AGAの薬の副作用とは?治療薬の成分・種類を解説【薄毛治療】

更新日:

AGA治療薬

AGA治療薬に配合されている主な成分やその働きやAGA治療薬の種類についてお伝えします。

AGA治療薬には副作用があると言われています。

副作用が心配な方ももちろんいらっしゃると思います。

そのような副作用が心配な方に向けて、AGAクリニックや副作用の心配が少ない育毛グッズについてもご紹介します。

自分に合った薄毛や抜け毛のケア方法を見つけ、毎日の生活に取り入れましょう。

AGA治療薬に副作用はあるの?

AGA治療薬の副作用を気にしている様子

AGA治療薬には副作用があると言われています。

どのような副作用があるのか、こちらの章でお伝えします。

またAGA治療薬に配合されている代表的な成分を紹介しながら、その成分にはどのような役割や副作用があるかについて具体的にお伝えします。

AGA治療薬には副作用がある

  • 頭痛、吐き気
  • 勃起機能不全、射精障害
  • 抑うつ症状、めまい

出典:MSD株式会社「プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg」
 IONINE:Loniten (Minoxidil) 、Side effect rates for Loniten.

AGA治療薬は医薬品であるため、副作用があります。

その副作用の症状は製品の種類によってさまざまです。

体質や体調によって服用を避けた方が良いものもあるので、服用する際はAGAクリニックで専門医に診断をしてもらったうえで処方をしてもらうのが賢明でしょう。

AGA治療薬の3つの成分と副作用

AGA治療薬に配合されている代表的な成分3つとその副作用についてお伝えします。

フィナステリド

フィナステリドはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出すテストステロンと5αリアクターゼの結合を阻止する役割を持っています。

以下では、フィナステリドで起こる副作用とその発症率を表にまとめてみました。

症状発症率(943例中5例に見られた副作用)
性欲減少0.2%
肝機能障害0.2%
その他(かゆみ、じんましん、発疹、むくみ、めまいなど)不明

出典:MSD株式会社「プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg」

副作用としては症状の軽いものから重いものまで様々ですが、いずれの発症率はかなり低いことがわかります。

もし副作用の症状が現れた場合には、服用をやめるなど正しい処置を行うようにしてください。

また、高齢者・妊婦・小児への投与は控えるようにしてください。

次はデュタステリドの効果と副作用についてみていきましょう。

デュタステリド

デュタステリドもフィナステリドと同じく、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出すテストステロンと5αリアクターゼの結合を阻止する役割を持っています。

以下では、デュタステリドで起こる副作用とその発症率を表にまとめてみました。

症状発症率(403例中44例に見られた副作用)
勃起不全3.2%
性欲減少1.7%
乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感)1.5%
肝機能障害1.5%
じんましん、めまい、射精障害、腹部不快感、倦怠感1%未満
アレルギー反応、発疹、かゆみ、むくみ、脱毛症、多毛症、下痢など不明

出典:グラクソ・スミスクライン株式会社「アボルブカプセル0.5mg」

デュタステリドはフィナステリドに比べると、副作用の発症率が高いことがわかります。

フィナステリドと同じように、副作用の症状が現れた場合は服用をやめるなど正しい処置を行うようにしてください。

妊婦・小児への投与も控えるようにしましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルの働きは大きく分けてふたつあります。

  • 血行促進
    …毛細血管を広げて髪の細胞に栄養を届ける
  • 毛母細胞の活性化
    …毛母細胞の働きを活性化させて髪の生成を促す

ミノキシジルはフィナステリド、デュタステリドと共にAGA治療薬に含まれる成分です。

しかし、ミノキシジルは血行を促進し髪の毛を生やす働きをするので、AGAの原因のジヒドロテストステロン (DHT)を抑制する働きをするフィナステリドやデュタステリドとは効果が違います。

効果は違いますが、副作用は同じようにみられますのでみていきましょう。

症状発症率(被験者1128名中)
脱毛症7%
めまい・頭痛3%
吐き気・血圧上昇・顔のむくみ2%
倦怠感・下痢・発疹1%

出典:IONINE:Loniten (Minoxidil) 、Side effect rates for Loniten.

