【2018年版】市販の加齢臭に効く柔軟剤TOP3!正しい使い方も伝授!

加齢臭が普通の洗濯では落ちない理由

加齢臭 柔軟剤

加齢臭の原因となる「ノネナール」は脂肪酸と過酸化脂質が酸化したもので「古くなった油」と似た成分になります。

普通の洗濯では油汚れを落とすのは非常に難しく、加齢臭がついてしまった洗濯物で悩んでいる家庭では、頭を抱える問題だと思います。

そんな頑固な加齢臭を洗濯で落とすためには加齢臭対策に特化した柔軟剤を使用することが簡単かつ安価に抑えられるのでおすすめです。

この記事では、加齢臭対策に特化した柔軟剤と、正しい洗濯の仕方を紹介していきます。

おすすめ柔軟剤TOP3選!

では次にオススメの柔軟剤を3つ紹介していきます。

おすすめ柔軟剤①:レノア本格消臭

レノア 柔軟剤
内容量:550ml
Amazon販売価格:385円
Amazon販売サイトはこちら

商品特徴

従来の柔軟剤は、臭いをより強い香りが覆い隠すマスキングという手法で加齢臭を対策するものがほとんどでした。

それに対してレノア本格消臭は、臭いの原因と化学変化を起こすことで臭いを中和するという仕組みになっており、衣服の根本的な加齢臭対策ができる柔軟剤です。

フレッシュグリーン、リラックスアロマ、フルーティーソープなど香りの選択肢が多いこと、スポーツでかいた汗の臭いを対策できるレノア本格消臭スポーツもあるなど、好みに合わせて選べるところも魅力です。


おすすめ柔軟剤②:レノア 本格消臭 衣類の消臭専用 デオドラントビーズ

レノア 本格消臭 衣類の消臭専用 デオドラントビーズ クールリフレッシュ
内容量:520ml
Amazon販売価格:698円
Amazon販売サイトはこちら

商品特徴

柔軟剤ではないのですが同時に使用するとより効果を発揮できる衣服の消臭に特化した商品です。

レノア本格消臭と同じく臭い分子と反応して無臭成分へと中和する効果が期待できます。

加齢臭の他にも靴下の臭いなど気になる悪臭をしっかり消臭できるので、レノア本格消臭とレノアプラス デオドラントビーズを組み合わせて使えば臭いを一気に対策できてしまいます。


おすすめ柔軟剤③:ソフラン フローラルアロマの香り

ソフラン 柔軟剤
内容量:650ml
Amazon販売価格:770円
Amazon販売サイトはこちら

商品特徴

衣類の奥までしみ込んだ臭い成分もナノ消臭成分が取り除き、洗濯後は消臭ハーブカプセルが時間差ではじけることで、消臭効果や香りを長続きさせてくれるという柔軟剤です。

加齢臭を撃退する洗濯方法

加齢臭対策ができる柔軟剤を使用することはもちろん大切ですが、衣服に染み付いた加齢臭を洗濯で落とすためには少しだけ注意点があります。

加齢臭の原因であるノネナールは油汚れなので、低温の水より温かい水の方が落ちやすいです。

ただしあまりにも熱いお湯を使用すると衣服にもダメージを与えてしまいます。

具体的な温度設定ですが、皮脂は40度前後でお湯に溶けると言われており、実際に40度前後のお湯は非常に洗浄力が高いということが分かっています。

ノネナールの沸点は55度から60度ほどなので、それくらい熱々のお湯で洗濯することでキレイに加齢臭を撃退することはできると言えますが、衣類を傷めてしまうので実際の洗濯では40度前後のお湯で洗濯をするのが良いでしょう。

おすすめの洗剤はこちら

柔軟剤を3つ紹介しましたが、洗濯洗剤にも体臭対策用の洗剤がありますので紹介します。

アリエール 洗濯洗剤 液体 イオンパワージェル サイエンスプラス 

アリエール 洗濯洗剤 液体 イオンパワージェル サイエンスプラス
内容量:1,000ml
Amazon販売価格:1,150円
Amazon販売サイトはこちら

商品特徴

加齢臭対策の柔軟剤と一緒に使う洗剤は、抗菌力の高いものを使用するのがおすすめです。

いくらノネナールの臭いを対策しても、雑菌によって嫌なニオイがしてしまったら意味がありません。

抗菌力の高い洗剤でおすすめなのは、アリエール イオンパワージェルです。

脂を分解して臭いを発生させる菌を抑えるだけでなく、生乾きのときに嫌な臭いを発生させる原因菌まで消臭できる優秀な洗剤となっています。

嫌な臭いを発生させる細菌は洗剤で対策し、加齢臭の原因物質は柔軟剤で対策すればもう完璧です!洗剤と柔軟剤で隙のない臭い対策をしましょう!

【おすすめ記事】加齢臭対策用の洗剤について詳しく知りたい方はこちら↓↓

そもそも加齢臭ってなに?

