無酸素運動では脂肪燃焼できない?ダイエットに効果的な運動方法を紹介!

「無酸素運動は脂肪燃焼には効果なし」、「有酸素運動は脂肪燃焼に効果的」といった言説がネット上に飛び交っていますが、実際のところどうなのでしょうか?ここでは、脂肪燃焼のメカニズムから、脂肪燃焼に効果的な運動方法を検証していきます。


無酸素運動は脂肪燃焼に効果なし?

「無酸素運動は脂肪燃焼には効果なし」、「有酸素運動は脂肪燃焼に効果的」といった言説がネット上に飛び交っています。

しかし、結論からいうと、無酸素運動は脂肪燃焼にまったく効果がないというわけではありません。

脂肪燃焼というとダイエットというイメージが大きく、無酸素運動(つまり筋トレなど)で筋肉がつき、腕や足が太くなってしまった方には「ただ細くなる」、「ただ体重が落ちる」という意味では、ダイエットに効果がないと考えられる方も多いようです。

無酸素運動って?

無酸素運動とは短時間で激しい運動を要求される運動のことをいいます。激しい運動をすることで体内からは酸素がなくなります。エネルギーを分解するグリコーゲンは無酸素状態だと乳酸という物質に変化します。

無酸素運動によって生成された乳酸は炭酸ガスとなって体外に排出される仕組みとなっており、そのことによって無酸素運動をすると息が荒くなりやすいとされています。

無酸素運動は有酸素運動と違い、酸素に頼ることなくグリコーゲンをエネルギーに変える運動方法です。無酸素運動の場合、脂肪をエネルギーとして使用しないため一般的に脂肪燃焼に効果がないといわれています。

ではなぜ無酸素運動のみでは脂肪燃焼に効果がないとされているのでしょうか。また代表的な無酸素運動は以下のようになります。

<代表的な運動>

・負荷の高い筋トレ

・短距離走

・ダンベル運動

スクリーンショット 2017-09-01 19.48.46

上記でもある通り無酸素運動は脂肪をエネルギーと使用しないので脂肪燃焼効果はありません。よってダイエットには不向きと言われています。よってダイエットの主力メニューとして組むことは難しいです。

また強度の高い運動をしようと思うと自宅では難しく、ジムなどに通う必要があるため手間がかかりやすいというデメリットがあります。

有酸素運動って?

有酸素運動とは体内に取り込んだ酸素を使用して糖質や脂肪を燃焼させてエネルギーを生み出して運動する方法です。運動の負荷負荷は低~中程度となるので長時間の継続が必要になってきます。深い呼吸で酸素を取り入れながら運動することでゆっくり脂肪燃焼をすることができます。

有酸素運動では下半身の大きな筋肉を使用するので血行もよくなり、健康面でも効果を発揮します。また脂肪燃焼効果があるのでダイエットにも有効とされています。

<代表的な運動>

・ジョギング

・ウォーキング

・水泳

スクリーンショット 2017-09-01 19.48.36

脂肪燃焼のメカニズムって?

脂肪燃焼するためには運動などでエネルギーとして使用する必要があります。脂肪燃焼するためにはまずエネルギーが必要な状態=有酸素運動をします。

そうすることで脳から脂肪を分解してエネルギーにするように指令されます。指令されたことでアドレナリンなどの脂肪動員ホルモンが分泌され、脂肪を分解するリパーゼが活性化します。

脂肪が分解されるとグリセロールと遊離脂肪酸が血液中に放出されます。こうして血液中に放出された脂肪酸は筋肉にいきわたりエネルギーとして消費されていきます。これが脂肪燃焼のメカニズムとなっています。

無酸素運動と有酸素運動との組み合わせがベスト!

