糖質制限ダイエットの危険性は高い?正しい糖質制限を紹介します。

最近、男女問わずその人気を集めている糖質制限ダイエットですが、炭水化物を急にカットすることによる危険性を示唆する噂が飛び交っています。果たして糖質制限ダイエットには、リバウンドの危険性や、その他病気の可能性などはあるのでしょうか?今回徹底検証していきます。


糖質制限ダイエットは危険!?

スクリーンショット 2017-09-13 11.24.21

最近、男女問わずその人気を集めている糖質制限ダイエットですが、炭水化物を急にカットすることによる危険性を示唆する噂が飛び交っています。

果たして糖質制限ダイエットには、リバウンドの危険性や、その他病気の可能性などはあるのでしょうか?

まずは、糖質制限ダイエットについてよく言われるメリットをまとめていきます。

そもそも糖質制限ダイエットって?

糖質制限ダイエットは、文字通り食事で摂取する糖質の量を減らして行うダイエット方法で、以下のような特徴があります。

糖質を制限することによってなぜ痩せることができるのでしょうか。糖質制限ダイエットのメカニズムを解説しましょう。

そもそも、糖質というものは人間が活動するうえでエネルギーとなるものです。しかし、エネルギーになる過程で体内をめぐり、血中に溶け、血糖値を上げることになります。血糖値とは文字通り、血液中の糖の量のことです。

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンというホルモンは、血糖値を下げるために筋肉や脂肪細胞に血糖を送り出す働きがあります。それと共に、糖質が使われずに余っている場合、余った糖質を脂肪細胞へと蓄積させる働きもあります。

糖質制限ダイエットでは、糖質を摂取することを制限することで、糖質よりも脂肪を優先的にエネルギーに使うという考え方です。

また、血糖値の上昇を抑えることで、脂肪細胞に糖質をため込もうとするインスリンを分泌させないようにします。

そうすることによって、脂肪を減らし、減量することを目的としているのです。

<糖質制限のメリット・特徴>

ダイエット効果

糖質制限ダイエットを正しく実践すれば、たいていの人は一週間でそのダイエット効果を実感できます。開始一週間で体重が落ち始め、その後個人差はありますが、緩やかに体重が落ちていきます。

食事制限に加え、効果的な運動と組み合わせることにより、より大きなダイエット効果を生むことができます。

血糖値の上昇を抑える

糖質制限ダイエットをすれば、血糖値の上昇を抑え、肥満を予防することができます。

血糖値とは血液中に含まれているブドウ糖の量のことです。高血糖とは、血液中の血糖量が高い人のことを指します。

血糖を作り出しているのは、毎日の食事ですので、糖質の多い食事ばかりしていると、血糖値が上がります。逆に糖質を制限すれば、血糖値は下がり肥満予防につながるのです。

代謝アップ

糖質制限ダイエットをすれば、基礎代謝を向上させることができます。

基礎代謝とは人間は命を維持するために行っている活動のことで、寝ていてもエネルギーは消費されていきます。もちろん、運動など体を動かせば、よりたくさんエネルギーが消費され、基本的に基礎代謝が高いほど多くのエネルギーが必要です。

それで、基礎代謝が高ければ体の機能は活性化され、同じ食事をしていたとしても痩せやすい体を作ることができます。

糖質制限ダイエットをすることによって、糖を脂肪に変えてしまうやっかいな存在であるインスリンの分泌を抑えることができます。

そうすることによって、脂肪をエネルギーとして使うように促され、基礎代謝アップにつながるのです。

他のダイエットよりも簡単に続けられる

糖質制限ダイエットでは、糖質以外の食品は基本的に何を食べてもokです。肉や魚、野菜は通常時よりも多く食べる必要があるので、満腹感を感じながらダイエットすることができます。

糖質制限ダイエットは、糖質が多い食品を避けるだけのダイエットなので、細かいカロリー計算などせずに、単純ななので続けやすいというメリットもあります。

外食でも、糖質の少ないメニューはたくさんあります。決まった食材を食べ続け、外食もできない他のダイエットよりは自由度があってストレスもたまりにくく、続けやすいでしょう。

糖質制限ダイエットの危険性って?

