糖質制限ダイエットの効果が出るまでの期間って?糖質制限を徹底解説!

最近テレビでも雑誌でも紹介され男女問わず大注目を集めている糖質制限ダイエットですが、効果が出るのにどのくらいの期間が必要なのでしょうか?今回、糖質制限ダイエットのメカニズムから、糖質制限のコツ、その期間まで徹底紹介していきます。


糖質制限ダイエットってどのくらいの期間で効果が出る?

178fbab549a6233fc0fea8060c6b213f_s

最近テレビでも雑誌でも紹介され男女問わず大注目を集めている糖質制限ダイエットですが、効果が出るのにどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

今回、糖質制限ダイエットのメカニズムから、糖質制限のコツ、その期間まで徹底紹介していきます。

糖質制限ダイエットって?

糖質制限ダイエットは、文字通り食事で摂取する糖質の量を減らして行うダイエット方法で、以下のような特徴があります。

ダイエットは、摂取するカロリーを減らせば成り立つと思われて久しくなります。

もちろん、それは基本的には間違いではありません。食べているものが余計なカロリーであれば、それを減らすことで肥満は避けられます。

しかし、1日の摂取エネルギーが基礎代謝(生きているだけで消費されるエネルギー)を下回らないことが大切です。これは体がエネルギーを使う仕組みに関係しているからです。

食べる量だけ減らした場合、身体は体内から、エネルギーである糖を補おうとします。外から補給されない分、体に蓄えてあるものを使用するわけです。

まず、肝臓に蓄積されているブドウ糖やグリコーゲンから糖を補給します。これらが無くなれば糖新生という代謝に移行します。糖新生では、タンパク質を材料として糖を作ります。

しかし、1日の摂取エネルギーが基礎代謝すら下回り、エネルギーを補給できていない状態が続くと、使っていない筋肉をアミノ酸に変換して糖を生成するようになります。

体内には、もはやエネルギーとなる糖もたんぱく質も余っていないからです。筋肉は体のエネルギーではありませんが、いざというときにはこのような反応で、体は生き延びようとします。

筋肉が減るということは脂肪を燃やす能力が落ちます。そうすると、運動に耐えられる筋肉量が減っているので運動量が減ります。それはさらなる消費カロリーの減少につながり、ますます脂肪が燃えにくい身体になります。

それでは食べてないのに痩せない状態になり、飢えているがお腹は出たままということも十分あり得ます。ダイエットで体重こそ減ったものの、体形が改善されたわけでもなく、むしろリバウンドするのを待っているだけの状態と言っても過言ではありません。

筋肉量を維持したまま脂肪を減らして痩せる、これが糖質制限ダイエットの考え方です。

<糖質制限のメリット・特徴>

ダイエット効果

脂肪に変わる糖を余分に摂取しないので、脂肪がつく量を減らせます。筋肉量は維持していくため、食べてもしっかりと燃焼させるだけの機能を残したまま、余計な脂肪を減らせます。

血糖値の上昇を抑える

高血糖の原因となる糖を減らすことで、正常値に近づけます。糖質断食ダイエットではないため、体のエネルギーとなる糖を必要な分取り入れつつ、余った糖を燃焼させる筋肉は維持します。これにより、食べる量だけで血糖値をコントロールするのを容易にします。

代謝アップ

血糖値の減少に伴い、循環器系の機能を回復したり、血液をサラサラにする効果があります。体脂肪率が減り、結果として筋肉率も向上するため、体内の糖を消費するサイクルはより早く新しくなります。

他のダイエットよりも簡単に続けられる

糖質制限ダイエットでは、糖質が多い食べ物を避けるだけ、が基本です。細かいカロリー計算をする必要はなく、栄養バランスさえ注意すれば食べる量も変えなくていいため、空腹をただ耐えるだけのダイエットより断然続けやすくなります。

・過度の糖質制限にはデメリットもあります。

糖質制限して糖質の摂取を抑えるのは、痩せるには効果的です。しかし過度に摂取を制限しすぎると体に悪影響が出ます。なぜなら前述のように糖質は体にとって栄養源となりエネルギーとなり、脳の活動を支えているからです。