フィナステリドやデュタステリドと比べて軽い症状ばかりであることがわかります。ですが発症率がやや高いように感じます。

ミノキシジルには血行を促進させたり毛母細胞の活性化をさせる効果があるので、それにより頭痛やめまいが起こる可能性が出てくるのです。

男性機能への影響は心配ないといっていいでしょう。

AGA治療薬はクリニックでの処方が安全

AGA治療薬は基本的に医師の処方箋がないと購入できない医療医薬品に分類されています。

それは、AGA治療薬は種類によっては配合成分が異なり、効果にも違いがあるため、症状の進行具合によって使う治療薬が異なるからです。

また、副作用があるため専門医の診察を受けての処方の方が安心です。

まずは無料カウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

AGA治療薬を服用すると起こる初期脱毛とは?

AGA治療薬を服用すると、乱れていたヘアサイクルが通常通りに整ってきます。

ヘアサイクルが乱れ、弱っていた髪の毛が次の髪の毛に押し出されて抜け落ちてしまうことを初期脱毛と言います。

初期脱毛はAGA治療を受けている2~3割の人に起る症状と考えられています。

個人差はありますが、初期脱毛は治療をはじめて1ヶ月くらいすると抜け始めることが多く、期間は1週間~3ヶ月ほどす。

ここまでAGA治療薬に含まれる3つの成分と副作用を紹介してきました。

いずれも副作用はありますので、心配な方は専門医に相談して処方してもらう方が安心です。

次は3つの成分が含まれる代表的な治療薬を紹介していきます。

代表的なAGA治療薬を3種解説

AGA治療薬

AGA治療薬にも種類があります。

そこでAGA治療薬に使用される代表的なものを3つご紹介します。

それぞれのAGA治療薬の特徴や配合成分、服用してはいけない人など、それぞれの治療薬に対して詳しくお伝えします。

プロペシア

プロペシア
出典:東京スカルプクリニック

プロペシアに配合されている有効成分はフィナステリドです。

プロペシアの効果は科学的に認められており、国内で行われた臨床試験ではプロペシア1㎎を1年間投与することにより、58%のAGA改善効果が見られたと言われています。

2年間では68%、3年間では78%と高い確率で改善効果が見られています。

プロペシアはAGAにのみ適用しているため円形脱毛症や抗がん剤による脱毛症、女性には適用しないのでご注意ください。

また経皮吸収されるので、女性は触れないようにしましょう。

また20歳未満での安全性・有効性は確立されていないので服用は控えましょう。

プロペシアにはジェネリック医薬品があるため、効果は同じながら安くで手にいれることができるようになっています。

サガーロ

ザガーロ
出典:港南台メンタルクリニック

ザガーロに配合されている有効成分はデュタステリドです。

2015年9月8日に厚生労働省に認証されたAGA治療薬となっています。

ザガーロは脱毛部位に太く長い毛の本数が増える効果があり、国内外の臨床試験でも結果が認められています。

ザガーロにはPSA値を下げる性質があるため、前立腺がんの検査をされる方はザガーロを服用していることを報告しましょう。

またザガーロも経皮吸収されるため、中身が漏れ出た場合は女性・子どもに触れないようにしましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルには内服薬と外用薬があるので、それぞれの特徴についてお伝えします。

ミノキシジル配合内服薬

ミノキシジル内服薬
出典:薬のネット通販 ネット総合病院

ミノキシジル内服薬(ミノキシジルタブレット)はタブレットに含まれる有効成分であるミノキシジルが頭皮の血行を促進します。

フィナステリドやデュタステリドなどのように男性ホルモンへ働きかけるものではなく、食習慣及び生活習慣の乱れで髪の栄養状態が悪化している方におすすめです。

ミノキシジル配合の外用薬に比べ、タブレットの方が吸収率が高いため、より高い発毛効果が期待できるのですが、日本での製造販売は禁止されています。

ミノキシジル配合外用薬

ミノキシジル外用薬のリアップ
出典:大正製薬

ミノキシジルの発毛・育毛効果は医学的に証明されており、日本皮膚科学会が策定しているAGAの診療ガイドラインでは男女ともに第一選択薬として推奨されています。

日本ではミノキシジル配合の外用薬は大正製薬のリアップシリーズのみとなっています。

リアップは壮年性脱毛症にける発毛、育毛及び脱毛の進行予防の効果があると言われています。

今まで育毛効果が認められたアイテムはありましたが、日本で発毛・脱毛進行予防の効果を認められたのはリアップが初めてです。

AGA治療薬によくある質問

男_悩み

AGA治療薬の成分・副作用・種類についてお伝えしてきましたが、それでもいざ自分で購入するとなると気になることはたくさんあると思います。

多くの方が気になっているAGA治療薬の疑問についてお伝えします。

AGA治療薬に保険は効くの?

