頭皮に優しいシャンプー10選!敏感肌・肌が弱い人におすすめ!

頭皮に優しいシャンプー10選!「肌が弱い…、刺激の少ないシャンプーを使いたい…」そんな悩みを抱えているあなた。今回は頭皮に刺激の少ない低刺激のシャンプーを紹介します。選び方やシャンプー以外のケアも紹介するので、ぜひ参考にしてください。


頭皮環境が悪化する原因

頭皮のトラブルに悩む原因、頭皮環境の悪化にはいくつかの原因があります。普段の生活の中でも意識することで改善できる物もあります。以下に具体例を紹介します。

睡眠

仕事や趣味などで夜更かししてしまい、睡眠不足になると体中の血管が収縮します。頭皮の下の毛細血管も収縮してしまい、血行不良になり頭皮環境が悪化、かゆみや抜け毛、薄毛につながります。

理想は、毛母細胞が活発な夜の10時から2時、成長ホルモンの分泌が多い深夜1時から2時、この時間帯にしっかり睡眠をとることが頭皮環境改善に効果的な時間といえます。

食生活

身体の改善に食生活は大きな影響があります。高カロリー、高脂肪の肉や揚げ物など 、ついおいしいからと言って食べ過ぎると、偏った食生活は頭皮環境の悪化につながります。

皮脂が過剰に分泌され、その皮脂が毛穴に詰まり、毛根の酸素が不足。抜け毛につながるのです。

さらに、脂もの中心の偏った食事が続くと、血液の流れが悪くなり、血液が行き渡らずに、頭皮環境を悪化させてしまいます。野菜等を意識してとる、脂っぽいものを摂りすぎないように意識することが大切です。

ストレス

強いストレスを受けると、毛細血管が収縮して血行不良につながります。血液が行き渡らなくなると頭皮環境が悪化し、抜け毛やかゆみの原因となります。

さらに、強いストレスは男性ホルモンの分泌を増やすため、ホルモンバランスが崩れ、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まるなど頭皮環境が悪くなるのです。

また、血行が悪くなると、酸素や栄養が届きにくく、頭皮は硬くなりがちです。健康な頭皮環境の為にもストレスフリーな生活、スポーツなどでストレス発散することが望ましいのです。

頭皮に優しいシャンプーの選び方

頭皮環境の改善につながる良いシャンプーを選びたいものです。ここでは頭皮に優しい市販のシャンプーの選び方を紹介します。自分にあったものを選んでみましょう。

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用しているものです。アミノ酸とは、端的に言うと「体をつくっている成分」です。

その為、体に負担なく、敏感肌や赤ちゃんでも使えるものが多くあります。シャンプーとしては、おだやかな洗い上がりとうるおいが特徴です。

抜け毛、薄毛、フケやかゆみが気になる、髪のパサつき、広がりがある、髪のハリやコシが気になる人におすすめです。適度に皮脂も落とせるので頭皮のべたつきにも効果的です。

アミノ酸シャンプーの見分け方としては、成分の水の次にココイルグルタミン酸Na、ラウロイル~、ココアンホ~といった名前の成分がかかれていれば、アミノ酸シャンプーと言えるでしょう。

無添加シャンプー

無添加シャンプーとは、頭皮や肌の刺激になる可能性が高い、合成化学物質が含まれないシャンプーです。低刺激で体に負担なく、アレルギーや敏感肌の人にもお勧めできます。余分な皮脂を洗いすぎないので乾燥が気になる人にも効果的です。

すすぎ残しがニキビなどにもつながりますが、無添加シャンプーはすすぎやすいものが多いので、頭皮のニキビケアや抜け毛にも効果的とされています。

無添加と言ってもメーカーや商品によって無添加の内容が違うので自分に合うものを選ぶ必要があります。肌に負担になりやすい成分としては、石油系界面活性剤や鉱物油、パラベンなど合成防腐剤、人口香料があげられます。

また、洗浄力が高いと折角低刺激な無添加シャンプーを選んでも肌に負担があるので、できれば成分に「ラウリル」や「硫酸」とついているシャンプーは避けるようにするべきでしょう。