脳の働きが悪くなり集中力がなくなると、ぼーっとして活動を維持するのは難しくなります。また、糖質が不足すると、補給と変換作業に追われる肝臓にも負担がかかるため、毒素の浄化機能が低下し肝硬変や脂肪肝になる危険もあります。

糖質が不足し体のエネルギー源が少なくなると、体では代わりに筋肉を分解してエネルギーとして使うようになりますので、筋肉も減っていきます。その影響として基礎代謝も下がるのも述べたとおりです。

体内のエネルギーや新陳代謝の効率も低下してしまうと、体の防御システムも弱くなります。いわゆる免疫力の低下です。病気にかかりやすくなるでしょう。

ですので、人間にとって 糖質はある程度必要なもののため、糖質制限をしていても体を維持するだけの必要量は摂取しないとなりません。急激なダイエットではなく、現実的で体が順応できる糖質制限ダイエットを目指しましょう。

糖質制限はどのくらいの期間で効果が出るの?

糖質制限のやり方や程度は幾つかあり、効果の現れ方には個人差があります。しかし、人によっては数日で効果が表れる場合があります。

普段の運動量が多く、かつ糖質の摂取量の多い方が糖質制限ダイエットに取り組んだ場合、その生活スタイルから、結果はより早く表れます。

筋肉量や体質、もともとの代謝が関係しているため、同じようにしても同じ効果が表れるわけではないのが難しいところですが、筋肉を維持したまま余分な脂肪となる糖を減らすため、食事の中の糖を減らせば減らすほど、効果は表れやすくなります。

ただしこの場合、リバウンドに注意しましょう。リバウンドするくらいなら、続けられる範囲で緩い糖質制限ダイエットを行う方がはるかに賢明です。

多くの研究や実際の体験談をみると、2週間もあれば効果が期待できる場合が多くみられます。そこまで徹底的に糖質を制限できなくても、ゆるやかに体重は減少していきます。

しかし、糖質制限ダイエットによって、代謝や脂肪を燃やすメカニズムに変化が表れるのは2~3週間が必要と言われています。

それより早く痩せたから、あるいは終わったからといって糖質制限ダイエットをやめるのではなく、代謝の良い体を維持するためにも、極力糖質の量をコントロールした食生活を続けていくことが大切です。

糖質制限の方法は?

1日に摂取する糖質の量を定める

糖質制限ダイエット中は、1日に摂取する糖質はどんなに多くとも50g以下に抑えましょう。それを超えると、代謝向上による脂肪燃焼効果は期待できなくなってしまいます。しかし、過度な制限にも気を付けましょう。

摂取カロリーは大きく減らさない

糖質制限ダイエットで注意すべきなのが、1日の総摂取カロリーを減らさないことです。

ご飯や麺類など、炭水化物の主食をカットすると、おかずや汁物だけ残りますが、そのままではカロリー不足となってしまい、冒頭で述べたように筋肉まで痩せます。

糖質制限ダイエット中は、肉や野菜など体を作る材料を含む食品を食べる量を増やして補いましょう。

糖質以外の栄養素はしっかり摂取する

糖質制限ダイエット中は、炭水化物を取らない分、カロリー維持のために別の食べ物で栄養を賄う必要があります。ビタミンやたんぱく質の増量は必須です。

その中でも特に積極的に取りたいものが、ビタミンや食物繊維が豊富で、糖質の少ないほうれん草やレタス、キャベツなどの葉物野菜、脂肪を燃やすEPAが豊富なアジ、サンマ、イワシ、マグロなどの青魚、高タンパク質で低脂肪な赤身肉や鶏肉です。

こういった食品を増やしていきましょう。

糖質制限ダイエットの例

糖質制限ダイエット例①

3食のうち2食は主食を抜く、スタンダードな方法です。つまり朝昼晩のうち、どれか1食のみ主食を食べるスタイルになります。

・1食当たりの糖質量の目安:40g以下
・1日当たりの糖質摂取量の目安:60〜120g

ご飯1〜2杯分が1日に摂取できる糖質量の目安です。糖質をできる限り抑えたいけれど、朝は主食を食べたい方でも取り入れられる方法です。昼夜はたんぱく質と野菜中心のメニューになります。

