40代は知っておくべきメンズスキンケア法3選【アラフォー男性必見】

なぜ肌は老けてしまうの?

鏡を見る若者鏡に映る老人

加齢によって体が衰えるのと同じく、肌も年齢を重ねると衰えていきます。肌は年齢と共に保湿力が衰え乾燥しやすくなったり、ターンオーバーの周期が乱れやすくなります。

特に男性は、40代を境に肌の老化が急激に進みます。

特に目や口の周囲が乾燥しやすくなり、目元のしわやシミ、口の周りにもしわができるようになります。この目元や口元のシミやしわが出てくると顔の印象が一気に老けてしまうのです。

シミとは、皮膚内で続けられるメラニンという色素が沈着したものです。メラニンとは、体内部を紫外線から守る働きをします。通常メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)の働きで、28日間で剥がれ落ちて元の肌色に戻りますが、そのターンオーバーがうまくいかずに、シミとなります。また、さまざまな理由からターンオーバーが正常なサイクルを保てず、乱れてしまうと、肌細胞そのものの質が悪くなってしまいます

出典:n-coozy.com/age-spots-cause-2697

40代男性の肌トラブルが起きる原因とは?

男 ニキビ 悩み

肌の老化の2大要因はこのふたつです。

  1. 肌が乾燥しやすくなる
    …シミやしわができやすい
  2. 肌のターンオーバーの周期が遅くなる
    …シミやくすみがとれなくなる

①肌の乾燥

40代になり肌のトラブルが増えるひとつめの要因は、保湿力が低下して肌が乾燥してしまうことです。また40代では代謝も低下するため、コラーゲンやヒアルロン酸の量も減り、肌の張りもなくなっていきます。

乾燥肌の原因として以下のことがあげられます。

  • スキンケア方法を間違えている
  • 髭剃りによって毎日肌にダメージを与えている
  • 紫外線対策をしていない
  • 生活習慣、食生活の乱れ
  • 過度なストレス

男の人の場合は、髭剃りなどで日常的に肌を傷つけることも多く、乳液や日焼け止めなどのスキンケア用品を使う人も少ないため、肌の乾燥がすすみシミやしわができやすくなります。

また、男性は喫煙や飲酒の量も女性に比べ多いのではないでしょうか。喫煙や飲酒を継続していると体内の老化がすすみ、肌も老化します。

②ターンオーバーが遅くなる

40代肌トラブルのふたつめの要因は、肌のターンオーバー周期が遅くなることです。

ターンオーバーとは、「生まれ変わり」を意味していて、表皮が新しい細胞に置き換わることを言います。肌の代謝そのものと考えてもいいです。

出典:fineboy.info/for-turnover/

若いころとちがい、40代になると代謝や筋肉、内臓の機能が衰えていきます。さらに、肌の生まれ変わる周期も遅くなるのです。

ターンオーバーの周期は「自分の年齢」×1.5~2倍の日数だと言われています。

実際には、20代では、28日ですが、40代になると40~50日と長くなります。

また肌のターンオーバーは乱れる原因として以下のことがあげられます。

  • 寝不足、運動不足
  • ストレス、疲労
  • タバコ、過度のアルコール摂取
  • 食生活の乱れ
  • 便秘
  • 紫外線

ほとんど生活習慣や食習慣の乱れからくるものであり、年を重ねるにつれてその積み重ねが肌のターンオーバーの乱れといった形で現れます。

40代になりターンオーバーが遅れるとなかなか新しい肌に生まれ変われず、古い角質が長く残り硬くなります。そのために、シミやくまがなかなか取れなくなり、肌のくすみもできてしまうのです。

肌ケアを怠るとどうなってしまう?!

男 肌

40代になって肌の対策をしないで放置するとシミやしわが増え、気が付いたら実年齢より老けて見られてしまいます。

男の人は日焼け止めを使う習慣がありませんが、紫外線はシミやしわの原因なのです。紫外線を浴びると肌を守るためにメラニンができ、肌にシミとして残ってしまうのです。

若いときはターンオーバーが早いので、肌と一緒にメラニンも剥がれ落ちますが40代頃からターンオーバーが遅くなっているため、メラニンが肌にとどまりシミとなってしまいます。また、日焼けの後のスキンケアも大切です。乾燥しやすくなった肌を、保湿しシミやシワを防ぐ効果があります。

外側だけでなく生活習慣、喫煙等も肌の老化の原因です。抗酸化物質を増やしシミやしわを増やしてしまいます。

肌は乾燥することにより、その弾力が失われ、硬くなってしまいます。結果、小じわができやすくなったり、肌の新陳代謝が低下してしみやくすみが生じやすくなってしまうのです。

出典:buso.jp/mamechishiki_12.html

自分の肌質にあったケアしよう!

