加齢臭なんか非じゃない!30~40代の特有ミドル脂臭の原因と対策!

加齢臭が気になる30代~40代。そこへさらにミドル脂臭なる臭いがあるのはご存知ですか?ミドル脂臭のニオイは主に後頭部の後部から分泌されるため、加齢臭のようには自分では気づけないのです。記事では加齢臭よりも100倍厄介なミドル脂臭の原因と対策をまとめました!


ミドル脂臭の原因

40代(ミドル)になると分泌される汗や皮脂の成分が変化してきます。

子どもや奥さんに、このころから臭いと言われたり、敬遠されたりしている男性も多いはずです。

加齢臭は皮脂が原因ですが、ミドル脂臭は汗の中に含まれる乳酸が原因です。

油の多い食事、疲労、ストレス、運動不足などで臭いが強くなる傾向にあります。

男性は、特に揚げ物や肉類など脂の多い食事を 好む人が多く、喫煙と併せて意識しないと臭いの原因を作ってしまいます。

ミドル脂臭はどんなにおい?

ミドル脂臭は「古い油のような臭い」と表現されることが多く、後頭部、うなじなどから臭いがでています。

後ろ側のため本人は気付かないことが多いようです。

会社でも本人は気づかなくても、女性社員には分かってしまい、嫌な顔をされてしまいます。

たばこや汗の臭いと混ざると、特に不快なにおいになってしまうのは加齢臭も同じです。

30代~40代のいわゆるミドル世代が臭うのも我々の実体験からも明らかだが、それは“古いたんす”のようなほのかな香りではなく、まるで「酸化した油」のような嗅ぐだけでオエッとくるニオイ……。

出典:ダイヤモンド・オンライン

加齢臭の100倍広がる!?

ミドル脂臭が厄介なのは、加齢臭に比べると100倍広がりやすいと言われています。

その理由が、ミドル脂臭のにおい成分が口臭や足の臭いに比べて少量で臭いを感じ、1.4~1.5倍といいます。

また、加齢臭のノネナールに比べて、空気中に拡がりやすいためです。

そのために加齢臭に比べてミドル脂臭は、少しのにおい成分でも周囲に気づかれやすいのです。

加齢臭よりもさらに強力な臭い対策が必要になります。

足やワキガのように自分で確認しにくいのが難点です。

ミドル脂臭と加齢臭の違い

ミドル脂臭と加齢臭では、臭い成分、臭いが出る部位などが違います。

加齢臭と思っていたら、実はミドル脂臭ということもあります。

どちらも加齢からくる臭いなのですが、加齢臭に比べるとミドル脂臭の方が強くなります。

加齢臭の原因はノネナール

加齢臭は、脂肪酸の一種である「9-ヘキサデセン酸」などが作られます。

この「9-ヘキサデセン酸」自体は無臭ですが、酸化が促進されると臭いの素であるノミネールが作られます。

この物質が多くなり、汗や皮脂と混ざると加齢臭になります。

よく言われる「おやじ臭」というのが加齢臭です。

ミドル脂臭の原因はジアセチル

ミドル脂臭の臭いの原因は、ジアセチルという物質です。

汗の中の乳酸が分解、代謝されジアセチルという物質になります。

これが皮脂と混じることで特有の臭いを発します。

後頭部やうなじから出る汗から臭いがでます。

ミドル脂臭の対策は?

