男のシミを消す方法4選!男性の肌にシミができる原因や予防策は?

シミを消す方法なんてあるの?

男 顔

あなたは「肌のシミが気になる」「ニキビの跡がシミなって気になる」そんな悩みを抱えていませんか?

今回は肌のシミを消す具体的な方法について紹介をします。

今まで肌のシミを消したくても消せなかった方は正しい方法でシミを消して美しい肌を手に入れましょう。

シミの種類は?

シミには以下の5つの種類があります。

  • 老人性色素斑
  • 脂漏性角化症
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 肝斑
  • 色素沈着

それではそれぞれについて解説します。

①老人性色素斑

老人性色素斑

シミの中で1番多いのが老人性色素斑です。またの名を日光性黒子とも呼ばれ、紫外線の影響によりできてしまうシミです。

若い頃に多くの紫外線を浴びていた人ほどこのタイプのシミになりやすく、40代頃からシミが現れ始めます。紫外線を多く浴びていた人は、20~30代からシミが現れる人もいます。

シミのでき始めは、薄い茶色だが時間が経つにつれて色が濃くなっていくのが特徴です。紫外線の浴びやすい顔や腕などにできやすいという特徴もあります。

②脂漏性角化症

脂漏性角化症

シミからイボやホクロのように盛り上がってきたものです。手の甲などによくできる茶色のシミもこれに相当する場合が多いです。

脂漏性角化症も紫外線が影響できてしまうシミです。

大きく盛り上がると目立つシミです。

③雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)

一般的には顔にできた細かいシミのことを指しますが、医学的には遺伝によるシミだけに限定して雀卵斑(そばかす)といいます。

肌が色白の白人や日本人に多くみられる症状です。

④肝斑

肝斑

男性にはあまり関係はありませんが、女性特有のシミです。ホルモンバランスが崩れた時に頬骨辺りに左右対称にできることが多いです。

⑤色素沈着

色素沈着

ニキビ跡や傷跡などが茶色くシミになって残ったものです。虫刺されの跡やムダ毛を毛抜きで抜いた際の皮膚の炎症による跡もこのシミの一種です。

シミができる一番の原因は紫外線

メラニンとシミの関連性、メカニズム

それでは次に、シミができてしまう原因について解説していきます。

上記で紹介したようにシミができる原因には遺伝的なものや、ニキビ跡や傷跡などが挙げられますが、最も注意しなければならないのが紫外線による影響です。

人間の肌は紫外線を浴びると肌を守るためにメラノサイトからメラニンを生成します。このメラニンは肌が正常な場合はターンオーバーによって自然と対外へと排出されていきます。

しかし、浴びた紫外線の量が多すぎたり、ターンオーバーのサイクルが乱れていたりするとこのメラニンの排出が正しく行われずに、シミとして肌に残ってしまいます。

そのためシミを発生させないためには、以下のような対策が必要になります。

  • 紫外線をできるだけ避ける
  • スキンケアを正しく行う
  • ストレスを溜めないようにする

普段の生活から上記のことを意識して行うようにしましょう。

日頃から紫外線対策をしましょう!

紫外線はシミの大きな原因のひとつです。

紫外線を対策するためには、日頃から日焼け止めクリームを塗りましょう。

出典:http://hadalove.jp/sunscreen-mens-40647

<日焼け止めの選び方>

  • PA・SPFの指数は上記の図を参考に使用用途に合わせて選びましょう。
  • ︎敏感肌・乾燥肌の方は保湿成分・美容成分を含む日焼け止めを選びましょう。
  • スキンケアなどに慣れていない方は、伸びの良いテクスチャータイプを選びましょう。

<おすすめ日焼け止め>

NALC

NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル SPF50+ PA++++ (顔&からだ用) 60g ロングUVA対応

容量:60ml
価格:2,680円
SPF:50+
PA:++++

公式サイトはこちら

  • 特許技術により水に濡れても流れ落ちません。
  • ヒアルロン酸配合により肌をしっかりと保湿。
  • グリチルリチル酸2kが肌の炎症を抑えます。

NALCの日焼け止めは肌にベタつかず、伸びが非常に良いので、普段日焼け止めを塗らない男性におすすめの日焼け止めです。

さらに、香料や界面活性剤といった肌の負担になるものが含まれていないため、敏感肌の方やお子様でも安心して使用できます。

男性のシミを消す方法4選

それでは具体的なシミをを消す方法について解説していきます。

シミを消す方法①:スキンケア

美白化粧品を使用することでシミをケアすることができます。

シミケアに必要な成分は、以下などが挙げられます。

  • ビタミンC誘導体
  • セラミド
  • ハイドロキノン

特にビタミンC誘導体には、メラニン色素の発生を抑制する働きがあるため、シミケアには必須の美容成分となっています。

<おすすめのシミケア化粧品>

ビーグレン

ビーグレンホワイトケア トライアルセット

容量:1週間分
価格:1,944円

公式サイトはこちら

  • 即効性の高い2種類のビタミンCが肌の状態を整えます。
  • ハイドロキノンが肌の奥のシミの原因に直接働きかけます。
  • 365日間の返金保証により、初めてでも安心して購入できます。

