【要注意!】脇毛に白い粉がついている人はワキガって本当?原因と対策

脇毛についている白い粉はワキガの証拠?

脇毛についた白い粉

気づいたら「脇毛に白い粉が付いていた」という方に、まずお伝えしときたいのが、脇毛に白い粉がついている=ワキガではないということです。

しかし、ワキガが一因となって脇毛に白い粉が付いている可能性もありますので、脇毛に白い粉がつく原因について解説していきたいと思います。

ワキガのメカニズムについて

ワキガ 原因 アポクリン腺

ワキガメカニズムを簡潔に言うと「アポクリン腺から出る汗に含まれている脂質やタンパク質を、脇にいる皮膚上の雑菌が分解すことによって発生するニオイ」です。

人間には「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2つの汗腺が存在しています。

エクリン腺から出る汗は99%が水分のため雑菌に分解されても、汗臭しか発生しません。

対してアポクリン腺から出る汗には食事などによって吸収した脂質やタンパク質などが含まれているため。この汗を皮膚上の雑菌が分解すると、汗臭とは異なるワキガ臭が発生するのです。

アポクリン腺は人によって生まれつき量が決まっており、アポクリン腺の量が多い、もしくは活性化している人はワキガになるのです

脇毛についた白い粉の原因

次に脇毛についている白い粉の原因について解説していきたいと思います。

原因①:アポクリン腺からの汗が結晶化したもの

この原因が当てはまる人は「ワキガの可能性が高い」です。

ワキガのメカニズムでも解説したように、アポクリン腺から出る汗には脂質やタンパク質といった老廃物が含まれています。

エクリン腺から出る汗は99%が水分ですので、汗をかいても蒸発するだけなのですが、アポクリン腺からの汗は水分が蒸発しても老廃物が残ってしまうので、それが白い粉として脇毛に付着しているように見えるのです。

