が上がるにつれて男性ホルモンが減少すると性欲が減少し、性欲減退に伴うEDにもなることが指摘されています。

下表は年齢に伴うテストステロン値のグラフです。年齢によって、明らかにテストステロンが減少していることが分かります。

テストステロンの量の減少

出典:テストステロン.jp

男性ホルモン・性欲を低下させる原因

男性ホルモン・性欲減退にさせてしまう原因には年齢によるものもありますが、下記のような原因もあります。

<性欲を減退させる主な原因>

・ストレス ・自律神経の乱れ ・疲労 ・乱れた食生活 ・睡眠不足 ・過度の飲酒 ・薬による副作用

10代の性欲減退原因

10代の性欲減退

10代という年齢は男性ホルモンが多く分泌されるので、基本的には性欲減退や精力減退することとは年齢が若いので無縁です。

ですが、10代という年齢でも性欲減退することがあります。それは、ストレス・食生活の乱れ・睡眠不足・筋肉の減少、衰えなどが主な原因です。

睡眠不足や睡眠時間の乱れなどにより、成長ホルモンが分泌される時間帯に寝ていないことなどにより、ホルモンバランスが乱れるため、性欲減退してしまう原因となります。

20代の性欲減退原因

20代男性

20代という年齢は10代の年齢同様にホルモンバランス自体は整っているのですが、性欲減退の原因は食生活や現代社会のストレスの影響を非常に受けやすいのです。

そのため、仕事のストレスなどを感じられる方は大きな原因となっています。

体にストレスがかかると、副賢皮質から「コルチゾール」が分泌されます。

このコルチゾールは原料は男性ホルモンと同じコレステロールなので、コルチゾールの生産が増えるとその分だけ、男性ホルモンが減少してしまう要因となります。

その結果、性欲減退をしてしまうのです。

30代の性欲減退原因

30代の性欲減退

30代という年齢の性欲減退の原因は20代の年齢同様にストレスが原因の一つです。それから、若年性EDです。

ストレスはストレスを溜め込まないように上手に発散すれば良いのですが、若年性EDは精神的な原因による心因性EDと身体的な原因による器質性EDに分けられます。

心因性EDはストレスが原因です。それから、器質性EDは更に大きく3つに分けられます。血管障害によるもの・神経障害によるもの・内分泌機能低下によるものです。

血管障害は加齢による動脈硬化です。動脈硬化を患うと、血管が狭くなり身体の隅々まで血液の巡りが悪くなり、陰茎にまで血液が運ばれにくくなりEDになってしまいます。

神経障害は糖尿病がEDの原因になるといわれています。

糖尿病も神経や血管に障害が起こるので、生活習慣病の中で最もEDになりやすいです。

内分泌機能の低下は男性ホルモンのテストステロンの分泌が低下すると勃起力も弱まってしまいます。加齢やストレス、飲酒・喫煙・乱れた食生活などの生活習慣によって分泌が低下してしまうのです。

そのため、性欲減退してしまうのです。

40代の性欲減退原因

40代の性欲低下

40代という年齢の性欲減退の原因は30代の年齢同様に仕事のストレスや疲労、ホルモンバランス、生活習慣など様々な性欲減退の原因があります。

それから、心因性EDや器質性ED、混合性ED、薬剤性EDが原因ということもあります。

心因性・器質性EDは30代で上述したように、メンタル的な問題とフィジカル的な問題が主な原因です。

混合性EDはメンタル面・フィジカル面両方が原因です。

それから、薬剤性EDは薬剤の副作用でEDになることがあります。薬剤とは降圧剤や抗うつ剤、向精神薬、睡眠薬などです。

そのため、性欲減退してしまうのです。

50代〜の性欲減退原因

50代の性欲減退

50代という年齢の性欲減退の原因は40代の年齢同様にストレスや食生活の乱れなどの他に器質性EDや心因性EDがあります。それから、加齢によるホルモンの減退や薬剤性によるEDなどです。

