安い順おすすめ育毛剤ランキングベスト5!コスパのいい育毛剤の選び方

コスパのいい育毛剤が知りたい…

hair tonic育毛剤

育毛剤は安価でよいものを選びたいものです。確かに毎日使用するものですので価格が安くて大容量かつ高い効果が期待できるものを選ぶことは大切です。しかし中には粗悪なものもあるので、しっかりとした購入基準を持つことは重要になります。

最近は育毛剤の種類も多くなっているので、選ぶのも一苦労です。

この記事ではコスパが良く、本当に効果が期待できる育毛剤を紹介します。

育毛剤の選び方

hair tonic育毛剤

育毛剤を選ぶ時のポイントは、3つあります。それぞれ詳しく解説します。

価格と容量

育毛剤は毎日利用するものなのでできるだけ価格が安く、量が多いものを使いたいものです。市販されている育毛剤は価格が安いものから高いものまで様々存在します。

初めて育毛剤に触れたときは「こんなに少ないのに結構するなあ」という感想を抱く方も多くいらっしゃいます。育毛剤は短期間で効果が出るものではないので、長期間使用することが前提としてあります。そのため大容量で低価格なものを選ぶことが大切です。

また、毎月1回育毛剤が届く定期コースに申し込むと、割引価格で定期購入できるようなキャンペーンを行っているメーカーもあります。継続的に使用するものだからこそ、買い忘れの心配もなくお得に購入できる商品を選ぶのもおすすめです。

自分の症状にあった育毛剤を選ぶ

育毛剤は、大きく分けると医薬品部外品と医薬品に分けられています。医薬品の方は発毛剤とも呼ばれ効果が高い反面、副作用などの影響が懸念されています。特にミノキシジルという成分は発毛効果が認められており効果が見込めるのですが、頭皮の湿疹やかさぶたなどの副作用があるといわれています。そのため発毛効果が高いものをむやみに選ぶのではなく、自分の症状にあっている育毛剤を選ぶこともおすすめです。

安全性や返金保証

上述したように発毛剤は効果が高いものを使用している反面、刺激が強すぎる成分も配合されています。育毛剤といえど中に入っている化学成分に反応する体質の方もいるので、特に安全性には十分配慮したい点です。現在は昔のように粗悪な成分が入っているものは少ないですが、それでも価格だけを参考にして購入することはおすすめしません。一番参考になるのは実際に使用した人の感想なので、口コミは注意してみておくとよいでしょう。

また、育毛剤のなかには、「効果に満足できなければ返金保証」というキャンペーンを行っているメーカーもあるので、初めて育毛剤を使用する方などは、返金保証のついている製品を選ぶようにしましょう。返金保証はメーカーの自信の現れでもあるので、その点でも安心できます。

[安い順]おすすめの育毛剤ランキング5選

ここでは、おすすめの育毛剤を安い順にランキング形式でご紹介します。

①IQOS(イクオス)

イクオスiquos

⇒公式サイトはこちら

価格:5,980円
容量:120ml

2017年、2018年のモンドセレクション金賞を受賞している育毛剤です・お客様満足度は驚異の97.5%で、薄毛に悩む多くの方から反響が大きくなっています。

定期購入すると定価の65%割引を受けられるので、比較的安価で育毛剤を購入することができます。45日間の返金保証付きなので、お試し育毛剤としてもおすすめです。


②POLYPURE EX(ポリピュア)

ポリピュアEX POLYPURE

⇒公式サイトはこちら

価格:6,800円
容量:50ml

育毛剤として有名なポリピュアEXをさらに進化させた育毛剤です。「医薬と薬学」という伝統的な科学雑誌にも掲載され、楽天販売ランキングでも続々受賞を果たすほど信頼性の高い商品です。

初回のみ45日間返金保証を付けているのでお試しとしても利用できます。定期コースなら6000円代の安価な価格で購入することもできます。


③Plantel(プランテル)

薬用プランテルplantel

⇒公式サイトはこちら

価格:6,980円
容量:150ml/ 約50日分

男性型脱毛症の代表的な部位であるM字部分の発毛に特化した育毛剤です。2015年モンドセレクション受賞、楽天リアルタイムランキング2回連続1位という実績は伊達ではなく、前頭部の薄毛に絶大な効果が期待できます。

