『脱毛』カテゴリーの情報まとめ

こちらでは『脱毛』カテゴリーの記事内のソースである書籍、論文、美容研究家、管理栄養士、美容アドバイザーからの情報を一般開示しています。


情報公開について

BiDANでは記事内のソースである書籍、論文、美容研究家、管理栄養士、美容アドバイザーからの情報を一般開示しています。

知的財産となるこういった情報は社外秘にすることが一般的ですが、BiDANは「より多くの男性にわかりやすく美容情報を提供する」ことを理念としており、より多くの方々に美容情報を得ていただきたいと考えているため、一般公開をし、また法的範囲内での記事の引用を許可しています。

以下はデオドラントカテゴリーの記事の内容の情報源となります。

毛が生えるメカニズム

cross-sectional view of the skin_hair_s (1)

毛は肌の角質層が変化してできたものであり、皮膚の一部です。毛の主成分はタンパク質で、タンパク質の中でも強度が非常の高いケラチンと呼ばれる成分からできています。

皮膚の外面に表出している毛の部位を毛幹と呼び、毛穴の中にある部位を毛根と呼びます。毛根部の一番下にある膨らんだ箇所を毛球と言います。

毛球の先端にある毛乳頭という箇所が毛細血管から栄養を取り込むことにより、毛が成長します。

以上が毛が生えるメカニズムについての紹介でした。

髭を濃くする原因

次に体毛が濃い方や多い方のためにその原因についても紹介していきます。

人間は男女関係なく、男性ホルモンと女性ホルモンを持ち合わせています。その内、体毛に大きな影響を与えるのは男性ホルモンです。

男性ホルモンの約95%を占めているのがテストステロンです。男性の場合は精巣で作られます。テストステロンには髭や体毛などを促進する効果や筋力の向上作用だけでなく、記憶力の向上や寿命延長作用もあるとされているホルモンです。

さらに、体内には5αリダクターゼという酵素が存在します。5αリダクターゼはテストステロンと結合することによってジヒドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンに変化します。その結果体毛がさらに促進されてしまうのです。

5αリダクターゼには一型と二型が存在しますが、二型の方がより強力なジヒドロテストステロンを生成すると言われています。

脱毛のメカニズム

個人差がもちろんありますが、人間の体毛は全身で約500万本であると言われています。しかし、その500万本全てが目に見えるわけではありません。

人間の体毛のうち、実際に体毛として目に見えるのはわずが3割程度の150万本程度です。その他の体毛は表面上には出ておらず、皮膚の毛穴の中で成長しています。

haircycle_s (2)

毛には毛周期と呼ばれるものがあります。毛周期とは「人間の体毛が生えかえるサイクルのこと」を指します。

毛周期には3つの期間があります。

成長期:体毛が成長し、皮膚の表面に表出する時期

退行期:表面に表出した体毛が抜け落ちる時期

休止期:次の成長期まで、準備を要する時期

成長期から退行期に移行するまでには基本的に3週間程度の期間が必要であると言われています。

これから紹介する「フラッシュ脱毛」「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」の3種類の脱毛方法で脱毛の効果を発揮するには、「成長期の毛であること」が必要になります。

先ほども紹介しましたが、脱毛を成功させるためには毛乳頭や毛母細胞を除去し、毛細血管からの栄養吸収を阻害させることが必要です。

しかし、成長期以外の2つの期間である「退行期」「休止期」は毛本体と毛根が離れています。そのため、毛乳頭や毛母細胞を破壊することができず、脱毛もすることができません。

よく、脱毛に関しての悪い口コミなどの中には「期間がかかりすぎる」などといった趣旨のものがありますが、脱毛に一定の期間が必要なのは成長期の毛しか脱毛することができないことが挙げられます。

フラッシュ脱毛

<脱毛方法>

フラッシュ脱毛はIPL(インテンスパルスライト)やSSC(スムーススキンコントロール)などの可視光線を使用し、毛根のメラニン色素と反応させます。可視光線を吸収した毛が熱を持つことによって毛乳頭などの組織に損傷を与え、破壊し、脱毛させます。

