足の臭いの原因は皮!?足の臭いを根本からシャットアウト!

老若男女問わず臭う足の臭い・・・足の皮が臭いの元?

皮??

皮??

足の臭い、誰もが気になりますよね?

「突然の飲みのお誘い」でも座敷席で靴を脱いだ瞬間・・・臭ったら楽しい雰囲気も台無しです。

なぜ足が臭いのか。足の皮との因果関係とは。

何をしたら臭わなくなるのか。突然の飲みのお誘いも対策すれば怖くありません。

足の臭い、皮の処理方法までご紹介いたします。

どうして洗っても洗っても足が臭くなるの?皮はどうケアすればよいか?

強烈!!

強烈!!

洗っても臭いが取れない原因は?

原因・・。それはずばり足の裏にかくが深く関わってきているようです。

足は一日にコップ一杯分=200ml汗をかきます。

汗をかき、汗が流れ出ることで古い角質も一緒に流れ落ち、細菌が角質をエサとし分解して繁殖するときに臭いが発生すると言う訳なのです。

足にかいた汗を処理せずに放置しておくと、当然ながら臭いが発生しますよね。

原因は 汗 足の皮(角質)だったんですね!

では、次は角質について知って行きましょう。

足の皮・・・角質って??

角質の根本的な仕組みをご紹介いたします。

そもそも角質って?

人間の皮膚は、一番外側を覆っている「表皮」、表皮を支え、皮膚の形や弾力を保つ働きをしている

「真皮」、さらにその下で皮膚を支え、肌に栄養を運んだり老廃物を排出したりといった働きをしている「皮下組織」の3層構造になっています。

表皮は絶えず生まれ変わっており、古い表皮は皮膚の表面に押し出されて剥がれ落ち、垢になります。これは肌のターンオーバー(新陳代謝)と呼ばれる仕組みで、表皮はだいたい28日毎のサイクルで新しく生まれ変わっています。

この皮膚の表面に押し出されてきた、剥がれ落ちる前の古い表皮を「角質」と言います。角質は平均0.02mm程度の薄い膜ですが、肌をバリアする機能と保湿する機能という大切な役割を担っています

〔引用:mens-skincare-univ.com/

新しい皮膚が生成されることにより古い角質が溜まっていき、処理しなければ皮がゴワゴワした足になっていき、その余分な皮が足の臭いの元(雑菌のエサ)となっていくようです。臭いの元が雑菌・・・

次では家庭で簡単にできる臭い対処法をご紹介していきましょう。

足の臭いの元・・・余分な皮をどうにかしたい!!

えっ・・・・

臭いな・・・

足の臭いの諸悪の根源・・・皮(古い角質)の対処法

・入浴

・入浴時、皮(古い角質)を軽石で削る

・足の爪をこまめに切る

・足の爪の間まで念入りにブラシなどで洗う

・足用制汗スプレーをこまめにかける

・足の蒸れにくい靴を選ぶ

入浴が最大のポイントとなっています。

足の臭いの原因である雑菌にエサをあたえない、洗い流す、古くて硬くなってしまった足の皮は削ってしまいましょう。

足の臭いが気になるあまり、一生懸命になり、たくさん皮を削ってしまった!なんてことにならないように気をつけてください。削りすぎは厳禁です。

なぜかと言うと、必要な角質まで削ってしまい肌を痛める可能性があるからです。

適度に厚くなった皮のみ除去しましょう。

足の臭いを発する原因、皮(角質)の隙間に潜んだ雑菌を綺麗に除去する方法とは?

皮脂が酸化すると臭~い体臭が……

雑菌を洗い流しましょう!

これまで、足の臭いには入用が効果的とご紹介いたしましたが、軽石で足の皮のケアをするのは面倒。しかも軽石の隙間に雑菌が入り込んでしまうため、保管方法にも気を使ったり・・・

皮の削りすぎに注意してくださいと言っても、いい塩梅なんてわからないですよね。そこで入浴するだけで、皮(角質)の隙間まで入り込み消臭してくれる効果的な入浴方法があります。

その方法とは重炭酸ソーダと言うものをお湯に混ぜて入浴する・・・と、たったそれだけなんです!!なぜ重炭酸ソーダが足の臭いに効果的なのか?その秘密は、重炭酸の細かい泡が皮(角質)の隙間の隙間まで入り込み、雑菌をかきだしてくれるからなんです。もう軽石でガリガリ削るのに何分も時間を取られたり、お風呂から上がった後も残り香に悩むこともなくなりますね。

入浴に時間を裂けない!と言う方も大丈夫。シャワーヘッドにつけるタイプもありますので、お手軽にご利用できます。これで突然の飲みのお誘いで座敷に上がるのも怖くない!
今ならお得なセット販売もありますので、足の臭いが気になる方は一度下記HPをご覧ください。

<おすすめ関連記事>

体臭対策で有名な入浴剤「薬用HotTab」は本当に効果あるの?!口コミは?

重曹を使えば足の臭いが消える!?重曹を使った正しい消臭方法

『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。