体臭を予防・改善する成分は?有効成分とおすすめのサプリメント

世代にかかわらず気になってしまう体臭。体臭には様々な原因があります。もっとも効果的に体臭を改善するには、まずその原因成分を知って、それに合わせた対策をする必要があります。体臭の原因成分を分類し、それに合わせた対策グッズを紹介します。


体臭は1つではない

皆さん、体臭って気になりますよね。

体臭という言葉を聞くと、加齢臭やワキガなどを想像する人が多いでしょう。

しかし、実は体臭にはいろいろな種類があります。

臭いのする場所が違ったり、原因が違ったり。

このように一言で体臭といっても、様々な種類があり、それぞれ対処法が異なります。

では、どのような体臭にどのような対処をすればよいのでしょうか。

今回はそれぞれの体臭に原因を解説し、それぞれに合った対策グッズを紹介していきます。

男性

まず体臭について詳しくなりましょう

体臭の種類別のニオイ成分

 

まずはそれぞれの臭いの成分について詳しくなりましょう。

臭う場所が違えば、成分も違ってきます。

それぞれの成分を把握することができれば、より適切な対処が可能になりますね。

 

わきの臭い

まずは、体臭の話になると一番に出てくるわきの臭いです。

ワキガとも呼ばれており、多くの人が悩んでいる体臭の一つです。

しかし、日本ではワキガ体質の人の割合は世界的にいるとかなり少ないのです。

一般的にワキガ体質の人の割合は、白色人種の人が70~90%、黒色人種の人が100%と言われています。

それに対して日本人のワキガ体質は10%と言われています。

非常に少ない割合ですね。

しかし、このように希少ゆえにわきの臭いが目立ってしまい、ストレスを感じてしまう人がいるようです。

このわきの臭いは汗を出す汗腺が影響しています。

汗を出す働きをしている汗腺は二種類あり、エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれています。

前者のエクリン腺に関しては主に体温調節のためにあり、水分が99%を占めているため、臭いはほとんどありません。

しかし後者のアポクリン腺は違います。

このアポクリン腺から発せられる汗には、タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分が含まれていると言われており、これらの成分が分解されることによって、ワキガと呼ばれる臭いが発生するのです。

またわきの下は、わき毛や閉鎖感の影響で湿度が高まりやすいですよね。

そうすると自然と汗がたまってしまい、菌が増殖して臭いがより強くなってしまうこともあります。

 

足の臭い

続いて足の臭いです。

この臭いに関しては比較的気づきやすいのではないでしょうか。

外出から帰ったり、運動した後やふとした時に靴を脱ぐと、嫌な臭いが漂ってきますよね。

足の裏の臭いの特徴は、分かっているけど治せない、といったところでしょう。

もはや当たり前といっても過言ではない足の裏の臭いですが、もちろん原因はあります。

足の臭いの原因は皮膚常在菌と呼ばれる菌です。

しかし、この菌自体が悪いわけではありません。

この皮膚常在菌は本来、外からの悪性の細菌から守ってくれる働きをしてくれます。

古い皮脂や角質をもとにして弱酸性の脂肪酸を生成することによって、皮膚の表面を酸性にして外部の悪性の細菌から皮膚を守ります。

では、なぜこの菌が悪影響を及ぼしているのでしょうか。

足の裏もわき下と同様に靴や靴下の影響で蒸れやすいですよね。

菌が繁殖するのに最適な環境として温度15度以上湿度70%以上という情報があります。

つまり菌の繁殖に際して足の裏はとても優れているのです。

これにより皮膚常在菌が繁殖しすぎてしまいます。

皮膚常在菌は先述の通り皮脂や角質をもとにしていますから、繁殖しすぎることによって皮脂や角質が過剰に分解されてしまうため悪臭が発生してしまうのです。

 

頭皮の臭い

頭皮の臭い、と言われてもピンとこない人が多いかもしれません。

頭の臭いなんて嗅ぐ機会はなかなかないですもんね。

しかしそれが大きな落とし穴で、意外と頭皮が臭っていることがあるんです。

頭皮の臭いの原因としては大きく三つが挙げられます。

まずは、シャンプーの洗い残しです。

シャワーを浴びていて洗い残しなんてありえない、と思う方もいると思いますが、頭皮は毛穴が大きく数も多いので、汗や皮脂、フケといった老廃物や油性の整髪料が残りやすい部分なのです。

つまりかなり気を使わなければ、なかなかきれいな洗い流すことはできません。

続いて、間違ったシャンプーの使い方が原因となっている場合です。

臭いやべたつきが気になってついつい力を入れすぎてしまったり、洗浄力の強いシャンプーを使ったりすることによって、皮脂が過剰に分泌するようになり、それが原因で雑菌が繁殖し、臭いの原因になってしまいます。

