シボヘールの定期購入を解約する時の注意点は?解約方法の手順を解説!

シボヘールとは?

シボヘール

シボヘールはお腹の脂肪やウエストを減らすのを助ける機能があることが検証されている機能性表示食品です。

機能性関与成分は「葛の花由来イソフラボン」という成分で、肥満気味な人、BMIが高い人、お腹周りが気になる人におすすめのサプリです。

楽天やamazonのような通販サイトでも販売されていますが、一番おすすめの購入は公式サイトの定期コースです。

一番安く、しかも便利なのでシボヘールを飲む習慣をつけたい人にはぴったりです。

ただし定期便はトラブルを防ぐために解約方法やその費用などをきちんと知ってから手続きをすることが大切なのできちんと事前に把握しておきましょう。

⇒公式サイトはこちら

お得に買うなら定期購入がオススメ!

シボヘールの定期便は「らくらく定期便」という名前の通り、制限がなく定期的に飲むと決めた人だけでなくシボヘールが気になるから試してみたい人にも楽なことばかりです。

公式サイトから申込むことができ、なんと初回は通常価格3218円のものが980円で購入できます。

初回だけ安いのならお得なのは最初だけですが、2回目以降はずっと12.7%オフの2808円で購入でき、常に送料無料なのでお得が続きます。

1袋120粒入り、約1ヶ月分なので毎日4粒を目安にすると1日約93円です。

コーヒーを買うよりも安く、お腹の脂肪を減らすのを助ける食品を摂り入れられると思うと定期購入がお得なことがよくわかります。

⇒公式サイトはこちら

定期購入の解約方法とは?

定期購入でありがちなのが解約するまでの期間に縛りがあったり手続きが複雑だったりしてすぐに解約できないようになっている仕組みです。

シボヘールの定期便は契約の縛りがないので、お届け日の10日前までに連絡すればいつでも解約ができます。

解約方法もとてもシンプルで電話だけでなく会員ページなどオンラインから解約手続きができるので、解約をするときに引き止められるんじゃないかと言ったストレスからも解放されます。

定期便の間隔も1~3か月に1回の範囲で変更ができるので、飲む量が少なくてあまり減っていなかったら間隔をあけて調整することもでき、どんどんサプリが溜まっていってしまうのを防ぐことができます。

⇒公式サイトはこちら

シボヘールの有効成分を解説!

葛の花イソフラボン

機能性表示食品であるシボヘールが脂肪を減らすのを助けてくれることは臨床試験によって実証済です。

その機能の秘密は「葛の花由来イソフラボン」です。

葛とは日本や中国などアジアに生息するマメ科の植物で、古くから風邪や下痢の治療にも用いられてきました。

根は乾燥させて和漢として用いられてきて、有名なものだと「葛根湯」があげられます。

葛の花は秋の七草の1つでもありますが、高い効能が江戸時代に編集された古典書にも載せられており、二日酔いへの漢方としても用いられています。

その葛の花由来イソフラボンには脂肪の合成を抑制し、分解・燃焼を促す働きがあることが研究によってわかってきました。

シボヘールはその葛の花由来イソフラボンを摂取できるので皮下脂肪・内臓脂肪を落としてウエストを減らすことができるのです。

⇒公式サイトはこちら

シボヘールを飲むとどんな効果がある?

