背中ニキビの治し方とは?背中ニキビの原因・治す方法を紹介!

「背中ニキビがなかなか治らない…」そんな背中ニキビで悩んでいるあなた。今回は背中ニキビで悩んでいる方のために、背中ニキビの治し方を紹介します。正しい治し方なので、ぜひ参考にしてください。また背中ニキビの原因、おすすめの保湿クリームも紹介します!


 背中ニキビの原因

まずは背中ニキビの原因について紹介をします。

背中ニキビの原因は、

・皮脂の過剰分泌
・摩擦による肌への負担
・シャンプーのすすぎ残し
・ホルモンバランスの乱れ

の4つです。それぞれ詳しく解説していきます。

皮脂の過剰分泌

皮脂が過剰になり毛穴が詰まると背中ニキビになる可能性があります。

背中はとくに身体の中でも皮脂腺が多い部分で、皮脂量が多くなる事で毛穴が詰まりやすく、背中ニキビができ安くなってしまうのです。

摩擦による肌への負担

摩擦によって肌に負担がかかると、皮膚の表面の角質が厚くなって毛穴が詰まりやすくなる事により、背中ニキビの原因になることもあります。

身体を強く洗う、拭く、掻くなどの行為や衣服や下着の擦れや汗、蒸れは肌に負担がかかりやすくなり背中ニキビの発生に繋がりますので気をつけて下さい。

シャンプーのすすぎ残し

入浴の際のシャンプーやリンス、石鹸のすすぎ残しが毛穴に詰まり、背中ニキビの原因となる事もあります。

背中は見えづらく手も届きにくいため自分ではちゃんと流しているつもりでも、すすぎ残しをしやすいやすい部分です。

特に髪の長い方は、背中に髪がつきやすいので、体をきちんとすすいでいても髪のすすぎが不十分な場合は背中の肌表面にシャンプーが付いたままになっていることがあるので注意が必要です。

ホルモンバランスの乱れ

ニキビがの原因には、ホルモンバランスも影響していると考えられています。

ホルモンバランスは睡眠不足・食事の栄養の偏りなどの生活習慣の乱れや、ストレスなどによって乱れやすくなるといわれています。

女性の場合、生理前などもホルモンバランスが乱れやすい時期です。

背中ニキビの治し方

背中ニキビの治し方は、

肌に負担をかけない
肌を清潔に保つ
良質な睡眠をとる
栄養バランスの取れた食習慣を送る

の4つです。それぞれ詳しく解説していきます。

①肌に負担をかけない

日常の行動では、肌に負担をかけないよう、摩擦などの刺激が加わらないよう意識しましょう。背中を必要以上に触わったり掻いたりしない、しっかり泡立てて綿素材のタオルか手で背中を洗い柔らかいタオルで背中を拭き綿のインナーを選ぶなどしましょう。

②肌を清潔に保つ

肌を清潔に保つことや保湿は背中ニキビだけでなく肌全体のニキビ対策になります。コマメに汗を拭き、入浴時には汗や汚れ、シャンプーや石鹸のすすぎ残しがないように、しっかり落とし保湿するようにしましょう。

③良質な睡眠をとる

ベッド

睡眠不足は肌にも身体にも良くないので6時間~8時間を目安に、睡眠をとると同時に睡眠の質の良さにもこだわりましょう。熟睡できるように照明を暗くする、就寝前に軽いストレッチをするはリラックスして眠りにつくことができますのでオススメです。

④栄養バランスの取れた食習慣を送る

野菜

油分・糖分の摂り過ぎは皮脂の量が増えてしまう原因にもつながりますので、日頃から、油分や糖分の多い食べ物を過剰に摂取しないようにしましょう。

ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6などを摂取するのもおすすめです。ビタミンCは赤ピーマン、レモン、アセロラジュースなどに含まれ 、ビタミンB2は納豆、卵、舞茸 などに、ビタミンB6はまぐろ・鶏肉・にんにくなどに含まれています。これらの栄養素を意識ながら、バランスのとれた食事を心がけましょう。