フラッシュ脱毛では複数の波長を含んだ光を広範囲に照射します。

<おすすめの部位>

腕や胸毛などの細い毛の部位

リンクス

リンクスでは肌の色・毛質・毛量に合わせてあらゆる肌状態・毛状態に最適な光を、12段階で調整します。純国産脱毛機をメーカと共同開発しており、日本人に合わせた脱毛を実現します。

<店舗数>

36店舗

<初回体験価格>

1800円

ラ・パルレ

ラ・パルレにはスピード3D脱毛コースがあります。これは強力な冷却脱毛機を使用しながら脱毛する施術方法です。この方法により、施術中の痛みの経験を実現することができます。

<店舗数>

21店舗

<初回体験価格>

1000円

ニードル脱毛

<脱毛方法>

ニードル脱毛とは「針を毛穴の中に刺し、そこに電流を流し込むことによって毛母細胞を腐食させるような脱毛方法」を指します。

<おすすめの部位>

メンズTBC

メンズTBCのスーパー脱毛では基本的に一本あたりの料金を支払います。そのため、ニードル脱毛の中でもより自分の好きなデザインまで仕上げることができます。

<店舗数>

44店舗

<初回体験価格>

1000円

ダンディハウス

ダンディハウスはメンズエステ史上初のISO9001認定を取得しています。施術方法としては電気脱毛とフラッシュ脱毛を組み合わせたブレンド脱毛を用いています。

<店舗数>

50店舗

<初回体験価格>

1000円

レーザー脱毛

<脱毛方法>

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と同様に、レーザーと毛根のメラニン色素と反応させ、反応した毛が熱を持つことによって毛乳頭を破壊することで脱毛するというものです。

レーザー脱毛は単一の波長を照射するため、威力が強いです。そのため、保健所が許可しているクリニックや美容外科などでしか使用することができません。

<おすすめの部位>

髭/VIO/その他の濃い毛

メンズリゼ

メンズリゼは患者のニーズに合わせた3種類の脱毛器を用意しています。また、カウンセリング料や初診料なども一切かからず、途中でコースの解約もできます。

<店舗数>

18店舗

<初回体験価格>

39600円〜(全身脱毛プランの場合)

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックでが5種類のレーザー脱毛器を用意しており、脱毛部分や個人によって使い分けることができます。

また麻酔も個人に合わせて3種類用意しています。

<店舗数>

8店舗

<初回体験価格>

54800円〜(全身脱毛プランの場合)

湘南美容外科

湘南美容外科は累計実績約38万件を誇る医療クリニックです。レーザー脱毛器は3種類用意しています。また店舗数も他のレーザー脱毛委員と比べても非常に多く、通いやすいです。

<店舗数>

57店舗

<初回体験価格>

59800円〜(全身脱毛プランの場合)

抑毛剤・ローション

先ほど毛が生えるメカニズムの項目において、体毛に大きな影響を与えるのは男性ホルモンであることを紹介しました。

抑毛剤には「イソフラボン」のような女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをする成分が配合されており、ムダ毛を細くし、抜けやすくします。

<イソフラボンと似た成分>

・パパイヤ果実エキス

・ラレアディバリカタ葉エキス

抑毛剤の注意点としては

「継続しないと効果が切れてしまうこと」

「毛を完全になくすことはできないこと」

です。上記のパイナップル豆乳ローションのデータを見るとわかりますが、多くの方が半年内で効果を実感できたと回答しています。

もちろん、使用する箇所や使用量によっても異なりますが、即効性があるものではないことに注意しましょう。

また先ほども紹介しましたが、5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンと結合することによってジヒドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンが発生し、髭の成長を促進させてしまいます。

抑毛剤の中には「5αリダクターゼ対策成分」が配合されているものもあります。

5αリダクターゼを予防する成分は以下の通りになっています。

<5αリダクターゼ予防成分一覧>

ダイズ/ザクロ/ガウクルア/パパイン/ジオウ/チョウジ/オウゴン/サンショウ/ヒオウギ/アロエ/パシャンベ

除毛クリーム

除毛クリームの中には「チオグリコール酸カルシウム」が配合されています。これはアルカリ性の化学物質です。

アルカリにはタンパク質を分解する作用があります。毛はタンパク質でできているため、アルカリ性の成分であるチオグリコール酸カルシウムを毛に塗ることで除毛をすることができるのです。