AGAの治療は健康保険の適用外のため保険はきかず、全額自己負担となります。

それはAGA治療が美容診療の扱いになるためです。

一般的に健康保険が適用される対象は、生活に支障が出る場合がほとんどです。

しかしAGA治療は命に関わる治療ではないので保険が適用されず、全額自己負担となっているのが現状です。

そのためAGA治療は病院やクリニックが自由に治療費を決めることができるので、治療費に差があるのが特徴です。

AGA治療薬の服用期間は?

プロペシアは1日1回の服用を連日投与を続けて3~6ヶ月程度の期間は服用することをおすすめします。

6ヶ月連続服用をして効果が実感できない場合は、それ以降服用をしても期待値が下がるので、クリニックを受診してみましょう。

ザガーロは1日1回、食前食後を問わないので服用を忘れず習慣化できる時間帯がおすすめです。

ザガーロは効果を実感するまでに半年ほどを要しますが、半年間服用を続けても改善が見られない場合は医師の判断をあおぎましょう。

ミノキシジル内服薬は日本での製造・販売が禁止されているので外用薬についてお伝えします。

ミノキシジル外用薬は1日2回、1回1mlを目安に頭皮に塗布し、4~6ヶ月の連続使用がおすすめです。

出典:浜松第一クリニックHAIR GENIUS大正製薬

AGA治療薬は他の薬と併用できる?

AGA治療薬は他の薬と併用できるのでしょうか?

風邪薬と一緒に飲んではいけないなどの、悪い組み合わせがもしあるのなら気をつけなければいけません。

各成分ごとに飲み合わせは大丈夫なのかをみていきます。

フィナステリド

(1)オメプラゾールとの併用 健康成人にフィナステリド 1 mgを 1 日 1 回 3 日間反復経口投与し、投与 3 日目は同時にオメプ ラゾール20mgを単回経口投与した際、オメプラゾールの血漿中薬物 動態における薬物相互作用は認められなかった。

(2)他剤との併用(海外試験成績) フィナステリド 5 mgあるいは10mgとアンチピリン、プロプラノロール、ジゴキシン、グリベンクラミド、ワルファリン並びにテオフィリンとの併用時に、各併用薬の血漿中薬物動態における薬物相互 作用は認められなかった。

出典:MSD株式会社「プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg」

MSD株式会社の資料によると難しく書いてありますが、他の薬との併用による問題はないとの記載があります。

デュタステリド

(1)CYP3A4阻害作用を有する薬剤
デュタステリドの酸化的代謝はCYP3A4阻害作用を有するケ トコナゾールによって阻害された(一部抜粋)

(2)他の薬剤との併用
デュタステリド0.5mgあるいは 5 mgと、コレスチラミン、 ワルファリン、ジゴキシン、タムスロシン塩酸塩、テラゾ シン塩酸塩との併用において薬物相互作用は認められなかった。(一部抜粋)

出典:グラクソ・スミスクライン株式会社「ザガーロカプセル0.1mg/ザガーロカプセル0.5mg」

(1)CYP3A4阻害作用を有する薬剤
本薬の酸化的代謝はCYP3A4阻害剤であるケトコナゾールによって阻害された。(一部抜粋)

(2)他の薬剤との併用
本剤0.5mgあるいは 5 mgと、コレスチラミン、ワルファリン、 ジゴキシン、タムスロシン塩酸塩、テラゾシン塩酸塩との 併用において薬物相互作用は認められなかった。(一部抜粋)

出典:グラクソ・スミスクライン株式会社「アボルブカプセル0.5mg」

薬剤名等臨床症状・措置方法機序・危険因子
CYP3A4阻害作用を有する薬剤
リトナビル等
これらの薬剤との併用により本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。CYP3A4による本剤の代謝が阻害される。