加齢臭 断面図 ノネナール

加齢臭の原因は「皮脂腺の中のパルミトレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質という物質が結びつくことによって発生するノネナール」という物質が原因です。

なぜ加齢臭と呼ばれているのかというとパルミトレイン酸と過酸化脂質は年齢を重ねるごとに分泌が増える物質で、多くの人は40代〜50代で加齢臭がするようになります。

しかし現代では「食の欧米化」が進み脂質が多い食事を幼い頃から摂り続けているため、20代、30代でも加齢臭になるという「若年性加齢臭」の人が増加しています。

加齢臭の原因

加齢臭の原因にはさまざまな要因があります。

洗濯物についた加齢臭は柔軟剤で落とすことができますが、加齢臭そのものをなくすことは容易ではありませんので、下記の原因に当てはまるようであれば改善していきましょう。

原因①:脂質の多い食事

唐揚げ 脂質 

加齢臭の原因は脂肪酸や過酸化脂質といった脂質なので、揚げ物を多く摂取している人は脂肪酸や過酸化脂質の分泌が多くなるため加齢臭の原因となります。

原因②:ストレスの多い生活

ストレスのかかる生活をしている方は「活性酸素」の分泌が増加します。

活性酸素が体に増えると体内の成分の分解、結合により過酸化脂質が増加するため、加齢臭の原因となってしまします。

原因③:中性脂肪が多い

太い男性

中性脂肪が多い方(太っている方)は高脂血症の可能性が高く、血液中のコレステロールが多いということは血液が脂質を人よりも多く含んでいる状態を指しますので、その血液は全身を巡ることで加齢臭の原因となります。

加齢臭を放っておいてはいけない理由

NG ダメ

上記でも述べたように加齢臭の原因は食生活や日常生活に大きく影響を受けます。

「私は太っていないから大丈夫」「同じ年代の人もみんな同じニオイするでしょ」と安易に考えていると糖尿病や高血圧症、心疾患などに繋がる可能性もあります

加齢臭は体からのSOSのサインかもしれませんので。見逃さずに向き合うようにしましょう。

これから下記で解説するような対策をいくら行っても「ニオイが全く解消されない」「むしろどんどん酷くなる」といったような場合には1度病院に相談してみることをおすすめします。

加齢臭の対策

ここでは普段の生活で手軽に行える加齢臭の対策を解説していきます。

対策①:野菜を中心としたバランスの良い食事を心がける

野菜 食事

食生活と加齢臭は密接に関係しています。

高脂質な食事、動物性タンパク質が多い食事は避けて野菜を中心としたバランスの良い食事をすることによって、加齢臭の対策になることはもちろん、生活習慣病の予防にも繋がります。

対策②:軽く汗をかく運動を定期的に行う

ランニング男

軽く汗をかくような有酸素運動を週2回くらい行うと体の中の老廃物を排出できるので、体臭対策におすすめです。

運動が得意でないという方はジョギングでも良いので1日30分程度行うところからスタートしてみましょう。

対策③:毎日のお風呂で対策できるボディソープ

ボディソープ 加齢臭 体臭

食生活を変えたとしても、すぐに加齢臭がなくなるかといえば、そんなことはありません。

ある程度の即効性を求めるのであれば体臭対策用のボディソープがおすすめです。

体臭対策に特化したボディソープには効果のある「消臭成分」「殺菌成分」が配合されており、個人差はありますが毎日使い続けることによって大きく体臭を改善することも可能です。

【参考記事】加齢臭対策用のボディソープを紹介した記事はこちら↓↓

対策④:サプリメントで体内から加齢臭をケア

メンズデオ8400 サプリ
メンズデオ8400公式サイトはこちら

加齢臭の原因は体内(主に腸内)に多くあり、普段の食生活が大きく関係しております。

体臭対策用のサプリメントを摂取することで、体内から加齢臭をケアすることができます。

運動やボディソープの使用などと組み合わせることで、より効果的な加齢臭対策ができます。

加齢臭対策用のサプリでは「メンズデオ 8400」という商品がおすすめです。

腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らしてくれるマッシュルームから抽出した「シャンピニオンエキス」や消臭効果のある「柿タンニン」「茶カテキン」を配合しており体内から加齢臭をケアしてくれます。

【参考記事】メンズデオ8400の有効成分や口コミの紹介記事はこちら↓↓

まとめ

加齢臭対策用の柔軟剤の紹介と加齢臭の原因と対策について解説してきました。

体臭の悩みは生きていく上で非常に大きな悩みです。

体臭で悩みこんでしまうのも問題ですが、しっかりとできる範囲の体臭ケアをすることも大人のエチケットであるといえますので、今回紹介した内容を参考に加齢臭対策を行ってみてください。


【おすすめ記事】加齢臭の原因について詳しく知りたい方はこちら↓↓

【おすすめ記事】加齢臭対策に効果的な「デオシーク」について知りたい方はこちら↓↓