皮膚科での治し方

背中ニキビの皮膚科での治し方を紹介します。

皮膚科での治し方には、

・ピーリング
・ビタミンCなどのイオン導入
・レーザー治療
・内服薬

などの4つがあります。それぞれ詳しく解説していきます。

ピーリング

ピーリングは顔のニキビにも有効ですが、背中でも有効のようです。

背中は顔に比べると皮膚が厚く角質の層も厚い為、顔で使うよりも少し強力なピーリング剤を使うこともあります。

ビタミンCなどのイオン導入

イオン導入はピーリングと同時に行うと良いです。

肌に塗布するだけの状態と比較してイオン導入は、より肌の奥まで成分を浸透させることができ非常に有効とされています。

ピーリングをし、肌に余計な角質がない状態から始めるとより効果的です。

レーザー治療

レーザー治療は皮膚の奥まで届くレーザーで、ターンオーバーの促進を働きかけ、アクネ菌をなくすなど様々な効果があります。

難点はレーザーの種類が多く、皮膚科によって取り扱い機種が違うので、自分の背中ニキビに合うレーザー治療を受けるにはどこに行けばいいのか?判断しにくいところです。

内服薬

ホルモンが関連するものや余りにも赤く炎症を起こしている場合、抗生物質などの飲み薬を処方されることもあります。

背中ニキビにおすすめの保湿クリーム3選

背中ニキビにおすすめの保湿クリームを紹介します。

おすすめの保湿クリームは、

ルフィーナ
ジュエルレイン
パルクレール

の3つです。それぞれ詳しく解説します。

ルフィーナ

ルフィーナ

容量:60g
価格:9,720円

美白成分のプラセンタ、アマチャヅルエキス、シロキクラゲ多糖体、カモミラエキスなどの保湿成分や、ナノ化美容成分を配合した、薬用クリームです。ニキビケアだけでなく乾燥や肌荒れなどの肌の悩みをトータルケアしてくれます。

【ルフィーナをさらに詳しく知りたい方】⇒ルフィーナは背中ニキビに効果なし?口コミ(評判)・効果を徹底検証!の記事も参考にしてください。

⇒公式サイトはこちら

ジュエルレイン

ジュエルレイン

容量:60g
価格:6,225円

サリチル酸により抗菌効果と硬くなった背中の皮膚の角質を柔らかくし、グリチルレチン酸ジカリウムにより炎症予防を促します。サリチル酸とグリチルレチン酸ジカリウムの主成分と合わせ、オリーブオイル、スクワラン、アロエエキス、ローマカミツレエキスなどの保湿成分がさらに皮膚を健やかに保ちます。

【ジェエルレインはさらに詳しく知りたい方】⇒ジュエルレインは効果なし?口コミ(評判)・成分等から効果を検証!の記事も参考にしてください。

⇒公式サイトはこちら

パルクレール

パルクレール

容量:60g
価格:6,225円

2017年のモンドセレクション銀賞を受賞という世界に認められたジェルです。医薬部外品として、ニキビや肌荒れ、皮膚に潤いを与える、肌を清浄に保つ、肌を整える、引き締める、メラニンの生成を抑えシミやソバカスを防ぐ効果があります。

【パルクレールをさらに詳しく知りたい方】⇒パルクレールは背中ニキビに効果なし?口コミなどを参考に効果を検証!の記事も参考にしてください。

⇒公式サイトはこちら

まとめ

以上、背中ニキビの治し方についての解説でした。

背中ニキビは皮膚にを清潔に保ち、余計な摩擦を防ぎ生活習慣や食習慣を見直す事などで防ぐ事もできますが、なかなか難しいものです。

ここで紹介したクリームやジェルで肌をケアする事もオススメですし、状態によっては皮膚科での治療に行きましょう。

<背中ニキビクリーム3選>

ルフィーナ

ルフィーナ

⇒公式サイトはこちら

ジュエルレイン

ジュエルレイン

⇒公式サイトはこちら

パルクレール

パルクレール

⇒公式サイトはこちら

<おすすめ関連記事>

胸・背中ニキビの原因・治し方6選!美肌を手に入れる自宅ケア!

 メンズ化粧水ランキングTOP7!男の肌荒れが治るおすすめの化粧水!

 ニキビ・ニキビ跡を完治?メンズエステの口コミ・料金ランキングTOP5!

男のひどい肌荒れは〇〇が原因?肌荒れの正しい改善方法7選!

色白男子になりたい!男の肌を白くする究極の方法6選とは?


『スキンケア』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48846

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料