明日からでもまだ間に合う!「ビール腹」の予防・解消対策4選

ビール腹。それは、主に腹部の肥満状態を言います。その腹部の肥満状態がもたらす健康被害は様々で、早めに対策しないと、大病の原因になることも…。ビール腹になってしまう本当の理由とその対策法を理解し、健康で安心できる毎日を過ごしましょう!


ビール腹とは?

「ビール腹」とはどういう状態?

ビール腹とは、ただお腹が出ている人のことを言うのではなく、下腹がぽっこりでている状態のことを言います。

しかし、ビール腹というからと言ってビールをたくさん飲むからなるというわけではなく、もともとのビール腹の由来は「ビール樽」です。お腹がポッコリでている人のお腹に似ているためビール腹と言われるようになりました。

 

ビール腹がもたらす健康被害

ビール腹は、上半身肥満型のリンゴ型肥満のことを指します。

また、体重は標準に近く、お腹以外は細い体型なのにビール腹の人は、内臓脂肪蓄積型に分類されます。胃の周辺についた内臓脂肪は体内に浸透しやすく、それが肝臓でコレステロールに変換されて血中に流れて体内に循環されます。

この血中コレステロールが酸化されて動脈に蓄積されていくと、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす動脈硬化の原因になると指摘されています。

 

ビール腹の原因

ビールの飲みすぎがビール腹ではない

ビールは非常にカロリーが高く、そしてアルコール度数自体がその熱量ですので、数あるアルコール類の中でビールは度数が高い飲み物に分類されます。

この考えからすると、ビールは比較的太りにくいお酒といえるのですが、それでも太ってしまうのはどうしてなのでしょうか?その原因とは『おつまみ』なのです。

ビールが好きな人はおつまみを多く食べ、それに加えて飲食にかける時間も長いため、通常の食事よりもかなり多くのカロリーを摂取してしまっているのです。これがビール腹になる原因になっているのです。

 

ビールには揚げ物やおつまみが

ビールのお供と言えば、唐揚げ、焼き鳥などの揚げ物だったり味の濃いものを頼んでしまいがちですよね。

また居酒屋の料理は一品あたりの量が多くもなく、ビールには食欲増進作用も含まれているため、ついつい頼みすぎてしまったり。その結果、一度の飲みでかなりのカロリーを摂取してしまい、それが蓄積されてビール腹になってしまうのです。

「ビール腹にはなりたくない」

「対策をしておきたいけど、どんな対策をしたらいいかわからない」という方もいるのではないでしょうか?

では、実際にビール腹にならないためにはどんな対策をすればいいでしょうか?

 

取返しがつかなくなる前に!ビール腹対策法

対策①おつまみを工夫する

まず1つ目の対策として、おつまみの選び方です。

先程も言った通り、ビールと言えば唐揚げなどの肉類や脂っこいものを食べがちですが、サラダなどの野菜を多くおつまみに取り入れることで摂取カロリーを抑えることができます。

サラダに使用されるドレッシングなどの加熱されていない油に関しては、体内で留まらず、早く処理されるので、気にすること無く安心して食べましょう。

また野菜など低GI 値の食べ物は糖質の吸収を抑える効果があるので、ビール腹対策には効果的です。

他にも豆類はビタミンB群を含み、体の代謝を上げる食物として有名なので、枝豆にビールという定番の組み合わせは意外にもビール腹対策としてかなりの効果があるのです。

枝豆以外にも味噌や豆腐などの大豆が原料で作られている食品も同様の効果が期待できるので、ビール腹対策になるでしょう。

 

対策②飲んだ後すぐ寝転がらない

人間も含め動物は食後に必ず睡眠をとります。この理由は、少ない食事で最大限の栄養素を体内に取り込むために最適な方法だからです。

ほとんどの野生動物は現代人と違って、好きな時に好きな量の食事をとることができない環境で生活しているので、少ない食事で効率良く栄養を蓄える必要があるのです。

しかし、これは言い方を変えると「最も太る方法」なのです。

力士の人達の食生活はこの方法を採用しています。一度の食事で大量のちゃんこを食べて、その後は1時間以上の睡眠をとり、脂肪を体に蓄えて体を大きくさせるのです。

おつまみと一緒にビールを飲んだ後はすぐに寝ないように気を付けるだけで脂肪のつき方がかなり大きく違ってきます。

そして睡眠をとらなくても、横になってテレビを観たりしていると脂肪がついてしまうので、せめて座って見るか何か作業をするだけでも対策になります。

 

対策③アルコールの分解速度を上げる

アルコールの分解は肝臓で行われています。

しかし、これ以外にも消化した栄養素をエネルギーに変換する「代謝」を行うのも肝臓の仕事なのです。毎日ビールなどのアルコール類を飲み続けると、肝臓に疲労が蓄積していき、そういった機能が低下していきます。

肝臓の機能が低下してしまうと、代謝機能も比例して低下してしまいます。

肝臓を休ませることで機能は回復するので、対策として「休肝日」を設けることは効果的です。週に1~2日はアルコールを飲まない日を作ることで肝臓を休ませることができます。また休肝日の時は消化器官に負担をかける肉料理は控えて、野菜料理などで食物繊維、ビタミン、ミネラルを摂取することで肝臓への負担を減らすことができます。

 

対策④筋トレする

ビール腹や太った体を改善するのに最適な対策はやはり筋トレです。

筋トレは一番カロリー消費ができるものではありますが、一番避けられているものでもあります。しかし、無理な筋トレをする必要はありません。ジョギングとまでいかなくてもウォーキングでビール腹対策だけでなく、十分生活習慣病の予防になります。

しかし、お腹の脂肪を解消するためには腹筋をやればいいというわけではありません。数ある筋トレメニューの中でも腹筋運動はハードなトレーニングの部類に入ります。

普段運動をしていない人が、いきなり多くの数をやろうとしてもできませんし、筋肉痛の原因にもなり、継続することが難しいです。実は、ビール腹対策に効果的な筋トレはスクワットなのです。

人体の全筋肉の6割は下半身に集中しているため、下半身を動かすことでよりカロリーを消費することができますし、一度に多くの筋肉を鍛えることができるのです。

以下の動画を確認しながら、スクワットに挑戦しましょう。

また筋トレをすでにしているが、なかなかビール腹が治らないと言う方には脂肪燃焼をさせるビルドアップサプリのDCCサプリがオススメです。

プロ野球選手や、陸上選手が摂取している基礎中基礎の成分であるクレアチンを主成分とし、またアミノ酸であるBCAAや、HMBも配合しており、筋肉の持久力をあげ、脂肪にならないように筋肉の分解を防ぎ、筋肉の合成を促進する効果があります。

DCCサプリは有名なビルダーにも愛飲され、公式サイトで推奨までされているようなプロも認めたビルドアップサプリで、その体感による口コミでかなり話題になり、脂肪燃焼したい方や、ダイエットしたい方に今一番選ばれているビルドアップサプリになっています。

ただ闇雲に筋トレをしているだけでは時間もかかりすぐにビール腹を落とすことは非常に難しいので、短期間で効率よくビール腹対策をしたい方は一度はビルドアップサプリを検討しましょう。

トップアスリートが推奨するDCCサプリの本当の効果・口コミとは?! 」こちらではDCCサプリの詳しい有効成分や、口コミについて詳しく記載されています。現在期間限定で初めてDCCサプリを購入される方は初回分を95%OFFで購入することが可能です。通常だと11200円なので、特典が得られた方はぜひ一度お試しすることをおすすめします。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料