出典:グラクソ・スミスクライン株式会社「ザガーロカプセル0.1mg ザガーロカプセル0.5mgに関する資料」

グラクソ・スミスクライン株式会社の資料によると「CYP3A4阻害薬」とデュタステリド配合薬を併用すると、デュタステリドの血中濃度が上昇する可能性があると記載があります。

「CYP3A4阻害薬」を服用している方は気をつけてください。

ミノキシジル

ミノキシジルは血行促進作用により、血管を広げる作用があります。

ですので、血圧を下げる薬を普段から使用している方がミノキシジルと併用すると必要以上に血圧が下がり危険になることが考えられるでしょう。

ただし、フィナステリドやデュタステリドのようにしっかりとした根拠がないのでミノキシジル配合薬を服用するつもりの方は専門医に相談してみることをおすすめします。

AGA治療薬は持病がある人は服用できる?

AGA治療薬は医薬品なので副作用があります。ですので、持病を持っている方は服用しても大丈夫なのか不安になってくると思います。

フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3成分について持病がある人が服用しても良いのでしょうか?

AGAの専門クリニックや医療法人のHPに記載があるものを参考にさせていただきました。

薄毛治療専門 城西クリニック福岡によると、フィナステリドの服用に関して

「正しい使用法を守っていれば、一般の人がフィナステリドの副作用で肝機能障害発現の心配はほとんどないと言えるでしょう。ただし、肝臓に何らかの持病に持っている人は注意が必要です。」

とのことです。

出典:薄毛治療専門 城西クリニック福岡

イースト駅前クリニックによると、デュタステリドの服用に関して

「肝機能障害といった重篤な副作用が起こることもあるため、肝機能に持病がある人は服用する前に医師と相談することが大切です。」(一部抜粋)

とのことです。

出典:イースト駅前クリニック AGA専門外来

聖心毛髪再生外来によると、ミノキシジルの服用に関して

「循環器系に持病のある方はミノキシジル使用時に、注意が必要です。
ミノキシジルは、もともと血圧を下げるための薬なので、低血圧の方が使用すると必要以上に血圧が下がる可能性があります。高血圧で他の降圧剤を処方されている方も同様です。医師の処方のもと使用するようにしましょう。また、二十歳未満の服用は認められていません。」
とのことです。

出典:医療法人社団 美翔会「AGA治療の副作用と治療薬について」

いずれのAGA治療薬も持病を持っている方は注意して服用しなければいけません。

必ず専門医に相談することをおすすめします。

次は副作用が心配なあなたに向けて、AGA対策用のグッズ・クリニックを紹介していきます。

AGA対策用グッズ・クリニック5選!【副作用が心配な人向け】

AGA治療薬は確かな効果が期待されていますが、副作用が気になるところです。

副作用を気にせず、育毛対策をしたい方に向けて、おすすめのAGA対策グッズやクリニックを5つご紹介します。

AGA対策グッズは自宅で手軽にケアできるものばかりなので気軽にはじめることができるものばかりとなっています。

手軽にAGA対策をしたい方は育毛サプリ

育毛サプリは健康食品の一種です。つまり、基本的に副作用はないと考えてもらって構いません。

健康食品は法律上の明確な定義はなく、健康に良いと称して売られている商品のことです。

色々な栄養素が栄養素が含まれており、錠剤なので飲むだけで良いので非常に手軽にAGA対策ができます。

BiDAN編集部おすすめの育毛サプリを紹介しますのでぜひ試してみてください。

おすすめはIQOSサプリEX

IQOSサプリ商品画像

定価:¥6,980(税別)→定期初回価格:¥4,380(税別)
容量:90粒(約1ヶ月分)

公式サイトはこちら

イクオス育毛サプリには頭皮コンディションを整え、実感へ導く7大成分が配合されています。

ノコギリヤシ・ミレットエキス・亜鉛・フィッシュコラーゲンペプチド・大豆抽出物・イチョウ葉エキス・ヒハツエキスの7つの中で注目して欲しい成分は亜鉛です。

亜鉛は摂取したタンパク質を髪につくり替える重要な栄養素で、たった3粒の中に牡蠣の5倍の含有量があります。

また人間の体内では生成できず、食事やサプリから補わなければならない人間に必要不可欠な9つの必須アミノ酸が全てバランス良く配合されています。

さらに24種類の厳選された栄養素が元気な髪の育成をサポートします。

IQOSサプリの安全性

副作用が心配なあなたに向けてIQOSサプリを紹介しましたが、IQOSサプリの副作用はどうなのでしょうか?