これが原因として当てはまるのであれば、アポクリン腺の量が多い、そしくはアポクリン腺が活性化している可能性が高いため。ワキガである可能性も高くなります

原因②:制汗剤が原因でできたもの

制汗剤

制汗剤を日常的に使っている人は制汗剤が原因の可能性もあります。

考えられる理由は2つあります。

1つは制汗剤が肌にあっていないため皮膚炎を起こしてしまっていて、剥がれた角質層が脇毛に付着していると言う可能性。

もう一つは制汗剤をつけすぎて、制汗成分や香料が脇毛に残ってしまっているという可能性です。

原因③:真菌が一時的に繁殖してできたもの

真菌、つまりはカビの一種がワキ下で繁殖して白い粉になってしまう場合もあります。

真菌は特定の人にだけ生息するのでは無く、誰にでも生息してる菌です。

白い粉が付着+かゆみもあるなら、真菌が一時的に繁殖してできたものだと考えられます。

原因④:角質が剥がれ落ちたもの

人間の皮膚は、28日を周期として新しく生まれ変わっています(肌のターンオーバー)。

肌が生まれ変わる時に、古い皮膚は角質として剥がれ落ちるのですが、きれいに剥がれ落ちずに脇毛

に絡みつくと白い粉のようになって見えることがあります。

脇毛についた白い粉の対策

脇毛に付いた白い粉の原因がわかったところで対策についても解説していきたいと思います。

対策①:アポクリン腺が原因の対策

アポクリン腺からの汗が結晶化している場合は原因でも解説したようにワキガの可能性が高いです。

対策にはワキガ対策用のデオドラントクリームやボディソープを使用することで行えます。

下記で解説しているワキガ対策を参考にしてください
⇒「簡単にできるワキガ対策

対策②:制汗剤が原因の場合

肌に合わなくて皮膚炎を起こしているので、制汗剤の使用をやめてみましょう。

そもそもワキガの場合、香料が配合されている制汗スプレーは、ワキガのニオイと制汗剤の香りが混ざってしまい、ニオイが強くなってしまうため危険です

ニオイが気になる場合は下記で紹介しているデオドラントクリームが、無香料であり制汗効果も抜群なのでおすすめです。
⇒「ワキガ専用のデオドラントクリーム

対策③:真菌が原因の場合

真菌は石鹸のようなアルカリ性のものに弱いという性質があります。

石鹸で体を洗った後は、すすぎもしっかりと行うようにしてください。

また、それでも改善しない場合は皮膚科を受診し、抗真菌薬などの処方された薬で治療しましょう。

殺菌効果のあるワキガ対策にもおすすめのボディソープ・石鹸を下記の記事で紹介しています。

【参考記事】ワキガ対策におすすめのボディソープ・石鹸の紹介記事はこちら↓↓

対策④:角質が原因の場合

古い角質が原因だからといって、脇の部分をゴシゴシと力を入れて洗うのはNGです。

刺激が強すぎると脇が乾燥してしまい、皮脂の分泌が過剰になってしまうため、ニオイの原因となります。

お風呂に入って脇部分がふやけた時に、優しく洗い流してみてください。

ワキガの簡単セルフチェック

脇毛についた白い粉の原因がワキガか、そうじゃないかを見分けるために、ワキガの簡単セルフチェックをまとめました。

早速見ていきましょう。

耳垢が湿っているか

綿棒でワキガのセルフチェック

耳垢をチェックしてみてください。

しっとりと湿った耳垢だったら要注意です。

なぜなら、耳の中にはサラサラとした汗を出すエクリン腺は無く、ワキガの原因になるアポクリン腺しか存在しないからです

ワキガ体質の方は脇だけでなく、耳の中にもアポクリン腺が密集する傾向があります。そのため耳垢が湿っている方はワキガの可能性が高くなります。

衣服のワキ下が黄ばむことがあるか

白いインナーシャツやYシャツの脇部分が黄ばんでいるという人はワキガの可能性が高いです。

アポクリン腺から分泌される汗にはリポフスチンという色素が含まれています。

脇の部分に、はっきりとわかる黄ばみがある場合には注意が必要です。

親がワキガかどうか

ワキガの原因であるアポクリン腺の数は生まれつき決まっています。

そしてアポクリン腺の数は優性遺伝で両親の影響を大きく受けます

・片親がワキガで50%
・両親がワキガで80%

の可能性で自分もワキガになりますので、両親のどちらかがワキガの場合でも半分の確率ですので、注意が必要です。

簡単にできるワキガ対策

上記までの内容を確認してワキガの可能性があるという方は、簡単にできるワキガ対策から始めていきましょう。

生活習慣の見直し

ランニング

生活習慣を見直すことで、ワキガを軽減することができます。

ストレスをため込んでしまう

ストレスを受けると、ホルモンバランスが乱れてしまい、ワキガの原因になるアポクリン腺から汗の分泌が増えてしまいます。

「ニオイがしたらどうしよう…」と気にしすぎるのもストレスになるので、難しいかもしれませんが気にしすぎないようにしましょう。

タバコ、お酒を大量摂取している

タバコやお酒のニオイが血中に溶け込み、ニオイが悪化することがあります。

また、タバコのニコチンやお酒のアルコールが汗腺を刺激して、汗の分泌を促すことでもニオイが強くなります。

寝不足

寝不足になると、体じゅうからベタベタとした粘性のある皮脂が分泌されます。

このベタベタとした粘性のある皮脂は、皮膚上の雑菌が好むためワキガはもちろん全身からの体臭の原因となります。

運動不足

運動不足になると汗腺の働きが弱まるため、本来なら排出されるはずの老廃物が体内に溜まってしまいます。

その結果、いざ汗をかいた時に溜まっていた老廃物も一気に排出されるためニオイがキツくなってしまいます。

脇毛の手入れをしていない

脇毛があることで、汗の蒸発が遅くなり脇部分の湿度が高い状態になります。

その結果、皮膚上の雑菌が繁殖してしまうためワキガの原因となるのです。

男性の場合は抵抗があるかもしれませんが、思い切って脇毛を処理するとワキガの軽減になります。

食生活

近年、日本人にワキガの人が増えた原因は、食生活の欧米化だと言われています。

肉類や乳製品といった動物性たんぱく質や揚げ物などの脂質を多く摂取すると、体臭がキツくなります。

動物性たんぱく質もニオイの原因になりますが、ほかにも原因となる食品があるので挙げていきます。

併せてワキガに良い影響を及ぼす食べ物も紹介します。

ワキガに悪影響を及ぼす食べ物

  • ニオイの強いもの…ニンニクやニラ、玉ねぎなど
  • 刺激物…唐辛子、香辛料など
  • 油物…カップ麺やインスタント食品など
  • 塩分、糖分を多く含むもの…スナック菓子など

