つるつるの肌が手に入る!男性がつるつる肌を手に入れる方法5選!【専門家が教える】

更新日:

【この記事にアドバイスした専門家】

猪川ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

※アドバイスした専門家はこの記事の広告には携わっておらず、掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

自分の肌はどんな肌?

男 肌

あなたは自分の肌に自信がありますか?

キメが細かく、ハリのあるつるつる肌は、女性だけではなく男性にとっても憧れの肌です。

自分は毛穴も開いているし、ポツポツもあるし、脂っぽいし、とお手入れを諦めている方も多いと思います。しかし、肌は毎日のケアによって、つるつる肌に生まれ変わることができます。そのためには、男性ならではの肌タイプをよく知っておくことが重要なポイントになります。

そしてその肌タイプに合った悩みのケアをしてあげることで、男性でも女性がうらやむようなつるつる肌になれるのです。まずは自分の肌タイプをチェックしてみましょう。

あなたの肌タイプはどれですか?

肌タイプには、大きく分けて3つの種類があります。

自分の肌タイプを知り、適切な肌ケアをすることでキメの細かいつるつる肌に近づけます。

それでは、あなたの肌タイプをチェックしていきましょう。

脂性肌(オイリー肌)

脂性肌とは、男性に特に多い顔全体が脂っぽくテカテカしている肌タイプです。男性の皮脂は女性の約2倍も多く分泌されていると言われています。

一見、つるつる肌のように見えますが、実は水分が不足している状態で、皮脂と水分のバランスが崩れてしまっているのです。

そこには男性特有のホルモンバランスの理由もありますが、肉ばかりの食生活や不規則な生活によっても皮脂が増えることがあります。

【悩み】

  • 顔全体がテカついている
  • ニキビができやすい
  • 毛穴の黒ずみが目立つ

脂性肌の対策方法

皮脂が多いと、男性はつい肌が潤っているのかと勘違いしてしまいがちですが、それは間違いです。オイリー肌は実は水分が足りていない肌タイプです。

皮脂のみが過剰に分泌され、水分バランスが取れていないので、うるおい効果のある洗顔料や化粧水などでしっかり水分補給をすることがポイントです。

また皮脂は放っておくと、酸化して肌荒れや毛穴の黒ずみの原因になるので、朝の洗顔はもちろん、日中もあぶらとり紙やシートなどでこまめに皮脂を取り除くことがつるつる肌を保つのために重要です。

乾燥肌(ドライ肌)

男性は皮脂の量は多いのですが、肌の水分量は女性に比べて30~40%ほど少ないと言われています。

そのため乾燥する季節は、特に乾燥肌の人にとっては辛い時期です。

また肌が乾燥している状態とは、とても刺激に敏感になっていて、紫外線や外気の影響を普通より受けやすくなっているデリケートな状態です。

【悩み】

  • 洗顔後は肌がごわごわする、ひどい時は白く粉をふく
  • 肌全体が黒ずんでいる気がする
  • 化粧品がしみることがある

乾燥肌の対策方法

乾燥肌の男性が、つるつる肌へと改善するためには、とにかく保湿を中心にケアすることが大切です。

肌が乾燥したまま放置しておくと、肌の新陳代謝が滞って古い角質がたまり、顔が黒ずんで見えてしまいます。

洗顔から化粧水、乳液、パックなどのスペシャルケアに至るまで、なるべく保湿力の高いものを選んで、肌にしっかりと油分と水分を与えてあげるようにしましょう。

また乾燥した肌はとても敏感になっているので、アルコールフリーなどの自分の肌に刺激にならないような化粧品を選ぶこともつるつる肌になるためのポイントです。

専門家によるワンポイントアドバイス
猪川ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

秋や冬は、気温や湿度の低下により、皮脂量が減少する傾向にあります。

また特に男性は、洗顔が足りていないことで老化した角質が蓄積しがちです。角質が蓄積することで、保水機能が低下し、乾燥に繋がります。

混合肌

脂性肌に次いで男性に多いのが混合肌です。

特に年齢が上になってくると、男性の多くが脂性肌から混合肌へ変わっていきます。

その理由には年齢的に皮脂の分泌が減ってくるという理由もありますが、日常の食生活や生活環境なども密接に関わっています。

【悩み】

  • おでこやTゾーンは脂っぽい
  • 頰や目の周りはカサつく
  • Tゾーンやアゴあど同じ場所にニキビができやすい

混合肌の対策方法

混合肌は、脂性肌と乾燥肌の両方の要素があるので、水分と保湿をバランス良くケアしてあげることがつるつる肌になるポイントです。水分補給である化粧水やパックなどで、顔全体にうるおいを与えた後は、乾燥する部分中心に保湿をするようにしましょう。

また特にテカりやすいTゾーンは、日中もこまめにあぶらとり紙やシートなどでふき取るように心がけましょう。

<参考記事>

[/su_box]

男の肌をつるつるにする方法5選!