上記で脂肪燃焼には有酸素運動が有効であることや無酸素運動では脂肪燃焼効果がないとされていましたが、実は効率的に脂肪燃焼するためには無酸素運動も有酸素運動も重要となっており、最も効率よく脂肪燃焼するためには無酸素運動と有酸素運動との組み合わせが有効となります。

脂肪燃焼のメカニズムでも説明した通り、脂肪燃焼には有酸素運動をすることで脂肪動員ホルモンを活性化しエネルギーを消費する必要があります。実際有酸素運動をすることで体重自体は減少するためダイエット成功と思われがちです。

しかし、有酸素運動のみで脂肪燃焼しようと思うと長時間の継続した運動が必要になります。よく言われるのはおよそ30分以上の有酸素運動が脂肪燃焼に効果があるとされています。

その運動を短くする方法があります。それが成長ホルモンです。成長ホルモンは骨や筋肉を成長させる効果もありますが、脂肪を分解させる効果も持っています。その成長ホルモンを出すために有効なのが無酸素運動となります。

有酸素運動の前に無酸素運動を5分程度取り入れることで約15分経過しないと脂肪燃焼が始まらなかったのがわずか約5分程度で脂肪燃焼し始めるという研究結果があります。

このように無酸素運動を有酸素運動の前に取り入れることで同じ時間の有酸素運動をしても燃焼される脂肪は大きく変わることになります。

また無酸素運動することで筋肉をつけることができるので基礎代謝が上がり、有酸素運動だけで脂肪燃焼した場合よりもリバウンドしにくいダイエットをすることができます。

脂肪燃焼を助ける筋トレダイエットサプリ

ここまで、ダイエットのための無酸素運動、有酸素運動について紹介してきましたが、ダイエットや筋トレを成功させるには、運動と同様に食事も重要です。

しかし、現代の食生活ではなかなかダイエットや筋トレに必要な栄養が確保できないことが多いです。

そこで、ダイエット筋トレをサポートするおすすめのサプリを紹介します。

DCCサプリ(ディープチェンジクレアチン)

DCC サプリ

⇒DCCサプリ公式サイトはこちら

<商品特徴・配合成分>

DCCサプリはプロのボディビルダーやトレーナーも愛飲している効果の期待できるサプリです。脂肪燃焼をサポートし、理想的な体型取り入れる手助けをしてくれます。

筋肉に必要なクレアチン、HMB、BCAA、イミダ15、脂肪燃焼をサポートするブラックジンジャー、コレウスフォルスコリ、体内をすっきりさせる酵素成分236種類、水素吸蔵サンゴ末、デキストリン、体のリズムを作るシトルリン、追い込んだ体を休息させるオルニチン、ミネラル酵母を配合しており脂肪燃焼だけでなく、筋トレや運動した体を総合的にサポートしてくれます。

◻︎有効成分

クレアチン・BCAA・HMB・ブラックジンジャー・酵素成分236種・水素吸蔵サンゴ末・デキストリン・シトルリン・オルニチン・ミネラル酵母

<口コミ>

<安全性>

DCCサプリは日本で製造されているため安心して摂取することができます。

また日本人向けに成分を開発されているので日本人に合った配合となっており副作用などの心配はいりません。

<価格・購入特典>

<定期コース>
初回購入 560円(95%オフ)

2回目以降 7840円

DCCサプリのデメリットを正直にお伝えします!効果は?口コミは?」こちらの記事では有効成分全ての解説から、悪い口コミ、デメリットまで全てが記載されています。詳しく見たい方はこちらの記事をチェックしておきましょう。

スクリーンショット 2017-08-05 10.11.43

⇒DCCサプリ公式サイトはこちら

まとめ

無酸素運動は脂肪燃焼効果がなく、ダイエットに効果がないといわれていますが、実はそうではありません。無酸素運動自体には脂肪燃焼する効果はありませんが、有酸素運動と組み合わせて行うことで脂肪燃焼をサポートすることができます。

脂肪燃焼するためには有酸素運動をする必要がありますが、脂肪燃焼するためには長時間有酸素運動を行う必要があります。しかし有酸素運動をする前に無酸素運動を取り入れることで、短時間で脂肪燃焼が始まり長時間有酸素運動をしなくても脂肪燃焼することができます。

つまり有酸素運動だけで運動するのと無酸素運動と有酸素運動を組み合わせた場合では、同じ時間運動しても脂肪燃焼を多くするのは無酸素運動を取り入れた方となるのです。

また無酸素運動をすることによって筋肉量を増やすことができ、基礎代謝が増えリバウンドしにくいからだになります。

さらに効率よく脂肪燃焼するためには無酸素運動と有酸素運動に筋トレサプリを取り入れることです。

筋トレサプリには効率よく脂肪燃焼させる成分やそれ以外にもいろいろと有効な成分が配合されているので併用することで理想の体型へと近づくことができるのでおすすめです。


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料