ワキガは自分で気付かないの?簡単に出来るセルフチェック!

ワキガの匂いって本当に嫌ですよね。どうして自分で気付かないんだろうって思ったことありませんか?実はワキガの匂いは自分で気付かないんです!そういうあなたも自分で気付かないだけで、実はワキガかもしれませんよ。これを読んで、まずはチェックしてみましょう!


ワキガは自分で気付かない

特に電車や人混みなど、人と距離が近くなったときにやたら臭いが気になる人っていますよね。

思わず振り返ってしまいたくなるようなワキガの臭い……

「どうしてあんな臭いを撒き散らして平気な顔をしているんだ!?」

と思ってしまうくらい臭ってくることも、そう珍しくはありません。

でもこれ、必ずしも本人が気にしていないというわけではなく「自分で気付かない」んです。

自分で気付かないので、もちろん対策をしようという思考になっていないのですね。

どうしてこういう状況が起こってしまうのか、臭いのメカニズムについて詳しくお話していきます。

匂いを気にしている男性

思わず鼻をつまむような臭い…どうして?

自分で気付かない人は多い

「何で自分で気付かないの、それとも気付いて無視してるの!?」

「すれ違うだけでも臭うのに、どうして放っておいているんだ!?」

という人は多いですが、単純に「自分が気付かない」というパターンが一番多いのが現実です。

人間は、そもそも生きているだけで身体の臭い……体臭がないという人は存在しません。

「自分は気になるほどの体臭はしてない」

と思っている場合でも、全く臭いがないということは絶対にないんですね。

自覚している体臭と実際の体臭に大きく差があることももちろんあります。

どうして、自分で気付かないの?

ではどうして、そんなに強い臭いを発しているのに「自分で気付かない」なんてことになるのでしょうか。

答えは「人間の嗅覚のシステム」のひとつで、人間の嗅覚は臭いにすぐ慣れてしまう性質があります。

例えばペットのいる友人の家に行ったとき、ペットの臭いが気になった……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときももちろん、その家の人は臭いなんて全く気にしていない様子ですよね。

こういう場合、ペットを飼っている本人はその臭いに完全に慣れてしまって気づいていない……「自分で気付かない」状態なのです。

ペットの匂い

ペットの臭い、飼い主は気にしませんよね。

こういった状態を「嗅覚の疲労」といい、慣れてしまうと強烈な臭いでもなかなか自覚することが出来ません。

街中で出会う強烈なワキガの人は、こういった状態であることが多いんですね。

自分で気付かないので対策をしていないだけであって、嗅覚の疲労によって無臭と感じ取るようになってしまっているので、自己判断だけで「自分はワキガじゃない」と思うのは危険なんです。

嗅覚の疲労って?

嗅覚の疲労は、そのまま「特定の臭いに慣れる」とも言えます。

決して強くイヤな臭いだけに起こるものではなく、例えばすれ違った人から香水の香りがふわっと感じ取れるけれど、自分が毎日つけている香水はほとんど気にならない、みたいなこともありますよね。

なぜこのようなシステムになっているのかというと、「ストレスの軽減」です。

毎日感じる強い臭いをそのまま読み取ってしまうと、どうしてもその臭いが気になりますよね。

するともちろん、その臭いに振り回されることが多くなります。

それでは精神的にもよろしくなく、どんどんストレスが溜まっていってしまうので、自分で気づかないようになっていくのです。

毎日ワキガの臭いが気になるよりは、当然自分で気付かないほうがストレスがないのは確かですよね。

そのように毎日感じる臭いは嗅覚が疲労し、無臭として感じ取れるようになってしまうので、「自分で気付かない」ようになってしまうのです。

基本的にはプラスに働くための機能なのですが、もちろんワキガなどイヤな臭いも自分で気付かない……なんてことも起こる原因になっているのですね。

こんな人は要注意!