ノンシリコンシャンプー

シリコンとは、合成樹脂の一種です。シャンプーに配合されるのは、髪の表面をコーティングして手触りよく、つやのある髪にする目的です。成分に、ジメチコン、フェニルトリメチコン、シクロメチコン、アモジメチコンなどがあればシリコンの成分です。

ノンシリコンとは、シリコンが配合されていないタイプです。そのメーカーや商品によって製品の特徴は様々です。髪にツヤを出すシリコンがないので、補うために工夫がされていますので、ノンシリコンであることに加えて、他の成分にも注目しましょう。

ノンシリコンでオーガニックなどは、質の良さを証明できるマークなどがあるので選ぶときに安心できる材料にもなります。多くのノンシリコンシャンプーはアミノ酸シャンプーなど低刺激にものですが、ノンシリコンでも、洗浄力が高く刺激の強いラウリルや硫酸等の成分を使ったものもあるので注意が必要です。

頭皮に優しいシャンプー10選

頭皮トラブルに悩む人におすすめの、頭皮に優しい市販のシャンプーをご紹介します。

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー

容量:300mL
価格:4,180円

ノンシリコン、オーガニック、アミノ酸など頭皮や髪に優しい成分で美容師もおススメすることで雑誌のヘアケア特集でも1位になるなど男女問わず人気のスカルプケアシャンプーです。髪のボリュームや、ハリ・コシ、薄毛に効果的です。

5種類のアミノ酸系洗浄成分と10種類のオーガニックエキスを使用し、頭皮に負担なく、優しく洗うことができ、髪を作るアミノ酸も補給できます。さらに、髪にハリ・コシを与え、根元から立ち上がる健康的な髪に導いてくれます。

肌に刺激をあたえやすい石油系洗浄成分や合成香料などは使用していない無添加で、敏感肌や頭皮への刺激が気になる人にもおススメです。

⇒男性用公式サイトはこちら

⇒女性用公式サイトはこちら

haruシャンプー

haruシャンプー

容量:400mL
価格:3,600円

天然由来の成分、無添加、ノンシリコン、それでいて高品質でシャンプーだけでつやのある若々しい黒髪になれると評判のシャンプーです。

100%天然由来のノンシリコンシャンプーで、ヤシ由来の洗浄成分で毛穴に詰まった汚れをおとし、ハイビスカスやオリーブオイルなどの成分が若々しい髪をつくる頭皮環境を整えます。

つやのある黒髪のために海藻・海塩由来のミネラルも配合され、エンジングケア、スカルプケアに重点を置いているため、見た目年齢マイナス5歳の美しい黒髪に導きます。 育毛効果も期待されるので、抜け毛やボリュームダウンに悩む方にもオススメです。

⇒公式サイトはこちら

SORAスカルプシャンプー

SORAスカルプシャンプー

容量:200mL
価格:7,800円

ノンシリコン、32種の天然由来成分で、20種のアミノ酸に加え馬プラセンタまで配合されているスカルプシャンプーです。

馬プラセンタには、頭皮の活性化・男性ホルモンを抑制・保湿効果・エイジングケア・炎症を抑える作用・血行促進作用、さらに育毛効果も期待できるそうです。

防腐剤不使用なので冷蔵庫保存が必要ですが、泡立ちも良く使い心地も良いことから人気を集め、多くの雑誌にも取り上げられています。

⇒公式サイトはこちら

ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンシャンプー

容量:300mL
価格:8,000円(トリートメント付)

髪のハリ・コシやダメージヘアに効果的なノンシリコンシャンプーです。天然成分100%にこだわり、頭皮に優しいアミノ酸と植物系洗浄成分で肌を保護しつつ優しく汚れを洗い流します。

20種のアミノ酸や18種ミネラル、さらにビタミン類が豊富に配合され、栄養を補給してハリ・コシのある健康な髪に導きます。

上記に加え、ユズセラミド、ラフィノース、ヒアルロン酸などの保湿成分で髪と地肌にうるおいを与え、頭皮の乾燥を抑えます。 肌に刺激を与える物は無添加なので、敏感肌でも使える、無添加のスカルプシャンプーです。

