ダイエット初心者でも簡単にできる痩せる方法!短期間で効率よく!

簡単に痩せる方法とは?

66f9ce3e72a85f7d474c3fec514413af_s

「正月の食べ過ぎで太ってきたから痩せたい」

「ダイエットをしたことがないけど、簡単に痩せる方法を知りたい」

そんな方に足やお腹を簡単に実践できるダイエット方法をお伝えします。

ダイエット方法をお伝えする前に、ダイエットをする上で非常に重要な「太る原因」を解消することについて解説をしていきます。

太る原因を解消する!

最短で痩せるためにはまずは「太る原因をなくす」必要があります。

□油物や甘いものを2日に一回以上は食べている

□週に一度も運動をしていない

□夜更かしが続いている

□食事の栄養バランスは考えていない

□早食いをしており、よく噛んでいない

□ストレスを溜めこんでいる

□朝昼晩以外に間食をしている

□ビールや日本酒をよく飲む

このように太ってしまう原因はたくさんあります。

まずは自分で気づける範囲でよいので、太ってしまっている原因を解消するようにしましょう。

次にそもそもの「痩せるメカニズム」について理解を深めていきましょう。

まずは痩せるメカニズムを理解しよう!

スクリーンショット 2018-01-23 18.52.13

実は、痩せるメカニズムは「消費カロリーが摂取カロリーを上回る」と、とても簡単です。

脂肪は1kgあたり7200kcal消費することで落ちるとされているので、1日あたり1000kcalほど摂取カロリーを消費カロリーが上回ることで、理論上一週間で1kg痩せることが可能です。

痩せる方法は実はとても簡単「消費カロリーが摂取カロリーを上回る」ことをしっかりと意識すればよいのです。

栄養バランスに気をつけて!

9f2dcadae1b26fbf06120d5b27d0205e_s

摂取カロリーを減らすと確かに痩せることは可能ですが、ゼリーだけで過ごしたり、昼や夜ご飯を食べずにお菓子だけを食べたり、栄養バランスが崩れた痩せる方法は非常に危険です。

栄養バランスが整ったダイエットをしないと、酵素が働く源である補酵素(ビタミン、ミネラル)を摂取できず、代謝が置いてしまい、便秘や冷え性、貧血の原因になってしまいます。

また一時的に痩せたとしてもそれが筋肉が落ちているだけの場合は、脂肪がつきやすく、また脂肪が燃焼しづらい体質になってしまいリバウンドの原因にもなってしまいます。

ビタミンやミネラルのバランスは必ず頭にいれてダイエットをするようにしましょう。

食事で痩せる方法

これから食事で痩せる方法を3つご紹介します。

栄養バランスに気を付けながら、痩せる方法を実践してください。

食べ順(低GI)ダイエット

低GIダイエットとは、血糖値の上昇を防ぐことで痩せる方法です。

GI値とは血糖値の上昇の指数であり、GI値が低い食品から順にとることで血糖値の上昇を防ぎます。

血糖値の急激な上昇を防ぐことで「脂肪の蓄積」「空腹感」を抑えることが可能となるのです。

とくに野菜や海藻類はGI値が低いため、食事は野菜から食べ始めることをおすすめします。

また、GI値が高めの炭水化物などを控え、低GI食品中心に食事を摂るとより効果的です。

ガムダイエット

1a64054aadb46453dddd6d4f123d28bd_s

お腹が空くという現象は、実は一時的なものです。

そのため、お腹が空いたときはガムを食べることで空腹感を紛らわせます。

ガムを噛むことで、満腹中枢がやや刺激されるのです。

「つい間食をしてしまう」「口がさみしくなる」という方に最適な痩せる方法といえるでしょう。

脂肪燃焼成分を摂取する

食べ物には、脂肪燃焼成分が含まれているものがあります。

脂肪燃焼に効果のよいとされる成分を摂取することで、効率よく脂肪を燃焼させることが可能です。

脂肪燃焼成分としては下記が挙げられます。

カプサイシン:唐辛子

オルニチン:しじみ

DHA(ドコサヘキサエン酸):さんま、さば (などの青魚)