それでは糖質制限ダイエットに危険性はあるのでしょうか?

178fbab549a6233fc0fea8060c6b213f_s

糖質制限ダイエットの危険性

①体脂肪が減少しにくい

極端な糖質制限ダイエットではすぐに効果が表れはじめ、体重が落ちていきます。それはダイエットをしている人にとってはうれしいことですが、実は体脂肪が減少しているのではなく、体内の水分量だけが減っている場合もあります。

糖質を制限すると、まず、肝臓に貯蔵されている糖質がエネルギーとして使われます。肝臓に糖質を1g貯蔵するためには水分も3g付随して貯蔵されるので、肝臓の糖質が使われると同時に、体内の水分量も減るのです。

大幅に体重が落ちたとしても、脂肪ではなく体内の水分を奪っているというのは少し危険性の高い状態です。

②誤った食事法による栄養不足・栄養の偏りがもたらす病気のリスク

糖質は脳のエネルギー源となります。それで、糖質制限ダイエットを過度に行っていると、集中力の低下やイライラした状態を引き起こしてしまう危険性があります。

糖質不足になると、体は脂肪をエネルギーとして使おうとします。しかし、その代謝産物として生み出されるのがケトン体です。ケトン体が増えすぎると、体液が酸性に傾き、悪心、嘔吐、最悪の場合昏睡状態を引き起こしてしまう危険性があります。

糖質を摂取しない分、食事はたんぱく質や脂質中心のものになってしまうと、栄養バランスが崩れてしまいます。もし、過剰にたんぱく質を摂取し続けると、腎機能を悪化させてしまいます。さらに、過剰に脂質を摂取し続けると動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中の危険性を高めてしまいます。

糖質制限ダイエットでは、穀類やイモ類、果物を制限します。そうした食物から得られる食物繊維が不足してしまうと、便秘などの不調につながる危険性があります。

③リバウンドのリスク

糖質制限はお米や麺類、パンなど普段主食となるような食品も制限しなけばなりません。それらが大好きな人にとってはストレスとなるかもしれません。

糖質不足によるイライラから、過食に走り、リバウンドを引き起こしてしまう危険性も高いダイエット法です。一度、目標を達成すると、解放感から糖質を多くとってしまい、ダイエットをする前より太ってしまう危険性もあります。

目標を達成してからも、それを維持するためにある程度努力を続けなければなりませんが、糖質制限ダイエットの継続率は低いというデータがあるのも事実です。

糖質制限ダイエットの危険性を減らすためにできること

1日糖質摂取量を把握すること

糖質制限ダイエットで糖質を過剰に制限することは、健康的に危険性が高いことが分かりました。危険性を減らすためには、日々の生活の中で糖質の摂取量をコントロールすることが大切です。

まず、自分が一日に何gの糖質を摂取してもいいのか、目安の量を把握しましょう。一日糖質摂取量の目安は簡単に計算することができます。

自分の体重(kg)×1gの計算式で、自分が一日に摂取しても良い糖質量の目安を計ることができます。例えば、体重60kgの方であれば、一日の糖質摂取量の目安は60g、体重70kgの方であれば、一日の糖質摂取量の目安は70gといった具合です。

個人差はあるものの、この目安より多く糖質を摂取すると脂肪が蓄積されてしまいます。体内に取り入れられた糖質は筋肉や肝臓に運ばれますが、多くとりすぎると筋肉や肝臓から糖があふれ、余った分が脂肪として蓄積されてしまいます。

一日にこれだけは糖質を摂取しても大丈夫、ということがわかると、体に無理なくダイエットを続けていくことができます。

栄養不足・偏りに気をつける

糖質制限ダイエットで糖質を避けることに気を奪われるあまり、栄養不足や栄養バランスの乱れてしまう危険性があります。

特にたんぱく質は欠かさず摂取するようにしましょう。効率よく筋肉を発達させ、理想のボディを目指すためには、筋肉の元となるたんぱく質が必要です。

一日のたんぱく質の摂取量の目安として、糖質と同じように自分の体重(kg)×1gの計算式で計算することができます。例えば、体重60kgの方であれば、一日のたんぱく質摂取量の目安は60g、体重70kgの方であれば、一日のたんぱく質摂取量の目安は70gです。