肌のタイプは人によって異なり、「オイリー」、「ドライ」、「混合肌」と分かれます。

簡単に自分の肌タイプを知るには、Tゾーン(おでこから鼻にかけての部位)とUゾーン(頬からあごにかけての部位)の肌の様子を目安にするのが一般的です。

肌タイプ名TゾーンUゾーン
オイリー肌べたつく普通
ドライ肌普通乾燥している
混合肌べたつく乾燥している
普通肌普通普通

自分がオイリー肌だと思っている人がさっぱりしたものを使おうとしたら、実はドライ肌とオイリー肌が組み合わさった混合肌であることもあるため要注意です。

また、40代になると皮脂の分泌が多くなるのですが、肌の中は乾燥しています。男性の場合、肌が脂ぎっているから乾燥していないわけではなく、表面とは別に肌の内部が乾燥していることも多々あるのです。

さらに、男性は女性の肌とは水分量や皮脂量、皮膚の厚みなどが異なるため、女性用化粧品だと肌がべたついてしまいます。

このように肌質は様々な要素が組み合わさっているため、肌質をよく理解していないと間違ったスキンケアをしてしまい、逆にシミやしわの原因になります。

男の肌老化の原因ふたつめは、水分不足。実は、男の肌は、皮脂量が多いことに加え、水分が少ないという特徴がある。「ベタついているのに水分不足」というのは意外かもしれないが、先ほど伝えたように、皮脂は肌に必要な水分の蒸散を防ぐ働きを持っているため、少ない水分を蒸発させないように、どんどん分泌してしまうのだ。つまり、「ただでさえベタつくのだから化粧水なんて必要ない」と思っていたら大間違い。洗顔後に放置された肌はますますテカリを増してしまうというわけ

出典:groomen.cheerup.jp/article/shiseido-men-skincare

おすすめの肌ケア法3選

40代の肌トラブルに悩んでいる方におすすめな肌ケア方法3選はこちらです。

セルフマッサージや基本の肌ケア方法は今日からでも実践できます。ひとつひとつ説明していくのでぜひ取り入れて、きれいな肌をめざしましょう。

セルフマッサージをする

40代になると代謝の低下から、顔に老廃物が溜まり顔がむくんでしまい、しわやたるみとなって治らなくなってしまいます。

今回ご紹介するセルフマッサージは、整骨院直伝の誰でも簡単にできるものなので一度試してみましょう。

基本の肌ケア方法を守る

肌の皮脂や汚れを落とせば肌トラブルが改善すると考えている方がいるかもしれませんが、それは間違いです。

20〜30代までなら化粧水のみでも肌のたるみやシミは気にならなかったかもしれませんが、年齢とともに肌のターンオーバーの衰退するため、化粧水に加え乳液などトータルでスキンケアをしなくてはいけません。

男性は40代半ばを過ぎると皮脂分泌が少なくなっていきます。40代の肌トラブルの根源は肌の「乾燥」にあるため、しっかりと肌の汚れを落とした後は化粧水と乳液で保湿をしましょう。

〈これだけは守りたいスキンケアの基本〉

  1. 洗顔
    …肌表面の皮脂や汚れを洗い流す
  2. 化粧水
    …洗顔で表面の脂が消えた肌に水分を補給する
  3. 乳液
    …化粧水で補給した水分に保湿成分を含んだ乳液でふたをする

洗顔は、1日2回を目安にしましょう。何度も顔を洗うとかえって肌にダメージを与え肌トラブルの原因となってしまいます。

また、洗顔する際に顔に触れる手やタオルは必ず清潔にして、肌をきれいに保ってください。

このどれかひとつでも抜けると、例えば化粧水をしたのに乳液を付けないと化粧水の効果が発揮されなくなってしまい、逆に肌の水分が蒸発して悪影響になりかねません。

まずはこの3ステップから、しっかりと毎日続けていきましょう。

①洗顔

まずは肌をしっかりと洗顔して肌表面の汚れを落としましょう。

〈正しい洗顔の仕方〉

  1. 手を清潔にし、ぬるま湯で肌を洗い流す
  2. 洗顔フォームを適量手にとり泡立てる
  3. 脂っぽいTゾーン(おでこから鼻にかけて)を泡でやさしく洗う
  4. アゴ→頬の順番でやさしく洗う
  5. 水またはぬるま湯ですすぎ残しのないようにすすぐ
  6. 清潔なタオルでこすらずに水分を拭き取る

