30歳から始まる本格的な加齢臭に要注意!今日から加齢臭対策!

まだ30歳だからといって加齢臭はないと安心しているあなた。実は加齢臭は人によっては30歳から始まります。ではどのように加齢臭を防げばいいのか、ランキングで30歳から始めるおすすめ加齢臭対策をご紹介します!日常生活から加齢臭を予防しましょう!


30歳から始まる本格的な加齢臭に要注意!原因と対策を知ろう!

通勤電車や、バスの中で思わず鼻を塞ぎたくなるような、いわゆる加齢臭を発している人と遭遇した経験は皆さんあると思います。
中高年の8割の方が加齢臭を気にしているそうですが、

ただ多くの方が
「おれはまだ30歳だし、ケアもしているから大丈夫でしょう。」
とお考えではないでしょうか?

実はしっかりケアをしないと加齢臭は30歳台、早い人では20歳台でもあの加齢臭が発生してしまうのです。
人に指摘をされないとなかなか気づきにくい、加齢臭。放っておくと、「一生加齢臭とお付き合い」なんて手遅れなことも?

そもそも加齢臭とは?

そもそも加齢臭とは、主に中年以降の男女にみられる特有の体臭の俗称。(wikipediaより)
2001年に資生堂リサーチセンター研究員の土師信一郎らにより、高齢者の体臭の原因の一つが2-ノネナール(C9H16O)であることが発表されたことに、「加齢臭」という言葉が一般的になりました。
男性は主に30歳~40歳代以降、女性では主に閉経後に加齢臭が強くなってくるという統計がでています。

加齢臭の原因ノネナールとは

ノネナールとは汗腺のそばの皮脂腺から出る脂肪酸が酸化、もしくは発酵によってできる不飽和アルデヒドのことで、わかりやすく言い換えると、年齢と共にでる油が酸化して、腐ったものとなります。

30歳代から増えていくと言われています。
加齢臭は男性のものという印象が強いですが、このノネナールは女性も生成するので、女性も加齢臭を発することがあるのです。

ノネナールは皮脂の出やすい身体の部位に集中して発生するため主に、胸・背中・額・顔・頭部から加齢臭は発生すると言われています。
ノネナールは水に溶けづらく、肌にこびりつきやすい性質をもっているため日常的に
胸・背中・額・顔・頭部に対してしっかりケアを行っていないと、30歳台でも加齢臭が発生してしまうのです。

そのノネナールをより一層発生させてしまう、身体の酸化作用ですが、以下の要因が酸化作用があるとされています。

・お肉やお菓子などばかりの脂肪過多の栄養の偏った食生活
・運動不足
・喫煙
・睡眠不足

仕事場でのストレスなどがたまりやすい30歳台の方々にとっては酸化作用のある要因はどうしても避けずらいものです。

 30歳から始める加齢臭対策

全くケアをしないと皮脂の酸化がどんどん進んでいき、一度酸化が進んでしまうと加齢臭は
なかなか取れずらくなってしまいます。

そうなる前に30歳から始める加齢臭対策について優先順位の高い上位3つをお教えいたします。

1位:皮脂油のたまりやすい耳の裏、首の後ろ、背中を重点的に洗う

加齢臭の原因であるノネナールの発生部位でる皮脂油のあまりやすい場所を重点的にまずは石鹸で洗いましょう。
また石鹸で洗いながらできる簡単なマッサージ一緒にやりましょう。

年齢の若い時だと皮脂油が酸化せずにすむので、加齢臭はしないのですが、30歳から酸化がすすみ、加齢臭がより一層しやすくなります。

<マッサージ方法>

⑴じゃんけんのグーのように差指を丸めて、人差指の第二関節がでっぱるようにする
⑵耳の裏の筋にそって、上から下に10回こする

このマッサージによって、耳裏のたまった老廃物を外に流すことができます。
やってみると最初は少し痛みを感じると思いますが、それが老廃物になるので、何回かやっていくと痛みもなくなっていきます。

これをやることで、独特のにおいがする耳の裏もきれいになります。

2位:お風呂につかる習慣をつける

加齢臭が特に気になる夏場はどうしてもお風呂に浸かる習慣がない方もいらっしゃると思います。
ただ、腐った皮脂油は汗とともにデトックスで流していくことが加齢臭をなくしていく対策のひとつでもあるので、発汗作用を促すお風呂に浸かることは習慣にしていきましょう。

特に20歳〜30歳の人だとお風呂に浸かる習慣がなかなかないですが、今後のためにしっかりつかりましょう。

時間がなくてもシャワーだけで済ませると、余分な皮脂や汗がきれいに流れていかず、加齢臭の原因になり得ます。できるだけ、しっかりと10分から15分以上は湯船につかるのがおすすめです。

3位:適度な運動を行う

お風呂に浸かる習慣と同じですが、身体にたまった腐った皮脂油を出すためには汗をかく必要があるので、適度な運動が最適です。また運動をすることによって、血流が良くなるので、よりデトックス効果があるとされています。30歳は特に仕事が忙しくなる年齢なので運動不足は要注意!

少ないものでも大丈夫ですので、毎日継続してやっていきましょう。継続することで、できる運動量も徐々に増えていきます

対策しても加齢臭がする30歳のあなたへ

基本的には生活習慣の見直しである程度の加齢臭対策はできますが、
どんなに対策しても加齢臭がなかなか治らない場合、病院にてレーザーの治療などを検討される必要があります。

特に20歳~30歳ですでに加齢臭が強い方は要チェックです。一旦ついた加齢臭は取り除きづらいので、30歳をすぎる前に、これらのアイテムの使用を検討してみるのもいいでしょう。

30歳ですでに加齢臭の気配がある方は今のうちから対策を打たないと、今後手術することになるかもしれませんので、今のうちから対策できることはしていきましょう!

きちんとケアしていくことで、気にならなくなるの同時に将来への予防にもなりますし、さらには自信につながって体臭を気にせずに過ごせますよ。

ネオテクト

【薬用ネオテクト】

臭いの原因菌を99.999%殺滅する医療のプロが認めた高い消臭力、制汗力を発揮する2016年最新の薬用クリームです。

無添加かつ、限りなくお肌に優しい天然植物由来エキスを原料にしています。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

<おすすめ関連記事>

男性の加齢臭対策シャンプー完全版。選び方から正しい使い方まで

酸っぱい体臭の5つの原因と対策とは?体臭の悩みをスッキリ解決!


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料