仮性ほうけいとは?仮性ほうけいの原因・治し方を徹底解析!

仮性ほうけいとは。「皮がなかなか剥けない…、剥いても元に戻る…」そんな悩みを抱えている男性は多いと思います。そこで今回は仮性ほうけいの原因と治し方を紹介します。正しい治し方を合わせて、おすすめのクリニックも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


包茎とは?

そもそも包茎とは通常時に亀頭が陰茎部を包む皮膚に覆われていることを指し、勃起時で判断するものとは違います。

亀頭を覆っている皮膚を「包皮」と呼び、これは幼少時は亀頭と癒着しているので包皮を剥くことが出来ません。

学童期になるとこの癒着がとれ、その後の第二次性徴期に自然に亀頭が露出した状態へ成長します。しかしこの時期に陰茎や亀頭の成長があまりなかった場合や包皮の量が多い場合などに亀頭が露出しないという状態が起こり、仮性ほうけいの原因などになります。

これだけではなく亀頭が露出するための出口(包皮輪)が狭い、亀頭と包皮の癒着が取れなかった場合ももちろん亀頭は完全に露出することが出来ず、仮性ほうけいや包茎の原因になります。

通常時にこのような亀頭が包皮に覆われている状態を「包茎」と表し、原因や状態によって区別した包茎の種類は4つあります。

それぞれの包茎の原因や治し方については次項から解説を行っていきますので、チェックしておきましょう。

仮性ほうけいの原因

仮性ほうけいとは、通常時に亀頭全体もしくは一部が包皮に覆われている状態を指します。

日本人の7割前後は仮性ほうけいであり、最も大きな原因として「包皮が長い」というものがあります。

第二次成長期に身体が大きくなるとともに男性器も増大し、亀頭と包皮の固着も剥がれていくのが一般的です。しかし男性器の成長が止まり包皮が余ってしまうことが原因で、仮性ほうけいとなってしまうこともあります。

また欧米人に比べると日本人は男性器のサイズが小さく、仮性ほうけいの割合が大きい原因もここにあるとされています。

自身の原因を追求したいなら無料カウンセリングへ

このように包茎には様々な原因があり、それが複合的に重なり発生していることもあります。

この原因がしっかり分からない場合は独学で包茎を治そうとしても厳しいですので、治し方を知りたい方、気になる方は無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

無料カウンセリングを受ける場所としては25周年という実績を持つ「上野クリニック」がおすすめです。他の医院でカウンセリングを受ける場合は費用がかかることも多いのですが、上野クリニックは無料でカウンセリングを受けられますので安心です。

予約は24時間受け付けられていますし、来院当日の予約もOKという気軽さで受診が出来ます。包茎が気になる方、原因や治し方を知りたい方はぜひ上野クリニックの無料カウンセリングを受けてみましょう。

スクリーンショット 2017-10-09 12.51.51

⇒上野クリニック公式サイトはこちら

仮性ほうけいの治し方

仮性ほうけいは前述した通り通常時は包皮に覆われていて、勃起時には痛みや締め付けもなくスムーズに露出する状態です。他の包茎の状態と比べると仮性ほうけいは比較的軽い症状に見え、セルフケアでも治し方が広まっています。

セルフケアで治す場合の最も多い仮性ほうけいの治し方としては、包皮を剥いた状態を維持して剥きグセをつける治し方になります。

他の仮性ほうけいの治し方としては包茎治療器具、もしくは包茎矯正リングという亀頭を露出した状態で維持するためのストッパーのような器具を使う治し方もあります。

シリコン製やチタン製、マグネット式など素材や治し方は様々な種類があり、自分の原因や体質に合った治し方を選ぶことになります。しかしリングを装着することになるためどうしても違和感、場合によっては痛みが発生する可能性も否定できません。

更にどちらの仮性ほうけいの治し方も原因を取り除く治し方ではなく「剥きグセをつけるための方法」であり、男性器に対して包皮の量が多い、余っているという原因を取り除く根本的な改善にはなりません。

仮性ほうけいをしっかり確実に治したい方は、やはり原因を排除できる包茎手術を受けることをおすすめします

仮性ほうけい手術の詳細な内容や治し方については次から説明していきますので、チェックしていきましょう。

仮性ほうけいの手術内容

ドクター

仮性ほうけいの手術内容を紹介します。

包茎手術には、

・カットする包茎手術
・カットしない包茎手術

2つの種類があります。

カットする包茎手術

カットする包茎手術には、

・環状切開術
・背面切開術
・亀頭直下埋没法
・根部環状切除術
・埋没陰茎矯正術
・Vカット小帯温存法

の6つがあります。それぞれ紹介していきます。

①環状切開術

包茎手術の中でも定番の治し方で、余剰な皮を切り落として端を縫い付けることで皮を減らす方法です。

②背面切開術

背面の皮を縦に切開してから横方向に縫合し包皮を減らす治し方で、軽度の場合に使われます。

③亀頭直下埋没法

保険適用外の手術では最も多い治し方で、余分な皮を切り落としてカリの部分で縫合を行います。

④根部環状切除術

先端ではなく付け根部分に皮膚を手繰り寄せてから切除する治し方で、軽度の場合に有効です。

⑤埋没陰茎矯正術

身体の中に埋まっている男性器を引っ張り出すことで、軽度の場合であれば間接的な改善が可能です。

⑥Vカット小帯温存法

環状切開や亀頭直下埋没法の応用で、皮をV字にカットして見た目も自然な形になる方法です。

カットしない包茎手術

カットしない包茎手術には、

・亀頭増大手術
・ナチュラルピーリング法
・接着剤固定法

の3つがあります。それぞれ紹介します。

①亀頭増大手術

亀頭を増大させることによって皮をかぶせにくくする治し方で、人体に無害な薬品を注入します。

②ナチュラルピーリング法

根元に皮を引っ張って糸で固定する方法ですが原因の排除にはならない、糸が切れる、見た目が悪いなどの問題もあります。

③接着剤固定法

皮を剥いた状態で接着剤で固定してクセをつける治し方で原因の排除にはならず、恒久的な効果は得られません。

おすすめの包茎手術クリニック

おすすめの包茎手術クリニックは前にも述べましたが上野クリニックで、上野クリニックは業界でも最大規模、長年の実績がある信頼できるクリニックです。土日や夜間もやっていて予約も24時間受付可能であり、女性スタッフはおらず男性スタッフのみとなっています。

最初はどうしてもクリニックへ行くのが嫌だという場合には無料のメール相談もありますので、まずはこういったものから仮性ほうけいについて相談してみても良いでしょう。

豊富な実績がありドクターも名医を揃え、全国ネットワークによるアフターケアも安心してどこでも受けられます。難しい手術にも対応し自然な仕上がりも約束されている上野クリニックを、ぜひ一度無料カウンセリングから受けてみましょう。

スクリーンショット 2017-10-09 12.51.51

⇒上野クリニック公式サイトはこちら

まとめ

仮性ほうけいは日本人の7割と多いですがその原因は日本人の身体的なものでもあり、症状に合わせた原因や対策を知る必要があります。

仮性ほうけい改善のため、ぜひ一度上野クリニックの包茎手術を考えてみましょう。

詳細はこちら⇒上野クリニックの本当の口コミは?包茎手術の本当の効果を紹介!


『デリケート』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49059

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料