顔をすすぐぬるま湯は肌と同じ程度の水温がおすすめです。

また、洗顔フォームや石鹸を泡立てるときは泡立てネットを使うとよく泡立てることができます。

②化粧水

次に、化粧水を使って肌に水分を与えていきましょう。

正しい化粧水の付け方をすることで、化粧水の本来の効果が発揮されます。

〈正しい化粧水の付け方〉

  1. 清潔な手のひらに化粧水を適量だす
  2. 軽く両手に広げる
  3. 乾燥しやすい口元や目元から優しく浸透させるように塗る
  4. 顔全体を手のひらで優しく包み込むように化粧水を塗り込む

手のひらに化粧水を広げる時は、手をこすらないようにしましょう。化粧水に細菌が混じったり、水分が蒸発する可能性があります。

③乳液

最後に、肌表面にふたをするように乳液を塗っていきます。

〈正しい乳液の塗り方〉

  1. 手のひらに乳液を適量とって頬から広げていく
  2. 乾燥しやすい口元や目まわりに丁寧に乳液を伸ばしていく

テカリの気になる方は、Tゾーンは控えめに乳液を塗りましょう。

トータル化粧品を利用する

化粧水はあくまで肌に水分を補給しているだけなので、乾燥までは防ぐことができません。乳液を使用することで、保湿効果を高め、肌の乾燥まで防ぐことが可能です。

よって、先程説明したとおり洗顔→化粧水→乳液の順番が大切なのです。

洗顔、化粧水、乳液の3点セットではバルクオムというスキンケア化粧品がオススメです。

さらさらとした使用感で、肌の内側にはしっとりとうるおいをもたらします。小じわやシミの進行を抑えて、紫外線や乾燥から肌を守るバリア機能を高めてくれます。

わざわざ個別で3点を揃えなくても、セット販売になっているので非常に便利です。また初回お試しキットは500円で購入することができるので、まだ3点セットを持っていない方は一度チェックしておきましょう。

バルクオム商品画像(BULK HOMME)

【バルクオムをさらに詳しく知りたい方】

【バルクオム】

高級植物幹細胞を使用したメンズ専用スキンケアコスメ。

本気でスキンケアを考えている方が使用する本格派コスメです。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

メンズエステサロンを使用する

メンズエステ フェイシャル

40代になったらセルフケアだけでなくエステサロンを上手に活用することをオススメします。メンズエステではスキンケアのプロの施術をうけることができるので確実に肌の悩みを解決することができます。

メンズエステのラパルレは初来店であれば3000円でスキンケアをうけることが可能です。一回だけ体験して満足いかなかったら終わりということも可能なので一度チェックしておきましょう。⇒初体験限定!「ラ・パルレ」のニキビコースは3000円って本当?!

⇒公式サイトはこちら

これからの肌のためのスキンケア

肌の老化の原因は冒頭でも説明した通りこのふたつです。

  1. 肌が乾燥しやすくなる
    …シミやしわができやすい
  2. 肌のターンオーバーの周期が遅くなる
    …シミやくすみがとれなくなる

このふたつの原因を抑えるためにできることは他にもあります。

髭剃りのダメージを最小限にする

シェービング剤をつけたとしても、髭剃りはやはり肌にダメージを与えてしまいます。毛と一緒に肌の角質まで削り取ってしまうのです。しかし、メンズの身だしなみとして髭剃りは欠かせません。

そこで、正しい方法でヒゲ剃りをすることで肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

正しい髭剃りの方法

髭を剃るタイミングは、朝体を起こしてから30分後です。肌にハリがあり、ダメージを受けにくい状態になっています。

朝の洗顔と一緒に髭剃りを行うのがおすすめです。

  1. 暖かいお湯(ぬるま湯)で洗顔する
    …古い角質を落としてひっかかりや切り傷を防止し、なめらかに剃ることができます。
  2. シェービングジェルを塗る
    …カミソリ負けを防ぐことができます。肌が弱い場合はジェルをよくなじませましょう。
  3. 刃が古くなっていないか確かめる
    …さびていたり交換時期が過ぎているのに使用すると、肌へ与えるダメージがさらに大きくなってしまいます。
  4. 髭を剃る
    …力を入れずに軽く肌に沿わせるように剃ります。剃りにくい箇所は肌を引っ張り平らにして剃りましょう。基本的には毛の流れと同じ方向に剃ってください。
  5. 水で顔を洗い流す
    …すすぎ残しのないようにしましょう。
  6. 化粧水、乳液で保湿する
    …髭剃り後は肌が敏感で乾燥しやすくなっているため保湿ケアが必須です。