シボヘールは、以下の3つの効果をサポートします。

①脂肪合成の抑制
②脂肪の分解
③脂肪の燃焼

それぞれ詳しく解説します。

①脂肪合成の抑制をサポート

シボヘールの脂肪合成抑制

脂肪はエネルギーとして消費されますが、消費できる以上の脂肪を取り入れた時は余ってしまい、肝臓で中性脂肪へ合成されてしまいます。

それが体内各部でも体脂肪として蓄積されて脂肪が増えていくのです。

葛の花由来イソフラボンはこの中性脂肪の合成を抑制するのを助けてくれます。

体内に脂肪が付きにくくしてくれるのです。

②脂肪の分解をサポート

シボヘールの脂肪分解

脂肪をエネルギーとして燃焼させるためには、そのままの状態では燃焼できないので「脂肪酸」へと分解しなければいけません。

この分解がきちんとできていないと体脂肪の燃焼が悪くなってしまい、運動しているのに脂肪が減らないという状態になります。

この脂肪酸への分解を助けてくれるので、体脂肪を燃焼しやすい状態に保ってくれます。

適度な運動と一緒にシボヘールを飲むと効果的なのが良く分かります。

③脂肪燃焼をサポート

シボヘールの脂肪燃焼

燃焼できる状態の脂肪酸は褐色脂肪細胞の働きによって燃焼されます。

この褐色脂肪細胞が活発であればあるほど脂肪の燃焼も活発になります。

年齢とともにこの褐色脂肪細胞は減少していくので、脂肪を燃焼する力も弱くなってきます。

そこで葛の花由来イソフラボンが褐色脂肪細胞へとアプローチして、より脂肪が燃焼しやすい状態へと整えてくれます。

⇒公式サイトはこちら

悪い口コミ

では実際にシボヘールを使用した方たちの口コミを見てみましょう。悪い口コミと良い口コミをそれぞれご紹介します。

まずはじめに、シボヘールの悪い口コミからご紹介します。

価格的にリーズナブルなのといろんなサイトを見た結果評価が比較的に良い気がしたので購入を決めました。食事制限と併用で2か月程飲みましたがビックリする程の効果はありませんでした。飲み忘れ等もあったのでそのせいもあるかもしれませんが…
出典:ダイエットカフェ

公式サイトや他の口コミを見て購入しましたが、5日飲んでも体重変わりませんでした(泣)公式サイトでは痩せすぎ注意って書いてあったのですぐに痩せるのかなーと思ったんだけどなー。効果が出るのに時間がかかるのかなー。もうちょっと続けてみます。
出典:ダイエットカフェ

公式サイトでその効果性を期待して飲んだけど、思ったより効果が感じられないという人がいるようです。

ここで注意したいのがシボヘールは飲むだけですぐに痩せる薬ではなく、見たように脂肪の分解や燃焼をサポートするためのものです。

口コミであるように運動、つまり脂肪燃焼をする動きをしないで脂肪が減ることはありません。

運動などをして脂肪を燃やそうとするときにシボヘールを飲んでいるとその効果が増すものなので、運動と食事内容を意識してダイエットするときに効果的にサポートができます。

⇒公式サイトはこちら

良い口コミ

良い口コミをご紹介します。

6ヶ月で12キロ痩せたのですが、かなりの量の運動をしていたのでこのサプリは関係ないかと思い、定期購入をやめました。すると、全く体重が減らなくなり、増えることもちょくちょく出てきたので、もしかしたら、このサプリは効いていたのかもしれない、と思い、再度、定期購入申し込みました。また、数ヶ月様子を見たいと思います
出典:ダイエットカフェ

毎朝水でのんでます。錠剤は大きくないので、飲みやすいです。最初は特に変化はなかったですが、2か月以上継続して、お腹まわりがすこしすっきりしました。気づけば、ベルトの穴が1つ縮まりました。もう少し継続してみます
出典:ダイエットカフェ

お腹周りがすっきりした、効果が感じられたという口コミがありますが、やはり同時に運動やダイエットを一緒にしています。

興味深いのはシボヘールの効果ではないと思い飲むのをやめたら、減りが悪くなったという口コミです。

つまり脂肪を減らすには運動と食事管理が必要ですが、そこにシボヘールを飲むことでより安定した効果を出してくれていたということです。

このようにシボヘールは脂肪を減らすのを助ける働きなので、シボヘールだけを飲んで暴飲暴食をするのではなく、運動と食事を考えた生活習慣を摂るようにしましょう。

⇒公式サイトはこちら

副作用はあるの?

医者

シボヘールはいくら効果的だといっても、医薬品でも怪しげな痩せ薬でもないので副作用はありません。

もちろん何事も飲み過ぎは禁物で、飲む量が多いと効果が増すわけでないので1日4粒ほどを目安に飲んでいくようにしましょう。

過剰摂取をするとセルロースなどの添加物によって下痢や胃腸に負担をかけることがあります。

植物性の原材料を使っているので食物アレルギーがある人は原材料をチェックしておきましょう。

念のため他の薬と併用するときや妊娠中、授乳中、通院中の方は医師に相談してから飲むことをおすすめします。

⇒公式サイトはこちら

定期購入の解約法まとめ

シボヘールを購入するときは公式サイトより定期便にすると初回980円、2回目以降ずっと2808円になるのでとてもお得です。

縛りがなく変更・解約がいつでもできるのでシボヘールが合わないと思えば解約できますし、飲むペースが遅くてたまってしまいそうになったら1~3ヶ月の間でお届け間隔を変更することができます。

解約するときにはお届け日の10日前に電話やメールをするだけでOKです。

それだけで通常価格よりも安く購入できるのなら定期コースを使わない手はありません。

⇒公式サイトはこちら

<おすすめ関連記事>

シボヘールは効果なし?葛の花イソフラボンの効果・口コミを徹底検証

Amazonや楽天などの通販でシボヘールを購入してはいけない理由とは?

シボヘールは痩せないって本当?シボヘールの副作用・口コミ・効果は?

男性におすすめのダイエットサプリランキングTOP10【2018年版】

市販の本当に痩せるダイエットサプリランキング【2018最新版】

『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。