「『自分で気付かない』のが当然」なんて言われると、どうすればいいのか困りますよね。

お手軽なのは「臭う?」って聞くことかもしれませんが、そんなこと出来る人はそうそういないと思います。

ですからまずは、どういう人が注意したほうが良いのかを知っておきましょう。

まず何よりも、ワキガは遺伝します。

両親ともにワキガだとその確率はさらに上がりますので、もし両親ともにワキガだった場合は自分もワキガだと思っておいたほうが良いくらいです。

また、ワキガの人は耳垢が湿気っているという傾向があります。

逆に言えば、耳垢が湿気っている人はワキガになりやすいとも言えるのです

どちらも「アポクリン汗腺」による影響なので、少なくとも自分がワキガになりやすいタイプだと判断しておくと良いですね。

体質的には特にワキガになる原因はないと判断できる方も、脂っこいものや肉料理が好きな人や生活習慣が乱れがちな人はアポクリン汗腺が活発になってしまう可能性があります。

また、過度の飲酒や喫煙が習慣になっている人も気をつけておきましょう。

ストレスや太りすぎ、これもワキガになる可能性があるので注意が必要です!

ワキガかどうかチェックするには?

先程の要注意ポイントを見ながら、自分でワキガかどうかをチェックすることも可能です。

「ワキガの臭いは自分で気付かないもの」なので、どなたもぜひ一度チェックすることをオススメします!

当てはまる部分が多い方は、臭いを自覚していなくても一度専門の病院を受診しておいたほうが安心かもしれませんね。

簡単にできるセルフチェック

家族や親戚にワキガの人が多い場合は、自分もワキガの可能性があると思っておいたほうが良いでしょう。

しかし何度もお話している通り、自分で気付かないということは両親もそうである可能性がありますし、どちらのワキガも嗅覚の疲労で無自覚となっている可能性ももちろんあります。

また、耳垢が湿気っているタイプの人はワキガが多いとも言われています。

耳垢が湿気る理由は「アポクリン汗腺が多い」からだという一説もあり(無関係だという説もあります)、耳にアポクリン汗腺が多いということは脇にも多い……つまり、ワキガの可能性が高いのです。

こういった体質の方は体毛や脇毛の量も多い傾向があるので、こちらも参考にしてくださいね。

アポクリン汗腺が多い人は脇の汗が黄ばみやすいので、それを見て判断するのもありかもしれません。

一度思い切って汗をかいたシャツなどをすぐに洗濯せず放置して、「どんどん黄ばんできたらアポクリン汗腺が多い」と判断することも可能です。

自分で気付かないことが多いので、こういった目に見える部分で確認しておくと安心ですね。

専門の病院に行こう

セルフチェックをして、もしかしたら自分で気付かない状態だっただけでワキガだったのかも……と思った人は、一度専門の病院を受診しておきましょう。

病院で見てもらえば本当にワキガかどうかももちろん、ワキガの臭いの強さについてもしっかり診察してもらえます。

病院にもよりますが、基本的には「問診・耳垢や脇の汗のチェック」で診察してもらうことが多いです。

重度の場合は手術を勧められることもありますが、ともあれ自分のワキガの状態を知っておくことは対策をするためにも大切なことです。

ワキガの度合いによって対策も変わることがありますので、一度は受診しておきましょう!

病院を受診しましょう

まずは自分の状態を知ることが大切です。

ワキガ対策に出来ること

自分がワキガだと自覚できれば、日頃から対策も出来るようになります。

ワキガを完全に無くすことは無理でも、臭いを軽減する努力は可能です。

「ワキガの臭いは自分で気付かない」ということを忘れず、自分では感じていなくても対策は行うようにしておきたいですね。

まず最初に、身体の内側から出来る対策ですが……

食生活の改善…肉類中心ではなく、野菜や穀物中心の食事に切り替えます。日本人に元々ワキガが少ないのは、和食がワキガの改善に向いているからというのもあるのです。

ワキガ対策は和食で

和食はワキガ対策に最適!