キノコキトサン:きのこ

「脂肪燃焼成分を摂取する」というのは、普段の食事に意識を向けるだけで行える簡単な痩せる方法です。

ぜひ一度ご自分の食事内容を見直してみてください。

運動で痩せる方法

食事で痩せる方法も効果的ですが、リバウンドなく健康的に体重を落としたい場合は運動で痩せる方法を取り入れましょう。

ここでは、運動で痩せる方法3つと、部位別の痩せる方法を2つご紹介します。

ロングブレスダイエット

ロングブレスダイエットは、呼吸の仕方を変えることで痩せる方法です。

1.体を少し沿わせて立つ

2.3秒かけて息を吸い込む

3.7秒かけて息を吐きだす

態勢を整え、3秒で息を吸い、7秒で吐き出しましょう。

ゆっくりと呼吸を意識して行うことがポイントです。

呼吸を意識することで、代謝の促進を狙えます。

ドローイン

ドローインはお腹に効果的な痩せる方法です。

1.仰向けになり、膝を立てる

2.手の平を上に向け、腕を床につける

3.おへそを背中に近づけるイメージで、ゆっくりと息を吐く

4.ゆっくりと元の状態に戻す

ドローインを行うことにより、腹部に力が入りインナーマッスルを鍛えることが可能です。

動画では重しをのせて行っていますが、ない場合も実践できます。

有酸素運動

有酸素運動とは、酸素をとり込みながら行う運動を指します。

おもな有酸素運動としては「水泳」「ウォーキング」「ランニング」が挙げられます。

有酸素運動を行うと、エネルギー源として糖や脂肪の燃焼が促進されます。

脂肪燃焼を狙いたい場合は、積極的に有酸素運動を行ってください。

お腹を痩せる方法

内臓脂肪 皮下脂肪

内臓脂肪というのは、言葉通り内臓周りについている脂肪を指します。

対して、皮下脂肪というのは皮脂のすぐ下についている脂肪を指します。

どちらもぽっこりお腹の原因となりますが、エクササイズやトレーニングを行うことによって痩せることが可能です。

お腹を痩せる方法をご紹介します。

1.仰向けに寝転がり、脚を90度に曲げる

2.脚を曲げたまま、ゆっくり床におろす

3.もとの状態に戻す

お腹の筋肉に力が入っていることを意識しながら行うのがポイントです。

運動能力やその日の体調に合わせて無理のない範囲でエクササイズを行ってください。

脚を痩せる方法

痩せにくいといわれている脚の痩せる方法をご紹介します。

1.脚を開き、片足を曲げる(片足のみ開いている状態)

2.上体をゆっくりと床に近づける

3.そのままの状態を10~20秒ほどキープする

4.もとの状態に戻す

5.曲げる脚を変え、繰り返す

もも部分が伸びていることを意識して行いましょう。

体がかたい方は最初難しく感じる場合が多いですが、定期的に行うことで少しずつ体が柔らかくなっていきます。

サプリはダイエットに有効?

ダイエットを行っている方の中には「サプリを試してみたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

サプリは、アイテムによってはダイエットの強いサポートとなります。

脂肪燃焼や糖の吸収を抑えるなどの効果効能をうたうことができる機能性表示食品や第二類医薬品などといった国が認証しているサプリであれば、第三者機関より認証されており、効果が期待できるのです。

また「脂肪を落としたい」「便秘を解消したい」という方には、第二医薬品である生漢煎が適しています。

生漢煎には、脂肪燃焼作用、便秘・肩こりの改善作用があり、体の調子を整えることが可能です。

「効率よく、なるべく早く痩せたい」という方は、サプリの使用をおすすめします。

スクリーンショット 2017-07-04 14.15.02

⇒生漢煎女性用公式サイトはこちら

⇒生漢煎男性用公式サイトはこちら

まとめ

痩せる方法はさまざまですが、自分に合った方法でダイエットを進めていくことが大切です。

今回ご紹介した方法をすべて取り入れる必要はありません。

長期的に継続できる範囲で、無理なくダイエットを行っていきましょう。

また、効率よく痩せたい方はサプリメントの併用を検討してみてはいかがでしょうか。

より効果的に痩身を狙えるので、ぜひ実践してみてください。

<おすすめ関連記事>

市販の本当に痩せるダイエットサプリランキング

男の短期型ガチダイエットの秘訣!おすすめダイエット方法を紹介!