歯の黄ばみを落とすホワイトニングの値段とは?歯医者と自宅で比較!

歯の黄ばみを落とす方法の1つとしてホワイトニングがあります。ホワイトニングで最も気になる点の1つとして、値段が挙げられます。ここではホワイトニングの値段について歯医者と自宅の両方の観点から紹介していきます。また歯医者で行うクリーニングについても紹介します。


ホワイトニングの値段は高い?

歯の黄ばみを落とす方法の1つがホワイトニングです。最も気になる点の1つが、ホワイトニングの値段です。ホワイトニングの値段は はたして高いのでしょうか?

ホワイトニングと言っても様々あり、歯医者で行うホワイトニング、自宅で行うホワイトニング、専用歯磨き粉で行うホワイトニングなどです。ホワイトニングの方法が違えば、値段にも違いが生じます。ホワイトニング=すべて一概に高いとは言えません

歯の黄ばみを落とすホワイトニングの値段は高いのか? これから分析をしていきます。

歯医者で行うホワイトニングの値段相場は?

歯医者で行うホワイトニングには、オフィスホワイトニングホームホワイトニングがあります。それぞれ値段を比べてみましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、黄ばみの除去などホワイトニングのすべての行程を歯医者で行う方法です。

値段相場は、一般歯科で1回あたり3万円~5万円程度と言われています。

ホワイトニング専門歯科だと、値段は1回あたり1万円~3万円程度と言われています。

持続期間は、ホワイトニング後の飲食物や個人差にもよりますが、1ヶ月~3ヶ月程度と言われています。黄ばみのない歯の白さを維持していくためには、最低でも年間数万円の値段がかかるイメージです。高いと年間10万円以上の値段がかかります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯医者で専用のマウスピースを作ってもらった後は、自宅でマウスピースと専用薬液を使用して自分で行うホワイトニングです。最初のマウスピースを作るとき、またメンテナンスや施行状況確認のために時々歯医者に通う必要があります。

値段相場は、一般歯科で2万円~4万円程度と言われています。

ホワイトニング専門歯科だと、1万5千円~3万5千円程度と言われています。

すべての施術を歯科医院で行うオフィスホワイトニングに比べると、ホームホワイトニングの方が値段は安いと言えます。

ホームホワイトニングは自宅で継続してホワイトニングできることが前提です。そのため持続期間は、自宅で行う際の専用薬剤がある期間(無くなれば歯医者に行ってもらってくる)と言えます。持続期間という考え方とはちょっと違いますが、薬液が2週間~1ヶ月分渡されることが多いので、その期間はゆるやかにホワイトニングが持続する期間と言えます。

自宅で歯の黄ばみを落としたいならホワイトニングジェル!

「自宅で歯の黄ばみを落としたい」「ホームホワイトニングよりもさらに値段が安くて、歯を白くしたい」という方には、ホワイトニングジェルがおすすめです。

ホワイトニングジェルの中には、少し値段が高いものもあります。これは、効果や成分の安全性を考慮しているためです。値段が高めであっても、歯医者で行うホワイトニングよりは安く、安全性の高い商品を使用することで、歯の健康を守りながら、自宅で自分の生活ペースの中でホワイトニングすることが可能です。

市販第1位:はははのは

-15-e1477620853925

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:1,980円~
評価:★★★★★

⇒はははのは公式サイトはこちら

<商品特徴>

①絹子歯科クリニック院長おすすめ、歯科でも使用のホワイトニング成分4種類配合で黄ばみ除去

②10種類完全無農薬オーガニックで安心のホワイトニングを実現

③製薬会社との共同開発で、子供でも使用できるやさしい低刺激ホワイトニング

<口コミ>

<値段・購入特典>

スクリーンショット 2017-07-15 23.43.38

はははのははamazonや楽天市場などでも販売されていますが、定価販売なため、お得に購入するなら公式サイトがおすすめです。

現在、公式サイトで定期コースを購入すると以下のような特典が得られます。

<価格>

□1箱の定期コースの場合、通常価格3500円(税込)のところ43%OFFの1980円(税込)

*2回目以降も15%OFFの2980円

<購入特典>

□10日間の返金保証付き

□定期便は一回の購入から停止可能

はははのはの詳細はこちら⇒「はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

⇒はははのは公式サイトはこちら

市販第4位:薬用パールホワイトプロEX+

容量:30ml(約2週間分)
価格:3,240円~
評価:★★★★

→パールホワイト公式サイトはこちら

<商品特徴>

①ホワイトニング成分3種類を高配合し、使用数日間で黄ばみが消えるなど、実感速度がはやく程即効性が高い

②薬用成分であるIPMPが、歯周病などから歯茎を守る

③芸能人の舟山久美子(くみっきー)さんや坂上忍さんなど、芸能人の多くが愛用

<口コミ>

<価格・購入特典>

薬用パールホワイトプロは公式サイトで購入すると以下のような特典があります。

□通常価格8400円⇒初回お届けのみ3240円(税込)

□2回目からも6480円(税込)

パールホワイトプロEX+の詳細はこちら⇒パールホワイトプロEX+は効果なし?口コミ・副作用・最安値まとめ!