⇒公式サイトはこちら

ブラックシャンプー

ブラックシャンプー

容量:400mL
価格:5,184円

髪のボリュームダウンや抜け毛、頭皮の不快感に効果的なノンシリコンシャンプーです。 炭化した泥、クレイで頭皮の血行を改善し、頭皮環境を改善する効果があります。

健康な髪に導く21種の天然植物成分も配合され、頭皮や髪にうるおいと栄養を与え、ハリ、コシのある髪にしてくれます。

洗浄・保湿・栄養補給を充分にしてくれるので、シャンプーだけでコンディショナーやトリートメントが不要な点も魅力です。頭皮環境を整え、健康な髪を育てるので、手軽にケアしたい人にオススメのシャンプーです。

⇒公式サイトはこちら

U-MAシャンプー

U-MAシャンプー

容量:300mL
価格:4,320円

*頭皮環境を整えることに特化した、馬油入りのノンシリコンシャンプーです。 馬油やカゴメ昆布など5つの頭皮を整える成分で頭皮環境を改善し、髪にハリ・コシを与えます。

他にも、25種もの生薬と植物由来のアミノ酸系洗浄成分で、髪や頭皮に負担をかけずに優しく洗いながら、栄養を与えることができます。

頭皮のべたつき、臭い、かゆみ、ふけなどを改善して健康な頭皮環境に整えます。抜け毛や髪のボリュームダウン、頭皮トラブルに効果的なシャンプーです。

⇒公式サイトはこちら

LUXE

LUXE

容量:300mL
価格:3,900円

男性専用のスカルプシャンプーで、髪を太く強くする目的でトリートメントがいらないオールインワンタイプなので面倒くさがりな人にもピッタリです。ノンシリコン、アミノ酸シャンプーで、刺激が少なく、洗浄力もあるココイルグルタミン酸TEAが採用されています。

成分表を見ると成分が少なく見えますが、選りすぐられた成分を高配号しているためです。ハーブの力下抜け毛や育毛効果、消炎効果や保湿効果から頭皮環境の改善も期待されます。

⇒公式サイトはこちら

m3040シャンプー

m3040シャンプー

容量:330mL
価格:6,000円

老舗の床屋が開発したスカルプシャンプーで、一か月で変わるというキャッチコピーやネットでの高評価で注目されています。ノンシリコン、無添加、アミノ酸シャンプーで、髪や頭皮の改善、もずくや柿渋など自然成分の力で保湿や抗菌消臭効果が期待されます。

アミノ酸シャンプーですが、しっかり泡立ち洗浄力もあるのでスッキリした感じもあり、ハーブの香りも人気の理由の様です。

⇒公式サイトはこちら

アデノバイタルシャンプー

アデノバイタルシャンプー

容量:500mL
価格:2,124円

資生堂が発見した、発毛促進効果が認められる成分であるアデノシンが配合されたスカルプシャンプーです。洗浄成分があるので泡立ちも良く、しかっり洗い上げますが、敏感肌の人には刺激が強いかもしれません。

発毛効果のアデノシンに加えて、ホップエキス、サンショウエキス、オノニスエキスといった天然成分が配合され、抗菌、抗炎症、保湿、血行促進、白髪予防効果が期待されます。

→Amazon販売サイトはこちら

ボタニストシャンプー

ボタニスト ボタニカルシャンプー

容量:490mL
価格:1,512円

ノンシリコンシャンプー、合成着色料フリー、硫酸系界面活性剤が含まれない頭皮や髪に優しいシャンプーとトリートメントです。

メインの洗浄剤はコカミドプロピルベタインで植物由来の天然成分なので、頭皮にも髪にも優しいのですが、洗浄力は緩やかで、痛みを補修する成分なども含まれません。

ノンシリコンですがきしむこともなく、軽い泡が立ち、洗いやすく香りも良いのが人気の理由の様です。頭皮ケア用のスカルプ、さらっと軽さのスムース、しっとり系のモイストと三種のラインナップがあります。それぞれ香りも違うので試してみると良いでしょう。

→Amazon販売サイトはこちら

シャンプーの正しい方法

シャンプー前にブラッシングをする

浴室でシャンプーする前にブラッシングすると、シャンプーの泡立ちを良く、髪の毛の汚れを落としやすくする効果があるので面倒に感じますが、是非やってみましょう。頭皮に泡が良く届くことでしっかり汚れを落とせます。

38度くらいのお湯で濡らす

シャンプーの前に髪を濡らします。熱すぎると頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌につながるので、38度くらいのぬるめのお湯がベストです。