食事のタイミング

肌をつるつるにする方法を5つ紹介したいと思います。

実践してつるつるな肌を手に入れましょう。

肌をつるつるにする方法①:食生活を改善しよう

つるつる肌になるためには、普段の食生活と腸内環境を見直す必要があります。

なんで肌と腸内環境が関係しているのか?と思いますが、実は体の中でも腸の状態が肌へ与える影響というのがとても大きいのです。

腸は身体に必要な栄養素を吸収するための大切な器官です。

そのため、体の免疫機能にも深く関わっていて、悪玉菌が増えて腸内環境が乱れると、便秘や体の不調だけではなく、ニキビや湿疹などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

つるつる肌になるためには外からのケアだけでなく、食生活を改善することで腸内環境も整えるよう意識することが大切です。

腸が健康な男性は、肌もつるつるに、逆に腸内環境が悪い男性は肌荒れや乾燥に悩まされてしまいます。

腸内環境はどうやって分かるの?

腸内環境の良し悪しが顕著に現れるのが便の状態です。

【腸内環境が◎な便】

  • 色が黄褐色から茶褐色
  • 形はつるんとしたバナナ状
  • 臭いはきつくない

【腸内環境が×な便】

  • 色が黒ずんでいる、または逆に白っぽい
  • 形はネバネバ、シャバシャバ、コロコロと安定しない
  • 鼻を突く悪臭がする

健康は便は、力まなくてもストンと気持ちよく出ます。

反対に腸内環境が悪いと下痢になったり便秘になったり、便の状態も安定せず、臭いもきついのが特徴です。

どこか思い当たる項目があれば、つるつる肌のためにも腸内環境を整えるよう、食生活を改善しましょう。

腸内環境の整え方

ついつい男性はラーメンや肉料理を好んで食べてしまいがちですが、そればかりに偏ると油の摂りすぎで腸内環境が悪玉菌だらけになってしまいます。

腸内を善玉菌優勢にするように野菜や海藻類、発酵食品を意識して食べるようにしましょう。また寝る直前に暴飲暴食することは腸内への負担が大きいので、こちらもNGです。

さて、これでつるつる肌になるための基本的知識の準備は整いました。

あとは、次にご紹介するとっておきのケア5選でさらに完璧なつるつる肌を目指しましょう。

<具体的な整え方>

  • 野菜、果物、魚介類、海藻を中心とした食生活にする
  • ヨーグルト、チーズなどの乳製品を摂る
  • 納豆や漬物、味噌などの発酵食品を摂る
  • 寝る4時間前は食べないようにする
  • よく噛んで食べるようにする

肌をつるつるにする方法②:正しい洗顔方法

男性 洗顔

つるつる肌になるために、一番大切なのはやはり洗顔です。

面倒くさいからと、水で顔を洗うだけではつるつる肌にはなれません!かといって高価な洗顔料を使っても、洗顔方法が間違っていては元も子もありません。

ポイントは泡で洗うことです。泡は肌にとても優しく、さらに汚れを浮かせて吸着させるので、より密度の高い細かい泡であればあるほど効果はアップします。でもホイップクリームのような泡を手で作るのは大変・・・そこでオススメなのが泡だてネットです。泡だてネットがあれば忙しい朝でも簡単に密度の細かい泡を大量に作ることができます。

また、泡で洗うときは顔を泡で包み込んで泡の弾力を利用してやさしく顔を洗いましょう。手でこすっては、せっかく作った泡が台無しになってしまいます。

水で流すときも要注意です。手でごしごしこすって落とすのではなく、汚れを吸着した泡のみを落とすように意識して、肌をこすらないよう水で洗い流します。手でこするという動作は、繊細な肌を傷めてしまう可能性があるのです。