→パールホワイト公式サイトはこちら

市販第3位:プレミアムブラントゥース

スクリーンショット 2017-06-20 16.29.48

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:3,980円~
評価:★★★★

→ブラントゥース公式サイトはこちら

<商品特徴>

①アメリカやフランスなど、世界5ヶ国で売上1位の実績を誇るホワイトニング剤

②天然ホワイトニング成分「パパイン」配合で、歯にやさしく黄ばみ除去

③オーガニック成分を高配合、植物性エキス6種類、植物エキス16種類、安全に歯をホワイトニングする

<口コミ>

<値段・購入特典>

スクリーンショット 2017-06-20 16.47.14

プレミアムブラントゥースはamazonや楽天市場では販売されていませんので、公式サイトからの購入になります。

公式サイトからの購入の場合、定期便で申し込むと以下のような特典があります。

<価格>

・定期便ご利用の場合:3,980円(税抜・送料無料)

・2回目以降も50%OFF4,980円(税抜)

<購入特典>

90日間返金保証

プレミアムブラントゥースの詳細はこちら⇒「プレミアムブラントゥースの効果は嘘?!悪い口コミやデメリットを掲載!

→ブラントゥース公式サイトはこちら

市販第4位:ちゅらトゥースホワイトニング

スクリーンショット 2017-04-08 0.34.28

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:3,980円
評価:★★★★

⇨ちゅらトゥース公式サイトはこちら

<商品特徴>

①歯の健康を守り、黄ばみを除去するホワイトニング成分3種類を有効に配合

②54万人に実施した満足調査(2017年実施)で6冠達成! ホワイトニングジェルで人気No.1

③医薬部外品で歯科医推奨、効果しっかりでかつ安全性が高く飲んでも痛くならない程の低刺激

<口コミ>

<値段・購入特典>

2017年8月現在、ちゅらトゥースホワイトニングはamazonでも販売されています。しかし、定価購入となっているため、購入するのであれば公式サイトからの購入が一番お得です。

今、公式サイトの「特別モニターコース」では期間限定で以下のような特典があります。

<価格>

□通常価格5980円(税抜)のところ33%OFFの3980円(税抜)

□2回目以降も16%OFFの4980円(税抜)

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら⇒「ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

⇨ちゅらトゥース公式サイトはこちら

市販第5位:ビースマイル

image5

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:2,400円~
評価:★★★

⇒ビースマイル公式サイトはこちら

<商品特徴>

①モンドセレクション2017で金銀のダブル受賞、高い品質を約束

②医薬部外品、身体にやさしいホワイトニング成分3種類を配合で黄ばみにアプローチ

③歯周病や口臭の予防にも有効、オーラルケアをこれ1本で実現

<口コミ>

<値段・購入特典>

ビースマイルはamazonや楽天市場などでも購入することが可能ですが、定価販売となっていますので、最もお得に購入する方法は公式サイトの定期コースです。

<ビースマイル定期コース特典>

<価格>

・毎月1個お届けの場合→通常価格4,800円が半額の2,400円(税抜)

※2回目以降は定期コース価格、20%オフの3,840円(税抜)となります。

ビースマイルの詳細はこちら⇒「ビースマイルのホワイトニング効果は嘘?口コミやデメリットも紹介!