公式サイトに以下の記載があります。

副作用はありますか?

サプリメントは食品ですので、通常はお薬のような副作用はございません。ただし、体調や体質などによっては、まれに体にあわない場合がございます。特に敏感な方や食物アレルギーのある方は、成分や注意事項をご確認ください。

出典:IQOS公式サイト

このような記載があるので、副作用の心配は少ないといっていいのではないでしょうか?

AGA治療薬の副作用が心配な方は、このIQOSサプリであれば安心して薄毛対策を始められるでしょう。

▽おすすめの育毛サプリはこちらから▽


抜け毛予防には育毛剤

次におすすめするのは育毛剤です。

育毛剤とは抜け毛を予防するための医薬部外品になります。

頭皮の血行を促したり頭皮に栄養を与えたりすることで健康的な髪を育てる効果が期待されるものです。

では、育毛剤には副作用はあるのでしょうか?

日本の大手化粧品、健康食品製造販売会社であるアンファー株式会社によると、次のように述べられています。

育毛剤は、医薬部外品として認可されており、副作用はないと言われています。
医薬部外品は、厚生労働省が「効果・効能の認められた成分が含まれていて、かつ、人体に対する作用が穏やか」であるとしており、副作用のリスクはほとんどありません。ただ、体質や体調によっては、医薬部外品の育毛剤であっても副作用が生じる可能性があります。特に、化粧品などでアレルギーを起こしたことがある人は、育毛剤でもアレルギー症状がでる可能性は高いため、使用には注意が必要です。

出典:アンファー株式会社公式通販

このような記載がありますので、育毛サプリと同様に副作用の心配が少ないと考えても大丈夫でしょう。

BiDAN編集部でおすすめの育毛剤を紹介しますので参考にしてみてください。

おすすめはCHAP UP(チャップアップ)

チャップアップ

定価:¥7,400(税込)
容量:120ml(約1ヶ月分)

公式サイトはこちら

センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・塩酸ジフェンヒドラミン、3種類の有効成分に加え、55種類の植物エキスと15種類のアミノ酸が独自監修でバランス良く配合されているため、幅広い年齢層に使用することができる育毛剤です。

髪の成長と阻害要因を分析し、頭皮の血行と栄養を考え、栄養を与えて発毛を促進させることを一番に考えています。

また、頭皮の炎症を抑制する成分を配合することで頭皮を健やかな状態に導き、元気な髪を育成しやすい環境を整えてくれます。

チャップアップ育毛剤は安心の国内生産で、第三者機関での商品検査を行っているので安全性に優れています。

▽チャップアップの紹介記事はこちら▽

チャップアップの安全性

チャップアップは第3者機関で下記の3つのテストをクリアしている育毛剤です。


出典:チャップアップ公式

24時間閉塞パッチテストは24時間チャップアップの成分を肌につけてトラブルがないかを調べるテストです。刺激の強さを測定しています。

低スティンギングテストはチャップアップを肌につけた時にかゆみやヒリヒリした感じがしないかをチェックするテストです。

そして、RIPT(累積刺激性及び感作試験)というのはいわゆるアレルギーテストになります。

チャップアップはこれら3つのテストをクリアしている育毛剤ですので、副作用を心配する必要はないと言えるでしょう。

▽おすすめの育毛剤はこちらから▽


専門医に診断してもらいたいならAGAクリニック

AGAクリニックで治療をしてもらっても個人差はありますが副作用が出てしまいます。これは治療薬が医薬品なので仕方がありません。

ですが先ほど書いた通り、AGA治療薬は種類によって配合成分が異なり効果にも違いが出てきます。

個人で輸入した治療薬だと、偽造品が届いたり副作用への対応が不十分になってしまうことが考えられます。

症状の進行具合によって専門の先生が治療の方針を決めてくれるので、副作用が心配な方はぜひAGAクリニックで診察を受けることをおすすめします。

AGAスキンクリニック

店舗詳細
住所
池袋・秋葉原・上野・品川・渋谷・新宿・町田などその他全国各地に店舗あり
受付時間10:00~20:00※初回診療の最終受付時間は19:00
休診日年中無休
治療費
  • 医師の問診・カウンセリング・マイクロスコープ頭皮診断:無料
  • 初診料・血液検査(2回):無料 ※再診無料・ベーシックプランの場合は5,000円
  • フィナステリド錠1mg:初回3,400円
  • プロペシア:初回4,200円 通常価格:7,000円
    など
    ※治療費はすべて税別です