タオルで水を拭くときも同様です。こするのではなく、必ずやさしくタオルを当てて吸わせるように、軽く叩くイメージでふき取るようにしましょう。

最後に洗顔後は、急激に肌が乾燥するので、できるだけ早めに化粧水でうるおいを補給します。

専門家によるワンポイントアドバイス
猪川ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

皮膚の健康の基本と言える新陳代謝に、大きく関わるのが洗顔です。

洗顔で古くなった皮膚をきちんと洗い流してあげることが皮膚の生まれ変わりに直結するため、欠かさずに行いましょう。

メンズの洗顔料としては男性の肌専用のメンズ化粧品のバルクオムがおすすめとなっています。

バルクオムにはきめ細かい泡を作り出す専用のネットが付いており、初心者の方でもきめの細かい泡を作ることができ、肌を傷つけずに洗顔が可能です。

バルクオム商品画像

⇒公式サイトはこちら

肌をつるつるにする方法③:正しく髭を剃る

男性は毎日髭を剃らないといけません。

でもこの髭剃り、実は肌にとても負担のかかる行為なのです。

髭を剃るのと同時に肌の角質をも取り去ってしまい、肌の水分が蒸発したり傷つくことで炎症が起きやすくなってしまうのです。その結果、肌荒れやニキビの発生、乾燥肌に繋がってしまいます。

髭剃りをした後は、必ず化粧水と乳液や美容液などのスキンケアをするようにしましょう。

ポイントは化粧水だけではなく、その後に保湿効果のあるものを使うことです。

特に男性のアフターシェーブローションには爽快感のためにアルコールが入っていることがあります。

このアルコールは、使用感はいいですが、それだけだと肌の水分がどんどん蒸発してなくなってしまうので、乳液や美容液など保湿力のあるもので与えたうるおいをカバーすることがつるつる肌へのポイントになります。

保湿をするならディーフラットの保湿クリームがおすすめですので、こちらのディーフラットはニキビに効果ある?口コミと有効成分を徹底検証の記事を参考にして下さい。

肌をつるつるにする方法④:メンズエステサロンに通う

日常のケアだけでは治らないという人は、メンズエステも肌をつるつるにするための手段の1つです。

自分ではできない肌の深層にアプローチした施術を行なってくれるので、高い効果が期待できます。

おすすめのメンズエステサロン【ラ・パルレ】

ラ・パルレ ロゴ
初回体験価格:3,000円
ラ・パルレ公式サイトはこちら

<特徴>

ラ・パルレの「ニキビ内外コース」は肌表面のケアだけでなく体内から、老廃物を取り除くためのマッサージや食事アドバイスを行なってくれます。

その上で、高純度のビタミンCを肌に届けるための施術を行うことで、肌環境を整えます。

ニキビはもちろん、肌荒れや毛穴の汚れなどにも効果が期待できるためおすすめです。

【▽ニキビ内外コース体験記事はこちら▽】

404 Not Found

⇒公式サイトはこちら

肌をつるつるにする方法⑤:男性用ファンデーションを塗る

ファンデーション

ファンデーションというと男性にとっては敬遠しがちで重苦しい印象がありますが、最近では高品質な男性向けのファンデーションが増えてきています。

スキンケアでどんなにお手入れしても、一度できてしまったシミやニキビ跡の凹凸、毛穴の黒ずみはなかなかとれないものです。そんな時に重宝するのがファンデーションです。

軽く塗るだけでシミや肌の赤み、毛穴を隠して自然な素肌に仕上げてくれます。

男性用のファンデーションは、皮脂の多い男性向けに作られているので、ナチュラルな使用感で重くならないのが特徴です。もちろん色も薄く自然な仕上がりなので、他の人が見ても分からないほどです。

さらに肌トラブルをただ隠すファンデーションでなく、最近ではスキンケアまでしてくれるファンデーションもあるので、つるつる肌を目指す人には一押しです。

参考記事:市販されているおすすめ”メンズファンデーション”ランキング!

男の肌をつるつるにする方法5選のまとめ

つるつる肌の男性になるための基礎知識とオススメスキンケア5選、いかがでしたでしょうか。ポイントは自分の肌タイプをしっかりと知って、それに対するケアをすることです。

また同時に腸内環境を整えるような食生活を続けることが完璧なつるつる肌のモテ男の条件となります。この記事を読んだら、あとは実践するのみです。

まずは洗顔やパックなど自宅でできる簡単なケアから始めて、健康的なつるつる肌を目指しましょう。

<肌をつるつるにする方法5選まとめ>

  1. 食生活を改善しよう
  2. 正しい洗顔方法
  3. 正しく髭を剃る
  4. メンズエステサロンに通う
  5. 男性用ファンデーションを塗る

<おすすめ関連記事>

⇒他のスキンケアおすすめ記事も見る