ワキガに良い影響がある食べ物

  • 梅干し…梅干しを食べたときに感じる酸っぱさ(クエン酸)には、臭いの原因になる乳酸を分解する効果があります。
  • 大豆製品(豆腐、味噌など)…大豆製品に含まれているイソフラボンには発汗抑制の効果があるので、臭いの軽減に期待ができます。
  • 緑黄色野菜(人参、南瓜など)…緑黄色野菜に含まれているビタミンCやビタミンE、βカロチンは、体臭の原因になる活性酸素を取り除くとされています。

ワキガ専用のデオドラントクリーム

デオシーク クリーム
デオシークの公式サイトはこちら

ワキガ対策にはデオドラントクリームの使用がおすすめです。

デオドラントクリームのメリットとしては「効果の即効性」「効果の持続性」「高い制汗効果」の3点が挙げられます。

数あるデオドラントクリームの中でも医薬部外品に認定されている「デオシーク」がおすすめです。

デオシークは医薬部外品に認定されている殺菌成分の「イソプロメチルフェノール 」と「グリチルリチン酸ジカリウム」をダブルで配合しており、高い殺菌効果と肌への刺激が少ないことが認められています。

また制汗成分には「フェノールスルホン酸亜鉛」は毛穴を収縮させる「収れん効果」により汗の排出を抑えてくれます。

市販の制汗剤に含まれる成分には毛穴にフタをすることによって汗を抑えるという商品があり、制汗効果は高いのですが老廃物を体内に溜め込んでしまうため、あまりおすすめはできません。

またワキガの強いニオイを抑えるために茶カテキンの25倍の消臭効果を持つと言われている「柿タンニン」を配合しており、ワキガの強いニオイに対しても高い消臭効果が期待できます。

デオシークは「無添加・無香料」で作られており敏感肌の人でも、違和感なく使用していただけると思います。

メーカーも商品に対して自信があるため「永年返金保証」を設けており、「肌に合わない」「効果を感じられない」と言う場合には、いつでも返金に応じてもらうことができますので、リスクなく購入できる点も大きなメリットです

⇒男性用公式サイトはこちら

⇒女性用公式サイトはこちら

【参考記事】デオシークの有効成分や口コミを詳しく解説した記事はこちら↓↓


ワキガ対策用ボディソープ

今回解説した白い粉の原因に対して、全てに効果がある対策にボディソープが挙げられます。

ワキガ対策用のボディソープには殺菌効果がありますので真菌の殺菌にも効果的です。

ワキガ対策用のボディソープを選ぶ際のポイントは「殺菌力」「保湿力」「肌への安全性」の3点です。

殺菌成分では「イソプロメチルフェノール 」や「グリチルリチン酸ジカリウム」などの医薬部外品に認定を受けている殺菌成分が高い殺菌効果と低い肌への刺激で、安全かつ効果的です。

体を洗うと必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥してしまいます。

乾燥を防ぐためにも保湿成分の配合されているボディソープを選ぶようにしましょう。

代表的な保湿成分には「トレハロース」や「ヒアルロン酸」「セラミド」などが挙げられ、どの成分も肌の水分保持能力を高める効果があり、肌に潤いとハリを与えてくれます。

また毎日使うボディソープだからこそ、肌に優しい成分が配合されているものを選びましょう。

防腐剤や着色料、ハラペンなどといった添加物は肌への刺激が強いため「無添加」のボディソープが肌には優しくおすすめです。

【参考記事】ワキガ対策用のボディソープ・石鹸の紹介記事はこちら↓↓

まとめ

脇毛に付いている白い粉の原因と対策について解説してきました。

白い粉はワキガの可能性もありますので、自分のワキガの原因はどこにあるのかを明確にして、正しい対策を行なっていくようにしましょう。


【おすすめ記事】薬局で購入できるワキガ対策グッズの紹介記事はこちら↓↓

【おすすめ記事】男性向けのワキガ対策について解説した記事はこちら↓↓