髭剃りにおいても保湿ケアは欠かせません。肌へのダメージを抑えて老化の原因である乾燥を防ぎましょう。

睡眠をしっかりとり生活習慣を改善する

睡眠

しっかりと寝ることは、肌のターンオーバーに直接的に関係があります。

肌のターンオーバーを促す成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、寝不足だと正常なターンオーバーが行われなくなり、サイクルが乱れてしまいます。

また、むやみやたらに寝ればいいというわけではありません。ターンオーバーが活発な時間帯は午後10時~午前2時なので、その時間帯に睡眠をとることが大切です。

もしもその時間に眠れないのであっても、1日最低6時間は睡眠がとれるように心がけましょう。

睡眠の質を上げるために簡単にできることをいくつかまとめたので実践してみてください。

就寝前は部屋を暗くする

良い睡眠をとるためには、寝る前に明るい光を目に入れないことが重要です。

明るい光を見ると脳が覚醒してしまい、体が眠るモードに入れなくなってしまいます。

また、就寝1時間前にはスマートフォンやパソコンを閉じるようにしましょう。スクリーンから出てくるブルーライトは、睡眠を促す「メラトニン」というホルモンの生成を妨げてしまうため、睡眠の天敵です。

就寝3時間前までに夕飯を食べる

満腹になったあとは眠くなりやすいですよね。

満腹のとき、「レプチン」という眠気を促すホルモンが分泌されるので眠くなるのは当然のことなのですが、そのまま寝てしまうと質の良い睡眠はとれません。

このホルモンは食べ物の消化活動にも関係してくるため、そのまま寝ると胃の活動にエネルギーがとられ、体の回復ができないのです。

3時間ほどで食べ物は消化されるので、寝る3時間前には夕飯を済ませるようにしましょう。

眠りにつきやすい入浴時間

入浴のタイミングを間違えると目が冴えて眠れなくなることがあります。

快適に眠りにつくための入浴のポイントはこちらです。

  • 就寝1時間までに入浴する
    …体温が低い時にひとは眠くなるため、体温を下げるために就寝前の1時間は入浴しない
  • 38~40度くらいのぬるま湯に20~30分程度つかる
    …お湯が熱すぎると交感神経が刺激されて脳が覚醒し、眠りにつきにくくなる

入浴の仕方を少し変えるだけで睡眠の質はぐんと伸びます。

静かな環境で寝る

音がする環境で寝ると、脳が覚醒してきて良い質の睡眠がとれません。

40デジベル(例:図書館の環境音)を超える音がする環境で眠ろうとすると、覚醒度が上がり、眠りに入りにくくなります

遮音・遮光カーテンに変えると、騒音を軽減できます。また、遮音のためには、窓に紫外線防止フィルムや防犯フィルムを貼ってもよいでしょう。

出典:Sleep Styles

老化の原因改善によい栄養素をとる

バランスのよい食事をとるに加えて、積極的に摂取したい栄養素をいくつか紹介します。

〈ターンオーバーを促す食べ物〉

栄養素名効用食材
ビタミンA皮膚を修復し、肌のターンオーバーを促進させる。
  • 緑黄色野菜(かぼちゃ、ニンジンなど)
  • 鶏や豚のレバー
  • うなぎ など
ビタミンB群皮膚や粘膜の発育を促し、不足すると乾燥肌やニキビなどの肌荒れが起こりやすくなる。
  • 豚肉
  • 魚類(まぐろ、かつお)
  • 乳製品 など
ビタミンC抗酸化作用があるため、シミやそばかすの原因であるメラニン色素の生成を抑制したり、コラーゲンの生成を助ける。
  • 果物類(いちご、みかん、キウイなど)
  • ブロッコリー
  • れんこん など
ビタミンE抗酸化作用や血行を促進する働きがある。
  • ごま油
  • ナッツ類
  • アボカド など
亜鉛皮膚の新陳代謝を活性化させる。
  • ゴマ
  • 牡蠣
  • 牛肉 など
セラミド肌の角質層で肌を外の刺激から守るため、保湿効果や美肌効果が期待できる。
  • こんにゃく
  • ブロッコリー など