⇒ビースマイル公式サイトはこちら

市販第6位:Lilly White

ホワイトニング

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:3,980円~
評価:★★★

→Lilly White公式サイトはこちら

<商品特徴>

①「世界一虫歯の少ない国」と言われるスウェーデン発祥のホワイトニングジェル

②女性ファッション誌「GRITTER」に掲載され、注目度アップ

③ホワイトニングや黄ばみ除去だけでなく、虫歯や口臭予防にも効果あり

<口コミ>

#LillyWhite #リリーホワイト #ホワイトニング #白い歯 北欧スェーデンで生まれた医薬部外品 リリーホワイト 30g 5980円 ♡虫歯予防 ♡口臭予防 ♡黄ばみ予防 イソプロピルメチルフェノール 歯や歯茎をお掃除 ビタミンE酢酸エステル 歯茎の健康を血流面からサポート グリチルリチン酸ジカリウム 歯や歯茎の健康を維持 ポリリン酸ナトリウム 歯をピカピカにホワイトニング スポイドタイプのデンタルエッセンスです。 ホワイトニング、興味あるけど時間やお金がかかりそうで〣( ºΔº )〣 このリリーホワイトなら自宅で簡単にホワイトニング♡ 1回約115円✿ ・* 歯がツルツルしてきて、口臭にとても効いてます♡ 私は喫煙者なのでこのデンタルエッセンス、とても気に入りました♡

A post shared by eve (@makieve) on

<価格・購入特典>

Lilly Whiteは公式サイトで購入すると以下のような特典があります。

<価格>

・通常価格5980円⇒33%OFFの3980円(送料無料)

※現在の特別モニターコースの場合、33%OFFがずっと継続します

Lilly Whiteの詳細はこちら⇒「Lilly Whiteは効果なし?!悪い口コミやデメリット・最安値を紹介!

→Lilly White公式サイトはこちら

市販第7位:リュミエールブランネージュ

リュミエールブランネージュ

容量:30g(約1ヶ月分)
価格:2,980円~
評価:★★★

⇒リュミエール公式サイトはこちら

<商品特徴>

①歯科医が監修している、本格的なホワイトニングジェル

②発泡剤など使用せず、アルカリ性カルシウムイオンに含まれたケイ素と圧縮酸素が黄ばみなどの着色汚れを除去

@コスメの口コミランキング歯磨き粉部門で第1位を獲得。押切もえさんなど、芸能人の多くが愛用

<口コミ>

<値段・購入特典>

リュミエールブランネージュは、amazonや楽天市場でも販売されていますが、公式サイトからのご購入の場合は約50%オフの2,980円となり、10日間の返金保証もついています。

<価格>

・初回価格:約50%OFFの2,980円(税別・送料無料)

・2回目以降:17%OFFの4,980円(税別・送料無料)

<購入特典>

・10日間返金保証

リュミエールブランネージュの詳細はこちら⇒「リュミエールブランネージュの効果は嘘?!デメリットや口コミも紹介!

⇒リュミエール公式サイトはこちら

歯医者で歯の黄ばみを落とすならクリーニングもおすすめ?

歯医者で歯の黄ばみを落とすだけなら、クリーニングがおすすめです。

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングと違い、歯を白くするまでは施術できませんが、クリーニングでは自宅の歯磨きではなかなか落とすことのできない歯の付着汚れ、黄ばみなどの着色汚れをきれいにすることが可能です。

歯を白くしているわけではありませんが、クリーニングによって歯の色が本来の色に戻るため、歯が白くなったように感じる方が多いようです。

クリーニングの値段には差があります。相場は1万円程度と言われています。

この値段のうち、クリーニング目的が歯周病予防と歯医者が判断した場合、保険が適用できる可能性があります。保険が適用できると、値段は3000円程度になる可能性があり、かなり安く済ませることができます。

歯の黄ばみを落とすホワイトニングの値段まとめ

歯の黄ばみを落とすホワイトニングの値段を中心に、ご紹介してきました。

歯の黄ばみを落とす方法は、歯医者で行う方法、自宅で行う方法等あります。

値段を重要視すれば、自宅でホワイトニングジェルを使用する方法がおすすめです。

今回ご紹介した市販のホワイトニングジェルは、ランキング形式で第1位~第7位の7製品です。

ご紹介した7製品は値段も異なりますが、黄ばみ除去のために歯医者でホワイトニングするよりは安いのがメリットです。また、歯医者に通う必要がないので、忙しい方、歯医者に通う時間が無い方にもメリットがあります。

成分や値段をよく吟味して、ご自分に合うホワイトニングジェルが見つかることをお祈りしております。そして白く美しい歯をぜひ手に入れてください!

<関連記事>

はははのはの効果は嘘?はははのはの悪い口コミ・評判・成分まとめ!

ちゅらトゥースホワイトニングの悪い口コミ評判は?効果を実際に体験!

2017年最新歯のホワイトニングジェルランキング!口コミも掲載!

歯についたヤニの落とし方は?自宅できるヤニ取り歯磨き粉TOP7!

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?市販歯磨き粉ランキングTOP7!

歯のホワイトニングジェルのおすすめは?自宅で白い歯を手に入れる!


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料