<特徴>

ビーグレン独自の技術により壊れやすいと言われるハイドロキノンとビタミンCを肌の奥の角質層まで届け、シミの原因に直接作用します。

またビーグレン の洗顔は泥の主成分であるモンモリロナイトの働きにより毛穴の奥まで汚れを除去し、肌トラブルの発生を抑えます。

シミを消す方法②:体の内側からアプローチする

漢方薬

シミを消すことに限らず、肌対策で重要なのは、実は「体内から肌にアプローチして肌のケアをする」という視点です。

男肌にできたシミを消す方法として、内服薬でシミを消す方法があります。速効性はありませんが、継続して内服することで徐々にシミを消す効果が表れます。

手軽な値段で試すことができるシミを消す内服薬は、ドラッグストアなどで販売されているビタミンCやビタミンEを中心に配合した、肌のためのビタミン剤です。

(疲労回復とは基本的な目的が違うので、薬剤師さんに相談すると良いでしょう。)男性専用のシミを消す内服薬はなかなかありませんが、女性向けの内服薬でも効果はあります。

L-システインという成分が入っている内服薬も、シミを消す効果が期待できます。L-システインには、シミの原因となるメラニンを抑制する効果があります。

また内服薬扱いではありませんが、美白用サプリメントも内服薬同様の効果が期待できます。

シミを消す方法③:クリニックで治療を行う

ゴリラクリニック シミ アキュティップ

シミはセルフスキンケアだけでは、なかなか消すことができません。

どうしてもシミを改善したいということであればクリニックでのレーザー機器を利用しての治療がおすすめです。

レーザー機器は医師しか使用できないため受ける場合はクリニックとなります。

おすすめのクリニック【ゴリラクリニック】

ゴリラクリニック シミ
ゴリラクリニック公式サイトはこちら
※シミ治療は「銀座院」「新宿院」のみのメニューとなります

ゴリラクリニックではシミの程度に合わせて2種類の特殊なレーザー機器を利用することで、シミの改善を目指します。

また、真皮層まで届くようにイオン導入を行なってくれるため、より効果の高いスキンケアも同時に行なってくれます。

またゴリラクリニックでは、スキンケアトライアウトという「肌年齢」「肌タイプ」「毛穴」「肌トーン」「色素沈着」「水分&弾力」を細かく分析して医師からアドバイスを受けることのできるコースも2,980円という破格の値段で行なっていますので、自分の肌状態が気になる方はスキンケアトライアウトから受けてみるのも良いでしょう。

<参考記事>

シミを消す方法④:シミを隠す

ファンデーション

ファンデーションやコンシーラーを使ってシミを隠すという方法です。シミを治すという根本的な解決策ではありませんが、気になる部位に塗るだけでシミ隠しができるので手軽で即効性がある対策です。

ファンデーションなどは女性が使用するものという印象があるかもしれませんが、男性用のファデーションやコンシーラーも多く販売されています。

シミなどの肌トラブルは、ケアをし始めたからといって簡単に治せるものではありません。

そのためまずはファンデーションなどを使用して隠すこともおすすめします。コンシーラーはファンデーションと比べピンポイントに塗ることができるため、シミ隠しにはファンデーションよりコンシーラーの方が便利です。

<おすすめのメンズコンシーラー>

NULL BBクリーム

NULL BBクリーム画像

 

内容量:20g
価格:1,880円

公式サイトはこちら

<特徴>

  • シクロヘキサシロキサンでアンチエイジング効果があります。
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシルで肌荒れやシミ予防をします。
  • 自然な男性の肌色が表現されています。

自然な男性の肌色を表現するために試行錯誤を繰り返し開発された商品です。シミだけでなく、シワやクマ、ニキビ跡などのあらゆる肌のお悩みを隠すことが可能です。

さらに7種のオーガニックエキスにより、肌荒れをケアすることまで可能にした商品です。

まとめ

今回は男性の肌からシミを消す方法を紹介しました。

まずはあなたのシミのタイプを見極めてあなただけにあった方法でシミを消していきましょう。

ひとりで自宅でできる対策や専門的な治療まであるので、自分にあった方法を試して美しい肌を手に入れていきましょう。

<おすすめ関連記事>

3