真性包茎を自力で治す方法とは!?真性包茎の手術内容も徹底解析!

「真性包茎を自力で治す方法が知りたい…」そんな真性包茎で悩んでいるあなた。今回は真性包茎に悩んでいる方に自力で治す方法を詳しく紹介します。また、なかなか自力で治せない方には、真性包茎の手術や手術内容、おすすめのクリニックなども紹介するので、参考にして下さい。


真性包茎の原因

男性のコンプレックスとなってしまいがちな真性包茎。「自力で治す方法をしりたい」「手術をして治すことを検討している」という男性も多いのではないでしょうか。

今回は、真性包茎を自力で治す方法や手術内容について解説していきます。まずは真性包茎の特徴や原因についてチェックしていきましょう。

真性包茎というのは、どのような状態かというと「平常時も勃起時も包皮がむけていない状態」を指します。亀頭をあらわにすることができず、包茎の種類の中でも最も重症とされています。

では、そもそもどうして真性包茎になってしまうのでしょうか。

真性包茎になってしまう原因として挙げられるのが、もともとの包皮が長いということ。包皮口が広がらないため、亀頭があらわにならないのです。

また、思春期に自主的に皮をむかなかったり、皮をむく痛みがトラウマで真性包茎をそのまま放置してしまったために、「いつまでも真性包茎」という男性も多いようです。

真性包茎を自力で治す方法

次に、真性包茎を自力で治す方法についてご説明していきましょう。

真性包茎の多くは、包皮口が広がらないことが原因です。この包皮口を徐々に柔らかくしていくことで真性包茎を自力で治すことができる可能性があります。痛みを感じない程度に毎日、自力で皮を広げたりするのが有効な手段。

また、真性包茎を治すための矯正器具なども販売されているので、そういったアイテムを使用するのも自力で治すための手段でしょう。皮を広げるための器具や、剥けた状態を固定するリングなどが販売されているので自力で治したい方は、チェックしてみてください。

ただ、真性包茎を自力で治すにはかなり根気が必要です。また、方法を間違うとペニスを傷つけてしまう事態にもなりかねません。安全かつ確実に真性包茎を治したい場合は、自力で治すのではなく手術をおすすめします。

真性包茎は、手術で切開することによりしっかりと改善することが可能です。手術自体も日帰りで行えるので「自力で治すのは難しい」「今すぐ、確実に真性包茎を治すことを望んでいる」という方には、断然手術がおすすめです。

なかなか自力で治らない方は無料カウンセリングへ

毎日のケアや矯正器具を使っても、なかなか自力で治すことができない場合はクリニックの無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

そもそもご自分で「真性包茎だ」と思っていても、実はさまざまな要因が複合的に重なっている場合もあるのです。きちんとした原因や、包茎の状態を知りたい場合は無料カウンセリングを受けましょう。

無料カウンセリングを行うクリニックとしておすすめなのは「上野クリニック」ほか医院ではカウンセリングのみでも費用が発生する場合が多いですが、上野クリニックあれば無料でカウンセリングを受けることが可能です。

長期間自力で治す方法を実践しても一向に改善が見られない場合は、専門医にしっかりと状態を確認してもらってください。その上で、今後の治療方針を決定していきましょう。

スクリーンショット 2017-10-09 12.51.51

⇒上野クリニック公式サイトはこちら

真性包茎の手術内容

ドクター

包茎手術には、

・カットする包茎手術
・カットしない包茎手術

2つの種類があります。

カットする包茎手術

カットする包茎手術には、

・環状切開術
・背面切開術
・亀頭直下埋没法
・根部環状切除術
・埋没陰茎矯正術
・Vカット小帯温存法

の6つがあります。それぞれ紹介していきます。

①環状切開術

真性包茎手術の中でも一番メジャーな方法で、余っている皮の部分を切り落とします。保険適用になることも多いです。

②背面切開術

あまり皮がかぶっていない包茎に行われることが多く、一部の皮のみを切除します。そのため、回復が早いというメリットがあります。

③亀頭直下埋没法

余分な皮を切り落とす方法です。環状切開術と似ていますが、切除した部分を縫合するため、傷あとが目立ちにくいという特徴があります。

④根部環状切除術

先端ではなく、皮膚をよせて根本を切除する方法。根本を切除するため、傷跡が目立ちにくくなるというメリットがあります。

⑤埋没陰茎矯正術

埋没しているペニスを外部へ引っ張り出し、糸で固定する方法です。ペニスが長くなるというメリットがある反面、重度の真性包茎の場合は不向きの場合があります。

⑥Vカット小帯温存法

環状切開術のカットを「V」にすることで、裏筋を残します。性感帯が失われないことはもちろん、見た目も自然な仕上がりとなります。

カットしない包茎手術

カットしない包茎手術には、

・亀頭増大手術
・ナチュラルピーリング法
・接着剤固定法

の3つがあります。それぞれ紹介します。

①亀頭増大手術

その言葉通り、亀頭を増大させることで皮が被さらないようにする方法。薬剤を注入して、亀頭のサイズをアップさせます。

②ナチュラルピーリング法

糸で止めることで、皮を被さらないようにする方法。時間が経過すると糸が切れてしまったり、見栄えが悪いというデメリットがあります。

③接着剤固定法

糸ではなく、接着剤にて皮を固定してしまう方法。あくまでも接着剤で固定しているだけなので、永久的な効果はのぞめません。

真性包茎の手術内容についてご説明しました。自力で治すのが難しい真性包茎も、手術であればしっかりと改善することができるでしょう。手術方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、担当医と十分相談の上決定してください。

包茎手術を受けるなら上野クリニック

真性包茎を治すにはさまざまな手術方法があることが分かりました。「手術をして確実に治す方法を選びたい」と思った方も多いのではないでしょうか。

包茎手術を行っているクリニックは数多くありますが、中でもおすすめなのは「上野クリニック」さきほどお伝えしたように、無料カウンセリングがあるため、費用をかけずに原因や今後の対策について相談できます。

自力で治す方法がなかなかうまくいかない方も、まずは無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

また、上野クリニックは業界最大規模の大手。大勢の男性が上野クリニックにて真性包茎の悩みを解決しているので、かなり信頼感が強いといえるでしょう。数多くの実績があるからこそ安心感も抜群です。

クリニックは男性のみなので、女性の視線も気になりません。土日・夜間も営業しているので、お仕事に忙しい男性でもきちんと通うことができるでしょう。

さらに、ドクターは名医ぞろいで実際に手術を受けた方からも「上野クリニックで包茎手術をしてよかった」「手術後も相談にのってくれた」という声が挙がっています。

「自力で治すのが難しい」「今すぐ真性包茎を治すことを希望している」という方は、まず無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

スクリーンショット 2017-10-09 12.51.51

⇒上野クリニック公式サイトはこちら

まとめ

真性包茎を自分で治す方法や、治す手術の方法についてご説明しました。

真性包茎を自力で治すのは不可能なことではありませんが、かなり難易度が高いことがわかります。「素早く」「確実に」「安全に」真性包茎を治したいのであれば、手術での治療をおすすめします。

手術を行っているクリニックはたくさんありますが、おすすめなのは名医ぞろいで数多くの実績を持つ「上野クリニック」信頼感が強いので、安心して手術をお任せできるでしょう。

「自力で治すのが難しい」「今すぐ真性包茎を治したい」という方は、一度無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

詳細はこちら⇒上野クリニックの本当の口コミは?包茎手術の本当の効果を紹介!


『デリケート』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49059

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料