お湯で濡らしながら、指の腹を髪の毛の間に入れて、動かしながら素洗いします。素洗いで髪の汚れやほこりの8割をおとすことができ、シャンプーの効果を高めます。

シャンプーをしっかり泡立てる

洗顔同様、シャンプーも泡でするものです。直接地肌にシャンプー液が乗ると充分にすすげないこともあるので、手のひらで軽く泡立てから髪にを洗いましょう。

シャンプー液の適量の目安は、だいたい100円玉の大きさです。 一度のシャンプーで泡立ちが悪いときは、もう一度洗います。

指の腹で優しく洗う

シャンプーの際につい爪を立ててしまいそうですが、頭皮の為にも指の肌で優しく洗いましょう。イメージは、頭皮ケア、マッサージするつもりです。

指の腹で優しくマッサージしながら洗うだけなので、手軽で、毛穴の汚れが落ちやすいだけでなく、頭皮の血行改善や抜け毛予防などに効果があります。

しっかりとすすぐ

頭皮や髪にトラブルが起きる時、意外と原因になりがちがのが、シャンプーの洗い残しです。シャンプーの成分がすすぎ残しで、地肌に残ってしまうとかぶれや毛穴つまりにつながります。

せっかく泡立てて、マッサージなどで丁寧に洗っても、すすぎ残しがあれば効果が期待できなくなります。

シャンプーのぬるつきがとれただけでなく、すすぎは念入りに、3分から5分程度を目安に行い、清潔な頭皮を目指しましょう。

健やかに頭皮・髪を保つ+αのケア

良質な睡眠をとる

冒頭にも触れたように、睡眠と頭皮には深く関連しています。睡眠不足や睡眠の質が下がることは頭皮環境の悪化につながります。

夜10時~翌日の2時までが肌のゴールデンタイムです。この時間を含めて1日最低でも6時間以上睡眠をとるように心がけましょう。肌サイクルが正しくなり、健康な頭皮や髪につながります。

スマホ、テレビ、PCなどは、入眠前に見ると眠りが浅くなるので、眠る1時間前から意識してみないことをおすすめします。

栄養バランスの整った食生活

揚げ物やファーストフードなどの脂の多い食べ物や、ケーキなどの甘いものを多く食べ過ぎると身体の中性脂肪が増え、頭皮の皮脂も多く、頭皮のトラブルが増えます。

逆に緑黄色野菜は、体を正常に働かせる栄養素が含まれます。特にビタミンB群は皮膚の粘膜を強化し、 健康な頭皮を作る効果が期待できます。

偏った食事を見直すと同時に、緑黄色野菜を意識して摂るようにすると、健康な頭皮と髪につながります。

脂肪分や糖分のとりすぎを見直し、食事にプラス野菜を意識して見直すと皮脂の量が改善することにつながり、そういったバランスのよい食事は頭皮だけでなく、身体の調子を整えます。

休日はストレスを発散

ストレスがたまると、血管を収縮させてしまい、必要な栄養素が頭皮に届き難くなります。さらに、ストレスや刺激から頭皮を守るために、皮脂が過剰に分泌することもあり、フケやニオイなど頭皮トラブルにつながります。

ストレスをまったく溜めないことは不可能なので、ストレスを溜めない、上手く発散することを意識しましょう。趣味に没頭したり、友達と出かけたり、運動したり、家でのんびりして身体を休めることもストレス発散になります。

ストレスは必ずたまってしまうものなので、そしてストレスは頭皮にも体にも悪影響です。上手くストレスを発散することで、健康な身体、健康な頭皮や髪につながります。

まとめ

頭皮のトラブルや頭皮や髪の加齢が気になった時、どんなシャンプーが自分に向いてるのか悩みますよね。ここでは、頭皮環境の改善やおすすめの市販のシャンプー、頭皮ケアの方法などを紹介しました。髪の印象で、若々しさや爽やかさは大きく左右されます。

これからも長い付き合いになるの自分の髪・頭皮をより良いものにするのは、あなたの工夫、努力です。美容師などプロもおススメする市販のシャンプーもありますので、まずは自分にできるケア、自分にあったシャンプーを試してみて下さい。


『ヘアケア』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48986

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料