参考:スキンケア大学

紫外線対策をする

肌にダメージを与える紫外線

紫外線は、肌の乾燥やターンオーバーの乱れを引き起こすだけでなく、シミ・そばかす・しわ・たるみなどを直接的に引き起こします。

性別関係なく、紫外線が肌に与えるダメージは同じです。はやめの紫外線対策を心がけましょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときには「PA」と「SPF」の数値を参考にしてください。

  • PA(+~++++の4段階)
    …皮膚の奥まで入り込んでしわやシミの原因となるUV-Aを防ぐ
  • SPF(10~50+)
    …肌に炎症を与え、皮膚がんやシミの原因となるUV-Bを防ぐ

それぞれ数値が高くなるほど肌へのダメージは大きくなるため、その日の紫外線の強さや外出する時間を考えて日焼け止めを変えるのがよいでしょう。

肌が弱い方は、PA++、SPF10~30程度の敏感肌用を使うのがおすすめです。

日焼け止めの塗り方

日焼け止めを手に入れたら、正しい塗り方で塗り残しのないようにしましょう。

  1. 手のひらに日焼け止めをとり、両ほほ、おでこ、鼻、あごにポイント的にのせる
  2. のせた日焼け止めを顔全体にいきわたるように伸ばす
  3. 首にも忘れずに塗る

長時間外出する場合は、2~3時間ごとに塗りなおすのがベストです。

また、曇りや雨の日は太陽が出ていないようにみえて、紫外線はしっかりとでています。曇りですと晴れの日の6割、雨の日でも2割の紫外線が降り注いでいます。

肌の老化の大敵である紫外線をもろに受けないよう、しっかりと日焼け止めを塗りましょう。

肌トラブルのない40代になるには?

肌トラブルのなり若々しい男の40代の肌を目指すなら、肌のお手入れは大切です。

美肌の男性

男の人の場合は、女性と違い化粧をしないので比較的簡単にお手入れできます。

男性は、洗顔、髭剃り後のローション、紫外線予防の乳液でケアしていきましょう。

特に髭剃りの際は、程度の差はあれど肌が傷ついている状態なので保湿等のケアが重要です。

ローションの清涼感のあるタイプはアルコールを多く含んでいるので、逆に乾燥してしまうので避けましょう。40代男性は、皮脂の分泌が多くなっているので、ローションの後の乳液やクリームは顔を薄く保護する程度で充分です。

また、紫外線は夏だけでなく年中浴びていることを意識しましょう。紫外線が原因で、しみだけでなくイボもできやすくなります。

男の若々しい肌を保つために、日々正しいスキンケアを行いましょう。

自分の顔の肌状態をチェックしてみよう!

ゴリラクリニック スキンケアトライアウト
ゴリラクリニック公式サイトはこちら
※スキンケアトライアウトは「銀座店」「新宿店」のみのメニューとなります

男性美容クリニックとして医院拡大中のゴリラクリニックでは、2,980円という破格の値段で、肌年齢」「肌タイプ」「毛穴」「肌トーン」「色素沈着」「水分&弾力」を細かく分析して医師からアドバイスを受けることのできるスキンケアトライアウトコースが人気です。

40代になると若い頃には無かったような肌トラブルが起こりがちです。

まずは自分の肌状態を正しく見極めた上で、適切なスキンケアを行うことをおすすめします。

<参考記事>

まとめ

男の人の印象は、顔で決まります。顔にシミやシワが多いと老けて疲れた印象を与えてしまいます。

40代になると代謝も落ち、身体の中の老化もすすみます。筋肉も減少するのでたるみも目立つようになるでしょう。

正しいスキンケアをして、肌の老化を防ぐことが大切です。同時に身体の中の活性酸素を少なくして、酸化を防ぐことも重要です。40代になると男の人は仕事でのストレスや飲酒、喫煙の量も多くなりますが、すべて活性酸素を増やして老化をすすめることに繋がります。

40代の男の美肌を作るために、身体の中もきれいにしましょう。

40代になって肌のたるみが出てきた人はこちら⇒男性だって悩むんです。たるみ肌になる5つの原因と解消法!

<おすすめ関連記事>

1