しかし、毛をあくまで溶かすだけなので、表面い見えている毛は除毛できますが、中に埋もれている毛は除毛することができません。

また、毛を溶かすほどの強いアルカリ性の成分を使用しているため、肌への負担も大きいと言えます。肌の弱い方や敏感肌の方が使用するとかぶれたりする可能性もあります。

また、髭やデリケートゾーンなど、使用してはいけない部位もあるので注意が必要です。

青髭について

人間の顔の皮膚は身体の皮膚に比べても薄く、1mmほどの薄さです。髭剃りを行なった後の髭の断面がその皮膚から透けて見えてしまうことで髭が青く見えるようになってしまいます。髭が濃くなるほど、青髭も濃いように見えてしまいます。

青髭の主な原因としては

1.男性ホルモンの増加

2.皮膚への刺激

があります。

1つ目の男性ホルモンの増加ですが、これは筋力トレーニングや肉中心の食生活などが原因で増加してしまいます。男性ホルモンが増加すると髭が濃くなるため、青髭になる可能性も高まるのです。

2つ目の皮膚への刺激ですが、これは主に髭剃りの時間帯や剃り方が原因で起こります。

人間の顔の皮膚は薄いため、毎日の髭剃りによって傷ついてしまいます。肌が傷つくことによって防御反応が起こります。その結果より太い髭が生えてきてしまうようになるのです。

青髭対策に髭を抜くのはNG?

これは青髭だけでなく、髭全体に関して言えますが、髭を毛抜きで抜くのはおすすめできません。

髭剃りや髭の毛抜きなどによって毛が濃くなるという情報がネット上にはありますが、現在のところ、医学的な根拠はありません。しかし、髭を毛抜きで抜くのはおすすめできません。

髭を毛抜きで抜くと埋没毛になる可能性があります。

埋没毛とは皮膚の下に埋まったまま成長して外に出ることができなくなった毛のことを指します。髭剃りや毛抜きが肌にダメージを与え毛穴が傷つき、その後修復することで毛が外に出られなくなるのです。

埋没毛を放置することによって毛嚢炎や色素沈着になることがあります。

毛嚢炎とは

毛嚢炎とは髭剃りや毛抜きをした際に毛穴の中の毛包が傷つき、その部分に細菌が侵入することによって発生する炎症のことを指します。

毛穴の周囲に赤みを帯び、毛穴の中には白っぽい膿が溜まってしまいます。

色素沈着とは

髭剃りや毛抜きをすることで肌に色素沈着してしまいます。色素沈着した肌は黒ずんでしまったり、紫がかった色をしています。

ヘモグロビンやメラニンが刺激を受けることで肌に色素が沈着してしまいます。

正しい髭の剃り方とは?

ここでは正しい髭の剃り方について紹介していきます。

①肌を水やぬるま湯で濡らす

②肌を濡らして状態でシェービング剤をつける

③もみあげから頬のあたりから剃り始める。あごひげや口周りの髭は水分が十分に浸透してから剃る。髭を剃るときは髭の生えている方向に沿って髭剃りをする。

④水で洗い流し、その後肌を保護するためにアフターシェイブローションなどを塗布する

<参考文献>

-吉木伸子(2010)『正しいスキンケア事典』,高橋書店

-西島悦(2014)『本気の美容事典』,学研

-スキンケア大学(2016)『医師が教える正しいスキンケア大全』,宝島社

-日清精粉グループ「男性更年期ナビ」(最終閲覧日:2017年10月28日)

www.loh.jp/about/02.html

-湘南美容外科「AGA薄毛治療情報サイト」(最終閲覧日:2017年10月28日)

www.rs-clinic.com/menu/aga_5a.html

-Schick「正しい髭の剃り方」(最終閲覧日:2017年10月31日)

www.schick-jp.com/howto_shaving/properly

 


『脱毛』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49177

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料