また、皮脂の減少に伴って頭皮が乾燥してしまい、皮脂の過剰分泌によってべたつきの原因になってしまう場合もあるので注意が必要です。

最後に、濡れたままの髪で寝てしまうケースです。

何度も言っているように菌の繁殖は湿度と密接な関係にあります。

頭皮の湿度が必要以上に高いと雑菌などが繁殖しやすいため、頭皮の臭いの原因となってしまいます。

加齢臭

体臭と聞いてドキッとした人は、この加齢臭が気になるのではないでしょうか。

体臭の中でもこの加齢臭はよく耳にしますが、どのような体臭なのでしょうか。

まずはこちらをご覧ください。

この体臭成分は青臭さと脂臭さを併せ持つ。加齢臭は男性のみの症状との誤解も多いが、元々は臭いや体臭に敏感な女性向け商品開発の研究のために発見された物質の一つである。男性は主に40歳代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られる。加齢とともに増加しノネナール発生の原因となる物質の一つは、ヘキサデセン酸である。ヘキサデセン酸には臭いはないが、分解されるとノネナールを生成するため、分解したヘキサデセン酸は、蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いがする

出典:ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E9%BD%A2%E8%87%AD

このように男女ともに傾向がみられるもので、ノネナールという成分が原因とされています。

このノネナールの臭いは脂っぽくツンとする、まるで腐ったチーズのような臭いです。

ノネナールは、皮脂の中にある脂肪酸と過酸化皮質が酸化することによって作られたり、本来は滅菌効果がある活性酸素が増えすぎることによって作られます。

このノネナールは年齢とともに増えていくので、加齢臭の大きな原因となっているのです。

 

疲労

ここで以外な臭いの原因をご紹介します。

それは疲労です。

疲労が臭いの原因になるなんてあまり聞いたことないですよね。

疲労臭の原因である成分はアンモニアと言われています。

アンモニアは体内でたんぱく質が分解されたときにできる成分です。

疲労により肝臓のはたらきが弱まると、体内でアンモニアを分解する能力が低下します。

すると、肝臓で分解されなかった体内のアンモニアが血液に乗って全身に循環し、皮膚の毛穴から出る汗や皮脂に含まれてしまいます。

これがアンモニアが体臭の原因となる理由です。

体臭のニオイに効果的な成分とは?

原因が分かったところで、それらに有効な成分をご紹介します。

わき

わきの臭いにはイソプロピルやエタノールが有効です。

これらが含まれているでデオドランドなどを使えば効果的でしょう。

 

足の裏

足の裏の臭いには柿渋や炭、緑茶やウーロン茶に含まれているカテキンが効果的と言われています。

カテキンは飲食料からでも摂取できますね。

頭皮

頭皮の臭いに効果的な成分は主に天然成分です。

ローズマリー葉エキスやラベンダー花エキスなどが代表的なようです。

加齢臭

加齢臭に効果的な成分として、サリチル酸ナトリウムが挙げられます。

この成分が入ったでデオドランドを使用すれば、加齢臭に効果的に作用します。

 

疲労

疲労臭の原因は肝臓などの臓器の弱りが原因です。

肝臓を癒す成分として特に効果的とされる成分はタウリンです。

タウリンは牡蠣などの貝類やいかやたこ、魚介類に多く含まれている成分です。

積極的に摂取しましょう。

⇒体臭対策グッズの比較はこちらをクリック

有効な成分が入ったおすすめのサプリメント

ではここで体臭に効果的なサプリメントをご紹介します。

薬用柿渋石鹸

【薬用柿渋石鹸】

体臭対策をしている人なら一度は使ったことがある柿渋石鹸。

安心安全の自然由来の成分で、体臭の原因菌を殺菌・抑制します。

⇒公式はこちらをクリック

 

 

柿渋石鹸は優れた洗浄力がある柿タンニン、汚れをスピーディに流す茶カテキン、豊富な泡で優しく包むユーカリエキスなど、体臭や臭いを落とす豊富な成分が含まれています。

以下口コミになります。

 爽やかなシトラスの香りが夏にピッタリで、癒されます。

汗をかいた身体を、柿渋せっけんのクリーミーな泡立ちが優しくスッキリ洗い上げます。

固形せっけんは体質に合わないと夏場は獣臭がするなどといった書き込みをたまに見かけますが、これは身体の匂いを発する成分を抑え、汗臭くなる事を防いでくれるので、この時期オススメのせっけんです。

:出典元http://www.cosme.net/product/product_id/10004784/review/505594295

口コミもかなり良い評判ですね。

このように体臭に効果的な成分を含んだグッズは他にもたくさんあります。

下記サイトで体臭対策グッズをまとめました。ぜひご覧ください。

⇒他の対策グッズについて詳しく知りたい方はこちらをクリック

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料