ミドル脂臭の対策は、清潔にする以外にも、生活習慣を改善していくことが大事です。

乳酸を抑えた食生活

ミドル脂臭の原因のジアセチルは、汗の中の乳酸が代謝、分解されてできます。

そのために、ミドル脂臭の対策には、この乳酸を増やさないようにする必要があります。

乳酸の過剰分泌は血行不良が原因と言われています。

クエン酸はミカンなどの柑橘類、お酢などに含まれています。

このクエン酸は身体に溜まった乳酸を分解してくれる働きがあります。

抗酸化力を高める

抗酸化作用のある食べ物は、ビタミン群です。

特にビタミンB1は疲労回復効果があり、抗酸化作用も強いと言われています。

緑黄色野菜、大豆、ポリフェノール、パクチーなどに多く含まれています。

また、腸内環境を整えると抗酸化力も上がり、結構もよくなります。

食物繊維やヨーグルトなどを摂っていくといいでしょう。

逆に脂の多い食事、偏食などは皮脂が多くなり、酸化が進むのでミドル脂臭を強くするので避けた方がいいと言えます。

疲労を溜めない

疲れが溜まると、リンパや血液の流れも悪くなり老廃物や皮脂が溜まりやすくなります。

乳酸は疲労物質なので、疲れやストレスで身体の酸化が進むと増えてしまいます。

クエン酸やビタミンB群を摂ることは、疲労を溜めない事にもつながります。

男性は、野菜や果物をあまり食べないので、クエン酸やビタミンB群は普段から摂取量が少ないといえます。

意識して野菜や果物を摂っていくこと事が大切です。

バランスを取れた食事をすることは、ミドル脂臭だけではなく、加齢臭の対策にもなります。

この年齢は成人病のリスクが上がってくる年齢になります。

糖尿病などでも体臭がきつくなります。健康管理の意味でも生活習慣の改善は大切です。

体臭用グッズの利用

体臭の原因は、汗や皮脂、細菌の繁殖が原因です。

生活習慣の改善だけでなく、常に清潔にしておくことも大切です。

お風呂の時間が短いと自慢している人は要注意です。

実は汗や皮脂がしっかりと洗えていなくて残って、臭っているかもしれません。

汗やたばこ、皮脂の臭いは、他の臭いと混ざると不快な臭いに変わるだけです。

まずは、原因を抑える対策が必要です。

その為は、石鹸、シャンプー、下着など使っていくのもお勧めです。

ミドル脂臭は頸の後ろ、うなじなどから発生します。

汗や皮脂を強力に落としてくれる石鹸やシャンプーが効果的です。

加齢臭でも同じです。

洗濯でも下着や服に皮脂の汚れが残っていると、臭いが落ちません。

汚れが残らない洗剤選びが必要です。

「ミドル脂臭」を防ぐためにはシャンプーの選び方が重要です。まず、ニオイ成分「ジアセチル」の発生原因となる菌を殺菌し、代謝が抑制される成分が配合された「ミドル脂臭」対策用シャンプーを選ぶことが大切です。また、ミドル男性特有のねっとり頭皮脂をしっかり落とせる洗浄力の高さも選ぶときのポイントにして下さい。

出典男のにおい総研

⇒加齢臭対策グッズの選び方はこちら

まとめ

40代は皮脂も多くなり、成分も変わってきます。

その為に加齢臭やミドル脂臭がでてきます。

ミドル脂臭は自分では気付かないのに実は臭っていたというのが嫌ですね。

油の多い食事が好きな人、お風呂の時間が短い人も要注意です。

後頭部やうなじが汗が多くなってきた、べとついてきたと感じたらミドル脂臭のサインです。

ナイスミドルになるために、早めの対策をしていきましょう。

気になる全ての体臭が劇的に改善!

体臭は身体のいろいろなところから発生します。

足、ワキ、首、頭、身体全体、気になりだしたら止まりません。

この不快な臭いは男性だけでなく女性にも悩みの原因です。

そのすべての臭いを劇的に改善するクリームが発売されました。

デオシーク薬用マイクロデオドラントクリームです。

その効き目の秘密は

1.有効成分「イソプロピルメチルフェノール」が臭いの原因菌を分解、殺菌します。

2.殺菌成分「シメン5オール」制汗成分「フェノールスルホン酸亜鉛」のダブルの効果

3.臭いを抑える天然植物エキスも配合

なので、臭いをごまかさずに元から殺菌して臭いを抑えます。

ワキガの消臭率99.9%というから驚きです。

デオシーク

【デオシーク ボディソープ】

⇒デオシーク男性用公式サイトはこちら

⇒デオシーク女性用公式サイトはこちら

 

<おすすめ関連記事>

おすすめメンズデオドラント人気ランキングTOP10!加齢臭やワキガに!

加齢臭ってどんな臭い?加齢臭が発生する原因と対策方法総集編


『デオドラント』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48830

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料