糖質制限ダイエット例②

軽い糖質制限です。3食のうち1食の主食を抜く方法で、初めて取り組む方や無理なく糖質制限を続けたい人に適しています。

・1食当たりの糖質量の目安:60g以下
・1日当たりの糖質摂取量の目安:120〜170g

ご飯2〜3杯分が1日に摂取できる糖質量の目安です。

糖質制限ダイエット例③

最も厳しい糖質制限ダイエット、短期間で結果を出したい人や、糖尿病の食事療法の一環として取り入れる方が実践している方法です。

・1食当たりの糖質量の目安:20g以下
・1日当たりの糖質摂取量の目安:30〜60g

1日当たりご飯1杯分が目安となります。1日当たり20g以下とするさらに厳しいパターンもあります。

糖質制限ダイエットに役立つサプリは?

ここまで糖質制限ダイエットの方法を紹介してきましたが、なかなか食生活すべてを変えるのは難しい方も多い事と思います。

そこでおすすめなのが、糖質の多い食事をした際、その糖質をカットするサプリを利用することです。

ここでは、糖質カットサプリのなかでも特に人気のサプリを紹介します。

糖質カットサプリ:アラプラス 糖ダウン

スクリーンショット 2017-08-11 17.13.59

⇒アラプラス糖ダウン公式サイトはこちら

<商品特徴・独自性>

アラプラス糖ダウンは、「機能性表示食品」に認定されている大人気の糖質カットサプリです。燃焼を促すことで糖の吸収を効果的に抑制します。

糖ダウンは、糖質の摂取による潜在的な健康リスクを回避するために開発されました。空腹時の高血糖値を正常に近づけ、食後の血糖値の上昇を抑えます。

<効果>

アラプラス糖ダウンは、取り入れた糖を燃焼させ、体内でエネルギーとして活用することで糖としての吸収を抑制するという方法を取っています。

ほとんどの糖質カットサプリメントは、糖を吸収せず排出することで、血糖値の上昇を抑えるのに特化しているのに対し、アラプラス糖ダウンは燃焼させることを前提としています。糖を吸収し、糖ではなくエネルギーとして体内に取り込むことで血糖値を抑えます。

スクリーンショット 2017-08-11 17.25.33

<ALAって?>

「5-アミノレブチン酸リン酸塩」を指しています。血液の主要成分であるヘモグロビンの材料となる物質で、鉄分と結びつく性質を持っています。これらの働きから、生命のエネルギー維持に不可欠とされており、多いほど代謝が活発になります。

<安全性>

アラプラス糖ダウンは、

◻︎機能性表示食品であること

◻︎製造過程

から、その安全性がうかがえます。

<口コミ>

診断で糖尿の予備群と言われ生活習慣の改善を言われました。時々尿検査をし糖が出る時もありサプリメントを飲み始め以来尿検査では糖が出た事がありません。また、飲むタイミングも自由ですので継続しています。

57歳男性

出典:ダイエットカフェ

<価格・購入特典>

<定期コース>

初回¥2450

公式サイトからの定期コースなら、通常価格4.900円(税抜)のところを、初回限定50パーセントoffの2,450円(税抜)で購入できます。(送料は無料です。)

2回目以降も、20%オフの価格で購入できます。

なお、定期コースでお申し込みをされた方でも、いつでも購入の変更や中止ができます。

スクリーンショット 2017-08-11 17.15.59

アラプラス糖ダウンは効果なし?口コミや成分からその効果を徹底検証!」では、アラプラス糖ダウンの口コミや成分からその効果を徹底検証していきます。

⇒糖ダウン公式サイトはこちら

他の糖質カットサプリをみたい方は「2017年最新糖質カットサプリ比較ランキング!もうカロリーに悩まない!」をチェックしておきましょう。

まとめ

健康的に痩せることは可能です。ふさわしい期間にわたって、必要に応じた糖質制限ダイエットで、筋肉量を維持したまま脂肪を落としましょう。一度でも体験すれば、少し太ることがあったとしても、体に負担をかけない程度の期間で再びダイエットに取り組む自信がつきます。

年齢とともに脂肪が落ちにくくなるのは確かですが、いくつになっても可能な糖質制限ダイエットで、健康的な体を手に入れましょう。

<関連記事>

2017年最新糖質カットサプリ比較ランキング!もうカロリーに悩まない!

おすすめの糖質カットサプリはどれ?糖質制限するならこの5つ!


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料