M字後退のメカニズムを科学的に解析し、原因物質となるものに焦点をあてることで、論理的にヘアサイクルの悪化を和らげる方法をとっています。もちろん返金保証付きです。


④CHUP UP(チャップアップ)

CHAP UP LOTIONチャップアップローション

⇒公式サイトはこちら

価格:7,400円
容量:120ml

「顧客満足度」「おすすめ育毛剤」「もっとも期待できる育毛剤」の三冠を受賞した育毛ローションです。頭皮に刺激を与える添加物を一切配合していない無添加医薬部外品なので、肌が敏感な方でも安心して利用できる商品です。

育毛効果に絶対の自信をもっているので、初回購入分に限り返金保証をつけています。育毛剤初心者のお試し用品としてもおすすめできるものです。


⑤FINJIA(フィンジア)

FINJIAフィンジア

⇒公式サイトはこちら

価格:9,980円
容量:50ml/約1ヶ月分

頭皮は年齢とともに固くなります。フィンジアは、カプサイシンを配合することによって、頭皮を柔らかくします。頭皮が柔らかくなることで成分が頭皮の奥まで浸透するようになります。

フィンジアは、ふたつのスカルプ成分が配合されています。

  • キャピシル5%
  • ピディオキシジル2%

「頭皮の柔軟化」というのはフィンジア独自のプロセスなので、ほかの育毛剤とは違ったアプローチがお試しいただけます。

全額返金保証もついているので安心です。

育毛剤の効果を高めるための正しい使い方

hair tonic man育毛剤

効果が期待できる育毛剤を購入しても、使用方法が間違っていれば効果は半減してしまいます。ここでは、効果を高める正しい育毛剤の使い方をご紹介します。

使用箇所に分け目をつける

髪の毛は頭皮の毛穴にある細胞から生えているので、薄毛を改善させるならその細胞に働きかけなくてはなりません。そのため育毛剤は頭皮に直接使用しなければなりません。効率的に塗布するなら使用する箇所に分け目を作って、地肌を露出させることが効果的です。

分け目に沿って育毛剤を塗布する

分け目がうまく作られていると頭皮が露出していると思いますので、育毛剤を直接塗布していきます。分け目にそって塗布していくと頭全体に効率よく塗布していくことができます。塗るタイプのものは塗布後は軽くたたいてなじませ、スプレータイプのものはそのまま分け目に沿うようにスプレーをかけていくとよいでしょう。

塗布後は触らない

育毛剤は塗布後すぐには頭皮の細胞に浸透しませんので、利用後は自然乾燥させる必要があります。ドライヤーで乾かすと成分が揮発してしまいますので、育毛の効果が半減します。手で揉みこんで浸透させようとすると、指で育毛成分をぬぐい取ってしまうので注意してください。

育毛剤に副作用はあるの?

育毛剤には医薬部外品と医薬品という分類がされています。医薬品は効果の高いミノキシジルなどを利用するため育毛効果が高いのが特徴ですが、その分刺激が強すぎるというデメリットもあります。一方で、医薬部外品は基本的に植物由来の成分を利用することから、効果が低いかわりに人体への負担が小さいといわれています。そのため利用する人の体質によりますが、育毛剤には副作用がでるものもあるといえます。

ミノキシジルなどの医薬品を試してみたいという方は、AGAクリニックなどで医師の検診を受けて処方してもらうようにしましょう。

▽おすすめAGAクリニックはこちら▽

効果が感じられない原因は?

これまで、育毛剤を使用してきたけどイマイチ効果を感じないという方は、もしかしたら育毛剤以外に原因があるかもしれません。

育毛剤の効果を感じられない原因を3つご紹介します。

使用期間が短い

髪の毛が生えかわる期間が長いことからわかるように、育毛剤をつけたからといってすぐに効果が出るものではありません。効果の出る期間は人によって数週間~1年と幅広く、体質や生活習慣によるものも大きいのが現実です。しかし数日で効果を得るのはほぼ不可能なので、使用期間が短すぎるにも関わらず効果がでないというのは間違っています。有名な育毛剤メーカが返金保証を付けていることから考えても、一か月程度の継続利用を推奨しています。