ストレスや食生活、器質性・心因性EDは30代・40代で上述した通りです。

薬剤性EDも先ほど上述したように、抗うつ剤や向精神薬、睡眠薬などの副作用です。

加齢によるホルモンの減退は、加齢に伴って血管や陰茎組織も老化します。そのうえ、生活習慣病によって動脈硬化が進んでいると、EDを発症する危険性も高くなります。

そのため、年齢も伴って性欲減退してしまうのです。

性欲を取り戻す4つの対策方法

しかし、年齢別によって性欲減退をする理由は様々ですが、性欲を取り戻す対策方法が4つあります。

①食生活を改善する

性欲を取り戻す方法の一つ目は、性欲減退させる食事を抑えながら、性欲が上がる成分が入った食事を摂取することです。

性欲減退させる食事は、下記にも記述してありますが、年齢が若い世代は特に摂取してしまうのですが、

・砂糖が多く入ったジュースやお菓子
・高脂質のお肉や揚げ物

などです。

逆に精力がつく食事は、

・ニンニク
・玉ねぎ
・ニラ
・カキ
・しじみ
・青魚(あじ、いわし、サバ)
・亜麻仁油
・レバー
・ナッツ類

などです。

<性欲を減退させる食べ物>

・砂糖が多く入ったジュースやお菓子 ・添加物がたくさんはいったお弁当やお菓子 ・悪い油を使った揚げ物 ・高脂質のお肉や揚げ物

<精力の上がる成分>

 ・アルギニン ・マカ ・タウリン ・亜鉛 ・オルニチン ・クラチャイダム ・トンカットアリ ・DHA ・EPA ・アリシン ・ビタミンE

 <精力の上がる食べ物>
・ニンニク ・玉ねぎ ・ニラ ・カキ ・しじみ ・青魚(あじ、いわし、サバ) ・亜麻仁油 ・レバー ・ナッツ類

②副交感神経を整える

ストレスにより、コルチゾールが発生し、性欲減退してしまいます。ですので、副交感神経を整えてストレス発散や正しい生活習慣を送るようにしてください。

③過度な喫煙、飲酒を避ける

基本的に過度な喫煙や飲酒は男性機能にとって良くありません。喫煙はEDの直接的な原因になりますが、飲酒はそうではありません。

飲酒は過度な摂取を続けていると糖尿病や高血圧などの生活習慣病なってしまい、血管や神経が傷つくことによってEDになっていしまいます。

喫煙は動脈硬化を引き起こし、血流の流れが悪くなって陰茎にまで血液が運ばれにくくなるので、結果として性欲が減退してしまいます。

④精力剤を摂取する

性欲が戻る対策方法4つ目は、精力剤を摂取することです。

精力剤の中にはアルギニンという男性ホルモンの分泌を促進する効果のあるアミノ酸や亜鉛や鉄分などのミネラル、ビタミンを豊富に含んでおり、普段の食生活では摂取できない栄養素を取り入れることができるため、健康維持を精力剤で行うことが可能です。

精力剤としては以下のマカ&クラチャイダムがコストパフォーマンスが高くオススメとなっています。

ビタミンやミネラルを豊富に含んでいる天然成分のマカとクラチャイダムを配合しており、普段の食生活に取り入れるだけで健康増進をはかることが可能です。

詳細はこちら⇒マカ&クラチャイダム12000は効果なし?本当の口コミ・副作用を徹底解析!

S__9314306 3-min

⇒公式サイトはこちら

 

 

性欲低下で病院にいく必要はある?

性欲低下は男性ホルモンの低下という仕方のない部分や食生活など改善できる要素のある問題なので、基本的には病院にいく必要はありません。

しかしあまりにも急激な性欲低下が見られる場合や勃起障害が起きている場合は生活習慣病の危険性もあるため、病院の検討が必要です。

性欲低下だけでなく、慢性的な疲労感や食欲不振に陥っている場合など身体の不調が気になる方はお近くの内科、もしくは泌尿科などのHPを一度チェックしておきましょう。

お近くに病院がないという方は男性の悩みをトータルでサポートしており、全国展開している上野クリニックの公式サイトをチェックしておきましょう。

スクリーンショット 2017-08-16 10.39.32

⇒上野クリニック公式サイトはこちら

<おすすめ関連記事>

【2017年版】おすすめ精力剤ランキング!効果のある精力剤のみ厳選!

男性専用精力剤人気ランキングTOP10!市販・通販の精力増強剤!

精(性)欲減退の原因とは?年齢別の原因と精力アップの方法5選を紹介!

『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。