お酒やタバコを控えめにする…アルコールやニコチンは少量なら問題ないのですが、大量に摂取すると発汗作用も働きます。特にアルコールは分解されなかった分が汗として体外に放出されますので、アルコールの臭いも合わさって悪化してしまうのです。

ストレスを溜め込まない…ストレスは自律神経に悪影響を及ぼし、発汗を促します。「人前に立ったときに汗をかく」と言えば、わかりやすくなりますね。汗をかくともちろんアポクリン汗腺からも分泌されるため、ワキガが強くなります。

適度な運動を行う…日頃から運動をして汗をかいている人は良いのですが、汗をかかず運動不足の状態の場合、身体に老廃物を溜め込んだ状態になっています。老廃物を溜め込まないよう、日頃から運動を行うことで改善が期待出来ます。

内側からの対策としては、このようなポイントに注意していきましょう。

そして外側の対策ですが

衣類のタイプに注意する…ワキガはアポクリン汗腺から出る汗によって発生しますので、汗をかかない、また蒸れないように注意することによって発生を抑えることが出来ます。
具体的には「吸収性」「通気性」「速乾性」などにポイントを絞った服装を心がけましょう。

仕事中のビジネスマン

毎日着るシャツ選びは重要ですね。

制汗剤、デオドラントの利用…一般的に一番広まっている方法はこれですね。しかし注意するポイントもあって、よく販売されているスプレータイプは普通の汗臭さを解消するタイプだと覚えておきましょう。
「ワキガの人が使うとむしろ臭いが悪化した」という話もよく聞きますので、ワキガ対策に特化したタイプを選ぶように注意しましょう。
スプレータイプではなく、肌に直接塗るタイプは効果が高いのでオススメです。

毎日しっかり洗う…当然ですが、毎日しっかり脇を洗っておいたほうが臭いの発生も抑えられます。ゴシゴシ強く洗うと皮膚を傷つける原因にもなりますので、優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

これらのポイントは毎日少し気をつけるだけで実践していけるので、ぜひ行っていきましょう!

また外部からの対策として最も効果的なものに「手術」があります。

ワキガの手術は直接の原因であるアポクリン汗腺の除去はもちろん、普通の汗が出る「エクリン汗腺」、皮脂を分泌する「皮脂腺」も取り除くことが可能なので確実な効果を得ることが出来ます。

原因を取り除けるのでもちろん効果も長く、最も効果的な方法であることは間違いありません。

ワキガ対策に効果的なアイテム

ワキガ対策として、制汗剤やデオドラントは欠かせないアイテムです。

お手軽に買える市販の制汗剤では効果がないどころか「臭いが混ざって悪化した!」ということもありますので、ここはしっかり効果のあるものを用意したいところですよね。

「薬用ネオテクト」はワキガだけではなく普通の汗の臭い、そして足の臭いや加齢臭にも効果がありますので、毎日の臭い対策として常に持っておきたい商品なのです!

制汗成分も含まれていますし、全身どこにも使うことが可能です。

クリームタイプなので衛生的に、ポイント的に使えるのも嬉しいところですね!

初回はお安くなっていますので、1度試してみるといいでしょう。

ネオテクト

【薬用ネオテクト】

臭いの原因菌を99.999%殺滅する医療のプロが認めた高い消臭力、制汗力を発揮する2016年最新の薬用クリームです。

無添加かつ、限りなくお肌に優しい天然植物由来エキスを原料にしています。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

まとめ

ワキガは遺伝の要素が強いので、一度思い切って両親に相談してみるのも良いかもしれません。

また逆に、お子さんが生まれると自分がワキガ体質かどうかが気になる方も多いですね。

ワキガは10代頃から発生しやすく周りにだけ分かりやすいので、イジメの原因となることもあります。

ご自分のため、そしてお子さんのためにも自分がワキガかどうかを知っておくことは大切なのです。

最初にお話した通り、ワキガは「自分で気付かないもの」とまず最初に思っておく必要があります。

自分で気付かない以上、過信ももちろん出来ません。

一度しっかりセルフチェックを行い、ちょっとでもワキガの疑いがある場合は病院を受診してみましょう。

こちらでワキガ対策グッズなどについても詳しくお話していますので、ぜひ合わせてご確認ください。
www.healthy-style.jp/archives/7997


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料