成分があっていない

育毛剤の成分は各メーカーによって様々です。M字部分に特化したり、ヘアサイクルの正常化を重視することなどにより、育毛成分が違ってくるのが普通です。たとえ同じ成分を配合していてもメーカーによって量が違っていることも多くありますので、効果があるかは実際に使用してみなければわかりません。数か月に及ぶ継続利用を経ても、抜け毛の本数に変化が現れない場合は配合成分があっていない可能性が高いです。

使い方が間違っている

育毛剤は正しく利用しなければ効果が望めません。頭皮に直接塗布することが大切ですが、髪の毛部分にしか付着していないと効果はゼロです。自然乾燥させずにドライヤーで乾かしてしまうと、成分が揮発するので効果がでる時間も2倍・3倍になってしまうことになります。育毛剤を利用するときは用法容量守って、適切な塗布をすることが大切です。

育毛剤以外の薄毛対策5選

育毛剤に頼る以外にも薄毛対策の方法はあります。ここでは、薄毛の対策方法を5つご紹介します。

食生活

健康的な食事 野菜

薄毛には様々な要因がありますが、食生活も大きく関係しています。食生活が乱れると肌や爪が劣化していくように、髪の毛も老化して抜けやすくなってしまいます。食事は体内のエネルギー循環に大きく関係することなので、薄毛のみならず体全体の健康にも関連する重大なことです。そのため髪の毛を創っているタンパク質や、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を、食事で十分摂取することが大切です。特に頭皮は体の末端に位置しているので、健康な血液をつくる食事は重要です。

睡眠

睡眠

睡眠不足になると頭がボーとしたりして、生産性が著しく落ちますが、髪の毛にも悪影響を与えます。睡眠というのは一日で受けた体のダメージを回復する重要な時間です。そのため睡眠不足におちいると、頭皮の細胞のダメージを回復できずに薄毛になってしまうことがあります。また、睡眠は成長ホルモンを分泌する時間なので、睡眠が不足すると髪の毛の成長も阻害されます。血管が収縮して血行がわるくなるので、睡眠はしっかりととっておきましょう。

酒タバコを控える

禁煙

タバコが体に悪いということは一般的に言われていますが、酒も体にダメージを与えます。よく居酒屋などでタバコと酒をセットで嗜む方もみられますが、髪の毛にはとても悪影響を与えています。

大学の研究によるとタバコを吸うと薄毛の原因物質である、DHTが多く産生されることが知られています。AGAの原因物質呼ばれるDHTが喫煙しないときと比べて13%多くなるというのですから、ぜひとも避けていきたい生活習慣です。

ストレス

ストレッチをする男性

現代社会では避けることができないストレスも髪の毛に悪影響を及ぼします。ストレスを過剰に受けすぎると自律神経に不具合が生じ、体の各種重要な機能が十分に働かなくなります。そうすると体の活性酸素が多くなり毒素がたまっていきます。

活性酸素を中和するには髪の毛の材料である亜鉛が多く消費されるので、薄毛につながるというメカニズムです。亜鉛がないとDHTを抑制する物質を作ることができなくなります。

頭皮マッサージ

ヘッドマッサージ

薄毛にはツボ押しマッサージも効果があるといわれています。古来よりツボ押しは東洋医学の考えを示したもので、気や血の巡りが悪い箇所をほぐすことで、健康になろうというものです。

ツボ押しは血行をよくするマッサージなので、栄養が生き割っていない細胞にも効果があるといわれています。特に頭皮のツボを重点的にマッサージするものは、薄毛改善にたいへん効果があるとして知られています。

まとめ

薄毛を改善するオススメの育毛剤を紹介しました。育毛剤は医薬部外品と医薬品に分類されており、それぞれで効果や副作用のリスクの大きさが違います。自分の状況に応じて使い分けることが大切です。市販の育毛剤を購入するときは価格の安さだけを重視するのではなく、口コミなどの実際に利用した人の感想も参考にしてください。返金保証がついているものは信頼できますので、お試しに利用してみるのもよいでしょう。育毛剤は利用法を間違うと効果がでませんので、正しく塗布することが大切です。また、薄毛を改善するのは育毛剤だけではありません。薄毛になる原因をつきとめて生活習慣から変えていくほうが長期的にみてもメリットが大きいです。