運動も並行して行う

糖質制限ダイエットは、運動と並行して行うことでさらにダイエット効果を上げることができます。

糖質を制限すると、体が糖分の不足を感じ取り、筋肉のたんぱく質を分解して糖を新たに作り出そうとします。筋肉は分解されるので、落ちてしまうのです。それを防ぐために運動は欠かせません。

これから脂肪が作り出されるのを予防するために糖質制限ダイエットを行いますが、蓄積された脂肪を燃焼させるにはあくまでも運動が必要であるということを覚えておきましょう。

糖質制限をサポートするサプリがある?

ここまで、糖質制限ダイエットのメリットと、それにまつわる危険性について紹介しましたが、実際、自分で考えて糖質制限を行うとなると、難しい部分も出てくることでしょう。

そこで、糖質制限をサポートしてくれるサプリを使うことがおすすめです。

糖質カットサプリ:アラプラス 糖ダウン

スクリーンショット 2017-08-11 17.13.59

⇒アラプラス糖ダウン公式サイトはこちら

<商品特徴・独自性>

アラプラス糖ダウンは、機能性表示食品一位などさまざまな賞を獲得している人気の糖質カットサプリです。

アラプラス糖ダウンは、取り入れた糖質を燃焼させ、体内でエネルギーとして消費することによって、糖の吸収を抑制する働きを持っています。

このサプリには、商品名にも使われている通り、「ALA」という成分が配合されています。ALAとは「5-アミノレブチン酸リン酸塩」のことで、血液中の主要成分であるヘモグロビンの材料となり、鉄分と結びつく性質を持っています。

この成分は生命のエネルギー維持に不可欠なもので、多いほど血糖値を抑え、基礎代謝が活発になり痩せやすい体を作ることができます。

スクリーンショット 2017-08-11 17.25.33

<安全性>

アラプラス糖ダウンは、

◻︎機能性表示食品であること

◻︎製造過程

から、その安全性がうかがえます。

<口コミ>

診断で糖尿の予備群と言われ生活習慣の改善を言われました。時々尿検査をし糖が出る時もありサプリメントを飲み始め以来尿検査では糖が出た事がありません。また、飲むタイミングも自由ですので継続しています。

57歳男性

出典:ダイエットカフェ

<価格・購入特典>

<定期コース>

初回¥2450

公式サイトからの定期コースなら、通常価格4.900円(税抜)のところを、初回限定50パーセントoffの2,450円(税抜)で購入できます。(送料は無料です。)

2回目以降も、20%オフの価格で購入できます。

なお、定期コースでお申し込みをされた方でも、いつでも購入の変更や中止ができます。

スクリーンショット 2017-08-11 17.15.59

アラプラス糖ダウンは効果なし?口コミや成分からその効果を徹底検証!」では、アラプラス糖ダウンの口コミや成分からその効果を徹底検証していきます。

⇒糖ダウン公式サイトはこちら

他の糖質カットサプリをみたい方は「2017年最新糖質カットサプリ比較ランキング!もうカロリーに悩まない!」をチェックしておきましょう。

まとめ

糖質制限ダイエットは、体脂肪ではなく水分が減少してしまう危険性、間違った食事法による栄誉不足や病気を引き起こす危険性、リバウンドの危険性などを心配する声もあがってます。

しかし、危険性を減らすために、1日の糖質摂取量を把握したり、栄養不足や栄養バランスの偏りに注意しながら、運動と並行して行うことにより、安全に痩せることも可能です。

糖質をカットする「アラプラス糖ダウン」といったサポートサプリを活用しながら、効果的に安全に糖質制限ダイエットを行いましょう。

<関連記事>

2017年最新糖質カットサプリ比較ランキング!もうカロリーに悩まない!

おすすめの糖質カットサプリはどれ?糖質制限するならこの5つ!

ライザップ式糖質制限とは?ライザップの糖質制限食事メニューを紹介!


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料