AGAスキンクリニックはAGA治療の専門クリニックです。

薄毛・抜け毛に悩む患者様だけを集中して診断することで、個々の患者様の症状にあった治療を提供できるのが特徴です。

多くの実績があるため信頼できるクリニックとなっており、発毛実感率がなんと99.4%という結果を維持しています。

治療のメインとなるオリジナルの発毛薬は高品質・高濃度の成分をバランスよく配合し開発しています。

薄毛の原因をブロックし、血管を拡張させて血流を増加させることで髪の成長をサポートしてくれます。

全国に展開しているクリニックなので、急な引っ越しや転勤があっても安心です。

公式サイトはこちら


HAIR GENIUS【ヘアジニアス】

hairgenius logo

店舗詳細
住所
【東京】〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4階 ※横浜・大阪・名古屋・福岡・沖縄にも店舗あり
受付時間月・火・木11:00~18:00 金・土11:00~19:00 日・祝 10:30~18:00
休診日水曜
治療費
  • 無料カウンセリング:無料
  • 初診・再診料:無料
  • 血液検査:5,000円
  • フィナステリド錠1mg:初回価格3,980円・通常価格6,000円
  • ヘアジニアス処方セット(内服+外用) 初回価格30,000円・通常価格35,000円(1ヶ月分)
    など
    ※治療費はすべて税別です

人によって薄毛のタイプ・進行具合・進行スピードはバラバラなので、予防の段階なのか発毛治療の段階なのか、どれくらいの期間、どれくらいの費用がかかるかなど、無料の発毛カウンセリングで丁寧に説明をしてくれます。

ヘアジニアス専門クリニックではカウンセリングを重要視しています。

それは加齢・ストレス・食生活・遺伝など、AGAの要因はさまざまであり、一人ひとり症状のレベルが違います。

患者様一人ひとりの頭皮・頭髪状態を確認し、状況に応じて治療方法を決定できるので、安心して通うことができます。

こちらのクリニックではできるだけ短期間でAGA治療を終えられるように取り組んでいるため、忙しい方におすすめです。

公式サイトはこちら


ウィルAGAクリニック

店舗詳細
住所
【表参道本院】〒107-0062 東京都港区南青山3-18-19南青山キミジマビル5F
【銀座院】〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-12数寄屋ビル7F
受付時間11:00~20:00
休診日不定休
治療費
  • 医師によるAGA薄毛診断・カウンセリング・再診料:無料
  • 初診料5,000円→今なら無料
  • 血液検査10,000円
  • フィナステリド:初回1,480円 通常価格:7,000円
  • プロペシア:初回5,000円 通常価格:8,000円
    など
    ※治療費はすべて税別です

約500以上の薄毛タイプに細分化する独自の「ウィル式BHSヘア診断」を用い、一人ひとりの症状に応じてオーダーメイド治療を提案してくれます。

世界初の医学的根拠に基づくオリジナル発毛薬を使用しているため、発毛実感率は脅威の99.9%と言われています。

体に負担をかけずに治療をしたい方、発毛スピードにこだわる方、可能な限り予算を抑えたい方など、一人ひとりのご要望に合わせた治療メニューが用意されています。

無理なく安心して治療を始められる環境作りとして初診料無料・全額返金保証・モニター特別価格・立地・遠隔診療・医療費控除サポート制度などが整えられています。

公式サイトはこちら

▽おすすめのAGAクリニックはこちらから▽

まとめ

AGA治療薬の特徴や種類、副作用についてお伝えしました。

AGA治療薬は医薬品のため、副作用はつきものなので、できる限り通販などでの購入は控えましょう。

副作用が心配な方は自宅でケアできる育毛グッズを使用してみてはいかがでしょうか。

AGA治療薬や育毛グッズで効果を感じられない場合はクリニックでの治療をおすすめします。

0